『ISUCA』

低予算。

公式サイト(消滅)
ISUCA - Wikipedia
ISUCAとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。高橋脩著の漫画『ISUCA』のテレビアニメ化作品。全十話。監督は岩永彰。アニメーション制作はアームス。妖魔退治の家系に生まれたヒロインと特殊な能力を持つ主人公が力を合わせて悪に立ち向かう学園ファンタジーラブコメ。アニメ版は、原作のエピソードの順番を大幅に入れ替えて、一つのストーリーになるように改変している。EDムービーの作画を人気アニメーターの梅津泰臣が手がけており、本編とのクオリティの差が著しい。

・低予算


 最近では珍しくなった誰の目にも明らかな「低予算アニメ」である。低予算アニメとは、文字通り予算の少ないアニメのことであり、もっと端的に言うと制作に必要な人材を揃えられないダメなアニメのことである。その影響がダイレクトに表れるのが作画と演出で、あちらこちらで売り物にするには失礼なレベルの崩壊を引き起こしている。また、作品全体の品質よりも製作費を回収することに重きが置かれるので、無理やりセクシャルなシーンが挿入されたり、雰囲気に全く合っていない陽気なOP曲が採用されたり、若いだけで演技力に難のある声優が起用されたりする。結果、唯一のお得意様であるはずの原作ファンにすらそっぽを向かれ、大赤字を計上するのがいつもの流れだ。こういった作品は昔は多く見られたが、2015年にもなってこのクオリティは驚かされる。
 ただ、何度も書いているが、作画や演出の良し悪しは作品の面白さに直結しない。それよりも、低予算アニメの一番の問題は、有能な制作責任者を起用できないことによる映像作品としての致命的なセンスの欠如だ。本作の場合、上述した通り、シナリオの時系列を改変して隙間をオリジナル展開で埋めているのだが、その繋ぎの技術が極めて低く、ストーリーの理解を妨げてしまっている。第一話を例に挙げると、主人公がヒロインに捕えられたネコマタを無断で助けるシーンがある。これ自体は原作にもあるエピソードなのだが、アニメ版ではそのシーンを学校を襲った別の妖魔のミスリードとして流用している。つまり、主人公もヒロインもネコマタが犯人だと勘違いしていたということになり、なぜその勘違いをしたのか、なぜネコマタがそこにいたのか、なぜ主人公達がその場所に移動したのか、その間、真犯人は何をやっていたのか、といったことが画面からは全く読み取れない。すると、視聴者は抜け落ちたシーンを無意識の内に絶えず脳内補完しなければならず、細かい視聴ストレスを生む。それこそが本作全体を包み込む何とも言えない「ダメな感じ」の正体であり、制作者の映像センスの無さの証明になる。
 そもそも、原作を改変する必要がどこにあったのか。「なぜ、主人公がヒロインの家政夫になったのか?」という作品テーマの著述から始まる原作の第一話に何の問題があったのか。ちょっと理解し難い。平凡な人間ほど己を過信して独自の道を歩みたがるが、それで成功できるのは一握りの天才だけだということを認識する必要があるだろう。

・設定


 設定自体は、非常にシンプルかつオーソドックスである。主人公は奔放な両親のせいで困窮し、生活費を稼ぐために日々のアルバイトに明け暮れている男子高校生。ある日の夜、突然、異形の化け物に襲われそうになったところを、一人の女子高生に助けられる。彼女は古より妖魔退治を担う一族「島津家」の暫定的な当主であり、今までずっと一人で戦い続けてきた。翌日、学校を襲う妖魔との戦いに巻き込まれた主人公は、他人とキスすることでその人の真名(本当の名前)を見抜く「真眼」の力の持ち主であることを知る。真名を知ることで妖魔を封印することができるのだ。そして、敵の真名を見抜き、無事に妖魔を封印するヒロインの協力を果たした主人公は、実は島津家の一員だった担任教師の勧めで、実家を離れて一人暮らし中のヒロインの家で家政夫のアルバイトを始める。こうして、二人の奇妙な同棲生活が始まるのだったと、実にシンプルな学園ファンタジーである。ちゃんと必要な物は全て揃っているし、主人公とヒロインの付かず離れずの微妙な関係性も良い。ただ、例によって、アニメ化に際しての余計な改変を多数行った結果、様々な設定の不備が発生している。
 まず、主人公の特殊能力である真眼に、「真名を見抜く」に加えて「霊力を分け与える」という能力まで付け加えられていることだ。前者は攻撃、後者は回復、正反対のスキルなのに、その発動方法まで同じである。これでは敵を攻撃しようとして同時に回復してしまうではないか。次に、学校で何人もの被害者が出ているのに、全く変わりない日常生活が続いている件。これも原作を改変したことによる描写不足が原因である。元々、原作では学校での事件はほとんど起きていない。続いて、「真名を知られるとその相手に服従しなければならない」という設定。原作通り、物語の途中で主人公はヒロインの真名を知ってしまうのだが、それを正当化するために偽りの婚姻をするという展開が、アニメ版ではごっそりと抜け落ちてしまっている。これがないと、なぜか絶対服従であるはずのヒロインが平気で主人公に逆らっているという矛盾が生じてしまう。最後に、「主人公がいないと妖魔の真名が分からないのに、どうやってヒロインは今まで妖魔を封印していたのか?」という疑問。こちらも、原作では島津家の専門家が何日もかけて捕えた妖魔の真名を探ると説明されているのに、アニメ版ではその大事な台詞が削られている。いずれもストーリーの根底を歪めてしまうような設定ミスだ。別に改変自体は悪いことではないが、ちゃんと作品を理解した者がやらないとこうなってしまうという非常に分かり易い例である。

・良点


 良い点もある。特に注目すべきは、「家」に関する事柄だ。ヒロインの島津家は古来から続く妖魔退治の名門一家で、彼女は三十七代目の仮の当主である。ただし、彼女の父親は入り婿であり、しかも、島津家と対立している西洋魔術師の家系だったため、一族の者からは忌み嫌われている。ヒロインには歳の近い従妹もいて、彼女を次期当主に推す者も多い。そんな逆風が吹き荒れる中、ヒロインは当主になることに並々ならぬ情熱を燃やし、そのため、自分自身の手で妖魔を退治することに固執している。その理由は、八年前に行方不明になった両親の真実を知るためと、父の意志を継いで西洋魔術師との確執を断ち切るためだった。しかし、そんな彼女の姿は第三者である主人公からすると、家という不確かな物のために無理やり自分を押し殺しているようにしか見えない。それゆえ、彼は彼女を支え、一緒に両親を探すことを決意する。と、このように、オーソドックスでありながら、理不尽さと希望を併せ持った奥の深い設定である。ヒロインや主人公の意志もしっかりと描かれ、彼らに十分共感できる。簡単そうに見えて、ただの三流アニメにはこれがなかなかできない。この辺りは原作の力だけではなく、アニメスタッフの努力も垣間見られるポイントである。
 また、序盤は壊滅的な出来栄えだった本作も、ようやく予算が確保できたのか、第六話以降はそれなりに持ち直す。特に第六話は、原作のエピソードをアレンジしたオリジナルストーリーで、作画レベルは相変わらずだが、ヒロインの深層心理に深く切り込んだシナリオ面と演出面は非常に完成度が高い。ヒロインのいわゆるツンデレ的な言動も可愛い。他のアニメに混じっても十分に戦って行けるぐらいだ。通常、第一話と最終話が一番良質な物だが、中盤にピークが訪れるのは珍しい。最初からこのレベルを保っていたなら、もっと評価は高かっただろうに。よく、創作の上達法として、良い例に触れるのと同じぐらい悪い例にも触れて、両者をじっくりと見比べてみることが大事だと言われるが、本作は一つの作品内で両方が味わえるお得なアニメである。

・ラスボス


 終盤は一人のラスボスを中心に展開する。彼女も原作に登場するキャラクターなのだが、元々、それほど出番は多くない中ボスクラスの敵だった。一方、アニメ版では最重要人物に昇格し、第一話からすでに全ての事件の黒幕として暗躍している。なぜ、そのようなことになっているのか。敵を一人に絞るとそれを倒した時点で物語が完結するので、話が非常に分かり易くなるというメリットがある。それゆえ、全十話という短い尺でストーリーをまとめるための止むを得ない処置といったところなのだろうが、それに比例してどうしても話のスケール感が狭くなるのは否めない。結局、ただの私怨の物語になるからだ。それだと、ラスボスの魅力=作品自体の魅力になってしまうのだが、本作のラスボスで視聴者の印象に残るのは、意味もなく連発する高笑いぐらいな物だろう。
 さて、そのラスボスの正体はと言うと、実は島津家に恨みを抱く西洋魔術師が魔術の粋を集めて作ったホムンクルスである。その魔力は人間を遥かに凌駕している。では、それほどまで強力な敵をどうやって倒すのか、こんな物は設定を見れば考えるまでもなく、主人公がヒロインにキスをして霊力を分け与え、パワーアップして倒すのである。だが、ラスボスとの最終決戦が繰り広げられている間、視聴者は全員が同じことを思うだろう。「キスなんていつでもできるだろう」と。実際、いつでもできるチャンスがありながら、最後の最後になってようやく二人はキスを交わす。極めて不自然である。ここにもアニメ用に勝手に設定をいじくった弊害が発生している。まともなシナリオライターなら、二人がキスできないように様々な障害を用意するはずだ。ヒロインは貞操観念が強く、本当に好きになった人としかキスをしないといった精神的な障壁、キスをすることでヒロインの真名が分かってしまうため、ずっと自重していたといった物理的な障壁、少し考えるだけで幾らでもアイデアは浮かんでくる。低予算だから、全十話だからなどと言い訳せず、ちゃんとやることをやるべきだ。
 ちなみに、ラスボスを倒してもそこでストーリーは終わらず、真の黒幕はヒロインの父親で、ホムンクルスは大量生産されていたというブラックなオチを描いて終了する。これだけ設定を改変しておいて、第二期などあるはずがないのだが、希望を捨てられなかったのだろうか。それとも、頑張ってもこのようにしか作れなかったというなら、あまりにも情けない。

・総論


 作品自体の評価はこれぐらいだろう。ただ、原作ファンには許し難い部分も多く、何よりこのアニメが2015年に放送されたという事実が最大の驚きである。

星:★★★(-3個)
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:37 |  ★★★ |   |   |  page top ↑

『境界の彼方』

主役の不在。

公式サイト
境界の彼方 - Wikipedia
境界の彼方とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。鳥居なごむ著のライトノベル『境界の彼方』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は石立太一。アニメーション制作は京都アニメーション。不死身の半妖である少年と妖夢狩りを生業とする少女が偶然出会ったことから始まる学園ファンタジー。『中二病でも恋がしたい!』『Free!』に続く京都アニメーション大賞アニメ化企画第三弾。

・主人公


 本作の主人公は男子高校生。彼には二つの大きな特徴がある。一つは、人間の心の闇が具現化した存在である「妖夢」とのハーフで、どんなに傷付けられても決して死ぬことのない不死身の能力を持っていること。もう一つは、無類の眼鏡フェチで自称「眼鏡美少女のためなら何でもできる変態」であること。ただ、こうやって文字で並べてみると確かに特徴だが、実際の映像を見てみると本当にこれを特徴と言ってしまっていいのかどうか疑問を覚える。
 まず、不死身の件だが、その能力が発揮されたのは物語冒頭だけである。その後は、不死身の肉体が活かされるようなエピソードもなければ、ギャグとして使われることもない。不死身であることが日常生活に支障を来たすこともなく、それについて悩んでいる描写もない。一応、子供の頃に半妖であることをいじめられたというほんの数秒間の回想シーンが挿入されたりするが、そのことが彼の人格形成に影響を与えたという様子は見えない。また、物語の終盤で不死身能力を失うのだが、その前後で彼の性格も行動原理も全く同じである。つまり、作り手も主人公自身もそれを人格的な特徴として認識していないということである。もう一つの眼鏡の件にしても、なぜ眼鏡好きになったのかという理由が描かれないのはまだしも、そのことを平然と公言する歪んだ性格になった理由が分からない。誰彼構わず性癖をオープンにするお調子者かと思えば、冒頭のモノローグでは他人と距離を置きたがる慎重な性格を思わせる。オープンな人間なら、もっとクラスの人気者になっているのではないだろうか。そもそも、彼は主人公とは思えないほど出番が少なく、日常的な光景は全く描かれないため、たまに登場しては眼鏡眼鏡と言っているだけの変な人になってしまっている。これでは、そこら辺にいるモブキャラと何ら変わりない。
 結局、これらは彼のパーソナリティを彩る特徴ではなく、ただの「設定」なのである。そのため、主人公でありながら何の人間的魅力もない空気のような存在になってしまっている。原作は一人称の小説で、物語を進行させるストーリーテラーとしての役割を与えられていたため、こんな彼でも主人公然としていられたが、アニメ化に当たってその役割を剥奪されると何もなくなってしまう。例えば、同制作会社の手がけた『涼宮ハルヒの憂鬱』では、巻き込まれ型主人公のキョンにうざいぐらいにナレーションさせて彼が主役であることを視聴者に認識させていたが、本作でもそういった工夫が必要だったのではないだろうか。

・ヒロイン


 そんな薄っぺらい主人公に対して、ヒロインの方はやたらと充実している。彼女は妖夢退治を生業とする「異界士」の生まれで、強い戦闘能力を持つが、生来の気弱な性格とドジっぷりが災いして、今まで一度も妖夢を退治したことがない。異界士は妖夢の亡骸を売って生計を立てているという設定なので、彼女は常に貧乏である。学食で一番安いかけうどんばかり食べている。性格は内気で引っ込み思案、転校したてという事情もあるが、友達の一人もいない孤独な少女で、趣味はそれを象徴するかのような盆栽。そんな彼女は非常に「可哀想」なので、視聴者の多くは彼女に同情するだろう。特に、孤独というキーワードはアニメファンの心に強く訴えかける物があるはずだ。つまり、彼女は主人公よりも何十倍も主人公的である。視聴者はひたむきに頑張る彼女の姿に自分自身を重ね合わせて、一緒に理不尽な社会を冒険する。彼女が成長すると自分も成長したような気分になれる。ただし、例の如く、彼女は物語の途中で男性主人公に惚れて恋に落ちる。つまり、男性視聴者が男性キャラクターに求愛する状態になるわけで、やはり、根本にあるのは潜在的なホモセクシャルなのであろう。そうでなければ、自分の分身が自分自身を愛でる強烈な自己愛ということになり、どちらにしても普通とは言い難い。
 さて、そんな主人公的ヒロインと比べて明らかに影の薄い本来の主人公だが、第三話や最終話などで自虐的になるヒロインに対して、いきなりキレて上から目線で熱い説教をする。ライトノベル原作アニメでは毎度お馴染みの光景だが、この不可思議な現象についてそろそろ真面目に定義付けした方がいいのではないだろうか。ティーン向け萌えアニメにおいて、影の薄い男性主人公が主人公的ヒロインを説教するという展開が必ず含まれるのは、いわゆるオタクは本質的にダメな自分を叱ってくれる人を欲しているということなのだろう。現実で頼りになる大人が周りにいないから、フィクションの世界にそれを求めるのだ。では、ここで説教している男性主人公は誰なのかという疑問が生じるが、これは当然、自分の中にある父性のイメージ、もっと分かり易く言うと「父親」だと思われる。不要な物を極端に排除する萌えアニメにおいて、自身の生存を脅かす敵の象徴である両親は長期出張などで不在なことが多いが、こういうところで思い出したように顔を出す。そう言えば、本作も母親は登場するが父親は影も形もない。それがこのように形を変えて表出したと考えれば興味深い。

・嘘


 閑話休題。いつも通り、本作のストーリーを簡単に紹介しよう。人間と妖夢のハーフの主人公と妖夢退治が仕事のヒロイン、本来なら敵同士の二人が学校の屋上で偶然に出会ったことから物語が始まる。ヒロインは異界士としての役割に従って主人公を抹殺しようとするが、彼が不死身であること、害のない半妖であることを知って剣を収める。ただ、その後も「妖夢退治の練習台」と称して何度も主人公の命を狙う。しかし、主人公の充実した日常に比べて自分の孤独さに劣等感を覚えたヒロインは、自ら主人公を拒絶するようになる。一方、そんな彼女に興味を持った主人公は積極的にアプローチし、ヒロインも徐々に心を開いて行く。といった感じのストーリーで、徹底的に可哀想なヒロインに同情させるような作りになっている。その「可哀想」が一瞬でも「可愛い」に変換されれば作り手の勝ちだ。正直、方法論としては支持し難いが、さりとて批判することでもない。
 ところが、第十話において全ての真実が解き明かされる。主人公が身に宿している妖夢こそが世界を滅ぼす力を持った最強の妖夢「境界の彼方」であり、ヒロインは最初からそれを退治するためにこの街にやってきたのだと。だから、初期の謎行動は、妖夢退治の練習台という天然ボケの行動ではなく、本気で彼を殺そうとしていた。退治を諦めたのは、自分の孤独さに耐えられなくなったからではなく、敵である主人公に惚れてしまったから……って、いやいやいやいやいやいや! 要するに、彼女は「嘘をついていた」ということである。ヒロインが主人公に対して嘘をつく作品はよくあるが、本作のそれは主役級の役割を持った主人公的ヒロインである。あれだけ孤独で不幸な境遇に同情させておいてこの裏切りはない。この先、彼女の言葉を信じることは不可能である。ただでさえ主人公不在の作品でヒロインまで嘘つき女だったら、視聴者は誰に自分を重ね合わせれば良いのか。
 では、どうすべきだったのか。「ヒロインの真の目的は主人公を殺すこと。しかし、個人的な感情により失敗する」というプロット自体は悪くない。時代劇などにはそういったキャラクターがよく出てくる。だが、それを隠す言い訳が妖夢退治の練習台では苦しいし、ヒロインがこの街に来た理由やそれまで何をしていたかが劇中で触れられない等、伏線の組み立て方にも問題がある。もし、このプロットにこだわるなら、ヒロインには絶対に暗殺を決行させてはならない。命の重みに苛まれて寸前で思い止まり、自分の不甲斐なさを嘆く。そうすることで彼女の不幸をより際立たせる。すなわち、本作に最も不要なのは、命の価値を著しく低下させる主人公の不死身設定である。

・精神世界


 そして、時は流れ、本作は境界の彼方に捕えられたヒロインを主人公が助けに行くという王道のヒロイックファンタジー展開に発展する。ただし、その内実は、何の思い入れのないモブ主人公が嘘つきヒロインを救出するという非常に残念なお話である。さらに残念なのは、そこが主人公の精神世界である点だ。精神世界は夢の空間である。誰にって、当然、作り手にとっての。なぜなら、作り手のやりたいことを全て思うがままに表現できる場所だからだ。実際、主人公は自らの心の弱さが具現化した何かに邪魔され、それを倒すことで心の成長を示すという極めて分かり易い話になる。もう、バナナの皮で転ぶレベルのベタなストーリーである。この主人公が精神世界で自分自身の影と戦い、コンプレックスを乗り越えるという展開は、同脚本家が手がけた『ローゼンメイデン』の最終回と全く同じなのだが、あちらは以前からずっと主人公の心の弱さや闇を描き続けているからこそ意味がある。一方、本作は短い回想シーン自体は存在するが、それ以外はずっと眼鏡眼鏡と言っているわけである。はっきり言って、比べ物にならない。それなら、最初から最後までヒロイン可哀想で貫き通した方が余程ましだ。
 結局、最初から懸念されていた「主役の不在」問題が最後まで足を引っ張るのである。本作は設定もストーリーもなかなかよくできている。途中のどんでん返しも悪くない。だが、それは主人公ではなくヒロインにスポットライトを当て続けるギャルゲー的なテンプレートと致命的に適合していない。ならば、アニメ化に際して、ストーリーかテンプレートのどちらかを変更するのが筋だと思うが、何の考えもなくそのまま制作し、結果的に非常に残念な出来に仕上がっている。なぜ変更できないのか、なぜこう作らざるを得ないのか、という点に深い業を覚える。
 ちなみに、主人公の命と引き換えに死んだはずのヒロインは、ラストシーンでなぜか蘇って主人公の前に現れる。もちろん、そこに論理的な理由など何もない。きっと、精霊会議に頼んで生き返らせてもらったのだろう。アニメ業界の闇は深い。

・総論


 もう、この手のお説教アニメはどうでもいいから、見ていてドキドキするような普通のボーイミーツガール物を視聴したいなぁ。

星:★★★(-3個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:46 |  ★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2