『BanG Dream!』

サイコホラー。

公式サイト
BanG Dream! - Wikipedia
BanG Dream!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2017年冬ナカムラコウ著の小説『BanG Dream! バンドリ』のテレビアニメ化作品。全十三話+OVA。監督は大槻敦史。アニメーション制作はISSENXEBEC。ガールズロックバンドに青春を燃やす女子高生達の夢を描いた学園ドラマ。ブシロード製作のメディアミックスプロジェクトの一環であり、漫画やゲームなど多方面に展開されている。タイトルの読み方は「バンドリ」であって、「バンドリーム」ではない。

・キラキラ


 主人公は無邪気で夢見がちな少女。常に自己中心的で、一度思い込んだら他人の目などお構いなしに突っ走る面倒臭い性格。そんな彼女の生きる目標、と言うか「座右の銘」を自身の台詞から引用してここに記そう。「私、小さい頃、星の鼓動を聞いたことがあって、キラキラドキドキして、そういうのを見つけたいです。キラキラドキドキしたいです!」……きっつ。ドキドキは分かるが、キラキラって何だよ。それはあくまで他人の評価だろうが。そんなに光りたいなら、アルミホイルでも体に巻いてろよ。それはともかく、彼女はキラキラドキドキしたい人間で、ガールズロックバンドにそれを見つけたというのが本作のストーリーになる。タイトル通り、何の捻りもない。この時点で見る気をなくす人間が大半だと思うが、頑張って付いてきて欲しい。

 物語冒頭で主人公は高校に入学する。中高一貫のお嬢様系の女子高である。そこで主人公は数多くの友人を作り、何の悩みも苦しみもない楽しい学生生活を過ごす。その段階で、誰がどう見ても彼女はキラキラしている。作画的にも演出的にも、文字通り画面がキラキラしている。それでもなお、主人公はキラキラドキドキを求めて止まない。完全に「キラキラ中毒」である。別に、どんよりとした学生生活を描けとは言わない。しかし、バンド活動にキラキラドキドキ感を求めようと思うのなら、現状に対する不満や放課後の鬱屈を事前にしっかりと描かなければ、話に説得力も何もないだろう。すでに欲しい物を全て手に入れているのに、さらに無い物をねだる、このような主人公に誰が共感できると言うのだろうか。

 本作に限らず、萌えアニメでは無邪気で天真爛漫な女の子がよく主人公に選ばれる。なぜなら、一般的にオタクと呼ばれる人達は、自分の優位性を保持するために、より精神年齢の低い女性を好む傾向があるからだ。だが、本作の主人公の場合は、無邪気と言うより、ただ自分の世界の中だけで生きている頭のおかしな人である。そのため、何事においても自分勝手かつ自己中心的で、声優の演技の下手さも相まって、非常に不快感を覚えるキャラクターになってしまっている。そんな人間がどれほど傷付き苦しんだところで、「ざまぁみろ」という感想しか生まれない。本作はあまり世間の評価が芳しくない作品だが、その最大の要因は間違いなくこの主人公の性格にあるだろう。

・ホラー


 ある日の放課後、キラキラ中毒患者の主人公は道端で星のシールを見つけ、それを追いかけて一軒の古い質屋に辿り着く。主人公は迷わず不法侵入し、蔵の中で一台のエレキギターを発見する。そこに登場する質屋の娘。口論の末、なぜか二人でライブハウスに行くことになる。主人公は蔵から勝手にギターを持ち出してライブハウスに行き、そこでガールズバンドの前奏を聴いただけで「凄い!」と絶賛して、質屋の娘にバンドをやろうと提案する。その後、主人公は勝手に質屋に上がり込んで朝食を食べたり、勝手に蔵の片付けを手伝ったりと、執拗なまでに質屋の娘に付きまとってバンドメンバーへ勧誘する。質屋の娘は「どうせギター目的だろう」とその行動を看破するが、主人公はそれを否定しつつ、ギターへの興味を隠そうともしない。すると、主人公は誤って三十万円もするギターを壊してしまう。二人は雨の中をずぶ濡れになって楽器店へ走り、修理してもらう。その結果、なぜか質屋の娘の態度が軟化し、ギターを五百円で主人公に譲り渡した上で、バンドへの加入を決心する。

 信じられないだろうが、これが本作の第一話と第二話である。今まで多くのアニメを見てきたつもりだが、背中がぞっとするような本物の「恐怖」を覚えたのは、これが初めてである。最早、サイコホラー以外の何物でもない。そう感じる一番の原因は、言うまでもなく「主人公が何を考えているのか分からない」からだ。前述したように「なぜ、キラキラドキドキを求めるのか?」も分からないし、「バンドの何に対してキラキラを感じたのか?」も分からない。そして、何より「なぜ、そこまで質屋の娘に固執するのか?」がさっぱり分からない。ついさっき出会ったばっかりで相手のことなど何も知らないし、彼女が音楽好きという描写もない。主人公が勝手に運命を感じているだけだ。実際、一番の友人であるパン屋の娘には、バンドへの参加を断られるとあっさり諦める。これではただのストーカーである。

 本作のやりたいこと・やろうとしたことは、内向的な人間の心が純粋無垢な人間の積極的な行動によって解放されるという作劇の王道パターンである。しかし、相手が何かに困っているという事実を示さないまま、主人公だけが勝手に動き回るため、彼女の考えが全く理解できず、温もりではなく恐怖感を覚える結果になってしまっている。キャラクターの心情を何でもかんでも台詞で語ってしまうのは三流だが、かと言って何も語らないのは論外だ。主人公は物語の案内役であると同時に、視聴者の分身であることを理解しないと、ただのホラーになるということを本作が体を張って証明してくれる。

・ご都合主義


 その後も主人公の暴走は続く。さすがに質屋の娘よりはましとは言え、残りのバンドメンバーに対する勧誘もかなりの強引さを極める。なぜ、そのような暴挙が許されるかと言うと、結局のところ、あらゆる事象が主人公にとって都合良く配置されているからに他ならない。質屋の娘にしても、「実は友達が欲しかった」という非常に都合の良い理由により、主人公のストーカー行為は不問にされる。主人公の周りには都合良く楽器経験者が集まり、音楽面のサポートをしてくれる。何の話し合いもないまま、主人公がボーカル兼リズムギターに就任する。質屋の蔵の地下が練習スタジオになる。明らかにモラルに反した行動を取っても、周りの人が笑って見過ごしてくれる。気持ち悪いのは、それらを徹底的に「いい話」として描いているところである。そんな物は美談でも何でもなく、ただ単に主人公を甘やかしているだけだ。

 その最たる例が前述したパン屋の娘である。実は、彼女は元ドラマーだったというご都合主義にも程がある設定が、第六話になって突然明らかになる。当然、彼女を再びバンドに勧誘する主人公。と言うか、勝手にメンバーに入れる。だが、パン屋の娘は、母親が病弱なので家事を手伝わねばならず、他のメンバーに気を遣うのは嫌だからという理由で申し出を固辞する。それに対し、主人公はこう言って彼女を説得する。「何でも一人で決めちゃうのずるい!」……いや、お前が言うな。また、パン屋の母親はこう言って彼女を励ます。「その優しさをもっと自分に向けて」……いや、主人公はもっと他人に優しさを向けろよ。だが、彼らの言葉に心を打たれたパン屋の娘は、遅刻しそうになって走って学校へ向かい、文化祭のステージに飛び入り参加する。そして、一度も練習していないのに、主人公達と完璧なセッションを披露する。あれだけ「練習していないから皆に迷惑かけるのが嫌」と言っていたのは何だったのか。自虐風自慢か、おい。

 これの何が問題なのか分からない人は、主人公がキラキラを感じた対象が、ガールズバンドではなく「女相撲」だったらどうかと考えてみて欲しい。すると、必ずや「女性は土俵に上がるな」と面倒なことを言ってくる奴が登場するだろう。そういった自分の力だけではどうにもならない都合の悪い敵を乗り越えて、初めて本当のドキドキキラキラを味わえるのではないか。狭い温室の中で人工的な光を浴びるのと、広い世界の中で太陽の光を浴びるのと、どちらがより光り輝くかは考える間もなく自明のことだ。

・エゴイスティック


 第一話で主人公が初めて行ったライブハウスは、「ガールズバンドの聖地」と呼ばれる有名な場所だった。しかし、この度、オーナーの意向により閉鎖が決定する。そこで、主人公は閉鎖前に一度はステージに立ちたいと、バンド結成二ヶ月にも関わらず出演オーディションを受ける。主人公自身はその演奏を「やり切った」と思ったが、結果は不合格。それどころか、後日、オーナーに「アンタが一番できてなかった」と直接ダメ出しされる。それを聞いた主人公は、ショックを受けて激しく落ち込み、なぜか声が出せなくなる。と、リアルなサイコホラー路線に変更する。そこで、他のバンドメンバーは「みんなで歌う」というアクロバティックな解決法を提案し、すぐに主人公も立ち直る。そして、二度目のオーディション、演奏の質は前回と大して変わりないぐらい下手だったが、今度はなぜか合格。実は、オーナーは「技術よりも本人がやり切ることが大事」という思想の持ち主で、前回ダメだったのは、主人公だけが独りよがりだったから。こうして、主人公達は閉店ライブにデビューすることが決定する。

 一見すると過去の主人公を批判し、それによる心の成長を描いているように見えるが、本作には決定的に抜け落ちているポイントがあることに、視聴した人は皆、多かれ少なかれ気付いているだろう。それは第三者の視点である。特に本作の場合は、高校の文化祭だけではなく街のライブハウスを舞台にしているため、当然のことながら「客の視点」が必要不可欠である。料金を取って演奏を聴かせる以上、「技術よりも本人がやり切ることが大事」などという自己中心的な思想は絶対にあり得ない。しかも、このライブハウスは、ガールズバンドの聖地と呼ばれている大切な場所だ。主人公達とは比べ物にならないぐらい思い入れのある人は、日本中に幾らでも存在するだろう。だとすると、結成二ヶ月の下手糞な素人バンドが閉店ライブのステージに上がれるわけがないし、それを客が温かく迎え入れることは100%ない。ブーイングされて、ステージから引きずり降ろされるのがオチだ。

 本作は、最初から最後まで全てにおいてこの思想が貫かれている。すなわち、「他人よりも私が大事」「私さえ楽しければいい」「私を邪魔する物はいらない」というエゴイスティックな思考である。最後のエピソードにしても、結局は「私が」から「私達が」に移行しただけで本質は何も変わっていない。本来、他人の評価である「キラキラしている」を自分自身で使っている時点で確信犯(誤用)なのだろうが、この思想をアニメファンに訴えて、本作は一体どうしようというのだろうか。ただでさえ、オタクは自分の殻に閉じ籠もってエゴを肥大化させていると批判されているのに、それを助成するような行為は決して良いとは思わない。

・総論


 エンターテインメントの本質は客を楽しませることという根本的な視点が抜け落ちている。こんな気持ちで作っているアニメが面白くなるわけがない。

星:★★★★★★★★(-8個)
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:14 |  ★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑

『コメット・ルシファー』

頭おかしい。

公式サイト
コメット・ルシファー - Wikipedia
コメット・ルシファーとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。オリジナルテレビアニメ作品。全十二話。監督は菊地康仁。アニメーション制作はエイトビット。謎の少女を守るために少年が戦うロボットアニメ。監督の菊地康仁は『マクロスF』『IS 〈インフィニット・ストラトス〉』『武装神姫』などを手掛け、メカ物には定評がある人物だが……。

・劣化コピー


 第一話。主人公がエアバイグで街中を走っていると、いきなり謎の力で空中に投げ出される。すると、たまたま通行中の幼馴染みにぶつかる。彼女は許嫁との結婚式の準備から逃げ出そうとしていた。そこで、二人は一緒にバイクで逃走する。すると、操作を誤って崖から落ちてしまう。なぜか無事だった二人は、暗い穴の底で不思議な赤い鉱石を見つける。すると、主人公が持っていた赤い石が輝き、鉱石の中から女の子が出てくる。そこへ新エネルギー源を探していた軍隊のロボットが現れる。よく分からないが、とりあえず女の子を連れて逃げる。すると、なぜか主人公の右手に紋章が浮かび上がり、そこからロボットが現れる……脚本家の頭の中はどうなってるんだ? これをシラフでやっているなら、手遅れになる前に病院へ行った方がいいのではないか?
 本作の最大の特徴、それはオリジナリティがまるでないことである。あらゆる場面がどこかで見たシーンの流用で、視聴者は皆、観賞中に激しい既視感に襲われるだろう。その中でも特に目立つのは、冒険ファンタジーの金字塔『天空の城ラピュタ』である。特に、第一話は何から何までラピュタのプロットを踏襲している。だが、パクったのは表面だけで、肝心の中身をパクり切れていない。例えば、本作の主人公達が謎の少女を匿った理由は「軍隊が絡んでいるから」である。軍隊が関わっているなら、むしろ率先して保護を申し出るのが普通の人間だろう。現に、ラピュタの主人公はそうしようとしたが、ヒロインが軍を見て逃げ出したことで状況を察し、自分の手で守ろうと決意したのである。そういった人間の感情を理解せず、表面的な行動だけを模倣しようとするから、悪しき劣化コピーにしかならないのだ。
 要するに、本作は制作者が個人的にやりたいシチュエーションを並べることが最優先であり、その間の繋ぎとなる設定やキャラクターの言動が極めて杜撰で適当なのである。物語の軸となる「主人公が赤い石を拾ったこと」「地下でヒロインと出会ったこと」「軍隊と鉢合わせしたこと」「主人公に紋章が移ったこと」「ラスボスがこの一件に関わっていたこと」といった複数の事象に何の関連性もなく、確率的に言うと数億分の一の偶然が積み重なければ本作のストーリーは成立しない。その結果、「キャラクターが常識外れの奇怪な行動をする」もしくは「キャラクターが本来やるべきことをやらない」といった事態が頻発し、それが強烈な視聴ストレスを生む。もっと分かり易く言うと、見るも無残なクソアニメになるのである。

・ストーリー前半


 こうして、鉱石から生まれたヒロインと一緒に暮らし始めた主人公。だが、そこへ彼女こそが新エネルギー源だと気付いた軍隊の魔の手が迫る!……はずなのだが、ピンポイントで彼女の位置が分かるレーダーの所持という絶対的なアドバンテージがあるはずなのに、攻めてくるのは頭のおかしいサイコパス野郎ばかりである。やる気がないならやめればいいのに。ところが、第五話、戦闘に力を使い過ぎたヒロインが大人に成長するという事件が発生する。彼女に付き従うマスコットキャラクターによると、覚醒中に彼女が見た光景は「深淵の祭壇」と呼ばれる場所で、そこの泉に触れれば成長が止まるらしい。全く意味が分からないが、彼の言葉を信じて主人公達は旅立つ。
 第八話。旅を続ける主人公達に物語の真実が明らかになる。と言っても、登場人物がペラペラと自分の口で語るのだが。それによると、各惑星には天使と呼ばれるエネルギー源とその守護者が一人ずついる。ヒロインはこの星の天使。だが、祭壇で力を補わない限り、彼女はいつか枯れて消えてしまう。また、主人公の母親はその天使エネルギーの研究者であり、自らの手で赤い石を作り出したが、軍に殺されてしまった。主人公の目標は、母の遺志を継いで赤い石を探すこと……そういう大事なことは、旅立つ前に言え! 電波少年か! これに限らず、本作はエピソードの順番が無茶苦茶である。伏線が伏線の体を成しておらず、何の脈絡もなく回想が挿入されたり、あるべきシーンがなかったりする。その結果、ただのモブキャラだと思われていたレストランの親父やパン屋の娘が、中盤では完全に主人公に伸し上がる。何だこのアニメ。
 第十話。主人公一行はとうとう深淵の祭壇に辿り着く。そこは同じ惑星上とは思えないぐらいファンタジックな土地だった。こんなにファンタジックな場所が世間に知られていないはずがないと思うのだが。そもそも、この遺跡は誰が作ったんだ? それはともかく、祭壇は扉が閉まっており、主人公達は中に入れない。すると、突然、床に穴が開き、ヒロインだけが落ちる。慌てて主人公達が追いかけると、彼女は赤い鉱石の中で力を補充されていた。そこに黒いロボットが現れて、ヒロインを吸収する。演出が下手過ぎて分かり難いのだが、どうやら悪の組織が横から彼女をかっさらったようだ。すぐに主人公はロボットを呼び出す。激しい空中戦。形勢不利の主人公。ヒロインは彼を助けるために黒ロボと取り引きし、彼に向かってこう告げる。「付いて来ないで。私のことはもう放っておいて」。ラピュタじゃねーか。

・ストーリー後半


 その後、物語はさらに混迷化し、最終的に完全に崩壊する。これからその概要を書いて行くが、「文章を読んでも話が理解できない」と言われても困る。本当にこのままなのだから。むしろ、こちらが聞きたい。
 黒ロボに連れ去られたヒロインは、事件の黒幕である諮問会の長官に捕えられる。彼の目的は新しいエネルギーで星を発展させること。普通にいい人じゃないか。主人公はヒロインを助けるためにロボットで行政府に突入する。だが、なぜかエリアシールドなるバリア発生装置が働いており、研究施設に侵入できない。そこで、ロボットの両手でバリアをこじ開けて入る。すると、なぜかマスコットがロボットに変身できなくなり、代わりに美少女になる。敵は長官一人だけなのだが、なぜか軍隊が立ちはだかる。すると、パン屋の娘が助けに来る。続いて、サイコパス野郎が敵を裏切って助けに来る。その頃、長官は謎の巨大な機械を使ってヒロインを鉱石に戻そうとしていた。誰が何のためにその機械を作ったんだ? 主人公、落とし穴に落ちる。だが、なぜか生きている。その頃、長官は秘書にナイフで刺されていた。秘書の正体は黒ロボだったのだ! 主人公、鉄パイプで機械を壊そうとするが壊れない。その時、何の打ち合わせもしていないのに幼馴染みと許嫁がバリア発生装置を破壊し、ロボットが復活する。意味もなく浮上する研究施設。黒ロボ、ヒロインの力を解放する方法を知らないことが発覚する。だったら、長官に任せておけよ。主人公はそんな黒ロボを攻撃して、ヒロインを救い出す。だが、今度は黒ロボが主人公を吸収してパワーアップする。最初からそうしろ! 宇宙空間での戦闘中、黒ロボは事件の真相をペラペラとしゃべる。頭上に浮かぶ月こそがかつての地球であり、自分はその天使の守護者だった。だが、人間が天使を殺して地球は滅んだ。黒ロボの目的は、ヒロインの力を使って自分自身が天使になり、地球を復活させること。だが、その言葉に反して地球は惑星に接近し、街は大洪水に襲われる。惑星同士がここまで接近したら互いの引力で粉々になると思うが、本作は基本的にあらゆる物理法則を無視しているので問題ない。何より街の人々が大して困ってない。そんなこんなでヒロインが主人公にキスをして、なぜか黒ロボは敗北し、ヒロインは消滅し、地球が復活する。
 内容に関してはもう語ることがないので、これとは別の問題を取り上げるが、本作の一番の欠陥は「途中で視点が逆転する」ことである。終盤はなぜかヒロインの方が主役になり、敵に捕らわれた主人公をヒロインが助けに行くという異常な展開になる。しかも、ヒロインが主人公に恋をして、その気持ちに彼は気付かないという萌えアニメのテンプレをここでやる。本作は冒険物語ではなかったのか? 主人公が惚れた女の子を命懸けで守るから面白いのであって、なぜその最大の旨味を自ら捨て去るのかさっぱり分からない。

・ロボット


 このように、物語は壊滅状態である。とは言え、本作はロボットアニメ。ロボットによるバトルさえ面白ければ文句はない。そういう意味では、確かにCGで描かれた戦闘シーン自体は熱くて見応えがあるのだが、その一方でロボットアニメとしては致命的な欠点も存在する。それは「主役ロボットが完全自律行動する」ことである。
 一応、設定的には、主役ロボットはマスコットキャラクターの変身した姿なのだが、明確な意志を持っているわけでもなく、戦闘中は常に無言である。攻撃を食らって悲鳴を挙げることもない。そのため、何の武器や技で戦っているのかがよく分からない。では、ロボットが勝手に戦っている間、肝心の主人公は何をしているかと言うと、呼び出すだけ呼び出しておいて、具体的な命令を与えることもなく別の場所で別のことをしていたりする。そんなバトルが面白くなるわけがない。『鉄腕アトム』『鉄人28号』の時代から、人間同士の戦いをロボットで代行するからロボットバトルは面白いのだ。物言わぬ戦闘兵器が自動で戦ったところで、それはオンラインゲームにおけるBOTと大して変わりない。しかも、本作は幼馴染みの許嫁が自家用ロボットを操縦して助けに来るという展開を何度も繰り返すため、さらに異常性が浮き彫りになる。どう考えても、そちらの方が主役ロボットに相応しい。
 これでは不味いと気付いたのか、第九話になってようやく主人公がロボット内に乗り込む展開になる。古今東西、様々なロボットアニメが存在するが、途中で操作方法が自動から手動に切り替わる作品は初めて見た。ただ、なぜ乗り込めたのかがよく分からないし、乗り込んだところで操縦も命令もしない。それなのに、ロボットがダメージを食らうと主人公もダメージを食らう。ただの馬鹿じゃないか。自殺志願者か。もっとも、原理は不明だが、主人公がロボットに乗り込むとなぜか本体がパワーアップする。つまり、主人公の存在は電池のような物だ。人間の力を吸収して強くなる自動操縦の殺戮兵器、それ、どう考えても人類の敵だろう。

・総論


 調べてみると、本作の原案・シリーズ構成・脚本を務めた野村祐一は、これが初作品だったようだ。なるほど……二度目はないな。

星:★★★★★★★★(-8個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:59 |  ★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2