『GUNSLINGER GIRL』

幸福論。

公式サイト
GUNSLINGER GIRL - Wikipedia
GUNSLINGER GIRLとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2003年。相田裕著の漫画『GUNSLINGER GIRL』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は浅香守生。アニメーション制作はマッドハウス。テロ鎮圧用に強化された「義体」の少女と、彼女達に罪悪感を覚えながら復讐の道具として使用する担当官の男性による悲哀に満ちたハードボイルドストーリー。徹底してリアリティにこだわった社会描写と手抜きのない暴力描写、そして、それらと対称的な義体の少女達の可愛らしさが多くのファンを獲得した。

・非人道設定


 原作者も認めている通り、著しく非人道的な設定である。少なくとも、萌えアニメと呼ばれているジャンルの中ではトップレベルの悪辣さだ。逆に言うと、萌えアニメというカモフラージュがなければ、テレビで放送することすらできなかっただろう。それぐらい本作は先鋭化した作品である。
 舞台は近未来のイタリア、五共和国派と呼ばれる北部の分離独立を掲げたテロリストに対抗するため、政府は社会福祉公社という組織を設立した。その公社では、何らかの不幸に見舞われた子供を戦闘用アンドロイド「義体」に改造し、対テロ用の人間兵器として使用していた。義体は肉体を強化されたばかりではなく、記憶の全消去及び「条件付け」と称する洗脳が施され、担当官こと「フラテッロ(兄弟の意)」に対する恋愛感情にも似た絶対服従の意志を植え付けられている。ただし、薬物の過剰摂取などが原因で、義体の寿命は非常に短いだろうと予想されている。
 以上が本作の設定である。子供を殺人マシーンとして使用するという物語は、映画では間違いなく倫理規定に引っかかる。良くてR指定、悪くて上映禁止だ、もちろん、あえてそういった設定にすることで描ける物も存在するのだが、設定が設定だけに否定的な感情を抱く人も多いだろう。そのため、ここではそういった批判に背を向けることなく、「賛否両論がある」という前提で内容を見て行くことにする。

・義体


 穿った見方でも何でもなく、この義体うんぬんは後付け設定である。原作の掲載誌の性質を考えても、まず否定する者はいないだろう。当然、年端の行かない小さな少女に大きな銃を持たせて、銃弾の飛び交う戦場で戦わせるというビジュアル的なギャップの面白さを狙った動機が先にあり、それを設定的に補強する科学考証が義体である。確かに、可愛らしい義体達が屈強なテロリストへ果敢に立ち向かっていく姿は、普通のハードボイルド物では味わえない魅力がある。そこに「萌え」を見出す視聴者も多いだろう。だが、同時にそんな視聴者に対して、生理的な嫌悪感を覚える人が少なからず存在することも頷ける。
 そういった批判を打ち消す役割が後付け設定である。義体の被験者となった少女達は皆、死ぬはずだった人間だ。事件や事故、病気の被害者で、社会福祉公社に助けられなければ、子供のまま短い人生を終えていただろう。当然、女性らしい喜びや悲しみを何も知ることなく亡くなっていたはずだ。もちろん、そこには「死んだ人間なら何をしてもいいのか?」という疑問が生じるが、それこそが実は本作のメインテーマである。つまり、「幸せとは何か?」である。

・条件付け


 義体には「条件付け」と称して洗脳が掛けられている。ちなみに、条件付けとは心理学用語でいわゆる「パブロフの犬」のことを指し、厳密には洗脳とは異なる物であるが、あえて誤用することで公社の非人道性を浮き立たせている。その条件付けの本懐は担当官への絶対的服従であり、彼女達は担当官の身を守るためなら命を投げ出さなければならないと教え込まれている。特定の異性に対する利他的な行動、それはある意味、恋愛感情と同義だ。そのため、義体達、特にメインヒロインのヘンリエッタは、明確に担当官へ向けて深い愛情を注いでいる。そして、人を愛することに喜びを見出している。
 さて、これはどう解釈すればいいだろう。彼女の恋愛感情は明らかに人為的に埋め付けられたものである。しかし、現在、ヘンリエッタが幸せを感じているのも事実である。これが単純な萌えアニメならば、その愛情を素直に受け入れればいい。視聴者を楽しませるためだけに存在する萌えキャラは、愛情をインプットされた義体と大して変わらない。だが、本作の主人公たる担当官のジョゼは思い悩む。義体を復讐の道具としつつ、義体の優しい兄を演じている自分。そして、義体の寿命がそう長くないことも知っている。それは人としての当たり前の葛藤……。

・ストーリー


 さて、本題に入る前に、ここで遅ればせながら本作のストーリーを紹介しよう。第一話~第五話と第八話はキャラ紹介回である。義体という存在の哀しみを描いているが、これと言って珍しい物語ではない。続く、第六話と第七話は中盤の一話完結型エピソード。そして、第九話~第十一話が俗にエルザ回と言われる本作のアンチテーゼとなる物語だ。
 ある日、義体のエルザとその担当官が死亡する。無敵であるはずの義体があっさりと倒された原因が分からない。しかし、ヘンリエッタがその理由を容易く言い当てる。エルザが担当官を愛するがあまり、その想いを果せないことに対する無理心中だったと。これは単純に愛憎を描いた話ではない。義体達は、偽物の愛情を植え付けられると同時に、絶対に担当官を傷付けてはならないと教えられる。だが、彼女はそんな厳しい条件付けを打ち破ってまで愛を貫いて見せた。なぜか? それは愛が伝わらないということは、これ以上ないほど不幸なことだからだ。ならば、いっそ自殺というもう一つの不幸を選んだ方がまし。つまり、彼女を動かしたのはただ一点、自らの幸福のためである。

・幸せとは


 幸せとは何だろうか? こういう抽象的な命題に取り組む時、よく引き合いに出されるのが「幸福と幸福感の違い」だ。幸福か不幸かは、その人の現在の状況によって大きく左右される。だが、幸福感はいつでもどこでも味わうことができる。たとえ、自身の置かれた境遇が不幸であっても、何らかの要因で幸福感を得ることさえできれば、その人は不幸なのに幸福を感じる。逆に、つらい仕事の後の一杯が格別に美味しいように、現状が不幸であればあるほど幸福感は強く感じるものだ。そして、それこそが本作のメインテーマである。
 彼女達は公社によって短い命を与えられ、偽りの幸福感を植え付けられる。それでは、彼女達は不幸だということだろうか。いや、そうではない。間違いなく「幸福」である。なぜなら、彼女達の姿は我々人間の姿だからだ。我々の人生も義体の人生も大して変わりはない。心から充実した人生を送っている人はこの世にどれだけいるだろう。もし、自分は義体よりも幸せだと言う人がいれば、それは大きな「エゴ」である。
 最終回、一つの大きな仕事をやり終えた彼女達は集まって夜空を見上げる。ベートーベンの第九『歓喜の歌』を歌いながら、彼女達は流星群に何を願ったのだろうか。

・総論


 非人道的な設定のため、反感が生まれるのは当然である。低俗な萌えのために子供を殺しの道具に使っていると批判されても反論することはできない。ただ、だからと言って、それがすなわち本作の評価を下げることには繋がらない。なぜなら、理不尽な設定から逃げることなく真正面に向き合い、「幸せとは何か」を我々にしっかりと問いかけているからだ。こういった作品をちゃんと評価しないと、アニメ業界に未来はない。

星:☆☆☆☆☆☆☆☆(8個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:00 |  ☆☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑

『大正野球娘。』

安易なフェミニズム。

公式サイト
大正野球娘。 - Wikipedia
大正野球娘。とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2009年。神楽坂淳著のライトノベル『大正野球娘。』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は池端隆史。アニメーション制作はJ.C.STAFF。現代より女性の地位が低かった大正時代、男性がするスポーツである野球に打ち込むことで社会的な自立を目指そうとする女学生の姿を描く。放送当時、初の女子プロ野球選手が誕生するなど女子野球がちょっとしたブームになっており、図らずもそれに便乗する形になった。

・安い


 本作の第一印象を一言で言うなら「安い」だ。あらゆる点において練り込み不足で、考え得る最短コースを辿っているため、物語的にもビジュアル的にも深み・厚みが欠けている。落書きのような背景から始まって、何のひねりもないストーリー、遊び心のない脚本、立っていないキャラクター、合っていないCV、盛り上がらない部員探し、現実感のない試合描写、大正っぽくない音楽、取って付けたような百合要素、主題歌をBGMにして試合演出、等々。どこが悪いと言うより、全体的に満遍なく質の悪い三流ドラマなので、少女漫画ならライバルキャラに「幼稚園のお遊戯」と罵られるレベルであろう。言い換えると「準備不足」ということであり、時代劇の制作は現代劇とは比べ物にならないほどの労力が必要だという常識を失念したまま、軽いノリで始めたとしか思えない。
 アニメファンなら、この安さを生み出している一番の原因が何か分かるだろう。そう、コンテである。単純なバストアップ、横からレイアウト、棒立ちキャラ、奥行きのない作画の連続で、映画的な面白みが全くない。完全にアマチュア自主映画レベルである。脚本に遊びが少ないのならば、コンテでそれを付け加えるのが良アニメの条件であるが、残念ながら本作の監督はまだその域に達していないようだ。人物作画は頑張っているだけに、その設計図たるコンテのつまらなさが何よりも残念である。

・フェミニズム


 本作は良家のお嬢様学校に通う女学生達が、当時はタブーだった女子野球に挑戦する物語である。題材だけを見ると何とも面白そうなのだが、問題はその動機にある。彼女達が野球を始めた理由は、登場人物の一人が許婚のお坊ちゃまに「女性は家庭に入るべきだ」と言われたことであり、それを不服とした彼女達が「人として対等だと認めさせる」ために野球で対抗しようとしたのである。なぜ、野球かと言うと、その許婚が全国大会を目指す強豪中学校のエースだったから。彼女達の目標は野球でその中学校に勝つこと。そして、男性の旧態依然な考えを改めさせること。
 ご覧の通り、本作は女性の自立を描いた「フェミニズム」がメインテーマである。ただし、その方法論が「男性に試合で勝つこと」という、今時、NHKの朝ドラですらやらないであろう狭隘なフェミニズムになってしまっている。当たり前だが、野球で男性に勝ったからと言って、真の意味での女性の自立にはならない。少しでもジェンダー論を齧っていれば、このような男女間の身体差を度外視した理想的平等論が完全に時代遅れになっていることは知っているはずだが。本当に女性の自立を描きたいなら、対戦相手を女性にして両親や教師を敵にすればいいだけの話なのに、なぜそうしなかったのだろうか。この辺りの考えの足りなさ加減が、如何にもライトノベル原作と言うべき安易さである。
 また、もう一つ重大な問題点がある。それは、主人公達が「なぜ、自立を目指しているのか」という理由が全く描かれないことだ。当時の風潮では女性が家庭に入るのは当たり前の概念だった。その概念に逆らうことを決意した物語上なくてはならない大事なエピソードが、設定にはあるものの劇中には全く出てこない。現代の倫理観で当時の社会通念を批判するのは非常に愚かな行為である。そのため、常識を口にしただけなのに理不尽な非難を浴びる許婚が可哀想である。

・萌えアニメ


 さらに問題なのが、本作が「萌えアニメ」であることだ。萌えアニメとは、男性視聴者が心地良く擬似恋愛ができるように理想的な美少女を登場させ、その可愛らしさを描くことに最大限の努力を払った作品のことを言う。最近では、より擬似恋愛に集中できるようにヒロインの数を増やし、代わりに最も不要な存在である「男性主人公」を追い払ったいわゆる「ゆるい日常系」が人気を博している。本作も男性向けアニメでありながら主人公は女性であり、野球部員も監督も全員が女性である。
 だが、そんな作品で「女性の自立」をメインテーマにするとどうなるだろう。当然、その最大の障害は男性になる。すると、「男性向けアニメなのに男性が敵」というとんでもなく不快な物に仕上がってしまうのである。男性視聴者は一体どういう心持ちで本作に挑んでいるのだろうか。まさか、主人公側に肩入れし、一緒になって敵となる男性野球部員に憎悪の感情を向けているのではあるまいか。それは想像するだけで恐ろしく気持ちの悪い光景である。残念ながら、女性を擬似恋愛の対象としか見られない視聴者も、自立心に溢れる彼女達の敵であるということを自覚しなければならない。

・野球


 そして、彼女達は名門中学校の男子野球部と対決する。野球の知識を持ち出すまでもなく、これは無謀な行為であると誰にでも理解できる。それは男女の身体能力がどうということではなく、単純な練習量の差だ。男子の方は子供の頃から野球を始め、全国大会を目指して日々努力を積み重ねているが、一方の主人公達は物語開始時にはほぼ全員が初心者、いくらそこから猛練習を重ねたところで数ヶ月で彼らを追い越すのは物理的に不可能なのである。ところが、本作ではそういった練習量の問題をなぜか男女の問題にすり替えている。「女性でも頑張れば男性と同じにできる」と。はっきり言って、野球やスポーツを一番馬鹿にしているのは彼女達と制作スタッフである。
 だが、試合は接戦になる。男子が手を抜いていたからという物語的な言い訳はあるものの、アニメ的にはかなり異様な光景である。その根底にあるのが、ダメスポーツドラマにありがちな「絶対的な技術の差をメンタルと作戦でカバーする」という奴だ。勘違いしてはいけないが、技術にあまり差がない時に初めてメンタルや作戦が試合を決定付けるのである。努力の足りない人間が奇策で敵を倒すのが平等主義か? 冗談じゃない。それを人は「姑息」と言うのだ。もっとも、敵となる男子が「これからは本気で行こう」と言った直後に満塁ホームランを打たれても、悔しい顔一つしないという非実在青少年なので、試合内容も適当でいいのだろう。結局、最後は一点差で男子が勝利するのだが、彼らが全国大会に出場するのはどう考えても不可能だ。

・大正浪漫


 では、上記のような不快な要素を抜いて、単純に萌えアニメとして見た評価はどうだろう。大正時代を舞台にしたアニメと言えば『はいからさんが通る』や『サクラ大戦』などを思い出すが、やはり着物と洋服が混在した世界観は抜群に面白い。袴姿の主人公がひょこひょこと走り回る姿は微笑ましく、野球を始めても淑やかさを失わないお嬢様方の立ち振る舞いは美しい。肝心の野球描写も、ちゃんと初心者だった頃と練習を積み重ねた後の動作を描き分けており、どこぞの天才バンドマンと違って説得力がある。
 しかし、そういった視点で見た場合も、大きな不満の残る点が二つある。すなわち、一つは身分格差、もう一つは許婚である。どちらも大正浪漫を語る際に避けては通れない要素だが、本作では至極あっさりと流されている。下町の洋食屋の娘がお嬢様女学院に通っているという設定も、その十四歳の娘と洋食屋の従業員が許婚になるというストーリーも、もっと突き詰めれば幾らでも面白い物語になりそうなだけに、全体的な練り込み不足が何とも恨めしい。

・総論


 萌えアニメから男性主人公がいなくなった頃から、いつか出ると予想されていた「男性を敵とした男性向けアニメ」である。ある意味、萌えアニメの究極系と言えよう。ただ、本作を何のわだかまりもなく楽しんで見られる人は、やはりどこかおかしいと言わざるを得ない。そういう意味において、昨今のアニメ業界の抱える矛盾を端的に示したオススメ作品である。

星:★★★★★★★(-7個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:26 |  ★★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2