『フラクタル』

悪い見本。

公式サイト
フラクタル (テレビアニメ) - Wikipedia
フラクタル(アニメ)とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2011年。オリジナルテレビアニメ作品。全十一話。監督は山本寛。アニメーション制作はA-1 Pictures。数千年後の地球を舞台に、人類を支配するフラクタルシステムからの解放を望む主人公達の戦いを描いたSF冒険ファンタジー。思想家・小説家の東浩紀による原案を、人気脚本家の岡田麿里がストーリー構成し、『涼宮ハルヒの憂鬱』等の演出で名声を博した山本寛がアニメ化した。監督の山本寛は、本作の出来に自身の進退を賭けると公言するなど強い決意を持って制作に挑んだ。

・東浩紀


 本作の原作・ストーリー原案を努めた東浩紀は、基本的に新しき物を肯定し、その比較対象として古き物を攻撃するというスタンスで世間の注目を集めた批評家である。ポストモダンの名の下にモダンなる物と対決する彼の姿は、虐げられた日常を送る若者の支持を集めると共に、分かり易い「公共の敵」として社会に必要とされた。ただし、彼にとっての「新しき物」のルーツは、彼が学生時代に見て感銘を受けた『新世紀エヴァンゲリオン』であり、エヴァ以後のサブカルチャーにはどちらかと言うと否定的だが、立場上否定できないという曖昧な状態に追い込まれている。今後、さらに薄内容・濃エロが進むであろうアニメ業界に対し、彼がどんな態度を示すかに注目したい。(※最近はどうやら吹っ切れた模様。震災の影響か?)
 さて、そんな東浩紀が初めて原作が手がけたアニメは、「フラクタルシステム」という電子ネットワークによって管理された未来の地球を舞台にしている。「僧院」と呼ばれる宗教団体が世界を支配し、人類は自分の分身である「ドッペル」に仕事をやらせ、怠惰な日常を謳歌していた。だが、それを良しとしないエコロジカルな人々は、「ロストミレニアム」というテロ組織を設立して僧院に対抗していた……と、清々しいぐらい典型的な「ディストピアとそこからのエクソダス」を描いたベタな物語である。訴えているテーマも、「人間には自由が必要」「原始に帰れ」「身体論」といった古典中の古典SFのそれだ。そんな物は、1927年に映画『メトロポリス』が通った道であり、二十一世紀にドヤ顔で発表するような物ではない。古き物に反抗することで今の地位を確立した批評家の作った作品が、明らかに時代遅れの古き物だったという事実は最高の皮肉である。
 ちなみに、「ヒロインが非処女」という一点だけは、彼のオリジナリティーを主張できるポイントだ。他にも、やたらと性的な要素を拒否する女性なども登場する。要は、処女崇拝に傾倒する「最近のオタク」に対する精一杯の当て擦りだろう。醜い争いである。

・ラピュタ


 本作を見た視聴者のほとんどは、すぐに強烈な既視感に襲われるだろう。それもそのはず、本作は明らかに『天空の城ラピュタ』『未来少年コナン』といった宮崎駿作品をベースにして、『機動戦士ガンダム』『新世紀エヴァンゲリオン』『マトリックス』などのSF作品をプラスして作られているからだ。特に、第一話はどこからどう見てもラピュタの冒頭部分の模倣である。丘の上の一軒家で一人暮らししている少年の所へ、何者かに追われた少女が空から降って来る。少年は彼女を助けて、共に一夜を明かす。なお、その追っている連中とは後に仲間になる。このようにストーリー展開が完全コピーなのはまだしも、背景や小道具などの美術面も相当にジブリを意識しているため、誰の目にも元ネタがバレバレである。
 ただ、ラピュタと本作との決定的な相違は、「ワクワクしない(=心が躍らない)」ということである。ラピュタのように勢いのある戦闘シーンがプロローグにないということにも起因するが、何より問題なのは主人公の心理面の希薄さだ。と言うのも、この主人公、同年代の少女を目の前にしても、うろたえるだけで積極的に係わろうとしないどころか、自らの内なる性欲求すら拒絶するのである。思い出して欲しいが、なぜ、パズーやコナンが命を懸けてヒロインを守ろうとしたのか、それは初恋以前の無自覚のほのかな恋心に突き動かされたからだ。だからこそ、視聴者は主人公に自分を重ね合わせて、彼らの活躍を心から応援するのである。しかし、本作の主人公はヒロインに興味を示さないばかりか、自分の趣味であるビンテージ品の方に心惹かれている始末。つまり、精神年齢が子供以下ということだ。フラクタルシステムに浸かった無気力な人間(いわゆるアニメオタク)とそこからの成長を描きたいのだろうが、これではただ単に感情のないロボットである。そんな人間に心を寄せることなどできない。

・岡田麿里


 上記も含めて、本作の視聴者の感想は総じて「つまらない」である。もちろん、同じ「つまらない」にも様々なパターンが存在するが、本作の場合は「楽しくない」「盛り上がらない」「先の展開に興味が持てない」といった純粋なシナリオに対するつまらなさである。実際、本作の印象は「退屈」の一言に尽きる。
 そもそもの大きな間違いは、本作の視聴者ターゲットが「成人男性」であることだ。しかし、物語はジブリ風冒険アニメ。そのため、脚本と内容の間に大きな解離が発生している。いくら成人男性が相手でも、冒険アニメである以上は彼らの中に眠る「少年の心」を刺激しないといけないのは常識である。にも係わらず、本作の主人公は深夜アニメ独特のいわゆる「巻き込まれ型」で、自分の意志で行動することはなく、成長して英雄的な行動をすることもない。加えて、少年魂を揺さぶらない適当なメカニック群。無駄な性的アピール。そして、何より最大の欠点は「ヒロインが複数」であることだ。さぁ、これから命懸けで冒険しようかという時に、その恋愛対象が分散するのは根本的にあり得ない。それぞれ、女性の体と心を司るため、使い方次第では面白くなるかもしれないが、全くアニメとして昇華できていないのは単純な技量不足であろう。
 結局、脚本家の岡田麿里の芸幅の狭さが原因だ。女性ゆえに少年の心が描けないとまでは言わないが、深夜アニメのノリでしかキャラクターを動かせないということが本作で露呈した。確かに、原作は頭でっかちな素人丸出しの古典設定であるが、それを万人が楽しめるエンターテインメントに作り変えられないようではプロ失格である。

・山本寛


 そんな素人原作者と原作の意図した点すら捉えられない脚本家を使って、何とか一つの作品にまとめ上げた監督の山本寛は、よくやっている方なのだろうか。いや、そんなことはない。ある意味、本作において最も未熟さを垣間見せた人物が彼である。
 まず、演出が極めて一本調子だ。日常シーンも戦闘シーンもコメディーシーンもシリアスシーンも、全て同じリズムでメリハリがない。夜は昼間に黒いフィルターを被せただけ。普通、敵のラスボスが登場した際はスポットライトの一つでも当てる物だろう。特に、第九話の別離シーンの演出の下手さ加減は筆舌尽くし難いレベルであり、こんなベタなシーンの演出もできないくせに、あんなに大口を叩いていたのかと愕然とする。これが「ヤマカン流リアル」なのかもしれないが、ケレン味のないアニメなどゴミも同然である。
 また、明らかに無駄なシーン・無駄なカットが多過ぎるのも問題だ。不要な画を削れば、尺は半分ぐらいで済むはずで、その画的なクドさがテンポの悪さと退屈さを生む元凶になっている。ところが、終盤になると今度は必要なカットが足りなくなり、キャラクターのワープが頻出する。最終回などは、建物の内部構造がどうなっているのかと心配になるほどだ。どうやら、途中で完全にやる気をなくして逃亡した模様。これでは引退もやむなしだろう。

・音楽


 ここまで書いておいて何だが、実は本作における最大の戦犯は、間違いなく「音楽」である。純オーケストラのBGMなのだが、曲調に抑揚がなく、フレーズも平凡なので全く印象に残らない。あまりにも場面が盛り上がらないため、環境音楽がかかっているのかと錯覚するほどだ。ある種、映画音楽的なのかもしれないが、映画は映像に合わせて音楽を作るのである。だからこそ、シーンを劇的に演出する効果があるのだが、本作はただ意味もなく後ろで流れているだけ。発注をかけたのが監督かプロデューサーかは分からないが、酷いとしか言い様がない。
 また、劇中で度々使われている挿入歌は、実は大昔に流行した大衆歌という設定である。つまり、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』のパク……オマージュなわけだが、それならそれでフラクタルの世界観とのギャップを演出するために、ちゃんと安っぽいアイドルソングとすべきだろう。モチーフをパクっておいて、一番核になる部分を使わないというのでは意味がない。全てが中途半端だ。

・総論


 アニメーションを制作する過程において、「絶対にやってはいけないこと」をこれでもかと詰め込んだ悪い見本のような作品である。本作を見れば、パクリ元のラピュタやコナンが如何に高度な計算に基づいて、エンタメに徹しているかがよく分かるだろう。先人の偉大さに気付かず増長した愚かな若者が、無様に敗北する様を見物できる貴重なアニメである。

星:★★★★★★(-6個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:07 |  ★★★★★★ |   |   |  page top ↑

『ストライクウィッチーズ2』

続・変態飛行。

公式サイト
ストライクウィッチーズ - Wikipedia
ストライクウィッチーズ2とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2010年。テレビアニメ『ストライクウィッチーズ』の続編。全十二話。監督は高村和宏。アニメーション制作はAICスピリッツ。前作を制作したGONZOがいろいろあって事業縮小したため、元請けとなる制作会社が交代している。ただし、監督含む制作スタッフのほとんどは続投しており、内容的な変更点はない。

・続ミリタリー描写


 前作ではお遊びレベルだったミリタリー描写は、本作では多少ましになっている。その理由として、本作の主人公が所属する部隊が、突然、復活したネウロイの襲撃により全滅した部隊を引き継いで急遽編成された物であり、全般的に「ゲリラ戦」の様相を呈していることが挙げられる。そのため、前線基地を設営するところから物語が始まり、補給や人員補充などの戦争らしい要素もしっかりと描かれている。前作のようなあらゆる施設・バックアップが揃ったパラダイスが舞台でなくなったことで、何事も自分達だけでやらねばならず、遊んでいる暇がないということだ。何より、諸悪の根源だった一週間ルール(敵ネウロイは一週間ごとに活動する)が廃止されたことで、敵がいつ襲ってくるか分からないという緊迫感が増加し、物語に張りを与えている。また、彼女達が守るべき街をちゃんと劇中に登場させたことも、その空気作りに一役買っている。
 ただし、基地が整備され、戦局が落ち着くストーリー後半は、前作のようなオチャラケムードが再び復活している。部隊総出で海水浴に乗り出したり、味方同士で撃墜数を賭けて決闘したり。ある意味、わざと戦場で感覚が麻痺していく様子を描いているのではないかと勘繰ってしまうぐらいだ。よって、本作はまだまだ浅薄な萌えアニメの枠内から脱することはできていない。

・ウィッチ


 二度の戦いを経て、ストライクウィッチーズの戦死者数は0、負傷者にしても数えるばかり、ストライカーユニットの破損も経度である。一方、ネウロイ側の被害は数百~数千。はっきり言って、これは圧倒的な戦力差である。実際、大型のネウロイでも数名のウィッチで殲滅することができ、小型のネウロイならそれこそ虫けら同然に駆逐することができる。確かに、ウィッチには魔法力の限界から来る活動時間制限と絶対的な人材不足が存在し、対するネウロイは無限の補給力を持っているが、それでも、この歪なパワーバランスは戦争が成り立たないレベルだ。これでは、力を合わせて強敵に立ち向かうという少年漫画風展開は作り難いし、新型ユニットが配備されたところでその真価を発揮できる敵もおらず、戦争アニメ的にひどくつまらない物になっている。何より、敵が弱過ぎることでウィッチ自身の気分が弛緩し、戦闘や死に対する恐怖心がなくなって、戦争がただのゲームと化しているのが厳しい。「苦戦」するからこそ勝利した時の喜びが大きいのだ、とは釈迦に説法か。
 しかし、これだけ強いと、人類にとっての最大の敵はネウロイではなくウィッチになる。今はネウロイという共通の敵がいるため、ウィッチを手厚く保護しているが、戦争が終結した瞬間、彼女達に対する弾圧が始まるだろう。その後に起こる物は、ウィッチと人類とネウロイの三つ巴の争いだ。そうなって初めて、本作が本当の意味で評価されるべき良アニメになる。おそらく、このアニメが4クールも続けば、そういう展開になるのだろうが、今のところその予定はなさそうだ。映画があったとは言え、何もかもが中途半端でモヤモヤが残る。

・反攻作戦


 最終回の直前になって、ようやく対ネウロイの反攻作戦が立案される。それはネウロイ化した戦艦大和を中心とした艦隊による一斉攻撃で、ウィッチーズはその護衛に回るという物だった。敗北は即全滅・撤退を意味する総力戦である。確かに、ウィッチの攻撃力は凄まじい物があるが、対要塞戦となると勝手が違う。事実、前作のネウロイの本拠地を倒したのはウィッチーズではない。(ただし、第一話のナレーションを聞く限り、戦意高揚のためにウィッチーズの戦果だと喧伝されている節がある)
 だが、その作戦に対して、ウィッチーズ達は反発する。自分達が部隊の中心になるべきだと。今まで若い女性の身で延々と防衛戦をやらされてきたのである。ネウロイへの復讐心や軍上層部への反発心も分からないではないが、普通に考えると「もう戦わなくていい」というほっとする気持ちの方が強いはずだ。彼女達に死の恐怖はないのか。要するに、それまでの戦いが楽勝過ぎて増長しているわけである。「ウィッチに不可能はありません」と豪語する指揮官の台詞など、その最たる物だ。が、実際に作戦が始まると、圧倒的な敵の数の前にすぐに魔力切れを起こして戦線離脱してしまう。まぁ、そんな物だろう。そもそも、最終回まで敵陣の詳細が分からないというシナリオに問題があるのだが、前作に引き続き、彼女達の油断と調子に乗ったピエロっぷりだけがクローズアップされるという酷い展開になっている。

・最終回


 最終決戦が始まり、ヴェネツィア上空に浮かぶ敵本陣は、ネウロイ化した戦艦大和の特攻によって消滅する。しかし、今度はその大和自身がネウロイに取り込まれ、味方に対して牙を向くというどこかで見た展開が続く。まさか、二期続けて同じネタを使い回すとは誰も思うまい。この人類最大のピンチを防ぐため、魔力を使い果たしたはずのウィッチ達が大空を飛ぶ。飛ぶ・飛べないはコツもあるのだろうが、それ以外のあらゆる生命維持に魔力を使っているという設定だったはずだが。そして、主人公は全ての魔法力を振り絞ってネウロイのコアを破壊する。その代償に、彼女はウィッチとしての力を失ってしまう。魔法力とは貯金みたいな物なのか? まず、監督は作戦や軍事について語る前に、この世界における「魔法」とは何かを説明して欲しい。
 このように、最終回は基本的にグダグダ脚本である。制作者の頭の中では話が繋がっているのだろうが、そこへ至る伏線が根本的に欠けているため、「全ての状況を台詞で説明する」というありがちなミスが起こっている。なぜ、大和の魔導ダイナモが停止し、なぜ、遠隔操作ができなくなり、なぜ、魔力を注入すると再起動できるのか、その辺りに納得の行く科学考証はない。結局、よく分からない点は「魔法」、謎のパワーは「気持ち」で全部説明できるのだから、便利な物だ。
 ところで、前作で問題提起したはずの「人型ネウロイ」の話はどこに行ってしまったのだろうか。ネウロイは敵なのか味方なのか、いや、それ以前に「ネウロイとは何か?」が本作のメインテーマだと思っていたが、どうやら早とちりだったらしい。そう言えば、主人公の父親は最後まで謎の人物Xだった。はっきり言って、第二期は何のために存在するのかすらよく分からない不思議なシリーズである。

・総論


 前作の問題点を踏まえて設定を整理し直した結果、何とか大人の鑑賞に耐えられる作品にはなっている。ただ、アニメーションとしての評価は上がっていても、中身は第一期の焼き直しのため、存在価値という意味では明らかに下がっている。一体、何期まで行けば、本作は真っ当な作品になるのだろうか。

星:☆☆☆☆(4個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:01 |  ☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2