『戦国乙女~桃色パラドックス~』

入門編。

公式サイト
戦国乙女~桃色パラドックス~ - Wikipedia
戦国乙女~桃色パラドックス~とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2011年。平和制作のパチンコ「CR戦国乙女」を元にしたオリジナルテレビアニメ作品。全十三話。監督は岡本英樹。アニメーション制作はトムス・エンタテインメント。女性しかいない戦国時代を舞台にしたトンデモ戦国ファンタジー。原作とは設定・ストーリー・声優が異なり、ほぼ別作品になっている。2009年クソゲーオブザイヤーを受賞した……のは『戦極姫~戦乱に舞う乙女達~』なので誤解なきよう。パチンコとアニメの関係性については『うみものがたり ~あなたがいてくれたコト~』の項目を参照。

・女人化


 主人公は、食いしん坊で元気いっぱいな現代っ子の女子中学生・日出佳乃。あだ名はヒデヨシ。ある日、ひょんなことから女性しかいない異世界の戦国時代に飛ばされる。そこで織田ノブナガと名乗る武将に出会った主人公は、「彼女」の家臣となり、天下統一の手助けをすることになるのだった……。
 いつの頃からかスタンダードになった「武将女人化物」アニメの一作である。一体全体、この奇妙なジャンルの起源はどこにあるのだろうか。イラストや漫画の世界では古くから存在したと記憶しているが、詳細は不明。ただ、一つだけ明らかなのは、流行の発端となったのは戦国時代ではなく『三国志』だということである。2000年にコーエーのPS2ゲーム『真・三國無双』がヒットしたことでオタク界に三国志ブームが発生し、時を同じくして塩崎雄二著の漫画『一騎当千』が三国志の武将の女人化という道を切り開いた。その後、2004年に同社の『戦国無双』が発売されたのを機に、女人化ジャンルも戦国時代へとシフトしたと見るのが正しい流れだろう。そのムーブメントを陰で支えたのは例の如くエロゲーだが、これと言うフラグシップはなさそうだ(しいて言うなら、2006年発売のアリスソフト『戦国ランス』か)。そもそも、歴史上の偉人や文学作品を女性化するという創作物(性別逆転パロディー)は、古今東西に幾らでも存在するわけで、さほど珍しいアイデアでもないのだろう。ただ、昨今の乱発具合は少々異常かもしれない。これは別に男性向けだけに止まらず、女性向けでも『戦国BASARA』のように「武将のイケメン化」も行われているため、業界全体のブームなのだろう。問題はその理由は何か、なぜ今の時代に求められているのかである。
 まず、間違いなく言えるのは、「擬人化」の一種であるということだ。2000年頃を境に萌えのコンセプトは一変している。すなわち、既存のキャラクターの中に萌えを見出すのではなく、新たに萌えキャラを創造するという行為である。例えば、強気なキャラの中にツンデレ的感情を見るのではなく、最初からツンデレに特化した専用キャラを作り出すように。一時期、「一瞬で笑わせる」というお笑い番組が流行ったが、それと同じく「一瞬で萌えさせる」という軽薄なインスタント志向が2000年以降の特徴だ。その最たる物が擬人化である。ただの炭を擬人化した「びんちょうタン」やパソコンのOSを擬人化した「OSたん」など、奥深い複雑な心理を持った「人間らしさ」を失う代わりに、萌えを強化してキャラクター性、言い換えるなら「商業性」を高めている。武将女人化も同様で、戦国武将という「偶像」をデフォルメ化し、女性キャラに作り変えることで新たな偶像を獲得する。ただし、世の宗教と同じく、実際のところはその作業自体が目的であり、完成したキャラクターで何かをするというのはあくまで副次的な物に過ぎない。そのため、それらの物語作品としての価値にはあまり期待できないのが世の常である。

・歴史のIF


 歴史アニメを好んで見るような人は、基本的に歴史に興味がある人である。そうでなくても、戦国時代の大まかな流れぐらいは、日本人なら誰でも知っていることだろう。そのため、武将女人化アニメが制作される目的の一つは「歴史のIF」である。つまり、フィクションという枠組みの中で歴史を再構成し、シミュレーションの過程を楽しむという知的な遊びだ。女人化はそのアプローチの一つであり、視点を変えることにより戦国時代のIFを深めるという効果を担っている。本作でも、日本史上の大きな謎の一つである「明智光秀はなぜ謀反を行ったのか?」という疑問に対して、百合と嫉妬という萌えファクターを用いて回答を示している。これはなかなか面白い試みであろう。もちろん、男性である本物の明智光秀にこの推論をそのまま当てはめることはできないだろうが、あらゆる角度から仮説を立てて検証することは学術的にも有意義なことである。
 しかし、歴史のIFと言えば聞こえはいいが、言い方を変えるとただの「パロディー」ということだ。戦国時代という雛形がすでにできあがっているからこそ、それをベースに独自要素を自由に付き足すことができる。アニメ版のキャラクター一つ取っても、ノブナガは豪快な直情家、イエヤスは狡猾な野心家とモデルの性格をデフォルメ化した物になっており、原作を知らない人にも非常に分かり易い。ストーリーにしても実際の歴史をなぞっているだけだから、作り手からすると次の展開を考える必要がない分、極めて楽だ。結局、同人ノリの延長ということであり、一つ二つならまだしも、雨後の竹の子のように乱発されている現在の状況は、やはりどうかと言わざるを得ないだろう。

・ジェンダー論


 最後にもう一つ理由を挙げておく。ただし、これはどちらかと言うと社会学に属することであり、本ブログの趣旨から大きく逸脱するため、簡単に記すに止めておく。それはすなわち、「フェミニズム」である。具体的な数字は不明だが、オタクと呼ばれる男性の中には、男性よりも強い女性を求める人々が一定の割合で存在する。彼らは強い女性リーダーに身も心も支配されることを望み、その状態を心地良く思う。その理由は単純な被虐嗜好と言うより、男尊女卑的な社会に対するカウンターパートであろう。つまり、「男なら強くあれ」という要求に対して、「男だからと言って強くなくても良い」という自己弁護からの女尊男卑思想である。武将女人化などは、まさにその思想が具現化した物であろう。
 ただ、同じ女人化アニメにも、二種類あることに注意しなければならない。それは本作のように女性しか登場しない作品と『織田信奈の野望』のように男性も登場する作品だ。当然、後者の方がより「病的」である。『大正野球娘。』と同様に、男性向けアニメでありながら、男性を敵にし、女性が男性を支配する様をビジュアルとして見せるのである。これはもう女尊男卑などという生易しい物ではなく、完全にオタクの「女性化願望」である。要するに、自分自身が萌えキャラのような可愛い女の子になりたいのである。この観点から萌えアニメを見つめ直してみると非常に面白い調査結果が出ると思うが、今回はこの辺りで閉じさせて頂く。

・ストーリー


 遅ればせながら、本作のストーリーを紹介しよう。天下統一の野望を持つノブナガは、家臣の主人公とミツヒデを従え、全て揃えると天下を取れるという「真紅の甲冑」集めに精を出していた。途中、ミツヒデの謀反未遂などに見舞われながらも、ついに全ての甲冑を手に入れることに成功する。しかし、二人の武将がそれを横取りしようと企んでいた。一人は野心に燃えるイエヤス。もう一人は伊達家の子孫であり、主人公と一緒に異世界へとやってきたマサムネ。彼女は腐敗した現代社会を正すため、伊達家が天下統一を果すという新たな歴史を作り上げようとした。だが、甲冑には身に纏いし者の悪しき心を増幅する力があり、それに魅入られたイエヤスが暴走し……。
 このように、本作は異世界物としても戦国物としても非常にオーソドックスなストーリーになっている。甲冑を集めたら天下統一と簡略化した世界観になっているのも、アニメでは大規模な合戦シーンを描くのを不得手としていることに加え、キャラクター同士の血生臭い殺し合いを回避できるというメリットがあるからだ。全体的にギャグ成分が多く、健康的なお色気も満載なので、『志村けんのバカ殿様』的な面白さがある。台詞回しも時代劇調に練り込まれており、現代とのギャップネタも楽しい。基本的な作品のターゲット層は中高生より少し上の二十代・三十代男性だろうか。そう考えると、パチンコ宣伝アニメとしては間違いなく優秀である。
 不満点を挙げるなら、せっかく各キャラクターに固有の武器を持たせているのだから、それらを生かした格闘ゲーム的なタイマン勝負がもっとあっても良かったことだろうか。また、終盤のまとめ方が雑で、幾つかの伏線・謎を放置しているのも気になる。もう少し、タイムパラドクス的なネタを含めるべきだと思うのだが。

・総論


 武将女人化物アニメの入門編に最適な一品。お色気戦国コメディーとして十分に成立しているので、そういう物に興味がある人は心から楽しめるだろう。後、イエヤスちゃんがとんでもなく可愛い。

星:☆☆☆☆(4個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:17 |  ☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑

『NOIR』

和製フィルム・ノワール。

公式サイト
NOIR - Wikipedia
NOIRとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2001年。オリジナルテレビアニメ作品。全二十六話。監督は真下耕一。アニメーション制作はビィートレイン。真下耕一が長年温めてきた「銃と少女」をテーマにしたガンアクションムービー。原案・脚本は後に小説家として名を馳せる月村了衛。同一テーマで制作された『MADLAX』『エル・カザド』と合わせて、「美少女ガンアクション三部作」と呼称されることもある。2011年にサム・ライミ監督による実写ドラマ化が報じられたが、未だにその続報はない。

・ノワール


 そのタイトルが示す通り、かつての「フィルム・ノワール」を強く意識して作られた作品である。ノワールとはフランス語で「黒」。つまり、裏社会を指す。ギャングや探偵、殺し屋、刑事、弁護士などを主人公にして、反社会的な一匹狼的な世界観を丹念に描く。一般的なハードボイルド映画とノワール映画との違いを定義するのは難しいが、目に付くのはその全体に漂う退廃的なムードだ。倫理観が欠落していたり、秩序よりも自由を優先したり、人の醜さを強調したり、ミステリアスな悪女に翻弄されたりするなど、最終的に主人公が悲惨な結末を辿ることも多く、「滅びの美学」が一つのテーマになっている。元々、モノクロムービーが発端なだけあって、映像は光と影のコントラストを強くして暗黒街の雰囲気を演出し、人間の暗い側面を暴き出す。また、回想シーンを多用して、現実と夢想の境界線を曖昧にするという手法もよく使われる。
 日本ではあまり存在し得ない(=生まれ難い)ジャンルである。と言うのも、日本で現代の裏社会を描くとどうしても「ヤクザ物」になってしまい、そうすると必ず「義理・人情」の世界になってしまうからだ。つまり、自己の同一性ではなく他者との関係性がテーマになってしまうのである。そのため、組織に属しない一匹狼が闇に紛れて生きるクールさやダンディズムを描くのは、総じて上手くない。時代劇だとそれなりに暗い側面も描けるのだが、チャンバラにガンアクションと同一のリアリティを求めるのは酷だ。
 そんな中、本作のようにアニメーションでフィルム・ノワールを再現しようという試みは、実に興味深い。しかも、それがほぼ成功していることが何より恐ろしい。実写でできないことが、なぜかアニメだとできるのである。日本の映画界のレベルが低いのか、アニメ界のレベルが高いのか、それとも、その両方か。どちらにしても、手放しで喜べる話ではないことだけは確かだ。

・殺し屋


 若い女性の身でありながら、フランスのパリで殺人代行業(殺し屋)を営むミレイユ・ブーケの元へ、ある日、夕叢霧香と名乗る日本の女子高生からメールが届く。その手紙に添えられていたオルゴールのメロディと「ノワール」という単語に記憶を呼び覚まされたミレイユは、日本で霧香と会う。彼女には記憶がなく、自分が何者かも分からないと言うが、なぜか超人的な殺人術を持っていた。自己の再生を願う霧香、家族の復讐を願うミレイユ、利害が一致した二人はフランスで一緒に暮らしながら、暗殺ユニット「ノワール」を結成するのだった。
 物語の前半は、二人が殺し屋として活躍する一話完結型のストーリーである。練り込まれたストーリーと奥深い人物設定、緻密な背景描写、現実感のあるガンアクションとどこを取っても極めてクォリティの高い作品に仕上がっている。そこに真下耕一のフィルム・ノワールを意識した演出が加わると、完全に深夜アニメのレベルを超えていると言っても過言ではない。さらに、特筆すべきは梶浦由記が担当した音楽である。本人自身、最も印象深い仕事とインタビューで答えている通り、一曲一曲が粒揃いでノワールな雰囲気作りに一役買っている。最早、BGMと言うより映像と同等の関係だ。中でも戦闘時に流れる「salva nos」は出色であり、この曲がきっかけで俗に言う「梶浦語」曲(造語を生かしたメロディー)が生まれたと語っている。
 アニメ的な欠点を言うと、雑魚敵の黒服が弱過ぎることが挙げられる。主人公の超人性を浮き立たせるために敵を弱くするのは常套手段だが、本作の敵のほとんどが反撃もできぬまま、短い呻き声を挙げて一撃で倒されるのである。テレビゲームにおけるやられキャラレベルであり、まるで人間味が感じられない。もう少し、他に描き様はなかったのか。また、本作が抱えるもう一つの致命的な欠点は、超絶的に「眠い」ことだ。つまらないとか退屈とかではなく、物理的に眠いのである。話の展開に抑揚がなかったり、回想シーンを何度もリフレインしたりして、視聴者の眠気を誘う。そういう内容なのだから仕方ないと言われればそうなのだが、人を選ぶアニメなのは間違いない。

・キャラクター


 ミレイユはグラマラスで落ち着いた雰囲気を持つ大人の女性。プライドが高く、自他共に厳しい性格で殺しの腕も一流だが、完全無欠の霧香に比べると数段落ちる。劇中でも何度か敵にやられており、それゆえ、視聴者に付けられたあだ名は「ダメイユ」。口にこそ出さないが、霧香に対して強い劣等感を抱いている様子がうかがえる。一方、霧香は天才的な戦闘能力とは正反対に、無口で子供っぽく生活力のないタイプ。自分が何者か分からない(のに、なぜか簡単に人を殺せる)ことで破滅願望があり、事が済み次第、口封じのために殺すと宣言しているミレイユに対しても、それを待っていると告げる。そんな二人の同棲生活は奇妙な物だった。仕事では息の合うパートナーだったが、プライベートでは殺す・殺されるのサディスティックな関係。しかし、好きの反対は無関心と言うように、殺したいと思うのは強い関心があるということだ。ミレイユはいつしか霧香に対して深い親愛の情を覚えていく。友人のようで、姉妹のようで、そして、恋人のようで。
 ネタバレになるが、二人は伝説の女性暗殺者コンビ「ノワール」の候補者であり、最終的にそれに選ばれたのは年長のミレイユではなく、若い霧香と彼女と同年代の少女・クロエだった。また、子供の頃、ミレイユの家族を殺したのも霧香だった。それを知った時のミレイユの苦悩は計り知れない。自分に屈辱を味わわせた相手、自分の人生を狂わせた相手。しかし、それでもミレイユは霧香を受け入れる。ただの共依存の関係なのかもしれない。自分自身を慰めたかっただけなのかもしれない。それでも、必ず彼女の側にいてあげなければならないという強い絆。そう、本作で描いている物こそが、本来の意味で言う「百合」なのである。
 ちなみに、下衆な話だがノワールの別名は「黒き手の処女」である。選ばれたのは霧香とクロエ。だが、最後に霧香はノワールを拒絶してミレイユの元へ戻る。これを女性のアイデンティティの問題として見ると面白い結果が出ると思うが、さすがにそこまでは踏み込まない。

・ストーリー


 ソルダという秘密組織があった。かつて、彼らは自ら育て上げたノワールという超人的な女性暗殺者コンビを用いて、世界の悪しき力から弱き民衆を守るために暗躍していた。時が流れ、ただの犯罪組織と化したソルダの幹部の一人、アルテナが原点回帰とノワールの復活を画策する。目的は腐り切った世界に変革をもたらすため。彼女は候補者を三人立てて試練を与え、クリアした者の中から二人を抽出するというプロセスを取った。その候補者が幼い頃のミレイユと霧香、そして、クロエという子飼いの少女だった。しかし、急進的なアルテナ派に対して、組織内の現状維持派が反発する。そんな内部抗争に否応なく巻き込まれていくミレイユと霧香……。
 一握りの暗殺者集団が裏で世界を動かしていたというのは、陰謀論を語る上でよく出てくるテーマである。本作もそういった設定をベースにしているが、実質的には「アルテナの物語」である。彼女は戦災孤児であり、他の誰よりも残酷な現実を目の当たりにして生きてきた。それゆえ、彼女が夢見た物は、誰もが平等に暮らせる理想郷の建設であった。感覚的には、テロリストと言うより『もののけ姫』のエボシ御前に近い立場の人間である。しかし、「愛で人を殺せるなら、憎しみで人を救うこともできるはず」という信念に基づき、理想のためには手段を選ばないという彼女のイデオロギーは、最後まで人を惹き付けることはできなかった。
 最終的には、アルテナに捕らわれた霧香をミレイユが助け出し、霧香がノワールであることを否定したことで、彼女の野望は失敗に終わる。しかし、それがハッピーエンドかと問われると回答に窮す。現実世界の問題は残ったままであり、何よりミレイユも霧香も普通の生き方ができない人間だ。このまま暗殺者稼業を続けるのか、すっぱり足を洗うのか、それとも……。その問いに対する答えがラストに流れる二つの銃声なのだろうか。そう考えると、本作は紛れもないフィルム・ノワールである。

・総論


 アニメオタクを名乗るなら、見ていてしかるべき作品の一つ。視聴には多少の忍耐力を伴うが、実写では不可能なフィルム・ノワールをアニメで再現するという無理難題に見事に応えた貴重な作品と言えるだろう。本作をリアルタイムで見られた人は真の幸せ者だ。ちなみに、本作の前番組が『アルジェントソーマ』で、後番組が『ココロ図書館』である。どうやら、この頃のテレビ東京は神がかっていたようだ。

星:☆☆☆☆☆☆☆☆(8個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:58 |  ☆☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2