『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』

企画自体が無茶。

公式サイト
デビルサバイバー2 - Wikipedia
デビルサバイバー2とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。アトラス制作のDSゲーム『デビルサバイバー2』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は岸誠二。アニメーション制作はbridge。現代日本に突如現れた異形の敵とそれに立ち向かう秘密結社との人類の未来を賭けた戦いを描く終末系ファンタジー。『デビルサバイバー』というアニメの続編ではなく、『デビルサバイバー2』というゲームのアニメ化であることに注意。本作の放送中に、アトラスブランドを所有する株式会社インデックスの巨額粉飾決済が明らかになり、後に民事再生法が適用された。

・企画


 アトラス制作ゲームのテレビアニメ化作品としては、『ペルソナ ~トリニティ・ソウル~』『persona4 the ANIMATION』に続く三作目である。だが、前二作と比べるとどうしても根本的な企画の弱さが目立つ。つまり、学園ファンタジーがベースのペルソナシリーズとは違い、題材自体がアニメ化に向いていないのではないかという危惧だ。実際、制作が発表された時も期待より不安の声の方が大きく、そして、その不安はほぼ的中することになる。
 舞台は現代の日本。変わることのないと思っていた平凡な日常が、ある日突然、終わりを告げる。古の予言に従い、世界の管理者「ポラリス」が人類を審判するために七体の異形の生物「セプテントリオン」を日本に送り込む。それに対抗するのは峰津院大和率いる秘密機関「ジプス」。彼らは、「憂う者」アルコル(実はセプテントリオンの裏切者)から与えられた悪魔召喚の力を用い、人類の存亡を賭けてセプテントリオンに立ち向かう。
 この設定だけを見ても、本作は明らかに『新世紀エヴァンゲリオン』を意識しているのが分かる。特定のタイトルを出すのが嫌なら、アトラスゲームらしく「黙示録系」と呼んでも構わない。要は、創造主が自ら生み出した人間の罪を裁くために、超自然的な審判者を次々と地上に送り込むという物だ。悪魔を利用して悪魔と戦うといった『デビルマン』的展開や、その混乱に乗じて世界を支配しようと企む秘密結社の暗躍などもお約束。ただし、原作の場合は、あくまでそれを「ゲーム」にした物であり、プレイヤー自身が物語の主人公に成り切って黙示録の悪魔に戦いを挑み、世界のあるべき形を考えるという楽しみがあった。だが、それをアニメに逆輸入してしまうと、どうしても「エヴァの劣化コピー」になってしまうのである。事実、ビルよりも大きなセプテントリオンが都心上空を飛行するビジュアルなどは、エヴァその物である(原作のセプテントリオンはもっと小さいのだが)。同じ黙示録系でも、『ストライクウィッチーズ』のように萌えに走った物や『ぼくらの』のように中二病に特化した物、『ブレンパワード』のように人間賛歌を極めた物など様々な個性的な作品があるが、本作はそういった面で独自性が極めて薄い。それが「企画の弱さ」と批判される一番の理由である。

・バトル


 本作はシミュレーションRPGをアニメ化した物であるため、基本的にはバトルシーンがメインになる。ストーリー面で目新しさに欠ける原作がユーザーの支持を集めたのは、そのバトルがストーリーの弱さを補っていたからであるが、アニメ版では逆に足を引っ張る結果になっている。
 「携帯電話で悪魔を喚び出す」が本作の主たるギミックである。原作とは異なり、他のアトラスアニメと同様にキャラクター自身は戦わない。その理由は、弱々しい人間が強大な敵に対抗している状況を強調するためと、悪魔の進化を心の成長のメタファーとして用いるためだろう。しかし、あくまで心の力=悪魔だったペルソナとは違い、本作の悪魔は召喚者とは完全に別個の存在である。そのため、戦闘中、キャラクターは携帯電話を宙に構えて命令を下しているだけで、自らは何もアクションを起こさない。しかも、敵であるセプテントリオンは巨大で、悪魔ですら象にたかるハエ程度の大きさになる。すると、個対個の「戦闘」ではなく、大規模な「戦争」になってしまい、バトルの爽快さがどこかに吹っ飛んでしまうのである。はっきり言って、面白くも何ともない。また、原作の売りの一つである悪魔合体やオークションが全くと言って行われず、ストーリーを通じて使用悪魔がほとんど変わらない。特に主人公は、尺の都合上、レベル1の段階でレベル50の悪魔を使いこなし、ラストバトルまでずっと継続使用する。話を盛り上げるために、意味もなくペルソナを切り替えていた『persona4 the ANIMATION』の主人公を思うと、この淡白さには不満が溜まる。
 さすがに、これでは不味いと思ったのか、終盤になるとキャラクター自身が戦いに参加するようになる。腕に輝く文様が刻まれ、バリアのような物で敵の攻撃を防いだりするのだが、それが何のエネルギーで動いているのかさっぱり分からない。携帯電話の召喚アプリの力なのだろうか? それなら、最初から携帯電話を武器にして自分で戦えば良かったのに。

・ストーリー


 原作ゲームは、細分化した個別のイベントをプレイヤーがある程度自由に選択することで、能動的にシナリオを進めて行くという方式を取っている。一方、アニメ版では、それらのイベントを混ぜ合わせて一つの物語になるように並べ替えているため、ストーリーの流れ自体は一緒だが、展開はかなりオリジナル色が濃くなっている。もちろん、どちらが正しいというわけではなく、あくまで三十分アニメというメディアに適したアレンジ例だ。それゆえ、アニメ版のストーリーに対して「原作と違う」と批判するのはナンセンスである。
 東京での異変の最中、召喚アプリを手に入れて悪魔使いとなった主人公は、その召喚能力を買われて半ば強制的にジプスにスカウトされる。しかし、二日目の戦いで、ジプスの人命を軽視した戦い方に疑問を覚えた彼は、単身、組織を離れてレジスタンスに加入する。原作と違う!……てか、早いよ。主人公が自分の属している組織の存在意義に疑問を覚えて離脱するのはよくある展開だが、普通は組織のリーダーと一悶着を起こした後の中盤近辺ですることだ。だが、本作はそういったあるべき流れをすっぽかしていきなり行動に出るため、主人公がひどく単細胞な人間に見えてしまう。序盤にジプスの非人道性を強調しておきたい監督の意志だろうが、どうにも急ぎ過ぎのように思える。
 その後、何だかんだで合流した主人公と峰津院大和が中心になって、残り五体のセプテントリオンと対決するのだが、あまり雰囲気に悲壮感はない。やはり、七日間という期間は人間ドラマを描くには短過ぎる。ただし、これでも大学サークルのノリだった原作よりは何十倍もましなのである。アニメ版は、より「サバイバル」というワードを前面に出し、圧倒的な現実の前に無力な人類が打ちのめされる絶望感や理不尽さを描くことに腐心している。それは良い。だが、その裏で犠牲になっているのが、主人公と大和以外の十人の仲間達(十二星座がモチーフになっている)だ。根本的に尺が足りないせいで出番が少なく、さらには彼らの担っていた思想までもが主人公に集約されているため、存在する必要性すらない。これはどうなのだろう。仲間達と楽しく過ごすほのぼの七日間(ゲーム)か、独りで危機に立ち向かうギスギス七日間(アニメ)か、どちらを「選択する」かは難しいところだが、少なくとも後者はゲームではバッドエンドである。
 ちなみに、なぜ七日間かと言うと、北斗七星がモチーフだからという理由だけでなく、我々が過ごす一週間という日常の隠喩にもなっているからだ。毎日現れるセプテントリオンは、つらく苦しい仕事や学校の象徴である。厳しい現実を真正面から描くことで「生きること」とは何かを訴える。そう考えると、ちゃんと個性的な黙示録系作品なのだが、残念ながら、そこに注目する人はあまりいないだろう。

・最終回


 このように、根本的な部分の企画倒れ感がある本作だが、終末の恐怖や秘密組織の暴走とそれを阻止する主人公という本筋はちゃんと描けているため、悪くても中の下といった辺りに収まっている。新作ゲームの宣伝アニメとして考えるとこんな物だろう。ただし、それも最終話を除いての話だ。最終話は飛び抜けて出来が悪く、全体の評価をさらに下げる要因になっている。
 世界が崩壊した後、主人公と峰津院大和がポラリスに謁見する権利を賭けて、異空間で熱いバトルを交わす。その際、二人は互いの主張を言葉でぶつけ合う……「十五分」近くも。内容は、力こそ全てだと主張する大和と仲間との絆が大事と主張する主人公の対立、要するに本作の「メインテーマ」である。作品テーマを主人公に台詞でペラペラと語らせるのは下策中の下策、さらには悪役の主張を言葉で説き伏せるなど言語道断、作劇における絶対にやってはいけないことトップ3に入る悪行であろう。しかも、バトル中の口論なので、活劇のテンポが著しく悪い。おそらく、戦闘中にライバル同士が議論するのは『機動戦士ガンダム』の富野由悠季をリスペクトしているのだろうが、いわゆる富野節はコンテ段階で台詞を効果音のように各カットへ当てはめていくことで、リズム感を失わずにテーマを語らせることができるのである(実際、押井守も戦闘のテンポを落とさずにキャラ同士が会話しているのは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』だけだと述べている)。そういうことを理解せず安易に口論バトルに手を出すと、本作のような痛々しいことになってしまうという分かり易い例である。
 その後、かつて仲間が使っていた悪魔を結集し、合体させてルシファーを呼び出すという『persona4 the ANIMATION』の最終回に酷似したベタな展開で大和を倒す。そして、ポラリスと謁見した主人公は、世界を元通りに戻すことを要求する。その願いは叶えられ、セプテントリオンが現れる前の時間まで世界が巻き戻る。これ、原作におけるダイチルートのアレンジなのだが、アトラスゲームに詳しい人なら、『真・女神転生III-NOCTURNE』の先生ENDと全く同じオチだとすぐに気付くだろう。言われてみると、峰津院大和は真3におけるヨスガ・ムスビ・シジマのコトワリを掛け合わせたような言動をする。良く言えば、アトラスゲームらしいアニメということだが、悪く言えば、性質の悪い使い回しである。結局、本作が何をやりたかったのか最後まで分からず仕舞いだった。

・総論


 第十二話まではただの退屈なアニメだが、最終回で一気にダメなアニメにまで墜落する。もっとも、それは制作スタッフの不手際と言うより、元々、アニメ化に向いていない題材を強引にテレビアニメにしたことによる弊害だろう。せめて2クールなら人物をもっと掘り下げ、ゲーム的な成長要素を入れることも可能だっただろうに。

星:★(-1個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:07 |   |   |   |  page top ↑

『persona4 the ANIMATION』

抜群の面白さ。

公式サイト
ペルソナ4 - Wikipedia
Persona4 the Animationとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2011年。アトラス制作のPS2ゲーム『ペルソナ4』のテレビアニメ化作品。全二十六話。監督は岸誠二。アニメーション制作はAIC ASTA。山に囲まれた静かな街を突如襲った連続猟奇殺人事件に、高校生達が心の力「ペルソナ」を用いて立ち向かう学園サスペンス。事件の真相が描かれる第二十六話をDVD・BDにのみ収録するというアニプレックス商法に批判が集まった。

・ゲームのアニメ化


 本作は「ゲームの雰囲気をアニメで再現する」ということに強いこだわりを持って制作された作品である。そのため、ゲーム内で用いられた様々なエフェクト(戦闘時のカットイン演出、記号による心理表現、カレンダーによる場面転換など)をそのまま移植するといった新たな取り組みが行われている。結論から先に言うと、その試み自体は成功したと言えよう。視聴者が能動的に係れないアニメでありながら、まるで自分自身でプレイしているかのような臨場感を生んでおり、ゲーム原作アニメの新しい形を提供している。もちろん、メディアの違う物を完璧に再現することは不可能なのだが、少なくとも両者の間に違和感はない。心配された主人公のキャラクター像(原作ゲームの主人公は選択肢以外は無言で名前も任意)も、どこかとぼけたクールキャラにすることで、原作ファンもわだかまりなく楽しめるように工夫されている。ただし、その成功は、逆に「アニメである必要性」という疑問を生むことになる。尺の都合上、ダンジョン探索パートがばっさりとカットされていることなども含めて、どうしても「ゲームのダイジェスト映像」という感が否めないのだ。つまり、高い購入費を払わずともゲームをプレイしたような気になれるネット上の違法実況動画のような存在になってしまい、ゲーム本来の「成長の過程を楽しむ面白さ」を失っているのが、本作の最大の難点である。
 単純なアニメーションの出来から言うと、ゲームの一連の長編ストーリーを強引に全二十六話に当てはめているため、ブツ切り感全開のひどく残念な構成と化している。各エピソードの起承転結が乏しく、中途半端な場面で回を跨ぎ、一番の盛り上がりがパートの前半に来てしまっていることも多い。これは、アニメオリジナルの『ペルソナ ~トリニティ・ソウル~』では絶対に考えられなかったことだ。やはり、テレビアニメである以上、一話三十分を一単位とし、それらを連続させることで話を進めなければならない。そういった意味では、アニメとしてもいろいろと物足りなさを覚えるのも事実である。

・ミステリー


 何もないのが取り得の田舎町で凄惨な連続猟奇殺人事件が発生した。鍵を握るのは、犯行前に被害者の姿が映る謎の「マヨナカテレビ」。犯人は一体何者か? このような事態を生み出した元凶は? 家族の都合で単身この街に転校してきた高校生の主人公は、事件を通じて知り合った仲間と共にその謎に挑戦する……と、これが本作の趣旨である。学園青春ドラマとして見ると良くも悪くもオーソドックス。だが、視聴者が登場人物と一緒に謎を解き明かすミステリードラマとして見ると、残念ながら少々厳しいところがある。全体的に謎・ヒントの見せ方や伏線の張り方が拙く、犯行の動機も分かり難い。特に、犯人のミスリードを三回(真エンドを含めると四回)も用いているのは、さすがにどうかと言わざるを得ない。もちろん、これも元々がゲーム用に作られたシナリオだからであり、ゲームだと犯人を間違える=バッドエンドとして処理できるため、ある意味、意図的・必然的な二転三転ストーリーと言えるが、アニメだと稚拙さと不快感ばかりが目立つ結果になってしまっている。
 ちなみに、一見すると社会を震撼させる大事件が起こっているように見えるが、劇中における死者の数はわずか三人で、その内、真犯人が直接手を下したのは二人だけである。それが多いか少ないかは判断が分かれるところだが、話のスケールとしては間違いなく小さい。それならそれで、物語の終盤にテレビの中の世界から漏れ始めた「霧」の方をもっと問題にすべきではないだろうか。こちらは放っておくと本気で世界崩壊である。不気味な白い霧が辺りを覆い、不安と狂気が静かな田舎町を蝕む。そんなアメリカンモダンホラー的なダークサイドの雰囲気をもっと引き出さないと話が締まらない。娯楽作品である以上、多少の現実感は無視してでも、視聴者の気持ちを程良く煽り立てるスケールの誇張がもっと欲しいところだ。

・問題点


 最大の問題点は間違いなく菜々子だ。主人公の従兄弟である彼女は、物語の後半で事件に巻き込まれて意識不明の重体になる。小学一年生ゆえにテレビの中の世界に心と体が耐えられなかったという理屈は分かるのだが、一度回復したのにまた再発し、心臓が止まったのにまた復活するという訳の分からない展開は何なのだ。もちろん、論理的な説明は一切ない。何より、話の山が中途半端な時期に訪れるため、それ以降の展開が一向に盛り上がらないという致命的な欠陥がある。殺すなら殺す。殺さないなら危篤状態を引っ張り、最後の最後で目を覚まして感動を呼ぶ。それがドラマ作りの基本だろう。
 もう一つの問題点は作品テーマだ。本作は「友情・絆・助け合い」がテーマであり、もちろん、それ自体は何の問題もない素晴らしいことである。ただ、ゲームだと主人公=自分、味方=仲間だからいいのだが、アニメでそれをやると特定の視聴者が置いてけぼりになる。なぜなら、視聴者が全員「リア充」とは限らず、実際に学校や職場などで孤独を味わっている人もいるからだ。そういう人達に向かって「絆は力」と言っても皮肉にしかならず、むしろ、孤独を謳う真犯人側に感情移入する人も多いだろう。実際、真犯人はそれなりの人気を保っており、テーマに反して主人公側を叩く者も少なからずいる。この辺りの矛盾は、前の学校における主人公の生活を描くことで解消できる。つまり、孤立した状態から徐々に仲間を増やしていく「成長物語」にすることで、主人公の言葉に説得力を持たせるのである。そうすれば、最終決戦で真犯人側に肩入れする者もいなくなるだろう。だが、本作はその成長要素を「パラメータ」という斬新過ぎる演出で描いているため、視聴者にはいまいち伝わり難くなっている。もちろん、映像的には全く評価できない。(※真エンドでは、かつて主人公が孤独に苦しんでいた様子が示唆されている)

・良点


 以上、先に問題点を上げたのは、それ以外のあらゆる要素が抜群に面白いからである。さすが、ゲーム原作と言うべきエンターテインメント性は、アニメ業界も見習うべき部分が多々あるだろう。個性的な仲間達と過ごす学校生活や各種イベント、事件の捜査は実に楽しい。原作におけるコミュイベントを幕間エピソードに昇華した脚本も見事だ。そして、本作の目玉であるペルソナを用いた戦闘シーンは、『ペルソナ ~トリニティ・ソウル~』では絶対に味わえなかった爽快感がある。アトラスゲームで御馴染みの仲魔が多数登場するのもファンには堪らない演出だろう。ただ、高レベル悪魔の登場が少し早過ぎる気がしないでもないが。
 一方、ただ楽しいだけだと中身の薄い物語になってしまうが、本作は登場人物が自分の内面に向き合わざるを得ないストーリーになっているため、ちゃんと作品としてのバランスが取れている。特に、第十二話では主人公の心の内を描くという原作ゲームでは絶対にあり得ない展開になっている。なぜなら、ゲームの主人公はあくまでプレイヤーの分身であるため、選択肢以外では一言もしゃべらない無口な男だからだ。本作の上手いところは、その状態を逆手に取り、自分は事件が解決したら友達にも相手にされない「空っぽな存在」なのではないかと恐れているという人格設定にしていることである。この「ゲームの主人公」が共通して抱える不安をきっちりと描写することで、メインテーマたる「絆の力」を補強する効果を生んでいる。上述の通り、一歩間違えればただの実況動画になりかねない中、この第十二話が非常に大きな存在感を放っている。

・音響


 本作を語るにおいて、忘れてはならない点がもう一つある。それが音楽だ。アトラス制作のゲームは、目黒将司が中心になって作られる上質のBGMが大きなセールスポイントになっている。特に、ギターサウンドと女性ボーカルを基調にした戦闘曲は高い評価を受けている。そのため、本作は原作ゲームのBGMを流用しつつ、同作曲家による新曲を加えるという方式で制作され、原作の雰囲気の再現に大きな役割を担っている。上記の戦闘曲も、ピンチからの逆転を演出する際に効果的に使われ、視聴者にこの上もないカタルシスをもたらしている。また、それはOP曲・ED曲も同様で、中でも後期OP曲の『key plus words』は出色の出来だ。ただ、釘宮理恵の歌う『True Story』は、『ちびまる子ちゃん』ED曲の『走れ正直者』にしか聴こえないが。
 加えて、基本的にCVも原作から引き継ぎだが、いわゆる中堅声優と呼ばれる層が中心なので、全体的な演技のレベルは高い。普段、深夜アニメで若手声優の初々しい演技に耳が慣れている分、その技術力の違いに驚かされる。第二十三話などは声優の演技力だけで持っているような回だ。これはゲームとアニメの大きな相違点の一つである。つまり、アニメはギャラ・話題性・事務所の力関係などで若手声優を起用せざるを得ない面があるが、ゲームはそういった大人の事情が考慮されないため、純粋に演技力のある人気声優がキャスティングされるのである。結果、ゲームのアニメ化は他のアニメに比べてCVの質が高くなる傾向がある。作品のクォリティとは、こういった細かい要素の積み重ねで醸成される物である。

・総論


 非常に評価が難しい。作品の完成度は確実に『ペルソナ ~トリニティ・ソウル~』の方が上だ。しかし、本作はアニメーションとしての抜群の面白さを誇っている。足して二で割った作品が理想なのだが、世の中はなかなか上手く行かないようだ。

星:☆☆☆☆☆☆☆(7個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:27 |  ☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2