『ステラ女学院高等科C3部』

コミュ障。

公式サイト
特例措置団体ステラ女学院高等科C3部 - Wikipedia
ステラ女学院高等科C3部とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。いこま原作、みどりとももか作画の漫画『特例措置団体ステラ女学院高等科C3部』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は川尻将由。アニメーション制作はGAINAX。サバイバルゲームを題材にして、内気な女子高生が成長していく様を描いたミリタリー日常系アニメ。C3部は正しくは「C^3部」であり、立方体と掛けて「シーキューブ」と読む。ただし、テレビアニメ『C3 -シーキューブ-』とは全くの別作品なので注意。主人公の痛過ぎる言動の数々が悪い意味で話題になった。

・ミリタリー


 本作はミリタリー日常系アニメである。本ブログで言うところの『ガールズ&パンツァー』や『うぽって!!』と同じジャンルに該当する。ミリタリーと萌えアニメの融合という意味では、『GUNSLINGER GIRL』『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』『ストライクウィッチーズ』等もそうなるだろう。私見ながら、それらの項目で毎回書いていることがある。それは「ミリタリーと萌えアニメは噛み合わせが悪い」ということだ。理由は二つ。一つは、ミリタリーが一部の限られた人間にしか興味を持たれない非常にマニアックな趣味であること。もう一つは、ミリタリーの本質は究極的には殺し合いであるため、真剣に描けば描くほど作品の雰囲気が「殺伐」としてしまうことだ。それは特異性を極力排し、最大公約数的な位置に帰結しがちな昨今の萌えアニメのコンセプトと明らかに相反する物である。とは言え、『うぽって!!』以外はそれなりのヒットを記録をしたわけだから、噛み合わせの良し悪しと売り上げが比例しないという萌えアニメのギャンブル性が垣間見えて面白い。
 本作は、いわゆる戦争ごっこをエアガンを用いて本格的にした「サバイバルゲーム」という世間一般には珍しい遊び(スポーツ?)を題材にしている。だが、話の内容や展開自体は他の部活アニメとほぼ同一である。冒頭で新入生の主人公がサバイバルゲーム部「C3部」に勧誘され、葛藤を経た後に入部するというよくある流れだ。ここで大事なのは、主人公と同じくサバイバルゲームに対する知識を持たない視聴者が、如何にしてその遊びに興味を持ってもらえるかということである。その観点で行くと、正直、本作はあまり上手いとは言えない。主人公がなぜサバイバルゲームに興味を持ったのかが分かり難いし、個人差はあるだろうが、あまりゲーム自体も楽しそうには見えない。さらに、第四話のある事件がきっかけで主人公はのめり込むようになるのだが、それが極めて精神論で具体性に乏しい。自分の妄想が形になった物がサバイバルゲームだったからということらしいが、これでは似たような妄想を視聴者が抱いていないと彼女に共感するのは難しいだろう。
 もう一つ忘れてはならないのは、サバイバルゲーム自体がどうしても評判が良いとは言い難い遊びであることだ。戦争ごっこに嫌悪感を示す人は多いし、ゲーム中に発生する数々の自然破壊も見過ごせない。この時点で本作は大きなハンデを抱えていることになる。無知な視聴者を惹き付けつつ、普段、叩かれがちなサバイバルゲームを擁護するという極めて困難な作業を行わなければならない。もし、おかしな作品を作ろう物ならば、サバイバルゲーム業界全体にダメージを与えかねないということを理解する必要があるだろう。(※本作におけるゲームの描写と現実のそれとの間に大きな解離があることは、よく指摘されている)

・コミュニケーション


 さて、どうしよう。最初に書いた通り、本作は主人公の言動があまりにも痛過ぎたことで炎上にも似た波紋を呼んだ作品である。もちろん、それらの設定は意図的に仕組まれた物だ。そして、視聴者側もそれを十分に理解している。にも係らず、こういう結果を生んだということは、どれだけ中身が弾けているのかということである。
 まず、映像から読み取れる範囲で、彼女が一体どういう人物なのか考えて行こう。基本的に彼女は内気で人付き合いが苦手な性格であり、そんな自分を変えるためにステラ女学院に編入学した。ただ、そういう設定にはなっているが、映像を見る限り、彼女は人と話すこと自体をさほど苦にはしていない。電話応対もまともだし、自分の意見もはっきりと伝えられる。問題なのは同年代の集団内におけるコミュニケーション能力、つまり、他人との距離感の保ち方だ。例えば、集団の中に自分から入っていくことができず、仮に入れたとしても他の人と上手く馴染めない。自分の立ち位置が微調整できないため、他人との適切な関係性を築くことができない。それは、未だ彼女の中で自身のアイデンティティが上手く確立できずにいるからだ。主人公には妄想癖があり、その中で彼女は常に完全無欠のヒロインである。しかし、実際の能力は他人と比べても低い。そういった理想の自分と現実の自分とのギャップが極めて大きいため、常に「自信がない」「私なんか」が口癖になってしまうのである。ただし、それは逆に人並み以上のプライドの高さの表れでもある。その証拠に、たまたまサバイバルゲームで活躍して自信を付けると、途端、調子に乗って好き放題やり始める。そして、次第に態度が傲慢になり他人を見下すようになる。もちろん、本人にその自覚はない。常に立場の上下でしか物を考えられないという、身近に存在したら非常に面倒な人物であり(実際、こういう人は多い)、彼女が中学時代に孤立していたという設定が強力な説得力を持つ。
 このように、本作は最近流行りのコミュ障(コミュニケーション障害)の人物を見事に描き切った稀有な作品である。ただ単純に内気とか引っ込み思案といったステレオタイプな人格ではなく、人間の持つ本質的な心の弱さにしっかりと迫った作品は、深夜アニメでは『N・H・Kにようこそ!』ぐらいしか思い当たらない。両者共にヒロインのCVが牧野由依なのは、狙ってやっているとしたら素晴らしい。

・暴走


 そんなこんなでサバイバルゲームに生きる価値を見出した主人公は、徐々に暴走を始める。あらゆる行動が独善的で人の話を聞かなくなり、勝利至上主義を発動してゲームに勝つためには手段を選ばなくなる。その後、ある勘違いが原因で大会の優勝に闘志を燃やす主人公は、これまでの内気な性格は何だったのかと思うほどの強いリーダーシップを発揮して、部員達に熱血指導という名の上から目線の命令をする。そして、ついに主人公はサバイバルゲームでは最も禁忌とされる「ゾンビ行為」(敵に撃たれているのにそのままゲームを続行する)をしてしまう。さらには、事故だと慰めようとする部員達を無視して、勝手に優勝を辞退しようとするなどもう誰も手が付けられなくなり、最後は部員達と衝突して部を飛び出す。
 この極端な言動のブレは、一見すると奇怪だが彼女の性格を考慮すると全く不思議ではない。今まで自分に自信を持てなかった彼女が唯一、人並み以上にできたのがサバイバルゲームだった。そのため、彼女が自らの立ち位置を守るためには、サバイバルゲームを「全肯定」するしかないのである。全肯定とはすなわち欠点が一つもないということであり、批判する方が間違っているということだ。こういった極端な二元論は境界性人格障害の典型例なのだが、不用意な言及は避けておこう。それより問題なのは、本作はこの誇張が少し大き過ぎるように感じることだ。自信を持つのは分かるが、だからと言って自分の失敗を他人のせいにはしないだろう。ゾンビ行為の責任を他人に擦り付けるなど言語道断だ。本作が炎上したのは、まさにそういった人間の嫌な部分だけをひたすら抽出し、ひいてはサバイバルゲームを馬鹿にしているように感じるからである。
 最終的には物語の法則通り、主人公はC3部に戻ってきてハッピーエンドを迎える。ただ、それが非常に観念的、もっと言えば「宗教的」なまとめ方なので面食らう。それはヒロインの妄想が世界を包み込み、そこに他の部員までもが取り込まれるという物だ。第四話で「世界を幻想と同じにする。そうすれば、世界の全ては自分の居場所になる」という提言があり、それに従ってストーリーを構築しているため、こうするのが最善なのだろうか。しかし、今まで妄想の中で生きてきた少女が、現実世界にまで妄想を広げた結果がこの暴走なので、これではかえって悪化しているようにも見える。示すべきは「現実は妄想ではないが、それほど悪くもない」であり、現実と妄想の中間にあるサバイバルゲームこそがその象徴だということではないか。それまで地に足付いた物語を作ってきただけに、この終わらせ方は非常に残念である。

・異物


 「サバゲーをやる人に悪い人はいない」これは主人公が事あるごとにする発言である。サバイバルゲームに存在証明を見つけた主人公にとって、そこは一切の問題を排した楽園でなければならず、それに携わる人も全員聖人でなければならない。では、実際はどうだろうか。まず、注意しなければならないのは、本作のベースは青春学園ドラマではなく、「日常系アニメ」だということだ。それゆえ、例の如く「ゆるい」という名の下に行われるエゴ丸出しの問題行動が幾つか散見できる。例えば、新入生を勧誘する時の手段が強引であったり、文化祭でレンタル機材を壊したり、性風俗一歩手前の学生らしからぬイベントを開いたり。また、日常系アニメの本懐は、敵がいない安全なスペースで平和でのんびりとした時間を過ごすことである。そのため、ほとんどの登場人物は、平和な日常に波風立たせないよう当たり障りのない言動を繰り返す。C3部員も、明らかに主人公がおかしくなっていることに気付いているはずなのに、彼女を放置して「ゆるい」部活動を継続させようとする。最終的にはキレて殴ろうとするものの、それまでは精々陰で愚痴るぐらいだ(第十一話でようやく「見て見ぬふりは良くない」という台詞が出る)。現実の女子グループだと、主人公のような人間がいれば一瞬でシカトコースだろう。もちろん、日常系アニメなので親や教師などの大人は出て来ない。そういった意味でいろいろと現実感に乏しく、リアル路線の主人公がさらに浮いてしまっているのが、本作の抱えるもう一つの大きな欠点である。
 だが、こう考えてみることもできるだろう。本作は「ゆるい日常系の世界の中に異物を入れてみた実験作」であると。のんびりダラダラとした草食動物の群れの中に、獰猛な肉食動物を入れてみるとどのような化学反応を起こすだろうかという一種の実験である。その結果、見事に日常系世界が崩壊し、より密度の濃い作品が出来上がったわけだから、制作者にとっては大成功だと言える。ただ、問題なのはその異物が「主人公」であることだ。彼女が主人公のライバルキャラだったら何も問題はない。だが、「みんなで仲良く」が日常系アニメのコンセプトなのに、主人公=視聴者が皆からハブられるような展開をどこの誰が望んでいるのかということである。常識的に考えて、棒読み子さんが主人公の位置に一番相応しいのではないだろうか。

・総論


 制作者のやろうとしたことは完全に表現できているので、本ブログの評価方式だとプラスになる。ただ、主人公の言動が果てしない苛立ちを呼ぶのは紛れもない事実なので、人によってはワーストアニメになるだろう。どちらにしろ、簡単には他人にオススメできない作品であることは間違いない。

星:☆☆☆☆(4個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 21:44 |  ☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑

『うぽって!!』

誰得シリアス。

公式サイト(消滅)
うぽって!! - Wikipedia
うぽって!!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2012年。天王寺キツネ著の漫画『うぽって!!』『うぽって!!なの』のテレビアニメ化作品。全十話+OVA一話。監督は加戸誉夫。アニメーション制作はXEBEC。擬人化した銃が楽しい学園生活を過ごすミリタリー日常系アニメ。角川書店製作の全十話構成アニメシリーズの走りでもある。

・擬人化


 何これ。さっぱり意味が分からん。本作のヒロイン達は、各国の軍用銃(バトルライフル・アサルトライフル・サブマシンガン等)を擬人化した物である。それはいい。だが、何がおかしいって、彼女達は訓練時や戦闘時に自分と同じ名の銃を手にして、「射撃」を行うのである。擬人化じゃねーじゃん。擬人化した猫が自宅で猫をペットに飼っていたらおかしいやん。擬人化と言うからには、ヒロイン達自身が銃になって、自らの肉体から弾丸を発射しなければならないだろう。実際、劇中でも弾丸がお腹に詰まって苦しいだの、大きな手で肌を撫でられると嬉しいだの言っているのである。これだと完全に「自分を銃だと思い込んでいる頭のおかしい人」だ。舞台の学園はそういう人を集めた隔離病棟なのか? ビジュアル的に分かり易くしているのは分かるが、それならせめて外見に何かしらの銃らしさを残して欲しかったところだ。
 さらに謎なのが、彼女達の元になっている銃が、軍などで正式採用されている「大量生産品」であることだ。そして、彼女達の通っている学園は、そういった擬人化銃を世界中から集めた場所(他にも似たような学校が複数あるらしい)。ということは、同じ姿形をした人間が学内に大量にいることにならないだろうか。普通、擬人化するなら国や艦船のような世に二つとない一品物にするだろう。もちろん、『アキカン!』のように大量生産品を擬人化したアニメもあるにはあるのだが……。ちなみに、その学園は銃の種類によって学年が異なるという設定になっている。つまり、彼女達には「成長」という概念がないということだが、なぜか回想シーンでは子供だったりする。元々、映像化に向かない不条理系ギャグ漫画を強引にアニメ化したことによる設定の不具合なので、いろいろ仕方ない面もあるのだろうが。
 まぁ、それは別にして、銃の擬人化として見ると、それぞれの特徴や欠点を上手く人間の個性に置き換えているのではないだろうか。重い銃は太目に描かれていたり、壊れ易い銃はひ弱に描かれていたりするのは、理想的な擬人化の例だろう。ただ、ある特定の銃を悪く言い過ぎな気もする。本人の努力でどうにもならない体質的欠点を挙げ連ねるのは、萌えでも何でもなくただの誹謗中傷だ。その製造国の人々が見て、国際問題にならないことを祈るばかりである。

・ミリタリー


 ということで、本作は『ガールズ&パンツァー』と同じミリタリー日常系アニメである。話のベースは、他と日常系アニメと同じく特に物語もないまま女子高生の何気ない一日をダラダラと描いた物、要は『あずまんが大王 THE ANIMATION』だ。本作はそこに豊富なミリタリー知識とサバイバルゲーム風の銃撃戦を加えることで特徴を出している。
 男性は基本的にミリタリーが好きである。銃やナイフ、戦車に戦闘機に戦艦、そして、戦闘ロボットと戦争に関わる物なら何でも好きである。現代兵器にこだわらないなら、剣に槍に斧に弓に鞭に杖に棍に扇に爪にと、要は戦いの中で己の力を誇示できる武器にとかく心惹かれる物だ。ただし、武器が好きということとそのスペックや歴史に興味があるということの間には、大きな隔たりがあるのを理解しなければならない。本作においても、劇中で話の流れを中断してまで何度も銃の詳細な解説が挿入される。アサルトライフルの性能の違いがキャラクターの性格の違いなのだから、詳しい解説が必要なのは分かるが、さて、それを一体どれだけの人が望んでいるだろうか。興味がない人にとっては、それらの情報はどんなに有益であってもノイズにしかならない。しかも、本作はやたらと解説が長い。銃にまつわる面白い歴史があるのは分かるが、本作は擬人化銃のアニメなのだから、その長いストーリーを物語にしろという話である。
 もう一つ、欠点を挙げておこう。それは兵器が「人殺しの道具」だということだ。別に、これは平和主義がどうとか戦争アレルギーがどうという話ではない。実際、女の子が銃を抱えて立っているだけなら何も違和感を覚えないし、見た目のギャップを生み出す萌えアイテムとしてちゃんと機能している。しかし、いざ銃を構え、人に向かって引き金を引いた瞬間、言い様のない嫌悪感が押し寄せる。萌えアニメ、特に日常系萌えアニメは何も起こらない退屈ながらも楽しい生活描写が一番の売りだ。そこに登場する女の子は、普段、我々が過ごしているギスギスとした理不尽な社会とは対極に位置する平和でのんびりとした人間でなければならない。それが銃という極めて殺傷能力の高い武器を構え、他人の命を奪おうとした瞬間、我々の知らない「遠い国の人」になってしまうのである。『ガールズ&パンツァー』の場合は戦車道という一種の「遊び」にすることで、その辺りの違和感をギリギリ抑えるようにしていたが、本作はあまりにもガチ過ぎる。そのため、例の如くミリタリーと日常系アニメの噛み合わせの悪さだけが浮き彫りになるのである。

・道具


 主人公はベルギー製のアサルトライフFNC、通称フンコ。ある祭りの日、新しく学園に赴任することになった担任教師(人間)と出会い、彼の射撃スタンスの良さと手の大きさに心を奪われる。いつか彼に撃って欲しいと願う彼女。だが、担任教師は擬人化銃の存在に戸惑うばかりで、なかなか彼女達と打ち解けることができない。と、深く練り込めばなかなか面白そうな設定になっている。が、もちろん、深く練り込まないのが萌えアニメ。主人公は担任教師に片思いしているはずなのに、雪合戦で彼が負けると喜んだり、風邪で寝込んでいる彼に迷惑をかけたりと、非常に精神性が未発達な様子をうかがわれる。かと思えば、彼に優しい言葉をかけられると「自分は銃だから、ただの女の子扱いしないで」と高いプライドを見せる。道具である銃が人間のような恋を覚える話だと取れないこともないが、心理描写が希薄なのでよく分からない。一方、担任教師の銃の構え方が美しいという設定は、第一話で出たっきり記憶の彼方へと押しやられる。それどころか、銃を持つことすらない。過去のトラウマで銃を持てなくなった元傭兵とか元オリンピック選手とか、幾らでも設定を深めることはできるだろうに。
 真面目な話をするが、本作のテーマは『ローゼンメイデン』や『アキカン!』と同じく「道具の幸せ」である。そして、道具にとっての一番の幸福は、人間に愛情を持って使われることである。劇中でも、主人公達がいつの日か自分を使ってくれるであろう人に思いを馳せる描写がある。だが、本作には肝心要の道具の使用者が出て来ない。なぜなら、冒頭で書いた通り「銃自身が銃を撃つ」からだ。上では冗談めかして書いたが、これは実に由々しき事態である。道具の方は愛情を求めているのに、それを与える人が不在なため、自分で自分を慰めるしかない。これは人間の世界で言うなら、完全なネグレクトである。文字通りの放置プレイである。結局、下手に流行に乗っかって女性キャラクターのみの日常系アニメにしてしまったことで、テーマ的に非常に歪んだ作品になっているのだ。逆に言うと、日常系をやるなら恋だの愛だのといった要素は入れてはならないということで、この中途半端さはちょっと頂けない。

・シリアス


 繰り返すが、本作のベースはゆるい日常系アニメである。正直、ギャグもスベり気味であまり面白くはない。その分、やたらと性的なネタが多いのは自ら首を絞めているようで面白い。だが、時折挿入される実戦演習のシーンになると、今度は打って変わってシリアスになる。それも視聴者がドン引きするぐらいの異様なシリアスさである。
 演習は劇中で三回行われるが、いずれもとにかく敵が異常なまでに真剣なのである。それもサイコキラーかシリアスキラーかといったサディスティックな人格で、本気で主人公達の命を奪いに来ている。そんな敵に対抗するためには主人公側も本気で挑まなければならず、結果、血みどろの戦いが繰り広げられる。作品テーマから考えると、この真剣さは本来なら称賛されるべきなのだろう。だが、視聴者は日常系アニメのつもりで見ているのであって、ゆえに彼我の距離感が凄まじい。そもそも、生きるや死ぬやの話になったところで、主人公達は擬人化銃なのだから、ちょっとやそっとの傷では死なないのである。そのため、シリアスになればなるほど設定との解離が生じ、本気で戦っている敵が浮くというどうしようもない状態になってしまう。
 最終回近辺は原作をアレンジしたオリジナル展開で、謎の敵が主人公達を襲撃するというストーリーである。だが、尺の関係上、敵組織の構成や目的は深く語られない。好意的に解釈するなら、「ゆるい日常を過ごしている擬人化銃に、銃本来の役割=人殺しの道具であることを思い出させる」のが目的であろう。つまり、ミリタリー日常系アニメというジャンル自体に対するアンチテーゼである。おそらく、監督がこの作品をアニメ化するに当たって覚えた疑問を形にした物だ。なるほど、やりたいことは分かる。だが、残念ながら上手く物語に昇華できていない。制作者が訴えたいのは、道具は使う人によって良くも悪くもなるということだろうが、上記の通り、本作は最初から銃の使用者が不在で、主体がない。仕方ないので、戦闘中に担任教師が誤射されるも「良かった。私達が銃で良かった。人間の手から撃たれない限り、私達の弾で人間が死ぬことはないから」という謎のオチでお茶を濁すことになる。そんな設定は聞いたことがない。冒頭で主人公に撃たれて以来、担任教師はずっと入院していたではないか。こんな「超展開」で話を締めなければならないのなら、ずっとダラダラと中身のない日常話を続けていた方がましだ。まさに、「誰得シリアス」の典型的な例である。

・総論


 アニメーションと相性の悪い作品を強引にアニメ化したことによる弊害という言い訳はあるだろう。だが、それを除外しても、あまりにも作品としての統一感に欠ける中途半端なアニメである。なお、原作では人と銃の関係もある程度描かれており、先の誤射設定も物語の中盤で登場するため、違和感は少ない。結局、制作スタッフがアニメ化という物に対して如何に真摯に取り組んでいるかということだろうか。

星:★★★★★(-5個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 23:26 |  ★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2