『響け! ユーフォニアム』

音楽アニメ。

公式サイト
響け! ユーフォニアム - Wikipedia
響け!ユーフォニアムとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。武田綾乃著の小説『響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は石原立也。アニメーション制作は京都アニメーション。全国大会出場を目指す吹奏楽部に所属する高校生の姿を描いた青春ドラマ。京都府が舞台だが、登場人物は全員標準語。京都弁バージョンも作って欲しいなぁ。

・音楽


 本作がどのような作品であるかを詳しく紹介するより、同制作会社が手掛けたアニメ『けいおん!』を紹介する方が早い。『けいおん!』は、とある高校の軽音楽部を舞台にした日常系音楽アニメである。主人公は軽音学を「軽い音楽」のことだと勘違いして入部した初心者の女の子。他の部員は彼女と同じ一年生の女の子三人だけ。彼女達はそれほど音楽が好きではなく、ほとんど練習をしないでいつも部員と一緒に放課後のティータイムを楽しんでいる。それでも文化祭には出場したいということで、自ら作詞・作曲・編曲した歌一曲だけを携えて舞台に立つ。ちょっとしたトラブルはあったが、なぜか演奏は大成功。観客から喝采を浴びる。そして、主人公は中学時代の怠惰な自分を振り返って思う。「軽音部が大切な場所」だと。これが『けいおん!』の大まかな筋であるが、『響け! ユーフォニアム』はその『けいおん!』を何から何まで正反対にした作品である。共通しているのは、主人公が女子高生であることと音楽を題材にしていることと番組開始時はあまり音楽に対して真摯ではなかったことだけ。最初はやる気のなかった本作の部員達も、物語の途中で本気で全国大会を目指すようになり、日々の厳しい練習に明け暮れる。当然、その過程で部員同士の衝突も生まれる。だが、その結果、徐々に演奏が上手くなっていき、最後には大きな舞台で成功を収める。つまり、努力と根性が主体の青春ドラマであり、何の努力もせずにヒーローになれる夢の世界を描いた『けいおん!』とは思想を真逆にする。監督が違うとは言え、同じ制作会社の同じスタッフが作っている映像作品で、訴えているテーマが180度違うというのも珍しい。意図的に作っているならまだしも、無自覚ならダブルスタンダードというレベルではない。自分達は分別の付かない子供相手に商売をしているのだという自覚を持って欲しい。
 それはさておき、ご覧の通り、本作と『けいおん!』の最大の違いは「音楽」という物に対する向き合い方である。それは音響面に如実に表れている。劇中で奏でられる吹奏楽の演奏は、上手い演奏は上手く、下手な演奏は下手にと全てが具体的な「音」として表現されているため、非常に説得力がある。言い換えると、それだけの手間暇がかかっているということであり、極めて称賛に値する。ただし、それは諸刃の剣でもある。素人でも良し悪しが聞き分けられるということは、下手な演奏はとんでもなく下手だということだ。終盤、主人公の心の迷いを表現するために下手な演奏を流すのだが、それが本当に初心者レベルの拙さで、つい先程までの上級者設定はどこに行ったんだよと言いたくなる。新しいことに挑戦した結果の産物とは言え、マイナスポイントであることには変わりない。

・ストーリー


 京都府立北宇治高校吹奏楽部。十年前までは強豪校だったが、顧問教師が退任して以降は府のコンクールでも銅賞しか取れない弱小校にまで落ちぶれていた。そんなある日のこと、主人公達の学年が入学すると同時に新しい顧問が就任する。彼は着任早々、部員に向けて「本気で全国大会出場を目指すのか?」と問う。投票の結果、賛成多数になったことで、彼は指導を強化する。最初は厳しい練習に反発していた部員達も、彼の指導によって演奏が上手くなっている実感を得ると、自然と自分から努力を始める。そして、彼らは全国大会出場を目指して夏のコンクールに出場するのだった。と、このような感じで極めてオーソドックスな青春ドラマである。教師の指導法も、基礎練習の徹底と部員同士の競争原理の確立という基本に忠実な物だ。人物配置もセオリー通り、教師に反発する者、教師を慕う者、それに対抗する者、斜に構えている者、全くの初心者で右も左も分からない者、リーダーとしての素養に悩む者、一歩引いた所から眺めている者など一通り揃っている。そんな彼らが様々な視点で吹奏楽部を見つめる様は、これぞ群像劇というべき趣を醸し出している。
 その中でも一番注目すべきは、やはり主人公とライバルの特別な関係性だろう。二人は中学時代の部活仲間で、お互い楽器経験者という似たような立場でありながら、音楽に対する考え方が全く違っていた。中学校のコンクールで全国大会に出場できなかったことを本気で悔しがるライバルと、彼女に対して「本気で全国行けると思ってたの?」と冷めた台詞を吐いてしまう主人公。そんな二人が高校でも偶然一緒になる。最初はギクシャクしていた二人だったが、ライバルの音楽に懸ける熱い想いや新任顧問の厳しい指導を受けた主人公が音楽愛に目覚めたことで仲直りする。こういった性質の異なる人間が衝突を経て共通の目標に向かって突き進むという展開は、王道だとは分かっていても心を打つ。ライバルの使用する楽器が吹奏楽の花形であるトランペットで、主人公の使用する楽器が地味な低音楽器であるユーフォニアムという対比も良い。音楽、特に大人数で演奏する吹奏楽はまさに社会の縮図なのだろう。だからこそ、彼女達の言動には我々の気持ちを揺り動かす力がある。
 ただ、設定的にはちょっとしたミスがあり、新任顧問は有名音楽家の「息子」であって、彼自身には何の実績もない。当然、部活を受け持つのは今回が初めてで、ライバルが彼を崇拝する理由もない。それならそれで、彼が自分の方針の正当性について思い悩む展開が絶対に必要だ。せっかく、これだけの凝った設定を作ったのに、何とも詰めが甘い。

・下剋上


 さて、本作のストーリーは、吹奏楽部が夏のコンクールを勝ち抜いて関西大会に出場が決まったところで唐突に終了する。その先どうなるかはテレビアニメ放送分だけでは分からないが、話の流れ的には全国大会に出場するのだろう。このように、弱小校が短期間で努力を重ねて全国大会に出場する青春ドラマは、本作に限らず多数存在するが、実際のところはどうなのだろう。まず、必ず避けて通れないのは、弱小校の部員が上を目指して猛練習をしている間、強豪校はそれと同等以上の練習量を平気でこなしているという事実である。自分の知る限り、吹奏楽の全国大会常連の強豪校は、朝から晩まで基礎練習に明け暮れており、全体練習をするのはコンクール前の一週間ぐらいらしい。一方、北宇治高校吹奏楽部は、新任顧問の指導によりようやく基礎練習を始めたばかり。これでは十年立っても追い付けやしない。
 ここで分かり易く漫画『SLAM DUNK』を例に挙げよう。こちらも弱小高校のバスケットボール部が急成長して全国大会に出場する物語だが、弱小と言いながら、元々、部内には県トップクラスの選手が二人もいた。そこに全国レベルのスーパールーキーと元中学MVPが加わり、さらに全てが規格外のラッキーボーイが入部することで全国に通用するチームを作り上げた。つまり、「人材」こそが全てである。もちろん、彼らが苦しい努力を積み重ねたのは事実だろうが、その前提として優秀な選手がたまたま同年代に集中したという理由の方が大きい。しかも、バスケットボールは五人という少人数で行うチームスポーツである。一方、吹奏楽コンクールの最大編成人数は五十五人。これでは部員数が多い強豪校が圧倒的有利だろう。そう考えると、かなり非現実的なストーリーだと言わざるを得ない。
 それでは、吹奏楽コンクールにおける下剋上展開に説得力を持たせるためにはどうしたらいいのだろうか。やはり、人材の面である程度の素地がないと話にならない。その上で何らかの事情により実力を発揮できていないとする必要がある。例えば、それなりの伝統校で個人個人はそれなりに上手いのだが、合奏になると途端にダメになる。そこへ熱血顧問が新任して徹底的にチームワークを叩き込み、吹奏楽の全体的なレベルを上げる。もちろん、そのためには具体性があって実現可能なとっておきの「奇策」が必要になる。顧問教師が大会前に「会場をあっと言わせよう」と訓示するが、その前に視聴者をあっと言わせなければならない。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』風に言うと「イノベーション」だ。基礎練習を描くことは当然大事だが、それはあくまで大前提だと理解する必要がある。

・萌えアニメ


 以上、話の説得力の面で問題があるとは言え、本作は基本的にはよくできた作品である。作りが非常に丁寧で、青春ドラマとしてのツボを全て押さえている……が、決して面白くはない。冷静に考えると、努力を描くとか仲間同士の衝突を描くとかは青春ドラマでは至極当然のことであって、わざわざ褒め称えるような要素ではない。むしろ、何でその程度の物を持ち上げないといけないのだと情けなくなる。ゆえに、そういった部分を除いて見てみると、やはり目に付くのは脚本面でのつまらなさだ。主人公の友人や先輩がムードメーカー的な立場でいろいろと話を盛り上げようと頑張っているのだが、どれもこれも見事に滑っている。全体的に空気が平坦で、気持ちが熱く燃え上がるような展開もない。よくよく考えたら、これも当たり前のことだ。主人公は女性で、友人も先輩も女性。敵は女性で、恋のお相手は男性。ついでに言うと、原作者も女性。その行き着く先はベッタベタの「少女漫画」である。いくらオタクのジェンダーが女性化しているとは言え、そんな物を見て面白いと感じる男性視聴者はまだまだ少数派なはずだ。
 また、物語の途中で友人が主人公の男性幼馴染みに恋をするという展開が挟まる。どう考えても友情崩壊に繋がるような大事件だが、そのエピソードは二話程度で簡単に終息してしまい、何の後腐れも残らない。なぜか? それは、主人公の興味がその友人でも男性幼馴染みでもなく、完全に女性ライバルの方へ向いているからだ。主人公にとってはライバルと親密になることが最優先事項であり、実際、最終的に二人は体を触り合うぐらいの仲になる。要するに「百合」である。深夜アニメに慣れ親しんでいるとそれが普通のことのように感じるが、元来、百合は非常に特殊な恋愛の形であって、本作のような普通の青春ドラマでやることではない。門戸を狭めるだけだ。結局、本作は「萌えアニメ」であることが全ての足を引っ張っているのである。萌えアニメだから、女の子の可愛さを描くことに全力を傾けなければならず、結果、申し訳程度の百合要素を含んだ劣化少女漫画になる。萌えアニメであることに拘らなければ、もっと万人ウケする娯楽性の高い青春ドラマが作れただろうに。
 そもそも、本作をアニメ化する必要があったのだろうか。リアルな作画、リアルな音響、リアルな設定、リアルなストーリー、リアルな演出、リアルな感情描写、そこまでリアルに拘るなら最初から実写ドラマでやればいい。アニメ化するなら、アニメーションでしか表現できない物を作るべきだろう。特に、本作を制作しているのは、日本屈指の技術力と資金力を誇る京都アニメーションである。それが本作のような普通の青春ドラマを作っていては、宝の持ち腐れというレベルではない。本作はあくまでステップアップの場として頂いて、京都アニメーションの次の新作に期待したい。

・総論


 巨額を投じて普通の青春ドラマを作ったと考えると、無駄な公共事業のような味わいがあって良い。こういうことを書くと貶しているかのように誤解されますが、普通に褒めてます。はい。

星:☆☆☆☆☆☆☆(7個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:06 |  ☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑

『のんのんびより』

田舎。

公式サイト
のんのんびより - Wikipedia
のんのんびよりとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。あっと著の漫画『のんのんびより』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は川面真也。アニメーション制作はSILVER LINK.。過疎化した集落の分校に通う子供達ののんびりとした生活を描いた日常系アニメ。内容が分からなくても、とりあえず「にゃんぱすー」と言っておけば話題に乗れる。

・日常系アニメ


 もう何度も取り上げているが、日常系アニメとは、我々の住む平凡な社会の中に人為的に楽園を作り上げ、その保護された空間内で自由気ままに過ごす子供達の日常風景を淡々と描いた作品である。楽園には気の合う仲間達しか住んでおらず、邪魔をする者は誰もいない。そんな理想の光景を見て、日々の社会活動に疲れた人々が気持ち良く現実逃避するのが役割である。ただし、あまりにも楽園の非現実感が過ぎると、視聴者がその世界の中に上手く入り込めないため、ある程度のリアリティが必要になる。だが、そこが一番難しい。人を集めることは可能だが、場所を確保するのが容易ではない。例えば、他のアニメでよくあるように、生徒会を私物化することは現実的にほぼ不可能だし、部活なら厳しい顧問や嫌な先輩がいる。新しく部活を作るにしても、その行動力と積極性がある人間なら最初から現実逃避用の楽園など必要としないだろう。では、ある程度のリアリティを保ったまま楽園を作り上げるにはどうしたらいいか、そう考えた本作の作者は、ある起死回生の斬新なアイデアを持ち出すことで不可能を可能にしている。現実社会の中に自分達しかいない空間を作り上げるのが困難なら、端から自分達以外の人間を消してしまえばいい。つまり、極めて人間の数が少ない世界を用意すればいい。そんな場所は現代の日本に存在するのか? 答えは是だ。数自体は非常に少ないが、確かに存在する。それが「田舎」である。
 本作の舞台は日本のどこかにある地方の町。過疎化が進行し、家はまばらで田んぼと畑がどこまでも広がっている。町には小中が併設された分校が一つ、全校生徒はたったの四人、それぞれ中三・中二・中一・小一。そこへ小学五年生の女の子が東京から転校してくる。最初は都会と田舎のギャップに戸惑いつつも、すぐに慣れて仲良しになる。こうして、学年の違う五人の子供達の楽しくも穏やかな日常が幕を開けるのだった、というのが本作の趣旨である。ご覧の通り、楽園の範囲を町全体に広げることで、リアリティを保ちつつ不整合をなくしている。かなり卑怯な手段ではあるが、これと言う非現実的な特殊設定を用いず、今ある物だけを使って何とかしようとする発想自体は面白い。一見、かつての雰囲気アニメに先祖返りしたようだが、そこは日常系アニメ、親に相当する世代はほとんど出て来ないし、訴えたいテーマも希薄、とにかく何もない田舎町を舞台にして美少女グループがダラダラと過ごすだけ。それが良いことか悪いことかの判断は難しいが、特にモラルに反しているわけでもなく、田舎を小馬鹿にするような描写もないため、取り立てて大騒ぎする必要はない。それは逆もしかりで、無理やり持ち上げるような作品でもない。どこまでも普通の日常系アニメである。

・世代


 さて、そんな本作と他の日常系アニメの最大の相違点は、楽園の範囲を町単位に拡大したことで、キャスティングの範囲までもが拡大していることである。他のアニメだと普通は同学年の仲の良い友達同士、広くても同じ部活仲間の三学年分が登場人物の範囲になる。一方、本作は田舎の分校をそのまま舞台にしているため、小学一年生から中学三年生に至るまで分布している。その範囲は九学年分。それに加え、近所に住む学校の卒業生もちょくちょく話に絡んでくるため、登場人物の年齢層が非常に幅広い。ここまで離れると完全に「世代」自体が違ってくる。世代が異なるということは、世間の流行や趣味、共有する思い出や記憶、さらには物の考え方までもが異なるということだ。例えば、同じ物を見てもそれぞれ感想が違ってくるだろうし、社会正義に対する認識も歪みが生じてくるだろう。そういった人々が一堂に会することで、当然、会話のズレや意見の衝突に繋がるのだが、逆に言うと視点が多角的になるということであり、話の面白みや現実感が増す。日常系アニメと言えば、得てして同好の士による馴れ合い物語になりがちだが、こうすることで作品に深みを与えている。
 本作には、小学一年生の宮内れんげという女の子が登場する。小学五年生の一条蛍が転校してくるまで、中学一年生の越谷夏海が一番歳の近い知り合いだった。六歳差である。いくら過疎化した田舎とは言え、そこまで歳が離れると対等な友人関係とは言い難い。どうしても保護する者と保護される者という絶対的な上下関係が生まれるため、同じ価値観を共有することは困難になる。そういう意味で言うと、彼女は間違いなく「孤独」な少女である。同学年の友達が一人もおらず、自分の気持ちを本当に理解してくれる人が周囲にいない。彼女は常に無表情で感情の変化が乏しいため、一見すると何事もなく平然としているかのように思われるが、その本心は堪え切れない寂しさに溢れているはずだ。実際、劇中でも何度かそういった感情を垣間見せる。特に、第四話では田舎に帰省した同年代の女の子との出会いと別れを経験し、初めて涙を流す。本作は、そういった孤独な少女を年長者がどう受け入れるかがもう一つのテーマとなっている。結論から書くと、「田舎だから」皆が彼女を自然と受け入れ、これからも楽しい毎日が続いていくという話になり、本作の楽園感を演出しているのだが……まぁ、どちらにしろ、見ていて幸せな気分になれる作品なので、目的を十分に達成しているのは間違いない。

・田舎


 このように、本作は他にない独自要素を盛り込んでいるため、なかなかよくできた作品であると言える。少なくとも、ただのコピー品とは一線を画している。ただし、それはあくまで日常系アニメとしては、の評価だ。そこからさらに上を目指そうと思うと、絶対に避けては通れない課題がある。それは作品の舞台となっている「田舎」をしっかりと描けているか、田舎と都会の違いをちゃんと区別できているかである。
 まず、ハードウェア的な観点から見てみよう。つまり、本作で描いている田舎の風景は、現実的に正しいのかどうかだ。例えば、本作には昔懐かしい小さな駄菓子屋が登場する。如何にも田舎っぽいアイテムであるが、冷静に考えるとこの手の駄菓子屋は都会にも普通に存在する。むしろ、子供が五人しかいない田舎で駄菓子屋が成立するはずがなく、実際にはあり得ない光景である。また、子供達は二時間に一本しか来ないバスに乗って通学しているという設定である。これも田舎っぽい光景だが、彼女達が通っているのは「分校」である。交通機関が整備されていないから分校が作られるのであって、バスが通っているならそのまま本校に通えばいい。これもまた現実に即していない。なお、全校生徒五人、五学年分の複式学級の学校はそもそも日本に存在しないが、これはアニメ的なデフォルメの産物なので、ここを問題にしても仕方ない。そこまで無粋ではない。
 では、これらの些細なミスがなぜ悪いのか。もちろん、リアルがどうという問題ではなく、制作者が田舎をどう定義しているかの問題である。駄菓子屋の件は、要するにノスタルジーを喚起する昔っぽさこそが田舎らしさであると定義しているわけで、「時間の差」の問題である。一方、バスの件は、物理的な活動範囲の広さこそが田舎らしさであると定義しているわけで、「距離の差」の問題である。時間の差に注目するなら、田舎町に最新の電化製品が溢れているのはおかしいし、距離の差に注目するなら、必須アイテムの自転車が登場しないのはおかしいということになる(※第二期では自転車についても言及されている)。これは一例だが、ここだけ見ても制作者の間で田舎イメージが統一されていないことが見て取れる。何を持って田舎とするか、頭の中にある曖昧なイメージだけで作ってしまうと、どっち付かずの中途半端な物が出来上がってしまうため、準備段階でより慎重な作業が要求される。本作はそれができているとは言い難い。
 もっとも、三十年前ならいざ知らず、これだけ情報と流通が発達した現代において、都会と田舎のハード差を描くのが難しいのは理解できる。何せ、どんな僻地でも一日二日でネット通販が届く時代だ。皆が思い描く田舎らしさなど、もうフィクションの中にしか存在しないのかもしれない。そういう意味では制作者に深く同情する。

・余所者


 続いて、ソフトウェア的な観点で見てみよう。つまり、都会と田舎、そこで暮らしている人々の意識の違いをちゃんと描き分けられているかどうかである。俗に言う「都会者」と「田舎者」はどう違うのか、それを描けているのなら本作は名作と呼ぶに値する作品になるし、できていないのなら凡百の日常系アニメだ。当然、視聴者の大半は都会側の人間になるだろう。いや、本作は田舎その物を理想の楽園だとしているのだから、視聴者全員がそうなる。言い換えると、視聴者と出演者の違いということになる。
 本作の第一話は、小学五年生の一条蛍が東京から田舎町に転校してくるところから始まる。つまり、彼女を媒体にして視聴者を楽園に誘っているわけで、さすがその辺りは抜かりない。そして、蛍は初めて見る田舎ののどかな風景や珍しい風習に驚く。が、その驚きの度合いはあまり強くない。上記の通り、ハード面に田舎らしさがあまりないからという理由もあるが、それ以上に彼女の基本的な性格が小学五年生とは思えないほど冷静で感受性に乏しく、すぐに環境に適応してしまうからという理由もある。もう少し、細かいことに一々驚いてくれないと我々の代表の「都会者」としては厳しい。一方、分校の子供達はと言うと、都会からの転校生に対してさほど不信感を抱くこともなく、十年来の友達のように接している。この馴れ馴れしさはある意味「田舎者」らしいと言えるが、アニメ的にはよくある光景なので特別感はない。むしろ、自分達の町の田舎っぷりを達観している描写は何度も出てくるので、感性は都会者の方に近いと言える。はっきり言って、両者の描き分けはほとんどできていない。これでは田舎を舞台にした意味がまるでない。
 ここで基本に立ち返って、田舎とは何かを考えてみる。やはり、それは「自己完結性」になるはずだ。社会が極端に狭いため、地域内であらゆる活動が完結する。住民が皆知り合いで、山も川も森も知らない物は何もない。それは逆に未知なる物に対する恐怖を生み、いわゆる「余所者に厳しい」という状況を作り出す。その構造は邪魔者を極端に排除する日常系アニメとよく似ている。ただ、問題なのは我々視聴者もまた余所者であるということだ。余所者を社会に招き入れないといけないのに、住民が余所者に厳しかったから困る。子供達が「社交的な田舎者」になっているのも、一条蛍が「従順な余所者」になっているのも、そういう事情があるからだ。結局のところ、日常系アニメという分類である以上、作品としての質を求めるには限界がある、と言わざるを得ない。

・総論


 良作と呼ぶにはいろいろ足りないが、見ていて幸せな気分になれる作品。日々のストレスと戦っている人にはオススメ。

星:☆☆☆☆☆(5個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:51 |  ☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2