『RDG レッドデータガール』

行き当たりばったり。

公式サイト
RDG レッドデータガール - Wikipedia
RDG レッドデータガールとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。荻原規子著の小説『RDG レッドデータガール』シリーズのテレビアニメ化作品。全十二話。監督は篠原俊哉。アニメーション制作はP.A.WORKS。人類を死滅させる神の力を身に宿した女子中学生の数奇な運命を描いた恋愛青春ファンタジー。レッドデータとは絶滅の恐れのある野生生物のこと。つまり、本作のタイトルを直訳すると「絶滅危惧少女」になる。こっちの方が面白そう。

・少女漫画


 まず最初に確認しておきたいことがある。非常に根本的なことだが……この作品は本当に「男性向けアニメ」なのだろうか。
 主人公は山奥の神社に住む女子中学三年生。長い三つ編みに眼鏡をかけ、性格は内気で引っ込み思案と、このご時世ではまるで「絶滅危惧種」のような大人しい女の子である。だが、ある日のこと、自らの意志で前髪を切ったのを境にして、彼女の中に秘められた恐ろしい力が顕現化する。彼女は「姫神」という名の邪悪なる存在をその身に内包しており、その力が発揮されるとあらゆる電子機器が使用不可能になってしまう。彼女の力が世間に知れ渡ると社会に大混乱を巻き起こす可能性があるため、山伏の団体が同い年の少年を彼女の監視役兼ボディーガード役に付けることになった。最初は、親の言いなりになることに反発して素っ気ない態度を取り続けていた彼も、次第に主人公に心を開いて、彼女を守るために奔走するのだった。
 以上が本作のプロットだが、何だろうか、この典型的な少女漫画展開は。主人公が女性なのはいい。昨今、女性が主人公の男性向け深夜アニメの方が圧倒的に多い。しかし、その主人公が非常に内気で冴えない女の子で、ある日突然、天より与えられた力で特別な存在となり、周囲から神や仏とちやほやされたあげく、根は真面目だがぶっきらぼうなイケメンに護られるという、もう、少女の夢を具現化したような甘ったるいシチュエーションは、とてもじゃないが男性向けとは言い難い。さらに言うと、主人公の最終目標は神様になることではない。そういった特別扱いではなく、普通の女の子として周囲に認められることである。いわゆる「女性の自立」がメインテーマだが、彼女は姫神の化身だからこそ持て囃されるし、イケメンも世話してくれるのである。もし、その力を失ってしまうと、彼女は何の個性もない地味な女の子に成り下がり、主人公ですらなくなる。つまり、特別な存在だからこそ特別な地位を手に入れているのに、その待遇を残したまま普通の女の子として認められたいというのは極めて虫のいい話である。普通を求めるなら、彼女は一度、全てを捨て去らなければならない。この無自覚な自己矛盾が如何にも女性的だ。これが男性向けアニメなら、主人公は普通の女の子になりたいとは絶対に考えない。どこまでも特別な自分を謳歌し、その力を使って成長しようとするだろう。
 そう考えると、本作は女性向けアニメということになるが、公式のプロモーションを見る限りはどちらとも明記されておらず、P.A.WORKSの他の作品と同様に両方の客層を上手く取り入れようとしたようだ。ただ、それらと比べると明らかに少女漫画臭がきついため、拒否反応が現れる人も少なくないだろう。では、本作は一体どこへ向かおうとしているのだろうか、早速、ストーリーを確かめてみよう。

・ストーリー


 第一話~第三話は、言うならば「中学生編」ということになる。姫神の強大な力に翻弄される主人公と、彼女を護ることを強要された少年という精神的に未熟な二人が、様々な経験を経て人間的に成長し、互いを尊重し合うようになるという青春物語である。いや、これは良く書き過ぎだ。中学生編を見た視聴者がそういう感想を抱くのは稀だろう。なぜなら、本作は異様にストーリーのテンポが早いからである。テンポが早い、言い換えるとストーリー的に不要な物は極限まで削ぎ落とすということであり、例えば、第二話は修学旅行先の東京で母親に会うという話だが、修学旅行はただの移動手段に過ぎず、それらしいお楽しみイベントは何も起こらない。続く第三話も、クラスメイトの一人が実は主人公が無意識の内に呼び出した神霊だったという展開だが、その原因となる主人公の朝の舞が劇中で描かれないため、伏線も何もない。このように、本作の序盤はストーリーを進めることだけに意識が捕らわれて、それに付随するおまけ要素がほとんどないため、話の深みのような物がまるで感じられないのである。原作をアニメ化するに当たって、尺の問題が発生したのは分かるが、もう少し何とかならなかったのだろうか。
 第四話~第八話は、主人公が「異能者が集められた高校」に進学した後の物語である。言うならば「高校生編」だ。そのあらすじをざっと紹介させて頂くと、新しい高校で寮生活をすることになった主人公、そこでルームメイトになった女子生徒にはある秘密があった。元々、彼女は三つ子だったのだが、幼い頃に病気で弟を亡くしており、今はもう一人の弟と二人で暮らしていた。二人は先祖代々伝わる力を用いて亡くなった弟の霊を呼び出し、今でも三つ子として生活を続けていたのだった。その幽霊の協力を受けて、二人は対立関係にある学年トップの秀才との戦いに勝利する。その後、生徒会の役員となった主人公達は、夏休みに学園祭会議の合宿に参加する。その最中、愛馬との別れを経験した弟が自暴自棄になり、それを見かねた三つ子の幽霊は弟を連れて異空間に閉じ籠る。幽霊だと思っていた彼は、実は土地の心霊だったのだ!……さて、このあらすじを読んで「このアニメを見てみたい!」と思った方は一人でもいらっしゃるだろうか? ご覧の通り、主人公も少年もストーリーにはまるで関係ない。一応、最後は姫神の力を使って弟を助けようという展開になるが、その役目すら主人公の母親に奪われる。そんな主人公不在のどうでもいいストーリーが、第四話から第八話までダラダラと続くのである。おそらく、ほとんどの人が耐え切れずに途中離脱するだろう。主人公の力が強過ぎてストーリーに絡ませ難いのは分かるが、もう少し何とかならなかったのだろうか。

・姫神


 第九話。ここに来てようやくメインストーリーが重い腰を上げる。と言うのも、主人公に憑り付いている姫神、それがついに彼女の身体を乗っ取って表に出てくるのである。今まで三回ほど姿を現したことはあったが、確固たる自我を有して肉体を完全に支配するのは今回が初めて。そして、現世で実体化した姫神は、水を得た魚のように勝手気ままに振る舞い、彼女を護ろうとする少年を振り回す。最終的に二人は山奥の城跡でデートの真似事をする。その結果、この作品に何が起こったのか。そう、主人公と少年と姫神による「三角関係」が発生したのである。少年は主人公の素朴さに対して心を惹かれながらも、姫神の時代を越えた妖艶さに圧倒される。一方、主人公は少年と仲良くする姫神に嫉妬する。その時、二人は初めて互いを異性と認識する。ここで本作のテーマである「普通の女の子として認められたい」が生きてきて、やっと作品として面白くなる。どうやら本作はこういうことをやりたかったらしい。だが、もう第九話である。残り三話しかないのに、これでは話の広げようがない。今まで何をやっていたのだ。この展開を中学生編で出していれば、何十倍も面白い恋愛ファンタジーになっていただろうに。ちなみに、本作において姫神が自律したのはこれが最初で最後である。彼女の語った人類滅亡うんぬんかんぬんは何も解決しないままアニメが終了する。
 少し話を戻し、第九話~第十二話のストーリーを紹介しよう。そこでは主人公達の通う高校で年に一度行われる学園祭にスポットライトが当てられる。言うならば「学園祭編」だ。その学園祭は、いつの間にか復活した秀才とルームメイトの代理戦争の様相を呈していた。当然のように主人公と少年もその争いに巻き込まれる。主人公は秀才の罠にかかり、電子機器を破壊する姫神の力を実社会で解放してしまう。自己嫌悪に襲われた彼女は異空間に閉じ籠り、少年達は彼女を助けるために異空間へと足を踏み入れる、といった流れである。普通の女の子になりたい主人公が超自然的な力に翻弄されるというストーリーは、テーマ的には何も間違っていないのだが、秀才に騙されたのも自分だし姫神の力を制御できなかったのも自分だ。世の中には、もっと自分ではどうしようもない運命に捕らわれている人間もいっぱいいるわけで、そういう人達から見ると彼女はただ悲劇に酔っているだけだろう。同性が一番嫌うタイプの人間である。結局、少年達は謎の気合パワーで主人公を見つけ出し、説得を試みようとするのだが、平々凡々な高校生に適切な解答を導き出せるわけもなく「一緒に答えを探そう!」という当たり障りのない結論で無理やり彼女を納得させる。テレビアニメ『血界戦線』でも全く同じ結論を使っていたが、この「一緒に答えを探す」は何の問題解決にもなっていないことを世のクリエイターはそろそろ学習して欲しい。

・ふわふわ


 以上、本作の大まかな筋を書いてきたが、これを読んで皆さんはどのような印象を抱いただろうか。きっと、何とも掴みどころのない何がやりたいのかよく分からない「ふわふわとした感じ」を抱いたのではないだろうか。それは正しい。実際、本作を見ていると、地に足が付かず常に宙に浮いているかのような不思議な感覚を味わう。良く言えば、空気感が透明で爽やかな雰囲気の青春ドラマ、だが、そうなっているのは、初期段階で設定を詰めず、これと言って目標も定めないまま次から次へとエピソードを付け加えていくという形式で適当に話を作っているからに他ならない。要するに「行き当たりばったり」である。確かに、思春期の女の子はふわふわしている物だ。極めてエゴイスティックであり、幸せは誰かがきっと運んでくれると信じている。そういう意味では、本作は思春期特有の心理をよく描けていると言える。だが、制作者が自分の感性に任せて思うがままに話を作り、結果的にふわふわしたから思春期の少女を描けたというのは違うだろう。特に本作の原作者は女性である。女性が書けば女性的になるのは当たり前だ。言い換えると、作者が心の中に持っている少女的な部分をそのまま表現しただけであって、映像作品としては全く形になっていないのが本作である。
 最初に本作は男性向けアニメなのかと書いた。上記の論に従うなら、間違いなく本作は男性向けアニメである。なぜなら、男性が欲してやまない思春期の少女のありのままの姿がそこにあるのだから。「少女が初めて前髪を切り、メガネを外し、化粧を覚え、大人になっていく」など書けば、何となく思春期っぽいではないか。たとえ、それがメインのストーリーとは何の関係もなくとも。しかし、本当にそれでいいのだろうか。内容などどうでもいいから可愛い女の子を見たいと言うのならば、最初から日曜朝の魔法少女アニメを見れば済む話である。そういった結果論でどうこうという話ではなく、ちゃんと物語として思春期の少女を描いた作品を見たいところだ。

・総論


 ひどく散漫で、一つの作品として見ると非常に厳しい物がある。岸田メル絵が好きで、思春期の少女が大好きなら見る価値はあるだろうが、かなりの忍耐力が必要になることだけは事前に忠告させて頂こう。

星:☆(1個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:17 |   |   |   |  page top ↑

『さばげぶっ!』

戦争ごっこ。

公式サイト
さばげぶっ! - Wikipedia
さばげぶっ!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2014年。松本ひで吉著の漫画『さばげぶっ!』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は太田雅彦。アニメーション制作はstudioぴえろ+。サバイバルゲームで青春の汗を流す女子高生を描いた日常系ミリタリーアニメ。原作漫画の掲載誌は、まさかの月刊少女漫画雑誌『なかよし』である。マジかよ。

・日常系ミリタリーアニメ


 男の子はミリタリーが好きである。剣や銃を用いた戦争ごっこが大好きである。そして、男の子は女の子が好きである。特に可愛い女の子達がキャッキャウフフしているのを見るのが大好きである。それなら、両者を組み合わせた商品を作れば爆売れ間違いなしなのではないかというコンセプトで作られたのが「日常系ミリタリーアニメ」である。何とも安易な発想だが、営業的には全く間違っていない。こういった判断を恥も外聞もなくできる人間は将来必ず出世する。
 ただし、結果だけを見ると、その目論見は失敗に終わったようだ。『ガールズ&パンツァー』という例外中の例外は存在するが、それ以外の『うぽって!!』『ステラ女学院高等科C3部』といった同ジャンルの作品に対する世間の評判は散々で、現時点では全く市民権を得られていない。その理由は明白である。なぜなら、ミリタリーの行き着く先は戦争という名の「殺し合い」だからだ。その是非は別にして、真面目に描けば描くほど殺伐として血生臭くなるという宿命を抱えている。たとえ真面目に描かなくとも、殺傷能力のある剣や銃を手にしているだけでどこからともなく死の香りが漂ってくる。それは平和の象徴であり、何もしない何も起こらない「ゆるさ」に重きを置く日常系アニメのテーマと相反することだ。実際、先の二作品は、真面目にミリタリーを描こうとして結果的に雰囲気が殺伐とし、日常系アニメ本来の楽しさがどこかへ消え失せてしまったという同じ失敗を犯している。一方、『ガールズ&パンツァー』は両者を無理に融合させることなく、ミリタリーに重きを置きながらも決して誰も傷付かない世界という不条理設定を用いることで上手く処理しているが、これはあくまで特殊な例を捉えるべきだろう。
 そこで本作である。本作はサバイバルゲームと女子高生の融合という典型的な「日常系ミリタリーアニメ」であるが、他にない大きな特徴を二つ有している。一つは原作漫画の掲載誌が少女漫画雑誌の『なかよし』である点だ。すなわち読者ターゲットが女性である。アニメ化に際して男性向けに大幅なアレンジを加えているとは言え、やはり少女漫画の名残が各所に残っている。具体的に言うと、ミリタリーに対する造詣があまり深くないのである。専門用語は幾つか出てくるが、そこから一歩先に進んだうんちくは出てこない。要するにマニアではないということであり、これがミリタリー側に針が振れ過ぎない絶妙なバランスを生む要因になっている。もっとも、逆に人間関係の方がドロッとしてしまい、日常系アニメらしさが損なわれるという欠点もあるので、一長一短ではある。

・ギャグ


 もう一つの特徴、それはギャグワールドを舞台にしていることである。ギャグワールドとはすなわち「面白ければ何でもあり」の世界である。その中で暮らしている人物は、どんなに大きな爆発に巻き込まれても決して死ぬことはない。精々、顔が黒塗りになり、髪の毛がアフロになる程度だ。設定やストーリーの整合性に頭を悩ませなくても済むというメリットがある以上、それは作者にとって非常に好都合な世界である。ただし、ネタが面白くなければかえって寒くなるだけだし、一度ギャグワールドに入ってしまうと抜け出すのが難しいというデメリットもある。特に後者に関しては、後にシリアス路線に変更した際、昔、ノリで壊してしまった月をどうするかという問題が発生したりする。ギャグだから適当でいいのではなく、適当さを生み出すために真剣にギャグと向き合わなければならない。
 そんな宿命のギャグワールドに手を出した本作は、劇中でサバイバルゲームが始まった瞬間、アーノルド・シュワルツェネッガー声のナレーターが宣言する。「これは妄想である」と。その宣言通り、主人公達はサバイバルゲームの基本的なルールどころか、地球上の物理法則すら無視し始める。彼女達はゴーグルも防具も身に付けず、私服のまま戦場に飛び込む。エアガンの弾が命中するとなぜか流血し、意識を失う。重力を無視して大きくジャンプし、意味もなくトンボを切る。初心者なのに銃の扱いは完璧、ワンショットで敵をなぎ倒す。これらは全て現実的に考えると絶対にあり得ないことだ。しかし、事前に「妄想である」と宣言している以上、何が起こっても文句は言えない。そして、これらの光景はゲームとしてもギャグとしても確かに面白い。ただ、それよりも大切なことは、ギャグワールドにしてしまうことで、ミリタリーが根本的に抱えている血生臭さを消し去ることができる点だ。料理と同じで、香草と合わせて嫌な臭みさえ抜いてしまえば、後はどのような食材とも自由に組み合わせられる。
 また、本作は「現実の壁」を上手く取り入れることでバランスをコントロールしている。モラルの壁と言い換えてもいいかもしれない。例えば、何でもありのギャグワールドなのに、野生動物だけは鳥獣保護法に邪魔されて撃つことができない。こうすることで「お馬鹿だが一般常識だけは弁えた女子高生」に親しみを持たせることができる。この辺りの感覚が本作は実に上手い。むしろ、この感覚だけで何とかしている感じが、まさに少女漫画原作と言えるのかもしれない。

・サバゲ


 第一話Cパートのタイトルは『本当はリアルなサバゲをやるつもりでした』である。読んで字の如く、本当は競技としてのサバイバルゲームを真面目に描くつもりだったが、様々な事情によりギャグワールド内でのなんちゃってサバゲにならざるを得なかったという制作者の自責の念が込められている。正直でよろしい。ただ、ここで一つの疑問が生まれる。それは「リアルなサバゲを描くとはどういうことか?」である。
 サバイバルゲームとは、戦争を遊びにした「戦争ごっこ」をスポーツ化した物である。ただの戦争ごっこでは勝敗の基準が分からない。また、ある程度の規制がないと単純に危ない。そこで誰かが全国的な共通ルールを制定して遊びをスポーツに作り変えた。例えば、プレイヤーは必ずゴーグルを着用するとか、弾がヒットすれば自己申告で退場するとか。リアルなサバゲを描くとは、そういったスポーツとしてのサバイバルゲームを劇中で忠実に再現することである。ゴーグルも付けないギャグワールドなど言語道断、サバゲを馬鹿にしていると取られても仕方ない。だが、少し考えてみて欲しい。サバイバルゲームとは要するに戦争ごっこなのである。リアルな戦争を模倣した遊びなのである。そう考えると、「リアルなサバゲ」という言葉自体が矛盾していることになりはしないだろうか。ごっこ遊びの時点でリアルでも何でもない。逆に、サバイバルゲームのリアリティを突き詰めていくと、最終的には本物の戦争に辿り着いてしまう。
 そう考えると、リアルなサバゲを描こうと目論むこと自体が無駄な行為ということになる。少なくとも日常系ミリタリーアニメでやるべきことではない。本作が描くべきなのは、サバイバルゲームの現実ではなく、それが本来持っている楽しさ、すなわち「戦争ごっこの面白さ」だ。銃で敵を倒すという快感。非日常空間でヒーローになる快感。戦術を練りチームワークが上手く機能した時の快感。そういった物を噛み砕いて伝えるのが本作の役割だし、そして、それらに関しては十分に描けていると言える。ギャグワールド内で繰り広げられるルール無用の戦争ごっこは、とにかく面白い。むしろ、リアルなサバゲを描いた『ステラ女学院高等科C3部』などよりは余程サバイバルゲームの楽しさを表現できており、未経験者がやってみたいと感じる。これは非常に重要なことであろう。何事もきっかけがなければ話は進まないのだから。

・ストーリー


 さて、順番がおかしくなったが、最後に軽く作品を紹介して終わりにしよう。主人公はこの春、女子高に転校してきた高校一年生。平凡な毎日に退屈していたところ、たまたま知り合ったサバイバルゲーム好きの先輩に半ば騙される形でサバゲ部に入部する。そこには個性豊かな部員達が集結しており、毎日を面白おかしく暮らしていた、というベタな設定のベタなストーリーである。ただし、主人公の性格はベタではない。鬼畜であり下衆であり卑怯であり、勝つためなら一切手段を選ばない、自分が助かるためには味方をも犠牲にする、そのような人間である。少女ギャグ漫画にはなぜかこの手のキャラクターがよく出てくる。その下衆さに生来の射撃センスも加わって、彼女は初心者とは思えないほどの非凡な戦闘能力を見せる。最初は嫌がっていた主人公も、そんな自分の才能に気付いて徐々にサバイバルゲームにのめり込んでいく。物語の序盤はそのような流れで、ギャグワールドを舞台にしたなんちゃってサバゲはなかなか面白い。ただ、その後の中盤はかなり中だるみする。真剣に鳥獣被害の社会問題を描いた第七話Aパートという異色作はあるが、全体的にサバイバルゲームという枠から外れた凡庸な日常系ギャグアニメと化し、クソアニメ枠に片足を突っ込む。やはり、サバゲが作品の売りなのだから、それを話に組み込まなければ面白くも何ともない。だが、終盤は少しずつ従来のノリが戻ってきて盛り上がる。特に、未知のウィルスを巡って国家サバゲ部という名の国家権力と戦う最終話の展開は面白い。こういった馬鹿馬鹿しさは本作しか描けない。これこそ戦争ごっこの面白さだ。

・総論


 紛うことなき「馬鹿アニメ」として、非常に良い位置にいるアニメ。後はもう少し声優の演技力が高ければなぁ。もったいない。

星:☆☆☆☆(4個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:19 |  ☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2