『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』

簡略化の好例。

公式サイト
蒼き鋼のアルペジオ - Wikipedia
蒼き鋼のアルペジオとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。Ark Performance著の漫画『蒼き鋼のアルペジオ』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は岸誠二。アニメーション制作はサンジゲン。世界を守るため潜水艦を駆って謎の艦隊と戦う少年の活躍を描いたSF海洋戦記。アニメ化に当たって、設定・キャラクター・ストーリーがかなり大胆に簡略化されている。一応書いておくが、ブラウザゲーム『艦隊これくしょん-艦これ-』がリリースされたのは2013年、本作の原作が初掲載されたのは2009年である。

・ストーリー


 地球温暖化で陸地面積が減少した近未来。突如として現れた「霧」と呼ばれる謎の艦隊が武力で海上を封鎖し、物流と情報が遮断された人々は困窮に喘いでいた。国連軍は総力を挙げて反撃を試みるも、圧倒的な敵の科学力の前に成すすべもなく敗戦。人類は滅亡の時をただ静かに迎えようとしていた。五年後、海軍の士官学校に通う主人公の前に一隻の潜水艦が現れる。明らかに霧側の軍艦に思われるその船は、自らの人工知能をメンタルモデル(擬人)化して主人公に接触する。イオナと名乗る彼女の意志に誘われるまま、主人公は潜水艦を駆って大海原へと旅立つ。それから二年後、そこには独立艦隊「蒼き鋼」として霧に単身立ち向かう主人公の姿があった。
 極めて王道のSFストーリーである。謎の侵略者と人類の間には圧倒的な科学力・軍事力の差がある。このままでは間違いなく人類は滅亡する。だが、降伏寸前に主人公達は敵側の兵器の鹵獲に成功する。その兵器のテクノロジーを研究し、もしくはそのまま用いて人類は最後の反撃に出る、というSFの黄金パターンを踏襲している。しかも、その兵器は、謎の力により主人公にしか操縦することができないということにしておけば、主人公が人類最後の希望になる必然性が生まれ、地球の平和を守る僕らのヒーローが誕生する。七十年代・八十年代のロボットアニメは大体がこういった流れを取る。さらに、その兵器には人格があり、殺戮兵器としてのアイデンティティと主人公に対する愛情の狭間で葛藤し、もがき苦しむなどとしておけば、九十年代・ゼロ年代のロボットアニメになる。本作は、人格を持つ軍艦同士の戦闘ということで基本的には後者のジャンルに含まれるが、主人公のヒーロー然とした佇まいは八十年代のテイストを色濃く残している。
 ここでいきなり最終話の展開を書いてしまうと、暴走した敵旗艦のメンタルモデルに対し、ヒロインのイオナが単身敵艦に乗り込んで説得を試みるというアニメオリジナルストーリーになる。これなどはまさに往年のロボットアニメのそれだ。単純な殴り合いでは終わらせず、当事者同士の思想のぶつけ合いで決着を付けようとする。原作付きとは言え、岸誠二監督の手がけた他の作品『persona4 the ANIMATION』『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation』『結城友奈は勇者である』等が総じて同じ展開になっていることを考えると、当時のロボットアニメの影響を強く受けているのだろう。そして、先に結論を書くと、そういったフォロワー群の中でも、本作は珍しく成功した部類に含まれる作品である。

・潜水艦


 上ではロボットアニメについて語ったが、本作はロボットアニメではなく潜水艦アニメである。数ある軍事兵器の中でも、潜水艦は独特の様式美を誇っている。その魅力に憑り付かれたファンも少なくない。それゆえ、そのオンリーワンの性質を上手く描けていないと、一気に評価が下落することになる。
 潜水艦の特徴、それは非常に制約が多いことである。まず、根本的に潜水艦は外が見えない。外界の様子を探るには超音波探信儀(ソナー)を使うのだが、それさえも相手の正確な位置を特定できる物ではない。だからと言って、こちらから探信音を打てば、自分の居場所を敵に伝えることになってしまうので、むやみやたらに使用することもできない。すると、多くを乗組員の予測と想像で補う必要が出てくる。戦闘にしても、全ての攻撃手段に対して有効な防御手段が用意されているため、単なる力押しでは絶対に勝てない。刻一刻と変化する状況に応じて、複数の攻撃を効果的に使い分ける必要がある。そして、何より大事なことは、海中では機体の一つの損傷が命取りになるため、魚雷一本で簡単に勝敗が決してしまうことだ。それはまさに剣術の達人同士の決闘を思い起こさせる。これらから導き出される結論は、潜水艦による戦いは極めて高度な「頭脳戦」だということである。敵の位置を予測し、敵の思考を読み、その上でこちらの行動を決定しなければならない。一つでも手順を間違えると海の底だ。潜水艦の艦長は、そのような状況下で持てる知識と経験をフル活用して意思決定し、乗組員を勝利に導かなければならない。そのとてつもない重圧と緊張感を描けるかどうかである。
 また、本作は人工知能vs人間の戦いでもある。つまり、将棋における電王戦のような様相を呈している。となると、人工知能らしい潜水艦の戦い方と人間らしい潜水艦の戦い方をちゃんと描き分けた上で、最終的に人間の方が優れていると示さなければならない。これは恐ろしい難問だ。人工知能らしい戦い方と言うと、やはり戦術が教科書通りで融通が利かず、ハプニングに対して臨機応変に対処できないということになるだろうか。ただし、将棋の電王戦を見る限り、余程のことがない限りコンピュータ側がミスを犯すことはないので、人間側にそれを越えるほどの天才的な発想力が必要になる。本作がそれを描けているかと言うと、正直なところかなり厳しい。劇中の戦闘描写を見る限り、ほとんどが敵側の判断ミスによる自滅だ。将棋で例えるなら、日曜日の趣味サークルレベルであろう。そんな連中に世界の海が支配されたと考えると哀しくなってくる。(なお、原作では霧には元々戦術という概念すらなかったとされている)

・人造人間


 本作のメインテーマは「人造人間譚」である。それは『ローゼンメイデン』や『GUNSLINGER GIRL』等、本ブログでも何度か取り上げているテーマである。そもそも、アニメのキャラクター自体がある種の人造人間なので、非常にアニメーションとの相性が良く、ゆえに名作も多く生まれている。基本的には、人造人間と人間の違いを探ることによって、逆説的に「人間とは何か?」を見つめ直すという物だ。その問いは人類にとって不朽不滅の哲学的課題であるため、人々を惹き付ける確かな魅力を有している。
 元々、霧の艦船は固有の人格を持たない従来型の人工知能で動いていた。だが、人類との戦いを通じて、人間型の知能の方が戦闘に有利であるという結論に至り、自らメンタルモデルを作り出した。それは同時に機械が感情を手に入れることだった。その結果、彼ら自身も予想が付かない様々な異常事態を引き起こす。霧の艦船の一人「ヒュウガ」は、自らを撃沈したイオナに対して倒錯的な憧憬の念を抱き、霧を裏切って主人公側に付く。「タカオ」は人間に操縦される船としてのアイデンティティーに目覚め、敵艦艦長の主人公に恋心を抱く。「ハルナ」と「キリシマ」は自分達に対抗する兵器開発のために作られたデザインベビーに同情し、彼女と一緒に脱出する。一方、ラスボスである敵旗艦の「コンゴウ」だけは、そんな彼女達を嫌悪して霧に忠誠を誓い、自分の手でイオナを倒すことを決意する。だが、機械はそもそも自分の役割に疑問を抱かない。霧に忠誠を誓うことやイオナを倒したいと願うこと、それ自体が感情の発露なのである。その事実を指摘されたコンゴウは我を失って暴走する。
 こうして見ると、機械が感情を持つことはデメリットしかないように思われる。実際、イオナは「自分の身を犠牲にして主人公を助ける」というロボット工学三原則的にあるまじき行為さえ行っている。また、兵器が自我を持つことは非常に危険である。『そらのおとしもの』の項目で書いた通り、殺人兵器が恋愛感情によって暴走することは幾らでもあり得るのだから。だが、本作では機械が感情を持った結果、辿り着いたのは敵と味方の相互理解であった。それは平和への唯一の道しるべである。そして、その一見遠回りに見える行程こそが人間型の人工知能が持つ可能性であり、人間の素晴らしさであると本作は訴えている。
 ただし、それを可能にするのは人間との関わり合いにおいてのみだ。機械は人間に使われて初めて存在価値を持つ。自立した機械はもう機械ではない。本作にはその観点が少し欠けている。そういう意味では、人間との絆をしっかりと描いた他作品には一歩及ばない作品である。

・空白の二年間


 それとは別に、本作には極めて大きな欠点が三つ存在する。まず、一つ目は、主人公の思想形成の過程が全く分からない点だ。彼は非常に博愛的な思想の持ち主である。人類を滅亡寸前まで追い込んだ霧に対しても寛容で、「必ず分かり合える」という信念を元に共存共栄の道を探っている。しかし、彼がなぜそのような思考を持つに至ったかがさっぱり分からないため、言葉に全く重みがない。初登場時はもっとクールな性格だったはずだ。普通に考えると、イオナとの交流を経て機械と人間の共存の可能性に気付いたということになるが……さて、どうなのだろうか。二つ目は、上述した霧が擬人化するようになった理由、それが劇中で具体的に描かれない点だ。台詞としてはちょくちょく出てくるので脳内補完できないこともないが、実際のところはよく分からない。この設定に説得力を持たせるなら、人間型人工知能の方が有利であると気付いた何らかの決定的な事件が必要ではないだろうか。そして、三つ目は、ヒロインの主人公を慕う理由がテレビアニメ版では最後まで謎として残る点だ。ヒロインが恋人のように主人公に付き従うのは、誰かにそう命令されたからである。信頼関係でも恋愛感情でもない。これは劇中で明言されている。しかし、本作のテーマは人造人間譚なのだから、ここが命令であっては困るのである。おそらく、どこかのタイミングで感情が命令を上書きして自立したのだろうと思われるが、それを匂わせるようなエピソードはない。これではただの三流萌えアニメになってしまう。
 こういった欠点が発生している原因は明らかで、それは主人公がイオナと出会ってから蒼き鋼として活躍するまでの二年間が、物の見事に省略されてしまっているからである。本作における面倒事は、全てこの空白の二年間の中に押し込められ、受け手の想像に委ねられている。これは、大事なところをあえて隠すことで「描かずして描く」を可能にするという一種の創作テクニックなのだろうが、さすがにこれでは説明不足だと言わざるを得ない。少なくとも、回想シーンや外伝などでフォローすべきだっただろう。
 もっとも、原作は十巻以上にも及ぶ長編漫画で、それをたったの1クールにまとめようというのがそもそも無茶な話だ。そういう意味では、本作は上手く原作を簡略化していると言えよう。創作の基本は足し算ではなく引き算と言うが、本作は余計な物を上手く削ぎ落とすことで、本当に描きたいテーマに絞って描いている。それは純粋に評価されるべきことである。

・総論


 もちろん、欠点は多数あるのだが、こういった難しいテーマに真正面から取り組んだ作品を適切に評価しないとアニメを語る資格がなくなる。まぁ、要は原作の出来がいいってことなんですけどね。

星:☆☆☆☆☆☆☆(7個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:35 |  ☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑

『恋愛ラボ』

賛否両論。

公式サイト
恋愛ラボ - Wikipedia
恋愛ラボとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。宮原るり著の四コマ漫画『恋愛ラボ』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は太田雅彦。アニメーション制作は動画工房。素敵な恋をしたい女子高生五人組が恋愛研究に情熱を捧げる日常系アニメ。タイトルの読み方は「れんあいらぼ」ではなく「らぶらぼ」。一昔前だったら、ひらがな四文字タイトルだったんだろうなぁと考えると感慨深い。

・ギャグ


 主人公は恋愛禁止が校則で定められているような名門お嬢様中学校の二年生。運動神経抜群で面倒見の良い男前な性格から、密かに「ワイルドの君」と呼ばれて他の女子生徒に慕われていた。しかし、本人はそのことに全く気が付かず、男性との恋愛経験がないワイルドな自分にコンプレックスを抱いていた。ある日のこと、たまたま訪れた生徒会室で「藤姫様」と呼ばれるお淑やかな生徒会長の奇行を目撃してしまう。何の欠点もない完璧美人だと思っていた彼女は、実は男性と話したことすらない完全なる恋愛弱者であり、鬱屈した恋愛感情を自作の抱き枕にぶつけていた。そんな生徒会長から恋愛相談を受け、主人公は思わず自分が「恋愛の達人」であるかのような嘘を付いてしまう。こうして、普通じゃない二人による普通じゃない恋愛研究は、多くの人間を巻き込んでどこまでも続いていくのだった。
 ほほぅ……いや、日常系アニメでこういった明確な笑いのギミックを盛り込んだ作品は珍しい。そして、それは実際に面白い。見た目は清楚なお嬢様生徒会長の恋愛に対する並々ならぬ執念から生まれる数々の妄想の爆発は見ているだけで頬が緩むし、恋愛に縁がないのにつまらない見栄を張ったせいで罪悪感に苛まれながらも嘘を付き続ける主人公の葛藤も興味深い。それらがなぜ面白く感じるかと言うと、矛盾しているようだが、彼女達の心理が非常に「分かり難い」からだ。例えば、劇中、生徒会長の奇行に対して、主人公が「女の感傷に振り回される男の気持ちはよく分かった」と述懐するシーンがある。ここから分かる通り、本作は男性が思う女性のおかしな部分・理解できない部分を極端にデフォルメ化することで笑いに結び付けている。つまり、キャラクターこそ女性だが、本作は全てが男性目線で作られた男性向けの萌えアニメなのである。本当の主人公はワイルドの君ではなく、生徒会に紛れ込んでいるであろう「透明の男性」で、視聴者は自由奔放な女性陣に振り回される彼に共感している。言わば、本作の笑いは「あるあるネタ」の亜流であって、そういう意味ではコメディーの基礎がしっかりできていると言えよう。
 もちろん、欠点は複数ある。中でも一番の欠点は、物語の着地点がよく分からないことだ。恋愛をテーマにしている以上、最終目標は当然、意中の男性と交際することになる。しかし、その画が全く見えない。そうなると、お得意の「女性同士の恋愛」へ持って行くしかなく、実際、第一話を見る限り本作は典型的な百合アニメである。わざわざ『恋愛ラボ』と銘打った作品でそれをやるだろうか? その答えを知るためには、とにかく最終回の結末を待たなければならない。

・恋愛研究


 見果てぬ憧れの男女交際に歪んだ情熱を燃やす隠れ肉食系の生徒会長は、自称恋愛の達人である主人公を独断で会長補佐に任命し、恋愛研究の顧問役として生徒会に迎え入れる。そして、二人は毎日、放課後の生徒会室で恋愛談義に明け暮れる。こうやって並べて書くと、とんでもないことを平気でやっている作品である。もちろん、裏ではちゃんと生徒会の業務も行っているのだろうが、それらは劇中で何一つ描かれないため、少人数で公共の生徒会室を私物化し、好き勝手に遊んでいるようにしか見えない。単純にモラルの問題として考えると、それは全く擁護のできない悪行だ。生徒会は全校生徒の代表であり、それなりに学校の予算も下りている。それを私的な恋愛研究に流用したとなれば、ただの「横領」であり「背任」である。現実の政治に置き換えれば、どこを取っても笑えない行為である。
 そんな悪行を悪行に見せないよう、さすがに制作者もいろいろとアイデアを凝らしている。まず、分かり易いのは、本作の舞台を恋愛禁止のお嬢様学校にしている点だ。禁止されているからこそ、かえって興味が湧き、隠れてこそこそとやりたくなる。それは人としての当然の権利。つまり、彼女達の恋愛研究は、抑圧的な体制に対するレジスタンス活動の一環だという考えである。彼女達は当局に禁じられた遊びを自ら研究することによって、誰にも縛らない自由と基本的人権を主張している。これは良い。若い視聴者の共感も得られ易いだろう。ただ、本作がその「抑圧された管理社会」を十分に描けているかと言うと、正直かなり厳しい。厳格なお嬢様学校とは名ばかりで、生徒達は自由な学生生活を謳歌しているし、校則にうるさいヒステリックな教師もあまり出てこない。恋愛研究で反体制を表現したいなら、一昔前の青春映画のように不自由で理不尽な学校にしなければならないだろう。だが、本作は日常系アニメである。のんびりだらだらが信条であることを考えると、そういった殺伐とした雰囲気は作り難く、結局は自分で自分の首を絞めてしまっている。
 もう一つ、本作の用いているトリックが生徒達からの恋愛相談である。この年頃の少女は誰しも恋愛に興味がある物だ。そこで生徒の恋愛に関する悩みを解決するために、生徒会が率先して研究しているのだという体にしている。こうすれば、彼女達の行為に必然性が生まれ、生徒会の私物化という批判から逃れられる。だが、これは諸刃の剣だろう。なぜなら、自分達の個人的な楽しみのために他の生徒を利用しているとも取れるからだ。いや、実際にそうだし、完全な言い訳である。この程度のトリックでは、余程、純粋な人間しか騙せないだろう。それゆえ、設定にもう一捻りが必要だったのではないかと思われる。

・敵


 通常、日常系アニメと呼ばれるジャンルの作品には、主人公の障害となる「敵」が出て来ない。仮に出て来たとしても、特にストーリーに影響を与えることなく出来レースのようにあっさりと退場する。ところが、本作には本気で主人公の足を引っ張ろうとする敵が複数登場する。良く言えば、それだけ濃密なストーリーがあるということだが、そのことが必ずしも良い結果に結び付くとは限らないのが、この業界である。
 まず、二人の前に立ちはだかるのは、生徒会長を失脚させて生徒会の実権を握ろうとする元役員達である。続いて、恋愛研究をスクープして脅迫の材料にしようとする新聞同好会が登場する。もちろん、校則に厳しい教師もまた敵の一人である。ある意味、非常にベタで分かり易い敵群だが、他の作品ではあまり見られない大きな特徴が一つ存在する。それは「明らかに主人公側に非がある」ことである。役員達を生徒会から追い出したのは生徒会長自身、それもかなり個人的な理由から。新聞部の部費を削減して同好会へと追いやったのは生徒会の会計。校則違反の恋愛研究は言わずもがな。主人公側もそんな自分達の罪をかなり認知した上で、何とか場の収拾を図ろうとする。言い換えると、上手く誤魔化して、丸め込もうとする。それが本作のメインストーリーである。ちゃんと非を認めている点は偉いのだが、いわゆる王道の展開からはかけ離れているため、人によっては不快感を覚えるだろう。別に主人公が清廉潔白である必要はないが、私的な恋愛研究の時点でモラルから逸脱しているのだから、そこは上手くバランスを取るべきだ。
 第六話。本作に新しい敵が登場する。それが主人公の幼馴染みとその友人という「男性キャラクター」である。厳密に言うと、彼らは敵ではなく、ただ騒動に巻き込まれただけの可哀想な人々なのだが、男性視聴者にとっては主人公の貞操を脅かす最大の脅威に違いない。特に、第一話を見て本作を百合アニメだと勘違いした人からすると、作品の根底を覆すような大事件であろう。しかも、性質上、視聴者はどうしても男性キャラクター側に肩入れしてしまうため、主人公達の悪行ばかりが強調されてしまう。これは作品全体にとっても間違いなく大きなマイナスポイントだ。確かに、恋愛をテーマにしている以上、異性のキャラクターを出すのは当然の帰結なのだが、例えば、第一話の時点で顔出しをする等、もう少し慎重に取り扱うべきではなかっただろうか。今のままでは主人公達の格を下げているだけである。

・ストーリー


 さて、本作のストーリーを簡潔に述べると「様々な妨害にも屈せず、主人公達は恋愛研究を続けられるか?」ということになる。元々、素敵な彼氏が欲しいという生徒会長のわがままな願いを叶えるためだけに始めた恋愛研究だったのに、いつの間にかそれ自体が目的になっていることに驚かされる。非常に分かり易い、絵に描いたような「手段の目的化」である。無論、物語序盤はそれでも構わないのだが、終盤になっても相変わらず研究研究と言っているのはさすがに違和感が大きい。研究して実践し、その成果をフィードバックしてまた研究するという当たり前のプロセスを無視しているため、恐ろしいまでの机上の空論である。この効率の悪さを如何にも「女性らしい」面白さなどと言ってしまうと失礼に当たるだろうが、男性が同じことをやると果てしなく気持ち悪いのは事実である。
 それでは、本作はどのようにラストを締め括るのだろうか。最初の項目に書いた通り、男女交際が成立してめでたくハッピーエンドになるのだろうか。当然、男性向け萌えアニメがそのような結末に辿り着くはずがなく、抜け目のない制作者はちゃんと別のルートを用意している。それが第一話からずっと宙に浮いていた主人公の嘘である。恋愛の達人だと恥ずかしい嘘を付いてしまった主人公が、その真実を告白するまでの過程をクライマックスに持ってきて、半ば強引に物語を締め括っている。もちろん、これはこれで感動はするのだが、結局はただの友情物語である。本作のテーマは何だったのか。上手く逃げられたようでもやもやが残る。
 まとめよう。一言で言うと、本作は極めて「ロジカル」な作品である。恋愛研究という笑いのギミックを成立させるためにしっかりと舞台を整え、モラルに反しないように様々なトリックを用い、話に深みを持たせるために敵を用意しつつ、ラストは角が立たないように平凡に終わらせる、等々、全てが高度な計算によって構築されている。ただし、その中心にある主人公達の行動自体は極めてアンロジカルなのである。それはまさに男性が何万年かけても絶対に理解できない女性の心理だ。それを「可愛い」と感じるか「うざい」と感じるかは、人によって大きく異なるだろう。よって、本作の評価は賛否に両分されると思われる。

・総論


 人によって大きく評価が分かれるであろう作品。個人的な感想を書くなら、可愛いとうざいが3:7ぐらいである。

星:☆☆(2個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:32 |  ☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2