『冴えない彼女の育てかた』

萌えとオタクとクリエイター。

公式サイト
冴えない彼女の育てかた - Wikipedia
冴えない彼女の育てかたとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。丸戸史明著のライトノベル『冴えない彼女の育てかた』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は亀井幹太。アニメーション制作はA-1 Pictures。理想のヒロインを追い求めてギャルゲー制作に明け暮れる男子高校生を描いたハーレムラブコメ。「彼女」と書いて「ヒロイン」と読む。諸般の事情により、放送順を変えて話全体のエピローグを第0話として最初に放送している。よって、本項で第一話と書いている回は、放送では第二回に相当するので注意。

・設定


 ある春の日、オタクの男子高校生である主人公は、桜の舞う坂道で一人の見知らぬ少女と出会う。彼女はまさに理想的なギャルゲーのヒロインを具現化したような存在で、主人公は一目で心を奪われた。かつてないほどの創作意欲を掻き立てられた主人公は、早速、同人絵師の幼馴染みとライトノベル作家の先輩を強引に誘い、彼女をモデルにした自分の理想のギャルゲー作りを開始する。その日の放課後、情熱をたぎらせる主人公にクラスメイトの女子生徒が話しかける。容姿こそ整っているが、非常に地味で存在感が薄くて冴えない女の子、彼女こそが春の日に坂道で出会ったメインヒロインだったのだ。
 何だこれ。目茶苦茶面白いぞ。要するに、これは「萌えとは何か?」という深夜アニメが共通に抱えている問題を改めて世に問うた作品なのである。通常、萌えとは「男性が可愛いと感じる女性の性格や言動や仕草などの一部分だけを取り出して記号化した物」を言う。不純物を排して良い部分だけを濃縮しているため、高級な宝石のように万人を魅了する強い力を持っている。少なくとも、オタクの主人公はそう考えており、二次元はあらゆる面において三次元に勝るという信念を抱いていた。だからこそ、リアル世界で見知らぬ女性に萌えを感じた時、まるで二次元が扉を開けたかのような激しい衝撃を覚え、その感情を再現するためのゲーム作りを決意したわけである。ところが、何と彼女はクラスメイトの冴えない女の子だった。それは不純物を徹底的に取り除く萌えの定義からすると、あってはならないことだ。そこで、主人公は自らのアイデンティティーの危機に直面する。二次元至上主義は本当に正しいことなのかどうか、自分の感情を信じていいのかどうか。そんな彼がどうやって理想と現実に折り合いを付けてアイデンティティーを再構築するのかという話である。どう考えても、これがつまらないはずがない。
 この先、本作はどういった展開になるのだろうか。タイトル通り、冴えない彼女を育てて二次元側に引っ張り込むのか、それとも主人公自身が心を改めて二次元と三次元の両方の良さを認めるのか、はたまた全てを放り出して二次元に逃避するのか。まだ第一話が終わったところなのにいろいろと想像が膨らむ。良い作品とはそういう物だ。『はたらく魔王さま!』や『あさっての方向。』の項目でも書いたが、本当に優れた作品は初期設定の段階でそこら辺の量産型アニメとは格が違うのである。本作はそういった感覚が味わえる数少ない作品である。

・萌え


 それでは、続きを見て行こう。冴えない彼女を自分達の作るギャルゲーのメインヒロインに指名した主人公は、何とか彼女が理想のギャルゲーヒロインらしく振る舞えるように全力でオタク教育を施す。しかし、どこまでも地味で無個性でマイペースな彼女は、一向に彼の望むような行動を取ってくれない。主人公一押しのオタクコンテンツに対しても食い付きが悪く、肯定もしなければ否定もしない。それでいて付き合いは良く、ほいほいと男の家に上がり込むヒロインを見て、逆に主人公の方が萎えるという展開は面白い。もちろん、女性が自分の家へ遊びに来るのは嬉しいことなのだが、ギャルゲーのメインヒロインなら、そこは恥ずかしがって辞退してくれなければ困るのだ。そんな理想と現実の狭間で苦悩する主人公の姿は、理不尽な社会の中で自分探しをする思春期の少年と重なって見える。そのため、やっていることはおかしいが、汗と涙の青春ドラマとして本作は十分に成立している。
 一方、ゲーム作りを手伝うことになった幼馴染みと先輩は、絵に描いたようなツンデレキャラと妖艶キャラで、無個性なメインヒロインと対になっている。彼女達は記号的な萌えを武器にして、主人公に、いや、視聴者に媚びまくる。お色気要素も満載で、ほとんど風俗嬢である。確かに、これでもかと言わんばかりにキャラの立った彼女達は可愛い。だが、劇中でも指摘されている通り、現実には絶対にあり得ない存在だ。そんな全身を虚飾で固めたステレオタイプなサブヒロインより、萌えとは無縁でオンリーワンの冴えない彼女の方が余程可愛らしい。もちろん、最終的には好みの問題になるが、それでも彼女を悪く言う人はいないだろう。オタク=自分達に否定的な人間であるにも関わらずだ。
 さて、ここで一つの大きな疑問点に直面する。設定的に考えて、万人に好かれるメインヒロインになれない彼女は、他のキャラクターより可愛かったらダメなはずだ。個性的なサブヒロインが量産型で、無個性なメインヒロインがオンリーワン? おかしくないだろうか? そう、賢明な方はお気付きだと思うが、この「矛盾」こそが本作の訴えたいメインテーマなのである。萌えとは女性の良い部分だけを取り出して濃縮した物。しかし、所詮はただの記号、生身の人間には到底敵わないということだ。良い面と悪い面を同時に持ち合わせ、ちょっとやそっとでは理解できない奥深さこそが真の女性の可愛らしさ、その忘れられかけた事実を無個性で個性的な冴えない彼女が教えてくれる。

・オタク


 ところが、そんな崇高なテーマを掲げた本作も、第六話近辺を境に急激にパワーダウンする。当たり前だ。なぜなら、本作は全十三話の1クールアニメ。尺の都合上、メインヒロイン以外の女性にもスポットライトを当てなければ間が持たない。だが、他のサブヒロインは、上に書いたように典型的なギャルゲーヒロインなのである。彼女達を中心にしてしまうと、本作はどこにでもあるような普通のハーレムアニメと化してしまう。普通のハーレムアニメとは、複数の女性が明らかに主人公に対して好意を向けているのに、当の本人がなぜかそれに気付かないといういつものアレ。あまりにも不自然かつご都合主義で、特定の選ばれた人間しか楽しめない。
 物語の終盤、また新たなヒロインが登場する。彼女は主人公の従妹で、彼女もまた分かり易く主人公に対して好意を抱いており、彼を性的に誘惑する。幼馴染みと先輩の時点ですでにお腹いっぱいなのに、これ以上増やす必要がどこにあるのか。一応、物語的には重要な役どころで、彼女は作詞作曲をこなす有能なバンドマン。彼女の才能に惚れ込んだ主人公が、ゲームの音楽担当として仲間に誘い入れようとするも、彼女は完全に非オタクの人間だった。さて、主人公は彼女を説得してサークルに引き込むことができるだろうか、がストーリーのクライマックスである。非オタクのキャラクターとして出しているのに記号的なギャルゲーヒロインという設定的矛盾もさることながら、肝心のメインヒロインがチアガール的にしか話に絡まないのも痛い。ゲーム作りに対する真剣さの認識が、なぜ主人公側と従妹側でズレているのかも明確な解答がない。そして、ラストは主人公が熱い説教を解き放って無理やり納得させるといういつもの展開で締めくくる。
 このように、非常に特殊な設定で始まった本作だが、終わってみればどこにでもあるような普通の深夜アニメに成り果てる。結局は、エゴイスティックなオタクがさらに自己を肥大化させて現実を飲み込んだというだけのお話だ。しかも、後半に入ると加速度的に性的な描写が増え、女性はただ男性の欲望を満たすだけの置き物と化す。第一話・第二話で見られたようなリアルな女性を目の前にしたむず痒い感覚などどこにもない。そういう意味では非常に残念な作品だと言える。もう少し新たな男女の形を見せてくれると期待していたのだが……ただの独り相撲だったようだ。

・クリエイター


 主人公は典型的なオタクである。ただし、それはあくまでハーレムアニメにおける記号的なオタク像であり、サブヒロイン同様、現実にはあり得ない。高校生でありながら、グッズを購入するためにバイトを掛け持ちして自分で金を稼ぎ、ブログを運営しては多くのアクセス数を稼いで社会に大きな影響力を持つ。類まれなリーダーシップを有し、営業力や交渉術にも長けていると極めてハイスペックな人間である。少年漫画の主人公でも、ここまで完全無欠なヒーローはいないだろう。そんな彼が欲して止まない物、それが「クリエイター」になることだ。他人が作った物をただ享受するだけでは満足できず、自分が提供する側に回りたい。そうすることで初めてオタクとしてのプライドを充足できる。言い換えると、彼は「自分で物を作らない人間はオタクではない」と主張したいのである。実際、そういう人達はただ与えられたコンテンツを家畜のように消費するだけの「消費豚」であると劇中のキャラクターに言わせている。つまり、自分達の味方になってくれるはずの視聴者に対して、かなり挑戦的な態度を取っているのが、この『冴えない彼女の育てかた』という作品である。
 本作はジャンルの性質上、基本的にはオタクとオタク文化を肯定している。だが、上記のように否定している側面も持っている。そういう意味では非常にバランスがいい。ただ、最終的にはどちら側に傾くかを決定しなければならない。そして、それは主人公達の作るゲームの出来如何にかかっている。つまり、ゲームが面白ければオタク肯定、つまらなければオタク否定だ。では、実際はどうだろうか? 本作内では完成までに至らなかったが、現時点で上がっている情報を見る限り、残念ながらどう考えても「つまらない」。もちろん、原画はコミケ常連の同人絵師、シナリオは現役の人気ライトノベル作家、音楽は才能に溢れたバンドマンとスタッフは揃っているので、それなりの物は出来上がるだろう。しかし、結局はオタク文化だけを見て育った少年が、それらを参考にして自分の理想を実現しようとした物に過ぎない。それでは、どんなに努力しようと既存の作品の劣化コピーが関の山だ。クリエイターを名乗るからには、多くの経験を積んで幅広い知見を持ち、その上で誰も見たことのない新しい物を作り出さなければならないだろう。高校生の純粋な夢を壊すつもりはないが、正直、今の彼には全く期待できない。そもそも、本作自体がアニメ『N・H・Kにようこそ!』の焼き直しに過ぎないのだから。

・総論


 第六話までは間違いなく神アニメ。後はありがちなハーレムアニメなのでどうでもいい。繰り返すが、第六話までは間違いなく(略)。

星:☆☆☆☆☆(5個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:03 |  ☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑

『艦隊これくしょん -艦これ-』

奇作。

公式サイト
艦隊これくしょん -艦これ- - Wikipedia
艦隊これくしょん -艦これ-(アニメ)とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。角川ゲームス開発、DMM.com運営のブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は草川啓造。アニメーション制作はディオメディア。「艦娘(かんむす)」と呼ばれる擬人化軍艦が世界を守るために戦うSF戦争ドラマ。原作は登録アカウント数三百万を誇る化け物ゲーム。2016年秋に劇場版が公開予定。

・擬人化


 まず、原作であるブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』を簡単に紹介しよう。このゲームは、旧日本海軍の軍艦を建造して艦隊を編成し、世界に仇なす謎の軍隊と戦う戦略シミュレーションゲームである。最大の特徴は、その軍艦が可愛らしい女の子に擬人化されていること。彼女達は「艦娘」と呼ばれ、明確なストーリーこそないが、戦いを通じて少しずつ成長し、最後には強力な艦船に進化するといったRPG要素も兼ね備えている。ただ、この程度なら他社のゲームでもよく見られる仕様だ。では、なぜ、本作は並みいる強敵を押し退けてまで歴史に名を残すような人気ゲームになれたのだろうか。一般的には、同種の作品に比べて課金システムが良心的であることや、バトルシステムが綿密に作り込まれていることなどが理由として挙げられている。特に、後者は常に「基本無料のブラウザゲームとは思えない」が枕詞として付いて回る。それが真実の評価なのかどうかの判断は別に譲るとして、このゲームの売りが個性的な艦娘達による戦略性の高いバトルにあることは間違いないだろう。
 さて、それでは、そのテレビアニメ化作品である本作はどうだろうか。まず、視聴して最初に目に付くのは、直立不動のまま隊列を組んで海上をホバー走行する艦娘達の姿である。ちょ待てよ。いや、幾ら何でもそれはどうなのか。確かに擬人化した軍艦をそのままビジュアル化しようと思ったら、そうするより他に仕方ないのだろうが、見た目は明らかに変である。彼女達の姿から、全長数百メートル、排水量数万トンの巨大な軍艦をイメージすることは、どんなに想像力の豊かな人間でも不可能だ。逆にゲームユーザー側から見ても、自分達が長年プレイして漠然と想像していたゲーム版のバトルのイメージと、アニメ版のバトルのビジュアルとの間に言い様のないギャップを覚えるだろう。当然だ。なぜなら、ゲーム版で行われているバトルは、あくまで巨大な軍艦同士の「艦隊戦」なのだから。一方、アニメ版で行われているのは、武装した生身の兵士が戦艦に立ち向かう「歩兵戦」である。もう、比べること自体が間違っている。
 結局、これは「擬人化とは何か?」という根底的な疑問に帰着する。勘違いしている人も多いが、全長160メートルの軍艦を擬人化したら、身長160センチの少女になるわけではない。擬人化しても全長160メートルのままである。だからと言って、身長160メートルではない。禅問答みたいになってしまい恐縮だが、要するに擬人化とは対象が持っている抽象的なイメージを具体化した物であって、現実の物体に顕現化した物ではないということだ。前にも書いたが、猫を擬人化した人間が家で猫を飼っていたらおかしいだろう。そういう意味では、軍艦その物ではなく軍艦の人工知能を擬人化した『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』は実に上手い。これこそまさに理想の擬人化だ、と他のアニメの当て馬になるようではお終いである。

・戦争


 では、本作の設定を紹介しよう。「海の底から出現する謎の艦艇群、それらを人類は深海棲艦と呼称した。駆逐艦級から超弩級大型戦艦まで多彩を極める深海棲艦の攻撃によって、人類は制海権を喪失。その脅威に対抗できるただ一つの存在、それが在りし日の戦船の魂を持つ娘達、艦娘である。艤装と呼ばれる武器を装着し、生まれながらにして深海棲艦と互角に戦う能力を持つ彼女達、その活躍により制海権奪還に向けた反抗作戦が開始されようとしていた」といったことが、冒頭のナレーションで語られる。残念ながら、皆さんにお伝えできる情報はこれが全てである。これ以上の設定は劇中では何も語られない。いつの時代かも分からないし、どこを舞台にしているのかも分からない。敵の正体も分からなければ、何のために人類を襲うのかも分からない。艦娘が作られることになった経緯も分からないし、どうやって作られるのかも分からないし、なぜ艦娘と呼ばれるようになったのかも分からない。何より「艦娘とは何なのか?」という最大の疑問に答えてくれる人は誰もいない。彼女達は機械なのか人間なのか、その差異はストーリーの行く末を大きく左右するが、それすらも分からない。
 もっとも、これらの設定は原作ゲームでも謎のままなので、アニメ版だけ先走って種明かしをすることはできないし、する義理もなかろう。ただ、フィクションにリアリティを求める必要はなくとも、その実在感・生活感といった物は絶対に必要だ。摩訶不思議な物が現実に存在しても違和感を覚えさせない確かな説得力、それが本作には圧倒的に欠けている。その一番分かり易い例として、劇中に艦娘以外の普通の人間が全くと言っていいほど出て来ないことが挙げられる。甘味処の主人と整備兵だけが人間なのではないかと推測される程度(もしかしたら、彼女達も艦娘なのかもしれない)で、当たり前のように全員が女性である。もちろん、学園物なら別にそれでもいい。だが、本作のジャンルは「戦争物」なのである。謎の軍隊が人類を襲う。それなら、襲われる側の人類を詳細に描かなければ何の意味もない。戦争の目的は「誰を倒すか」ではなく「誰を守るか」である。深海棲艦によって被害を受ける街や人々を丹念に描き、艦娘がそれを守らなければならない必然性、すなわち彼女達が存在する必要性を描写する。そうして初めてフィクショナルな艦娘が我々と同じ大地に足を付ける。それがなければ、武装して水上をホバー走行する美少女などただのジョークだ。そんなジョークキャラが戦いで大破しようが轟沈しようがどうでもいい話なのである。

・提督


 さて、上には劇中に普通の人間が出て来ないと書いたが、実は一人だけ、間違いなく普通の人間だと断定できる人物が登場する。人外の女性しかいない謎空間に唯一存在する男、それが「提督」である。彼はその名の通り軍の司令官であり、艦娘達の上官である。軍の組織図がさっぱり分からないので断定できないが、どうやら艦娘達が配属された鎮守府の中で一番偉い人のようだ。ただ、登場すると言っても姿は見せない。本人はカメラの画角の外に隠れ、影だけが映り込む。当然、台詞もなければ艦娘達との会話もなく、彼がどのような人物なのかは全く分からない。
 皆まで言う必要はないと思うが、提督=ゲームプレイヤーである。本来はモニターの向こうにいて、この世界その物を操作している人間が、ある意味ゲスト的にアニメ内に登場する。これをメタフィクション構造だと言ってしまうと、本作はゲーム内世界の物語ということになってしまい、いろいろと齟齬が発生するため、単なるファンサービスだということにしておいた方が無難だろう。つまり、プレイヤーを具現化することで、可愛らしい艦娘達が熱を上げているのは、他の誰でもない貴方なのですよと示しているわけだ。言わば、本作自体が彼らのための壮大なハーレム空間なのである。
 ただし、それはあくまでゲームプレイヤーからの観点であって、ゲームに関係のない一般のアニメ視聴者から見た場合、大変なことになる。この姿なき提督は、その名に反して提督らしい行動は何もしない。作戦の立案も指揮も全て艦娘自身が行う。提督は大まかな戦略を練り、後は自室に閉じ籠もって悠々自適に過ごすだけ。傷付いた艦娘達の心のケアをすることもほとんどない。普通の作品なら、この手の人間はほぼ間違いなく黒幕である。ところが、艦娘達はそんな提督をまるで実の父親のように慕っている。中には恋愛感情のような物を抱いている人もいる。それは非常に奇怪な光景だ。これが創造主とその創作物という関係なら分からないでもないのだが、前述の通り、艦娘達は人間なのか機械なのかも判別できない。そのため、理由もなく上官を恋慕しているようにしか見えず、蚊帳の外である視聴者には不快感しか残らない。
 さらに言うと、本作は戦争物であり、舞台は軍隊である。艦娘達は世界を守るために命を懸けて大海原へ出撃する。実際、戦いの最中に命を落とす者もいる。なのに、それを命令する立場の最高責任者が、カメラの影に隠れて姿を現さないというのは人としてどうなのか。そんな人間を盲目的に信仰しているなら、それは紛れもないファシズムである。他の作品で当たり前のように行われている人と道具の絆というテーマを排除すれば、ここまで気持ちの悪い物が出来上がるのだと、本作は反面教師にするには最適の作品である。

・ストーリー


 では、最後にストーリーを紹介しよう。と言っても、本作のストーリーには改まって論述するほどの価値はない。ダメダメな駆逐艦の艦娘が戦いを通じて成長し、最後には艦隊の旗艦になるという単純な話だ。彼女は典型的な主人公型熱血娘で、素敵な先輩に憧れ、困難にぶつかると特訓し、苦しいことがあると落ち込むという実に分かり易いキャラクターである。良く言うと王道だが、悪く言うと何も考えていない。なぜ、軍艦の擬人化娘がスクワットで筋力を鍛える必要があるのか。なぜ、ドックで装着するはずの艤装を自由に出したりしまったりしているのか。いくら日常描写がメインの萌えアニメでも、もう少しSF的な思考を取り入れて欲しい。本作の場合、さらにそこへゲーム特有のシステムを輸入した描写が追加され、何とも掴みどころのない訳の分からない物に仕上がっている。シュールという単語はこういう時に使う物だろう。
 第十一話。何の前触れもなく、突然新しいテーマが挿入される。艦娘達は、かつてのモデルになった旧日本海軍軍艦の記憶を受け継いでおり、その敗北の歴史は繰り返される運命にあった。深海棲艦は歴史をあるべき形に戻すために送り込まれた刺客。はたして、艦娘達は歴史の刺客を倒して残酷な運命に抗えるのだろうか、と。……はい? いきなりハードSFが始まって混乱するが、どうやらそういうことらしい。ということは、やはりこの世界は我々の住む日常の延長線上ではなく、ゲーム内世界などのメタ空間であるということだろうか。それではただの楽屋オチだと思うのだが、制作者の深い思慮など分かるはずもない。なぜなら、これらの設定は見事に投げっ放しにされるからだ。深く設定が掘り下げられることもなく、そのまま重要拠点を懸けて艦娘と深海棲艦の最終決戦が開始される。当初は劣勢だったが、行方不明だった提督が精霊会議により突如復帰し、謎の援軍が駆け付けたことで辛くも戦闘に勝利する。こうして、艦娘は自分達の運命に逆らい、それを導いた主人公は英雄になったのだ……ということらしい。たぶん。いや、何もかも曖昧で申し訳ないが、こう書く以外に方法がないのだから仕方ない。結局、軍艦の擬人化という行為に満足して、世界観を作り込むという面倒な作業を放棄したため、いざ映像化してストーリーが必要になった時に問題が露呈するのである。それはアニメーション文化に対して失礼な行為だ。ゲームプレイヤーのために想像の余地を残したいという気持ちは分かるが、それなら映像化自体をするなと言うより他にない。

・総論


 戦闘シーンはそこそこ面白いが、ただそれだけの作品。この真面目に考えれば考えるほど損をする感覚は、まさに奇作と呼ぶに相応しい。ハマる人はハマるかもね。

星:★★★★(-4個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 11:36 |  ★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2