『SHOW BY ROCK!!』

馬鹿脚本。

公式サイト
SHOW BY ROCK!! - Wikipedia
SHOW BY ROCK!!(アニメ)とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。サンリオ原作・ギークス制作のスマホゲーム『SHOW BY ROCK!!』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は池添隆博。アニメーション制作はボンズ。異世界に召喚された女子高生がバンド活動をしながら悪の組織と戦う音楽ファンタジー。サンリオが初めて取り組んだハイティーン向けのキャラクタービジネスでありながら、サンリオ全体のキャラクター人気投票で上位に食い込むという偉業を達成した。

・第一話


 主人公はアコースティックギターの演奏が趣味の女子高生。だが、生来の人見知りが災いして、高校の軽音部に入部したくてもできない日々を過ごしていた。その日も勇気が出ずに傷心で帰宅し、気分転換でやったスマホゲームでハイスコアを出した時、突然、眩い光に包まれて彼女はゲームの中へ引きずり込まれてしまう。……展開が唐突過ぎないか? 普通、この手の異世界召喚物は、現実世界で何らかの事件、例えば、新しくギターを買ったとか、軽音部に演奏を馬鹿にされたとかがきっかけで事態が推移する物だろう。気分転換ってお前。まぁ、それはともかく、彼女が連れて来られた世界の名は「サウンドワールド」。音楽が全てを支配し、楽器を演奏するとなぜか演者が二頭身になるという不思議な空間だった。そこで主人公は言葉を話すピンク色のギターと出会い、彼の導きで大盛り上がり中のロックバンドのライブ会場に辿り着く。すると、突然、謎の巨大モンスターが会場に現れ、主人公はバンドメンバーと共に音楽スキルを持つ者しか入れない異空間へと飛ばされる。異世界に召喚されて、そこからさらに異空間へ飛ぶのか? それなら、最初から現実世界の物語で何も問題ないだろう。そして、その巨大モンスターに対して、ロックバンドはなぜか「物理攻撃」で対抗するが、全く歯が立たない。一方、主人公がピンクギターの言うままにエレキギターでギターソロを「演奏」すると、モンスターは呆気なく消滅する。敵と戦う方法は一つに統一して欲しいのだが。そもそも、主人公が練習していたのはアコースティックギターではなかったか。その後、主人公は演奏技術が認められて芸能事務所にスカウトされ、その場の流れで三人の女の子とガールズバンドを組むことになる。人見知り設定はどこに消えた?
 このように、本作は典型的なツッコミどころ満載の「馬鹿アニメ」である。しかも、上述したのは全て第一話内で起こったこと。他に類を見ない高速展開で馬鹿っぷりに拍車がかかる。ただし、その無茶苦茶さに笑えるのは最初だけで、その後も似たようなミスが延々と続くと、次第にうんざりしてくる。わざとやっているわけでも天然ボケでもなく、ただの手抜きであることに気付くからだ。一生懸命やった上でのミスなら微笑ましいが、緻密に設定を組み立てるという面倒臭い作業を放棄して、その場のノリと勢いで全てを誤魔化そうとする姿は醜い。そんな人々が劇中で主人公に夢や希望を語らせても白々しいだけだ。

・第二話~第四話


 こうして結成された主人公のバンド「プラズマジカ」の記念すべき初ライブは、他事務所のバンドとの対バン(バンド同士の対決)に決定した。リハーサルではあまり上手く行かなかったが、次第に自分達らしさを取り戻し、結果的に本番では他バンドに敗北したものの、バンドの結束はより高まった。こう書くと何の変哲もない普通の物語に見えるが、実際には物語すら成立していない。と言うのも、そこに「友達を作るという目的でバンドに入ったが、気弱な性格ゆえにメンバーとも打ち解けられず、自分のせいで他のバンドにも勝てないと思い込み、ネガティブな言動をするバンドメンバーの成長物語」という明らかに余計なノイズを加えているからである。
 そもそも「物語とは何か?」であるが、それは「気付きを得ること」と定義することができる。もっと分かり易い言葉を使うと「悟りを開くこと」でもいい。バンドメンバーの件で言うなら、「言葉ではなく音楽で通じ合える」という気付きを彼女が得たことで、他のメンバーと仲良くなるという「結果」が生じる。ただし、当然大事なのはその過程に論理的な整合性があるかどうかだ。そのために、世の物語はわざわざ大きな事件を起こしたり、正反対の思想を持った人物を登場させたりして、論理を補強するのである。だが、本作にはそれがない。主人公が楽曲のアレンジをしたというほんの一分ほどの短いエピソードでは、彼女の歪んだ思考を覆すだけの力がない。それ以前に、この回でメインにすべきなのは主人公の初ライブの方なので、本来なら彼女に構っている暇は全くない。すると、特に整合性もないまま訳が分からない内にバンドメンバーが改心するという謎の結果だけが残される。
 本作のストーリーは全般的にそういった物ばかりである。第四話。他バンドに勝つには個性が大事だと思って衣装にこだわっていると、すぐに同事務所のバンドに説教されて考えを改める。第六話。バンドメンバーの一人が自分が宇宙人であることを告白すると、すぐに他のメンバーも納得して水に流される。第九話。ライブにはパフォーマンスが大事だと思って試行錯誤していると、すぐに自分達の昔の写真を見て笑顔が武器だと理解する。いずれも本来なら何らかのドラマが発生するはずのところが、何の過程もなく登場人物が気付きを得て終了する。これはもう単純に脚本の質が悪いと言わざるを得ない。設定の不備ぐらいならノリと勢いで誤魔化せても、物語まではどうにかできる物ではない。それができるなら、こんなブログはいらないのである。

・第五話~第十一話


 「そう言えば、巨大モンスターはどうなったんだ?」と皆が思い始めるであろう第五話、思い出したように巨大モンスターがロックバンドのライブを襲う。急いで駆け付ける主人公であったが、すでにバンドは退避した後でモンスターもいなくなっていた。その後、二度ほどモンスターは現れるのだが、いずれも他のバンドの物理攻撃によって退治されている。主人公いらないじゃないか。モンスターを倒すために召喚されたんじゃないなら、何のためにこの世界にいるんだよ。ところが、ピンク色のギターはそんな主人公に対して「世界を救えるのはお前しかいない」と甘い言葉を囁き続ける。何この詐欺師の常套手段。お前は妻を働かせて飲んだくれているDV夫か。普通の作品なら、ピンクギターは間違いなく黒幕の一味である。
 ちなみに、このモンスターを送り込んでいる犯人はとっくの昔に判明しており、某大手芸能事務所の社長である。目的はライブを襲って優秀な人材を確保すること。完全に刑事事件じゃねーか! 警察を呼べ! また、主人公をこの世界に呼び寄せたのもその黒幕であり、主人公が自室でギターを弾いているところを次元を超えて目撃し、その演奏に聞き惚れたということらしい。何という壮大な変態行為だ。その能力をくれ。と言うか、やっぱりピンクギターの発言は嘘じゃないか。こいつ、絶対に黒幕と裏でつるんでるだろう。そもそも、そんなことができるなら、プロのミュージシャンをさらってくれば済む話では? 主人公は同年代の中では上手い方かもしれないが、別に天才設定ではない。ただの女子高生が伝説級なら、この世界のミュージシャンはどれだけレベルが低いのかという話である。
 第十話。バンドメンバーの一人がそんな主人公の才能に嫉妬して、いわゆる闇落ちをする。元々、彼女はどんな手段を使ってでも世界一のミュージシャンになるという野望の持ち主だった。そこに黒幕が付け込み、自分の事務所にスカウトする。それに気付いた主人公達が急いで音楽を演奏すると、すぐにメンバーは改心してバンドに復帰する。そして、なぜか「黒幕に洗脳されていた。洗脳した黒幕が悪い」という流れになる。違ぇーわ! 一から百まで全て自分の意志だろうが。むしろ、主人公側の方がよっぽどカルト宗教臭いわ。これでは、珍しく正攻法でスカウティングしようとした黒幕があまりにも哀れである。

・最終話


 そんなこんなで、伝説のライブ「グレイトフルロックフェス」に参加することになった主人公達。出演バンド目当てで巨大モンスターが襲ってくるのは必至だが、そこはなぜか「音楽で倒さなければ意味がない」というピンクギターの訳の分からない論理により、開催が強行される。客の安全など知ったこっちゃない。案の定、開演中にモンスターが現れて会場は大混乱。何とか他バンドの物理的な活躍により撃退するも、今度は怒りに震える黒幕が自ら巨大モンスターとなって襲いかかってくる。何じゃそりゃ! そんなことができるなら、最初から自分でどうにかしろよ。そもそも、この期に及んで黒幕の目的は「主人公を自分の事務所にスカウトすること」である。交渉しろ! それ相応の移籍金を用意しろ! だが、主人公は皆を守るため、黒幕に従うことを決意する。そこへ監禁されていた伝説のギターリストが現れ、自分がピンクギターの正体であることを明かし、嫌がる主人公を無理やり元の世界へ送り返す。勝手だな、おい。今まで散々「世界を救えるのはお前しかいない」と煽てていたのはお前だろう。一方、主人公を失った黒幕は、自暴自棄になって「全員を始末してやる」と謎の目標変更。すると、なぜか天使に変身した主人公がサウンドワールドに帰還し、ピンクギターを弓に変化させ、矢を撃って黒幕を物理的に退治する。伝説のギターリストは言う。「お前のギター、グレイトだったぜ」もう、意味が分からん。
 真面目に批判するが、音楽をテーマにしたアニメで、音楽ではなく物理攻撃で敵と戦うのはご法度である。仮にそれが演奏のメタファーであったとしても。例えば、『超時空要塞マクロス』では、音楽で敵を倒すというギミックを成立させるためだけに、わざわざ敵は文化を失った種族であると設定し、音楽兵器に説得力を持たせている。それがプロの仕事だ。そこまでやって初めて商業作品として金を取れる。本作にしても、それこそ原作のリズムゲームの演出を流用するなど他に幾らでもやり様はあっただろう。この辺りは、脚本家というより監督のセンスの無さが如実に表れるポイントである。
 ちなみに、エピローグでは、いつの間にか元の世界に戻っていた主人公が、めでたく軽音部に入部する。この手の異世界召喚物は、仲間との別れのシーンが最大のクライマックスだと思うが、そんな物はどこにもない。柔軟な感性を持つ本作は、最後まで常識に捉われないのである。まぁ、一般的にはそれを「夢オチ」と言うのだが。

・総論


 脚本の壊れっぷりは過去最狂クラスだが、第一話と最終話はあまりの酷さに爆笑できるので、その分を少しおまけ。

星:★★★★★★(-6個)
スポンサーサイト
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 11:23 |  ★★★★★★ |   |   |  page top ↑

『宙のまにまに』

残念ラブコメ。

公式サイト
宙のまにまに - Wikipedia
宙のまにまにとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2009年。柏原麻実著の漫画『宙のまにまに』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は高松信司。アニメーション制作はスタジオコメット。高校の天文部を舞台にした青春ラブコメ。綿密なロケハンを重ねた星空の作画の美しさには定評がある。

・設定


 本作の主人公はこの春、高校に進学した少年。幼い頃から父親の仕事の都合で転校を繰り返しており、そのせいか目立つことが嫌いで、できる限り静かに暮らしたいと願っていた。趣味は読書。理由は転校続きで知り合いの少ない寂しさを埋めてくれるから。そんな彼が、高校入学を機に昔住んでいた町へと帰郷し、そこで一人の少女と出会ったことから物語が始まる。彼女は一歳年上の幼馴染み。天真爛漫で無邪気、何事にも真っ直ぐな性格で押しが強く、小さい頃は否応なく彼女に連れ回される日々を送っていた。その性格は今でも変わっておらず、彼女は数年ぶりに再会した主人公に対して文字通り全身全霊で付きまとい、強引に天文部へと招き入れる。彼女は天文学者の父親の影響で、小さい頃から星を見るのが大好きだったのだ。こうして、主人公の思い描いていた平穏無事な高校生活は、全く別の物に変化するのだった。
 静かな日常を望む主人公と天然ボケで子供っぽいヒロイン、主人公は嫌がっているのに、なぜか美少女のヒロインが勝手に近寄ってきて困った困った、という飽きるほど繰り返されたベタ過ぎるラブコメである。特にヒロインの性格は、最早アニメでもきついレベルの無邪気さで、異性に対する恥じらいや恋愛感情といった物すらない。天真爛漫なのは、本作のメインガジェットである「天体観測」が現代人が忘れている子供らしいロマンや夢を体現した物だからなのだろうが、そちら方面に数値を振り過ぎて、俗に言うセックスアピールがまるでないのは、萌えアニメとしては痛い。もし、ヒロインが美少女じゃなかったら、本作は完全にホラーである。
 もっとも、本作の最大の問題点はそこではなく、そういった無邪気系ヒロインを違和感なく溶け込ませるためか、全体的な作風を少年漫画風ハイテンションギャグにしていることだ。それを面白いと思うかどうかは人それぞれなので不問にするが、天体観測という言葉が持つ静かでしっとりとした情緒的なイメージとは正反対に位置する。なぜ、このような作風にしたのか。もしかすると日常と非日常のギャップを演出するのが目的かもしれないが、やはりバラバラ感は否めない。天体観測のシーンは、落ち着いたファンティックな雰囲気をよく作り出せているだけにもったいない。

・ラブコメ


 話を元に戻すが、本作は典型的な青春ラブコメであり、ストーリー展開もキャラクター設定もどこかで見た物が続出する。そもそものキャスティングが、傍から見るとどこからどう見ても恋人同士なのに本人達にはその自覚がなく、それどころかむしろ嫌っているとさえ言い張る痛々しい男女を中心に、彼らに対して報われない仄かな恋愛感情を抱く可哀想な脇役が周囲を固めるという定番の構図だ。特に、主人公のクラスメイトの女の子は絵に描いたようなツンデレで、主人公に好意を抱きつつ、それを隠すために何だかんだと理由を付けて天文部に転がり込む。彼女の心理描写は、薄っぺらい主人公とは比べ物にならないぐらい深く、切ない片思いの感情が心を揺さぶる。本作を見た人は全員同じ感想を抱くと思うが、彼女を主人公にした方がラブコメとしては何倍も面白くなっただろう。
 第六話。新しいキャラクターが劇中に登場する。彼は二学期から主人公達の通う高校に赴任した男性教師で、なぜか空席だった天文部の顧問に就任する。ところが、彼とヒロインの関係がどうにも怪しい。まるで仲の良い兄妹、いや、それ以上の深い関係に見える。どうやら、ヒロインの父親を通じて古くから親交があるらしい。そんな親密な二人を見て、主人公は嫉妬に駆られ、ようやくヒロインを異性として意識し始める。という、これまたベッタベタのラブコメ展開である。元々、主人公とヒロインの関係がファンタジーなため、そこに容赦のないリアルを叩き込むことで無理やり目を覚まさせるという分かり易い手法だ。もっとも、設定に無理があるせいか誤解はすぐに解け、教師はその他大勢のポジションへ追いやられて、以後、ヒロインと絡むことすらほとんどなくなる。ドロドロの三角関係にならないのは、ある種の視聴者に対する「優しさ」なのだろうが、はたしてそれはラブコメとして正しいのかどうか。
 結局のところ、ラブコメが発生する大前提として、主人公もヒロインも「異性にモテる」という条件が必要で、本作の場合、そこに説得力がないから話が盛り上がらないということなのだろう。主人公はまだしも、ヒロインの女性的な魅力の無さは致命的である。それゆえ、もう少し設定を練り込まなければならなかったのではないだろうか。

・部活アニメ


 本作が放送されたのは2009年。いわゆる『けいおん!』に代表される「部活アニメ」が大量生産され始めた年である。当然、粗製乱造で似かよった作品が市場に並ぶ中、制作者に求められるのは、その作品のテーマとなる部活の素晴らしさを的確にプレゼンテーションする能力である。文化系・体育系・同好会・サークル・委員会、多種多様な部活が世間に溢れている中、なぜ主人公はその部活を選んだのか、その部活が他の部活より優れている点は何かを克明に描写しなければならない。ただ、これは口で言うより何倍も難しい。それぞれに必ず良い点はあるし、基本的には個人の相性の問題だ。どんなに良さを訴えても、視聴者がそれに共感してくれるとは限らない。だからと言って、例えば、野球部のアニメなのに野球の楽しさを全く伝えようとはせず、なぜか野球のボールでサッカーを始めたりしたら、それはネタとして面白いかもしれないが、作品としては最低である。軒先を借りて商売している以上、対象にリスペクトを持つのは人として当たり前である。
 そんな中、本作が最初に用いたプレゼン方法は、他の部活との比較である。発想は安易だが、非常に効果的だ。そして、そのやり玉として挙げられたのが「文芸部」である。主人公が読書好きなのは先に記したが、元々、彼は文芸部に興味を持っていた。それがヒロインの魔の手に掴まり、強引に天文部へと入れられたのである。その後、主人公は次第に天体観測の面白さに目覚めていくのだが、ヒロインのライバルとして登場した文芸部員兼生徒会長が、主人公を文芸部にヘッドハンティングしようと画策し、その対立の過程で天文部の良さをクローズアップするという展開になる。では、文芸部と天文部の違いとは何か? あくまで本作独自の考えだが、文芸部はずっと狭い部屋に閉じ籠もっているのに対して、天文部は広い屋外に出て雄大な自然を相手にしている。だから、天文部は素晴らしいのだと主張している。これはなかなかセンセーショナルな意見であろう。確かにそういう側面もあるだろうが、アクティブさを売りにするなら、文化系の天文部より体育系の運動部の方が余程優れている。むしろ、星を見るだけの天文部に対して、クリエイティブな活動をしている文芸部の方がアクティブと言えるのではないか。意見としては弱い。そして、何より失礼甚だしい。こうして見ると、他部活と比較するというやり方は決して良いとは言えない。もちろん、本作は底意地の悪いアニメではないので、ちゃんと文芸部の良さもフォローしていることは追記させて頂く。

・天体観測


 さすがに、これはまずいと判断したのかどうなのか、第五話近辺で生徒会長と和解した後は、純粋に天体観測の楽しさを追及することへとプレゼン方法をシフトする。壮大な宇宙のパノラマ。その美しい光景は、純粋だった子供の頃の夢を思い出させる。星にまつわる神話の物語。古代から人々は同じ想いを紡いできた。その感動を後世に伝えるのが自分達の役割。それが天文部の存在意義。ということを、天体マニアのヒロインを中心に全十二話かけて一つずつ伝えていく。宇宙をテーマにしておきながら、天体観測の楽しさを全く表現できていない作品が多い中、本作のヒロインが根っからの星好きなのは好感が持てる。そして、主人公もそんなヒロインに惹かれていくと同時に、星の美しさにも魅了されていく。
 このように、本作は描くべきことをしっかりと描いているため、一般的には良作と呼ばれる部類に当てはまる。それこそ星の数ほどある部活アニメの中では群を抜いている。ただ、ちょっと待って欲しい。本作が描いているのはあくまで天体観測の楽しさであって、天文部の楽しさではない。星空が綺麗で感動するのは当たり前だし、そんなことはみんな知っている。当たり前のことを当たり前に描いても意味がない。それに天体観測は一人でもできる。わざわざ天文部という団体行動にこだわるなら、それなりの理由が必要ではないか。残念ながら、本作は生徒会長の言う「ただ夜に騒ぎたくて部活をやっているとしか思えない」という疑念に十分に答えられていない。
 少し厳しいかもしれないが、本作の欠点はこういうところにある。やろうとしていることは分かるが、全てにおいて弱い。天体観測を純粋さの象徴として用いるなら、主人公の人格を純粋さとは正反対の位置に設定しなければならないし、天文部の優位性を描くなら、一人で星を見ることのつまらなさを強調しなければならない。そして、何よりもラブコメと天体観測を上手く組み合わせなければならない。主人公が好きなのは星なのかヒロインなのか、最後まで曖昧なままである。また、せっかく幼馴染みを題材にしているのに、過去の約束といった時間的な伏線が何もないのは、ストーリー的に大きなマイナスポイントであろう。よって、本作は良作かもしれないが、名作・傑作には程遠い作品である。

・総論


 とにかく、少年漫画風ハイテンションギャグが人を選ぶ。下ネタやオタクネタよりましとは言え、そこを乗り越えなければ評価も何もないのが、非常に大きなハンデである。

星:☆☆☆☆(4個)
関連記事
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:16 |  ☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2