『N・H・Kにようこそ!』

深夜アニメの最高傑作。

公式サイト
NHKにようこそ! - Wikipedia
N・H・Kにようこそ!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2006年。滝本竜彦著の小説『NHKにようこそ!』のテレビアニメ化作品。全二十四話。監督は山本裕介。アニメーション制作はGONZO。この頃から社会問題化した「ひきこもり」を題材にした脱力系青春ドラマ。アニメ版のストーリー構成は、小説版の序盤&終盤と漫画版の中盤を繋ぎ合わせており、両者の良いところを掛け合わせたような形になっている。なお、処々の事情により、アニメ版のタイトルはNHKの間に区切り点が入れられる。

・アンチ萌え


 本作の主人公は二十代前半の青年。北海道より単身上京して大学に在学中、近所の人々に自分の悪口を言われていると感じて以来、大学を中退して自宅アパートにひきこもったまま四年もの月日を過ごしていた。そんなある日、彼の元へ一人の少女が現われる。不登校の女子高生にしか見えない彼女は、自らを「天使」と称し、主人公をひきこもりから救い出すためにやってきたと述べた。最初は胡散臭く思っていた主人公だったが、それでこの悲惨な人生が少しでも変わるならと考え直し、一縷の望みを託して彼女のプログラムに参加することを決意する。
 はっきりと劇中で宣言されている訳ではないが、本作のコンセプトは明らかに「萌えのアンチテーゼ」である。主人公は人生に絶望して大学を中退したひきこもりの青年。そこへお嬢様風の女子高生が現われ、主人公をひきこもりから救い出そうとする。これはいわゆる「落ち物」、謎の美少女が突然、異世界から冴えない主人公の元へ現われ、彼女の持つ特異な力により主人公が何らかの心の成長を遂げるという萌えの王道パターンを意図的に踏襲している。事実、放送前情報ではそうなっており、その心持ちで視聴を始めた人も多いだろう。しかし、ストーリーのかなり早い段階で、それが制作者の仕組んだ罠だと明らかになる。実際のヒロインは高校中退のノイローゼ患者であり、幼い頃から養父の虐待を受けていたため、今は実家を離れ親戚の家に居候中である。彼女は基本的に優秀であるがゆえに、社会の無慈悲さを十分に理解しており、創作物に出てくるような安易な奇跡は絶対に起こらないことを知っている。そのため、何に対しても悲観的な物の見方をしてしまい、他人と対等に付き合うことができない。ヒロインがひきこもりの救済を始めたのは、本当は優等生なのに不当に虐げられている自分よりもさらにダメな人間を見つけ、彼を教育することで自分の優秀さを確認するため。決して、主人公のことを思っての行動ではない。
 結局、彼女は迷える子羊を救済する清らかな天使でも、他のアニメに出てくるような男性視聴者に媚びた理想的な萌えキャラでもなく、表も裏もあるプライドの高い一人の血の通った人間なのである(もし、彼女の受けていた虐待が性的虐待だとしたら、彼女はオタク層が最も嫌悪する「非処女」である)。萌えアニメの世界はあくまで理想郷であって現実ではない。本作は、まず萌えビジネス業界に蔓延している甘い考えを全否定することを出発点にしている。その上で本作が描こうとしている物は何か、それを次の項目から見て行きたい。

・陰謀


 本作におけるN・H・Kとは、日本放送協会の略ではなく「日本ひきこもり協会」の略である。この団体の目的は世の若者を自室にひきこもらせること。もちろん、これは主人公の妄想が作り上げた架空の団体なのだが、その正体を探ることによって人間の本質に触れることができるだろう。
 本作の主人公はダメ人間の代表のように扱われているが、実際のところ容姿自体はそれほど悪くなく、基本的には頭の回転も早い。学校の成績も良く、小さい頃はいわゆる「神童」だったタイプである。だが、神童も二十歳過ぎればただの人、社会に出れば自分が井の中の蛙だったことを思い知らされる。気付けば周囲の人間に追い付かれ、むしろ繊細過ぎる性格のせいであらゆる面で後れを取っている。しかし、その成育歴からプライドだけは高く、現実の情けない自分との間で矛盾を引き起こしている。そんな彼が自己承認欲求を満たし、心の安寧を得るためにはどうすればいいか。一つは「逃げる」ことである。社会から逃げ、世間から逃げ、周りに誰もいなくなったら、もう誰からも馬鹿にされることはない。常に勝利者、敗北を知らない、無敵の人。その行きつく先がひきこもりである。つまり、彼は社会性を失うのと引き換えに、かつて特別の存在だった頃の自己のプライドを取り戻したのである。
 もう一つは何かを「見下す」ことである。自分より下の人間を見つけて、それを見下すことで相対的に自分の地位を持ち上げる。ただし、現時点でも底辺を彷徨っているのに、自分より下の人間が都合良く見つかるはずがない。例えば、匿名掲示板等で獲物を探すにしても、何の勉強もしていない平凡な人間がその道の専門家に議論で勝てるはずがない。では、どうするか。それは「陰謀論」に走ることである。世の中は全て闇の黒い組織が牛耳っており、自分の意見に反対する者は全て対立組織の工作員だと決め付ければ、少なくとも議論に負けることはない。そして、その陰謀を知っている自分は他人よりも優れた存在であると思い込むによって、さらなる高みに立とうとするのである。その究極の形態が「日本ひきこもり協会」である。今、自分が惨めな境遇に甘んじているのは、資本主義社会が適当なスケープゴートを必要としたからであり、その真実に気付いている自分は特別な存在であると自己肯定することによって心の安寧を図っている。こういったエゴイスティックな防衛機制のメカニズムは主人公だけに限らず、多かれ少なかれ人間なら誰しもが持っている物だ。実際、社会が不安定になるとレイシズムが世に蔓延るのが常である。このように、本作品は深夜アニメにも係わらず、徹底して生身の人間とリアルな社会を描いているのが特徴である。

・現実


 上記の特異性は、ひきこもりの青年を物語の主人公に置くことでより鮮明に強調されている。と言うのも、通常の作品だと外部の人間との交流によって少しずつ良き方向へと進んで行く物だが、主人公がひきこもりであるがゆえに、何もドラマが生まれないばかりか、何かを始めれば始めるほどどんどん深みにハマってしまうのである。自称天使に騙され、両親の期待を裏切り、集団自殺もできず、ネットゲームのRMTも失敗、悪徳商法に有り金を奪われ、頑張って作った同人ゲームはクソゲー、唯一心を開いた親友にも去られてしまう。そして、物語の終盤でヒロインとも縁を切った主人公がついにひきこもりから脱出するのだが、それすらも「生活費が尽きたから」という極めて後ろ向きな理由だ。現実は過酷である。普通の人間、しかも、他人を見下すことでしか自我を保てないひきこもりに、ドラマの主人公になる資格などある訳がない。親友が言うように「ドラマチックな死は僕らには相応しくありませんよ」なのだ。
 しかし、ここに来て初めて物語が劇的に動き出す。主人公が社会復帰したことで自分が不要になったと感じたヒロインが、遺書を残して生まれ故郷へ旅立ち、投身自殺を企てようとするのである。なけなしの金を叩いて彼女を追う主人公。やがて、自殺の名所の岬でヒロインと再会した時、そこで主人公は彼女に対してある「ちっぽけな奇跡」を起こしてみせる。はっきり言って、取るに足らない奇跡である。ドラマチックでもないし、スペクタクルでもない。物語的に言っても、伏線バレバレでインパクトが弱い。しかし、ヒロインは「神はいない」「奇跡は起こらない」と信じている悲観的な少女だ。そんな彼女にちっぽけながらも本物の奇跡を見せることで、初めて彼女は救われるのである。世界はそんなに酷い物ではない、捉え方一つで良くも悪くもなる物だ、と。そして、それは本作が視聴者に向けて発したメッセージでもある。
 ラスト、ヒロインは「日本人質交換会」なる組織を立ち上げて、再び主人公と契約を交わす。それは、今までのように互いが互いを馬鹿にして傷を舐め合う共依存の状態から脱却し、相手を人として尊重する対等の関係になろうという物だった。そこにあるのは、不器用ではあるが一生懸命、前を向いて生きようと頑張る一人の人間の姿。だからこそ、本作のヒロインは他のテンプレ萌えキャラの何十倍も愛しいのである。

・良点と欠点


 さて、ここまでストーリーについて解説したが、それとは別に本作のアニメーションとしての出来はどうだろう。ひきこもりの悲哀を面白おかしく描いた脚本・演出は、人情コメディーとして見ても優秀である。社会の底辺にいる人間から目を逸らさず、ありのままを描いていることで社会描写に説得力があり、自虐ギャグにも切れがある。人によってはイライラするかもしれないが、主人公の究極のダメ人間っぷりを眺めるのもまた楽しい。オタク文化、特にエロゲー(十八禁美少女ゲーム)を肯定も否定もせずにそのまま描いている点も、今となっては新しい。そして、それらを彩るのがパール兄弟による音楽だ。ボーカル曲とそのカラオケを多用したBGMは、青春の光と影のコントラストを描き出すのに成功している。CVも演技力に秀でた役者を揃えており、極めてレベルが高い。その中でヒロイン役の牧野由依だけは拙さを感じるが、かえってそれが彼女の特殊な人格を浮き出させ、良い効果を生んでいる。
 欠点はやはり作画だろうか。全体的に低品質であり、特に第四話・第八話・第十九話は、作画監督の個性が全面に出過ぎているせいで違和感が大きい。ただ、ひきこもりが題材であり、作品全体がカオスな空気に包まれているので作画の乱れはあまり気にならず、むしろそれが良いアクセントになっている。また、ストーリー的な欠点を上げるなら、「革命爆弾」の件が説明不足になっている点は見逃せない。革命爆弾とは、この世の諸悪の根源である「日本ひきこもり協会」を退治するために必要な自爆決戦兵器のことである。皇帝と奴隷の例から分かる通り、世界を支配する陰謀を打ち砕くことができるのは、何も失う物のない人間による自爆攻撃だけだ。本作の主人公も、そうやって自分の立場を肯定しようとしたが、相変わらず普通の人間にはそんな力も勇気もないという現実の壁により失敗する。この辺りの事情が少々分かり難いため、アニメ版では意図的にぼかしてあるのだが、そのせいで最終話の展開がかなり唐突に感じるのが残念だ。深く考えず、主人公と親友の作った同人ゲームのラストを革命爆弾でラスボスに立ち向かうシーンにしておけば良かっただけなのに、もったいない。

・総論


 間違いなく、深夜アニメの傑作の一つである。ひきこもりというアンモラルな設定と緩い作画のせいで人を選ぶが、ストーリーにこだわる人はぜひ見てもらいたいアニメである。

星:☆☆☆☆☆☆☆☆☆(9個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 11:05 |  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2