『ローゼンメイデン(2013)』


ファンサービス。

公式サイト
ローゼンメイデン - Wikipedia
ローゼンメイデンとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。PEACH-PIT著の漫画『ローゼンメイデン』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は畠山守。アニメーション制作はスタジオディーン。伝説の第一期『ローゼンメイデン』より九年もの長い時を経てまさかの復活。旧シリーズとタイトルが同じなので、便宜的に『ローゼンメイデン(2013)』とした。なお、原作漫画のタイトルはアルファベットからカタカナに変更されていることに注意。

・第三期


 まず、アニメ化自体が「まさか」である。今や知らない人も多くなったが、原作漫画は出版社とのトラブル(詳細は不明)が原因で休載・移籍し、新天地で連載が始まったものの、権利関係が不透明なのでアニメ化は難しいとされていた。それがここに来て、まさかの新作である。様々な大人の事情は全てクリアできたのだろうか? こんなことなら、旧アニメの続きも見たかったところだが。さらに驚かされるのは全キャストの継続である。変わったのはラプラスの魔と薔薇水晶(本作には登場しないが、雪華綺晶役で再登板するのではと噂されていた)の二人だけ。巴やみっちゃんのような難しい配役まで継続させている。今や中堅となった彼らのギャランティだけで大変なことになりそうだ。その上、音楽の光宗信吉とOP曲のALI PROJECTという作品の空気作りに欠かせないメンバーまでもが集結。ただし、監督・シリーズ構成・作画監督・制作会社等の制作スタッフは全交代しており、作風は一変している。もっとも、第二期『ローゼンメイデン トロイメント』と各種ドラマCDのグデり具合を見る限り、それも致し方なしだが。
 アニメの内容はと言うと、愚直なまでに「原作再現」に徹している。商売相手がコアなファンの付いた人気作だけあって、下手にいじって反感を呼ぶぐらいなら、原作に忠実であろうという判断だろう。ストーリーもシナリオもほぼ原作そのまま、ドール達の容姿も原作の画に極力近付けている(そのせいで、ドールのスケールがやたらと小さい)。全体的な画作りは茶色がかったセピア風の色合いで統一しており、おそらくドールの持つゴシック・オカルティックな雰囲気を出そうとしているのだろう。作画は旧作に比べたらましという程度、実写加工背景と紙芝居コンテは気になるが、予算的に仕方ないか。オリジナル展開に進んだ第一期・第二期からリスタートしたため、未読者でも雰囲気が掴めるように、第一話では原作のストーリーを三十分にまとめたダイジェスト版を放送する念の入れ様。さらには、旧作で映像化されていなかったシーンまで回想として放送するなど、まさに続編作品の鑑のような作品である。本作を見ると、前番組の『げんしけん二代目』が如何に適当に作られているかがよく分かる。

・まかなかった世界


 先の通り、原作漫画は諸事情により物語の途中で終了し、掲載紙を変えて新たなスタートを切っている。その際、単純に前作の続きを描くのではなく、舞台背景に一捻りを加えている。それが「まかなかった世界」である。未視聴者に説明するのは難しいので簡略化するが、もし、ローゼンメイデン達が主人公の所へ来なかったらというパラレルワールドを舞台にしたストーリーだ。そこでの主人公は、中学一年生の時に受けたトラウマによりずっと不登校を続けているのは一緒だが、中学卒業後に自力で引き篭もりを脱出し、大検を受けて大学に入学した。今は本屋でアルバイトをしながら安アパートで一人暮らしをしている。nのフィールドという亜空間の存在や、そもそも旧アニメ自体がパラレルワールドの話だったため、あまり設定に違和感はない。あるとすれば、なぜ違う空間なのに携帯電話が繋がるのかといった辺りだ。それより問題なのは、ドール達抜きで本当に主人公は引き篭もりを脱出できるのかということである。
 もっとも、本作の主人公は一見、完全に社会復帰したかのように見えるが、キャンパスライフは孤独その物でバイト先でも店長と反りが合わない等、現実との折り合いに苦労している様子がうかがえる。常に世の中を恨み、他人を恨み、優秀なはずの自分が不当に虐げられていることに強い憤りを覚えているが、自分から進んでその現状を打破しようとはせず、無気力で怠惰な日常を過ごしている。いわゆるサブカル評論家が三度の飯より好きな「ルサンチマン」という奴だ。そのため、本質的な部分では中学時代から何も成長していない。結局、人間、自分一人だけでできることなど限られているということだ。本当に困った時には誰かの手助けが必要で、たとえ自力で立ち直ったとしても、その時は何か大切な物を失ってしまう。本作の主人公はそういった人間の業のような物をよく体現している。その辺りの状況を、ドール達との交流を経て復帰した旧アニメ版と比較してみると面白いだろう。

・ドール


 そんなダメ主人公の下へローゼンメイデンがやってくるところから本作のメインストーリーが開始する。ただ、今回の面白い点は、パートワーク形式の某雑誌のように毎日少しずつパーツが送られ、主人公自身がローゼンメイデンを組み立てるという流れを取ることだ。毎晩、一心不乱にドールを組み立てている内に、主人公は少しずつかつての気力を取り戻す。と言っても、要は彼が本来持っていたマニア志向が再燃したということで、一種の幼児退行のような状態だ。だが、それは大切なことである。悪しき方向に凝り固まった自分を打破するためには、一旦、全てをリセットして元に戻さなければならない。つまり、大きくジャンプするために一度、身をかがめるような物だ。
 その後、ドールが完成し、それを依代にして第五ドールの真紅がまかなかった世界に降臨する。そして、元の世界(まいた世界)で第七ドールの雪華綺晶が暗躍し、ドールやマスター達を次々と拘束・封印するという暴挙に出ていることが明かされるが、正直、本作は主人公の成長物語がメインなのであまり興味が湧かない。文字通り、遠い世界の物語である。それはともかく、真紅と彼女に導かれるように現れた第一ドールの水銀燈との共同生活を経て、主人公は徐々に現実と直面できるようになっていく。そこで大きな役割を果たすのが、バイト先の同僚女性である斎藤だ。劇団に所属する女優の卵でもある彼女は、主人公の持つ本質的な優しさと子供時代に培った裁縫技術に心惹かれていく。彼女の存在によって、主人公の歪み切った暗黒の人生にようやく光が差す。
 このように、本作のストーリーはカウンセリングにおけるドールセラピーのモデルケースのような様相を呈している。人の形をした人形は、人間その物の代用品であり人の心を映す鏡でもある。そんな人形と触れ合っている内に心を癒し、それと呼応するように現実世界にアニマの象徴が現れるが、グレートマザーが邪魔をするというまさに作られたような(?)ストーリーだ。ただ、本作の場合、そのドールの所有者は自分ではなく中学時代の自分である。それに気付いた主人公は、斎藤の好意も無視して、自分だけのローゼンメイデンを手に入れるために新たなドール作りに乗り出す。それが雪華綺晶の罠だとも知らずに。

・設定厨


 しかし、そんな小気味良い成長物語も、第九話で斎藤の所属する劇団の舞台劇が始まり、それに便乗して雪華綺晶が復活した辺りからきな臭くなる。誰かが何らかの行動をし、何かをしゃべる度に新たなる「設定」が追加され、それに沿ってストーリーが進行していくのだ。真紅のタイムリミットに始まり、蒼星石の復活方法、双子のローザミスティカ、さらには全員がnのフィールドに閉じ込められ、そこからどうやって脱出するかという話になると、最早、完全に物語が崩壊してただの設定資料集となる。これは旧作の頃からの欠点でもあるのだが、基本的に本作の原作者はストーリーテリングがあまり上手くない。キャラが行動しているシーンより独自設定を語っているシーンの方が多いという、ネットスラングで言うところの典型的な「設定厨」である。設定とは物語の序盤に出して初めて設定になるのであって、後から出したらただの作者にとって都合のいい「魔法」に過ぎない。特に、本作はnのフィールドという作者が自由に改変できる異世界を舞台にしているのだから尚更だ。つい数話前まで地に足付いた泥臭い物語を展開していただけに、この終盤のお花畑展開は非常に残念である。
 そんなこんなで主人公達は元の世界へ帰り、また退屈で憂鬱な日常が舞い戻る。エピローグでは、主人公の仕事振りが職場の上役に褒められ、意地悪な店長が失脚するという下剋上描写があるのだが、どうにもカタルシスがない。本人も視聴者もそこまでは求めていないし、何より直前の展開がお粗末なせいで、主人公に成長した跡がほとんど見られないのだ。描くべきは内面の変化によって、目に映る世界が違って見えるということなのに、物理的に世界が変わってしまっている。第一期のエンディングがあれほど爽々しかったことを想うと、やはり大きな差を感じざるを得ない。旧作のスタッフなら、ストーリーを改変してでも終盤のゴタゴタを一話程度にまとめていただろう。つまるところ、原作再現は必ずしも最善ではなく、ダメな部分はちゃんとアニメ用に作り変えるべきなのである。

・総論


 悪く言えば「無難」。ファンを楽しませると言うより、ファンに嫌われないように怒らせないように配慮を尽くした結果、これと言って特徴もない微妙な作品に仕上がってしまった。無茶苦茶にされるよりはましだが、もう少し歴史に名を残そうという気概を持って欲しかったところだ。とにもかくにも、旧アニメには遠く及ばない作品である。

星:☆☆☆(3個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:02 |  ☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2