『夜桜四重奏 ~ハナノウタ~』

妖怪大戦争。

公式サイト
夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ - Wikipedia
夜桜四重奏とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。ヤスダスズヒト著の漫画『夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督はりょーちも。アニメーション制作はタツノコプロ。旧アニメ版の続編ではなく、OAD『夜桜四重奏 ~ホシノウミ~』のスタッフによる再アニメ化(リメイク)という位置付けである。

・再アニメ化


 不思議な経緯を辿って作られているので、内情を知らない一視聴者が語ろうとすると様々な困難が生じる作品である。2008年、最初のテレビシリーズとなる『夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~』が発表された。『ローゼンメイデン』のスタッフが中心となって制作されたそれは、事前の期待を裏切る形で終幕した。その二年後の2010年、漫画単行本付属のOADとして『夜桜四重奏 ~ホシノウミ~』が制作された。監督・キャラクターデザインは個性的な作風の作画監督で知られるりょーちも。旧アニメ版のキャストを引き継ぎながら、全く新しい夜桜像を提示するという見事な仕事振りを披露した。そして、2013年、再度のテレビアニメ化が発表されたのだが、驚くべきことに『夜桜四重奏 ~ホシノウミ~』のスタッフがそのまま続投するという形を取っている。つまり、OADの評判が良かったということなのだろう。確かに、アニメーションとしての質は高く、本ブログのような変わり者には絶賛されたが、基本的に灰汁が強い(主にキャラクターデザイン面)ので一般ウケするとは思えない。それを理解した上で確信的にやっているとしたら、なかなかの英断である。
 再アニメ化するに当たって、独自に完結した旧アニメ版の続きではなく、原作に沿って最初から全部作り変えるという方式を取っている。ただし、尺の関係上、すでに旧作でアニメ化された原作の序盤部分は飛ばして、数話分のオリジナルストーリーに置き換えられている。そのため、旧アニメ版を七話ぐらいまで見た後、本作に移行するのが一番効率的な方法だ。制作会社が違うからと言って過去作を単純に黒歴史化せず、良い点はちゃんと引き継ぐという制作方針は称賛されるべきである。一方、一から新たに作り直したことで脚本面でいろいろと細かな矛盾も発生している。特に「ヒメが妖怪であるという記憶を封印していたこと」と「秋名のチューニングの多用による現世とのズレ」という二つの設定は、様々な作品が複雑に入り混じっていることで、非常に分かりづらくなっている。これは再アニメ化というイレギュラーな方式が招いた必然的な欠点である。
 なお、『夜桜四重奏 ~ホシノウミ~』は第八話と第九話の間のサブストーリーという位置付けになっている。ただし、それを見ていないと第九話で突然知らない人が増えるということになるため、第九話のOPでOADのダイジェスト映像を流すという面白い試みを行っている。これもユーザーサービスを考えた良いアイデアである。

・作画


 本作の監督・キャラクターデザイン・総作画監督を務めたりょーちもは、立体的に描いた物体を三次元空間内で縦横無尽に動かすことを得意とするアニメーターである。しかも、彼の場合は物体と同時にカメラまで動くため、非常に画がダイナミックである。ただ、今回は全十三話のテレビアニメシリーズということで、彼が直接手掛けた「らしいシーン」はあまり多くない。もう少し『鉄腕バーディー DECODE』のような派手な戦闘シーンがあっても良かったのにと思うと残念である。
 個人的な意見を言うと、彼の作風は非常に好きである。その理由は「よく動くから」だ。もっとも、単純によく動くと言っても、最近のアニメはこれぐらいキャラクターが動くのは通常進行である。『進撃の巨人』などは本作以上にグルングルン回っている。そうではなく、彼の作風の最大の特徴は「デフォルメの妙」である。手前の物はより大きく、奥の物はより小さく。敵に殴られて吹っ飛ぶと、体がぐにゃりと曲がる。そうやって身体の一部を誇張することでより立体感が生まれ、平面のキャラクターに肉感的な生々しさを感じるのである。ただし、これをやると確かに動きは良くなるのだが、体のラインが狂い、大事な商品であるキャラクターの「顔」が簡略化されてしまうため、萌えアニメとの相性は良くない。もしかすると、アニメ作品自体との相性も良くないかもしれない。だが、ずっと綺麗な体のままでいたいなら3Dでいい。もっと言えば、実写でいいのである。どうせアニメーションで映像を作るのなら、アニメーションでしか表現できない物をもっと見せて欲しいところだ。
 ちなみに、本作は旧アニメ版と違い原作準拠なので、女性キャラはパンチラどころかパンツ全開である。戦闘シーンなどで三次元的な動きをしている時は大歓迎なのだが、日常シーンでやられるとあざといだけだ。これもまた本作の明確な欠点である。

・設定


 考えてみると、本ブログにおいて本作の世界観を解説したことは一度もなかった。旧作はそれ以前の問題だったからだが、なかなか面白いので改めて紹介しておこう。
 主人公の一人、比泉秋名には先祖代々受け継がれる比泉家の「お役目」があった。それは此岸と彼岸を繋ぐチューニング(調律)の能力で人間界に馴染めない妖怪をあちら側へと送ること。しかし、あちら側の実態が分からない以上、安易にチューニングをするべきではないと考えた秋名は、無気力な怠け者を装いつつ、人間と妖怪が平和的に共存できる街「桜新町」の維持に心血を注ぐ。だが、それを邪魔する勢力が二つあった。一つは此岸と彼岸を同化して世界の支配を企む比泉円神(かつて、人柱としてあの世に送り込まれたことから比泉家を恨んでいる)。もう一つは、その円神の脅威を排除するため、妖怪達を街から追い出すよう要求する桜新町の元老院。街を守りたい。でも、妖怪達も守りたい。その二つの感情の板挟みにあって秋名は葛藤する。と、このように意外と言っては失礼かもしれないが、単純に善悪を決められない奥の深いストーリーになっている。現実と理想、個と公の間で主人公が常に思い悩んでいるからこそ、物語に説得力が生まれるのである。どこぞのハーレムアニメの主人公のように、普段は逃げ回っておきながら、ピンチの時だけ熱い啖呵を切ったところで何の感動もない。
 一方、もう一人の主人公である槍桜ヒメは、秋名に比べるとややキャラクターが弱い。もちろん、桜新町の町長として日々奮闘しているが、意外と打たれ弱くてすぐ凹む、そういうキャラクター性自体は申し分ないのだが、残念ながら戦闘シーン以外ではあまり活躍の場がない。これはヒメが悪いというより、秋名の背負っている物が大き過ぎるせいだろう。W主人公という形式で共に似たような重責を背負っていると、より重い方に注目が集まるのは仕方のないことだ。ここはW主人公ではなく、秋名を単独主人公にして、健気に頑張るヒロインを陰からフォローするという形式にしておけば良かったのではないだろうか。つまり、表側で活躍するヒロインと裏側で活躍する主人公という立場を明確にしておけば、どっち付かずになることもなかったはずだ。下記の話とも関連するが、初期設定の練り込みの甘さがつくづくもったいない作品である。

・ハナノウタ


 漫画『夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~』がアニメ化されるのはこれで三度目だが、毎回書いていることがある。それは「登場人物が多過ぎる」ことだ。主役はヒメ・秋名・ことは・アオの「四重奏」だが、彼ら四人とほぼ同レベルのステータスの脇役が第一話からずらりと勢揃いする。本作の場合、途中からさらに隣町の住人や陰陽師、『ホシノウミ』で登場した死霊使いまでもが新加入する。そんな脇役が多過ぎることによる一番の弊害は、当然、主役の出番が削がれることである。ただでさえW主人公でメインの活躍が二分されているのに、四人均等に出演機会が訪れるわけがなく、アオ(CV:藤田咲)などは最終回ですらほとんど台詞がない。なぜ、そうなるのか。それは各人の役割を事前にきちんと整理できていないからであろう。一人一つではなく、一人に複数の役割を与える。そうすることで、全体的なキャラクターの数を減らすことができ、ひいては各人の個性が強くなるのである。要は、わざわざ敵にさらわれる役のためだけに学校の友人を出しているようではダメだということだ。
 そして、サブタイトルになっている「ハナノウタ」とは、原作のエピソードの一つであり、本作の終盤を飾るメインストーリーでもある。街のアイドル的存在である女医の生き別れの妹が、悪の魔法使いに扮して街に攻めてくるという話だ。これを見たら分かる通り、女医という脇役中の脇役の身内が登場することで、彼女の存在感が飛躍的に上昇する。つまり、また一人、主役級のキャラクターが増えるということである。ことはやアオのキャラクターを十分に煮詰めていないのにも関わらずだ。もう、夜桜何重奏なんだよという話である。結局、姉妹の物語は二話程度であっさりと終了し(手品を極めると奇怪な魔法にしか見えなくなるというテーマ自体は面白いが)、最終回は秋名と円神の一騎打ちになる。物語の中で最も重要度が高いのが二人の意見の対立なので、これをクライマックスに持ってくるのは当然なのだが、その分、姉妹の影が薄くなっているのはサブタイトル的にどうなのだろうか。ちなみに、その妹は『ホシノウミ』同様に改心して桜新町の住民になる。こうやって、エピソードごとに登場人物を増やしていくと、最終的には大変なことになりそうだ。最後は妖怪大軍団を結成してラスボスに立ち向かうのだろうか。そうなると、きっとアオ(CV:藤田咲)の出番はほんの二・三秒だろう。

・総論


 アニメーションとしては素晴らしいのだが、内容はどこまでも人を選ぶ。さすがに、全三話のOADと比べると完成度に大きな差があるのは否めない。そんな実に残念感の溢れる作品である。

星:☆☆☆☆☆☆(6個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 19:56 |  ☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2