『パパのいうことを聞きなさい!』

疑似疑似家族物。

公式サイト
パパのいうことを聞きなさい! - Wikipedia
パパのいうことを聞きなさい!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2012年。松智洋著のライトノベル『パパのいうことを聞きなさい!』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は川崎逸朗。アニメーション制作はfeel.。突然の姉の死去により、その子供三人を預かることになった男子大学生の奮闘を描く疑似家族ラブコメディー。公式の略称は「ぱぱきき」だが、俗的な略称は「ぱいこき」。先に断わっておくが、この『パパのいうことを聞きなさい!』というタイトルは詐欺である。

・疑似家族物


 まさかの「疑似家族物」である。疑似家族物とは、読んで字の如く、それまで面識の少なかった家族、もしくは赤の他人同士が一つ屋根の下で共同生活することによって、逆説的に「家族とは何か?」を問いかけるというジャンル的には非常にオーソドックスな作品群である。一番多いのは離れて暮らしていた家族が数年振りに再会するという形式だが、全く面識のない数名の男女がある種の家族ごっこをするという形式も少なくない。また、男やもめの中年男性が純粋無垢な子供と二人暮らしをしている内に、大切な物を思い出すというパターンも確立されている。内容が内容だけに、性質的に名作を生み出し易い。オタク業界にも十八禁美少女ゲーム『家族計画』という金字塔がある。その理由としてだが、要は我々の生きている現実社会があまりにも無慈悲で理不尽なため、最小の集団である家族だけはせめて安全で平和であって欲しいという願望が私達の中にあるからだ。世間の人々は簡単に他人を裏切り傷付け合うが、家族の絆だけは何があっても崩れないという願い。だからこそ、人は偽物の家族が本物の家族になる過程を通じて、その良さを再確認しようとする。言い換えると、冷酷な社会との比較があって初めて疑似家族物というジャンルが成立するということである。
 では、本作の何が「まさか」なのかと言うと、それは「ライトノベル原作の日常系萌えアニメ」であることだ。例外はあるが、ライトノベルは基本的に中高生が読者ターゲットである。彼らの多くは、親の庇護の下で温々と育っているがゆえに、家族という物をリアリスティックに実感することができない。つまり、家に家族がいるのは当たり前のことなので、その存在を疑ったり有難く思ったりはしない。実際、本作を含めた多くのライトノベルの主人公は、親が海外出張等で不在か、居ても画面に映らないのである。そんなライトノベル原作の萌えアニメで疑似家族物をやろうとしても、「リアルな家族を蔑ろにしておいて、疑似もくそもねーだろ」と思わなくもない。現実逃避もここまで来ると立派だが、とにかく本作を参照することで、新時代の疑似家族物とは何かを検証して行こう。

・家族


 主人公は家賃五万円の安ワンルームアパートで一人暮らしをする大学一年生。両親とは幼い頃に死別し、歳の離れた当時高校生の姉に女手一つで育てられた。そんなある日、姉夫婦が交通事故でこの世を去ってしまう。残されたのは、中学生と小学生と保育園児の三人の娘達(上の二人は旦那の連れ子なので血は繋がっていない)。葬儀の後、親戚達が一堂に集まり、彼女達をどうするか話し合う。それぞれ別の家で育てるべきだと現実的な主張をする親戚達に対して、萌えアニメの主人公らしく、彼は突然キレて啖呵を切る。「血の繋がりなんかどうでもいい。家族は一緒にいなきゃダメなんだ!」と。そして、自分の手で三人を育てると宣言する。……こんな台詞を口にする奴が目の前にいたら、その瞬間、間違いなく殴り飛ばしているが、それはまぁ別にして、この彼の発言は非常に重大である。なぜかと言うと、物語が始まる前に、すでに本作のテーマに対して結論を出してしまっているからである。それゆえ、主人公は自分の発した言葉に責任を持ち、自説の正しさを全力で証明しなければならない。よもや、家族を性的な目で見たり、恋愛感情を抱いたりするはずがなかろう。もっとも、よく読んで頂ければ分かると思うが、実は「家族」の定義が極めて曖昧である。家族は一緒にいなければならない。では、長年一緒にいて気持ちが通じていないと家族ではない? それだと、疑似家族という存在自体を否定することにならないだろうか。もう、この時点で完全に見切り発車であることがうかがわれる。
 さて、本編に入る前に現実的な問題を処理しておこう。つまり、一人暮らしの大学一年生に子供を三人も養えるのかどうかという話である。そもそも、主人公の学費と生活費はどうなっていたのだろう。奨学金とバイト代だけでは到底立ち行かないだろうから、おそらく姉からの援助を受けていたと考えられる。だが、その姉夫婦が亡くなり、さらに子供が三人増えた。なぜか、子供の学校は元のままで交通費がかかる。末っ子の保育園代も馬鹿にならない。そんなサラリーマンでも大変な出費を、いくらバイトの量を二倍にしたところで本当に賄える物だろうか? そう言えば、親権や戸籍、親の遺産といった公的な手続きはどうなっているのだろうか。お上も未成年の大学生を後見人にするほど狂ってはいないだろうから、実際は親戚側にあると思われる。ならば、当然、彼らも幾らかの資金援助をしているはずだ。そう考えると、冒頭の主人公の台詞は失礼というレベルではない。血の繋がりというただの一点だけで、彼らは無償奉仕をしているのである。やはり、早めに殴り飛ばしておいた方が良さそうだ。

・共同生活


 そんなこんなで共同生活を始める四人だが、それがもう、びっくりするぐらい「何も起こらない」。家庭崩壊に繋がるようなトラブルは皆無で、最初から最後まで延々と穏やかで幸せな家族の姿が描かれ続ける。極稀に幸せを壊そうとする妨害者が現われるのだが、それすらもちょっとした気持ちの切り替えだけで簡単に解決してしまう。なぜ、何も起こらないのか? それは子供達の主人公に対する好感度が最初から常にMAXだからである。ろくに会ったことがないわりに叔父のことを全面的に信用しており、それゆえ、子供とは思えないぐらい行儀が良く、命令にも素直に従う。作品タイトルが『パパのいうことを聞きなさい!』なのに、子供達が主人公の言うことを聞かないシーンが一度もないという意味不明さだ。しかも、一番上の子は主人公に恋愛感情まで抱いている。そんな状態で、子供と大人の世代間の価値観の違いによる対立や、疑似家族の共同生活の難しさなど描けるはずがない。
 さらに、その何もなさに拍車をかけるのが主人公の人物設定である。容姿端麗で爽やかな好青年なのは別にいい。女性にモテモテなのも萌えアニメなので別にいい。それより注目すべきは、彼が仏陀も裸足で逃げ出すレベルの人格者であり、非の付け所のない完璧超人であることだ。子供達への対応も誠実その物。人当たりが良く敵を作らない。生活費が足りないと分かると身を粉にして一生懸命働く。そして、そんな優等生の主人公(=視聴者)を子供達や周りの人々が寄ってたかって凄い凄いと褒め讃える。これは何の新興宗教だろうか。似たような雰囲気の自己啓発ビデオを以前に見たことがある。結局、本作も他のハーレムアニメや日常系アニメと本質的には同じなのである。気の合う身内を集めてわいわい楽しく過ごすことだけが目的で、敵は全て枠の外にいる。最終目標は自分にとって最も心地良い理想郷を作ること。ただ、本作の怖さはそれを「家族」と称していることである。「血の繋がりなんかどうでもいい。家族は一緒にいなきゃダメなんだ!」この台詞が指す家族の定義を考えてみると恐ろしい。
 ちなみに、本編とはあまり関係ないのだが、主人公の友人にロリコンのキモオタがいる。要するに、ネットスラングで言うところの「お前ら」なわけだが、本作では完全にギャグキャラとして、子供達の平和を脅かす「敵」として描かれている。つまり、視聴者は容姿も性格も主人公の方に近く、キモオタとは正反対であるということだ。ほぅ、なるほどねぇ……いや、何も言うまい。

・父性


 作品を評価する際、よく「底が浅い」という表現をするが、それは一体どういう意味だろうか。わざわざ、深い・浅いという上下の概念を付け足していることから分かる通り、要は平面ではなく三次元的な観点で物を見る必要があるということだ。では、仮にストーリーをX軸、演出や作画をY軸とするなら、Z軸は何に当たるだろうか? もちろん、それは登場人物の背景や心理描写に他ならない。
 主人公は見た目こそ普通の男子大学生だが、その他大勢の一般人とは決定的に異なるポイントがある。それは、彼が物心が付く前に両親と死に別れ、歳の離れた姉に育てられたこと、つまり、両親、特に「父親」という存在を知らずに育ったことである。言い換えると、彼の中で父親の具体的なイメージ=父性が確立していないということだ。しかも、彼は末っ子である。親戚も少ないので自分より小さい子の面倒を見たことがない。そういう人間が突然、従妹達と共同生活をすることになったら、はたしてどういう反応をするだろうか。そのシミュレーションがちゃんとできているか、一般人との違いをちゃんと描けているか、これが全ての大前提である。
 結論を先に書くと、「こんなに上手く行くわけがない」のである。父性に目覚めていない男性は、まず子供達とどう接すればいいか悩むところから始まるはずだ。例えば、子供が粗相をした時に怒るべきか慰めるべきか、最適解が分からずに戸惑うのが人間らしさだろう。また、子供達のために仕事量を増やして骨身を削って働くなど、実の父親でも大変なことである。それを「血の繋がりなんかどうでもいい」と豪語する十八才の主人公が当たり前のようにできるそのモチベーションは何か? 過去のトラウマが原因で強迫的に動いているとしたら、ちゃんとそれを描写しなければならない。そして、それが如何に独善的で押し付けがましい親切であるかに劇中で気付かないといけないだろう。しかし、本作において両親不在という初期設定は、共同生活を始めるための理由付けにしかなっていないのである。
 結局は作者の家族イメージの貧困さが原因だ。実際に子供を持てば、いや、別にそこまでしなくてもその辺のドラマや映画を見れば、父親が本当の父性を獲得するためにどれだけ長い期間がかかるかぐらい分かるはずだ。にも係らず、主人公は何の欠点もない聖人君子、子供達はわがままの一つも言わない天使、周囲の人々は見返りなしに協力してくれる仏様といった設定にして、一体何を描こうと言うのだろうか。一応、最終回近辺では今までの子育ては間違っていた的な反省描写を入れて、主人公の成長を描こうとしているのだが、上記の通り、彼の行動には何も間違いがないわけである。前提がないのに結果だけを求めるという昨今のアニメの欠点がそのまま表れていて哀しい。

・総論


 疑似家族物ではなく、ただのハーレムアニメ。まぁ、別に悪くない。底が浅いだけで。ライトノベル原作の萌えアニメなんてこんな物……と言われて怒って欲しいんだけどなぁ。

星:☆(1個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:28 |   |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2