『まおゆう魔王勇者』

青臭い。

公式サイト
まおゆう魔王勇者 - Wikipedia
魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。橙乃ままれ著のライトノベル『まおゆう魔王勇者』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は高橋丈夫。アニメーション制作はアームス。世界の平和を望み活動する魔王と彼女に協力する勇者の奮闘を描いたファンタジーパロディー。原作は、某匿名掲示板において13スレッドにも渡って掲載された長編連作SS(即興小説)である。

・パロディー


 本作は、中世ヨーロッパ風「剣と魔法」ファンタジーのパロディーアニメである。ただし、日本で言うファンタジーとは、明確にFCゲーム『ドラゴンクエスト』のことを指す。もっと具体的に言うと、その中でも『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』である。海外で同じことをすると、おそらく『アーサー王伝説』や『指輪物語』や『真夏の夜の夢』辺りがネタ元になるだろうから、いくら国民的RPGとは言え、日本におけるこの偏りは異常である。未成熟と言ってもいいかもしれない。やはり、これは1990年より刊行された漫画『ドラゴンクエスト 4コママンガ劇場』シリーズや同作出身の作者による漫画『魔法陣グルグル』の影響が大きいのだろう。特に前者は、アンソロジー本をメジャー化したという点においても功績が大きい。多くのライトノベル作家が、ちょうどその世代に当たるという推測もあながち間違ってはいないだろう。
 さて、本作がその『ドラゴンクエスト』をどう調理したかと言うと、剣と魔法の世界はそのままに、そこへ「政治と経済」という概念を持ち込むことで特色を出している。つまり、勇者達の住む世界は中央集権国家による絶対的な階級社会であり、王と教会が経済を一手にコントロールしているという世界観である。魔王軍と戦争しているのは、言ってみれば戦争によって利益を得るため。勇者が魔王討伐に派遣されたのは、あくまで国民向けのパフォーマンス。そういう世界観することによって、世界は複雑であり、人間とは如何に愚かな生き物であるかを描こうとしてる。分かり易く言うと、『アンパンマン』のジャムおじさんが、裏でバイキンマンに宣伝活動費を渡しているというネット上の定番ネタと同質の物だ。
 欺瞞である。では、魔界はどうなのだという話だ。市場経済が世界を支配しているのなら、当然、魔界側もそうなっていなければならない。しかし、魔界側は如何にもファンタジーゲーム然とした封建社会であり、魔王が謎の権力で多民族国家を支配している。そんな国はこの地球上にあり得ない。そもそも、魔法が普通に存在する世界は、現実と同様にはなり得ないというのがSFの常識だ。「世の中はファンタジーゲームのように単純ではない」と言いながら、自分は世界を簡略化している。それを欺瞞と呼ばずして何と呼ぶだろうか。

・ドラマ


 本作は15年にも渡る人間界と魔界との戦争の果てに、勇者が単身、魔王の城に乗り込んだところから物語が始まる。魔王と対面した彼を待っていたのは、二つの驚愕の事実だった。一つは魔王が可愛らしい女性だったこと。もう一つは魔王から世界平和実現の手助けを頼まれたこと。面食らう勇者だったが、彼女の平和を願う情熱にほだされ、彼は魔王の物になることを決意する……と、この導入部分だけを見れば、非常に面白そうな作品に見える。だが、実際に映像を見てみると、実に盛り上がりの少ない退屈なアニメである。その理由を説明するのは大変だが、要は根本的な物語性・ドラマツルギーの部分に問題を抱えているからだ。
 大体、世直しを標榜した作品に碌な物はない。最初に夢みたいに壮大な目標を立ててしまうため、そこへ至るプロセスが途方もない道のりになってしまい、結果的に過激になるか地味になるかのどちらかに二分化する物だ。本作は後者であり、冒頭部分の威勢の良さに比べて、メインストーリーはとんでもなく地味である。魔王一行が小さな村に滞在し、改革思考を庶民に啓蒙するというだけのドラマだ。リアリティの観点から言うと、小さなことからコツコツと進めて行くのは決して悪くないのだが、アニメとして映像作品として、一話に一回は盛り上がりどころがないと厳しい。
 では、人間ドラマの部分はどうかと言うと、こちらもストーリー以上に大きな問題を抱えてしまっている。何せ、出会った瞬間、正確に言うと出会う前から魔王は勇者に対して恋心を抱いているのである。そして、勇者=主人公が可愛いヒロインに迫られて困った困ったというギャルゲー由来のいつもの流れになる。当然、他のヒロインも勇者に対して恋心を抱き、両手に花のハーレム状態になる。いつから、この国の作家は基本的なボーイミーツガールを描けなくなってしまったのか。さらに、本作はゲームで言うところのクリア目前の状態から始まるため、勇者はレベルがカンスト状態である。要するに「最初から最強」であり、そんな勇者を周りの人間が凄い凄いと褒め讃える。この作品の作者と読者は、そんなに自己顕示欲に飢えているのか、普段どれだけ虐げられた生活を送っているのかと心配になってしまう。
 もちろん、そんな凝り固まった状態では物語にならないため、勇者は常に現場に足を運び、魔王とは別居状態にすることで恋愛ドラマを成立させようとしている。だからと言って、男女の心のすれ違いの妙を描くこともしない。年頃の男女がいて、ここまで何も起こらない作品は逆に貴重だろう。スタッフは、朝ドラでも昼ドラでも韓流ドラマでも何でもいいから見て、恋愛ドラマの作り方を少しは勉強して欲しい。

・SF


 さて、肝心要の魔王がどうやって世直しをするのかだが、その方法はずばり「時代の先取り」である。剣と魔法ファンタジーの元ネタになっている十四世紀近辺の中世ヨーロッパより少し後の出来事を前倒しすることによって、やや強引に革命を成し遂げようという物である。具体的に言うと、食糧難を救うための秘策が馬鈴薯(ジャガイモ)の頒布である。大航海時代にジャガイモが南米からヨーロッパに伝わったのが十六世紀だから、およそ二百年近い歴史のショートカットしていることになる。他にも、農業改革・羅針盤・トウモロコシ・鉄砲・活版印刷などが魔王の紹介によって劇中に登場する。
 まず、気になるのが、それらのオーパーツを魔王は如何にして入手したのかということだ。一応、劇中では魔王自身が発明したということになっているが、その詳細は不明である。こういった場合、こっそりと魔界から持ってきたとするのが物語のセオリーだが、それだと魔界の方が人間界より文明が進んでいることになり、これはこれで別の問題が生じてしまう。集会シーンや進軍シーンなどを見る限り、むしろ人間界より遅れているようにさえ感じる。もし、魔界が人間界より二百年も進んだ文明を持っているなら、はっきり言って戦争にならない。軽歩兵に重装騎兵が蹂躙されて終了だ。
 なぜ、このようなしっくりこない状態になっているかと言うと、要するに本作はファンタジーの皮を被った「SF」だからである。例えば、現代の人間がタイムスリップして過去に行く話や、高度な文明を持った宇宙人と異文化交流する話と、形は違えど本質的には何も変わらない(ちなみに、魔王はファンタジーらしくない外来語を日常的に多用する)。問題は作者にその自覚があるかどうかだ。不思議な魔法でどうにかなるファンタジーとは違い、SFならば必ず科学考証という物が必要になる。本作で言うなら、魔王がどうやってその科学技術を手に入れたかは絶対に描写しなければならない。でなければ、ただの都合の良い「魔法」になってしまう。
 結局、魔王を「紅の学士」といういわゆる「天才キャラ」に仕立て上げようとした際、科学的なロジックの構築を忌憚して、ただ時代を先取りさせたというだけなのだろう。それは非常に安易な考えである。本来なら、その時代でできることを限界まで模索するのが筋であって、それができないのに「魔法」で天才キャラを作ってドヤ顔をされても、ただただ不快である。

・青春


 そして、魔王の尽力によって世界に少しずつ変化が訪れ始めた第九話、ちょっとした事件が起きる。中央を支配する教会によって魔王が異端認定され、彼女の不在時の影武者を務めていたメイドが代わりに連行されることになった。その時、元農奴だった彼女が立ち上がり、壇上で六分以上にも渡る長い演説を行う。自分は虫ではなく人間だ、全ての人民に自由をと。その彼女の想いに突き動かされた民衆によって、教会は渋々撤退する……という何とも「熱い」展開である。ノリは青少年の主張大会だ。ただ、盛り上がっているところ申し訳ないのだが、ストーリー的にはやはりここでの彼女の演説は唐突だと言わざるを得ない。それまでずっと描いてきたのは経済問題であり、人権問題ではない。第九話という中途半端な位置にクライマックスを挟むなら、それまでにしっかりと伏線を張っておかないと、かえって話の流れを悪くするだけであろう。
 だが、この演説がきっかけで、世の中の流れは中央VS地方、支配者階級VS庶民という戦いにシフトする。劇中では自由主義革命ということになっているが、どちらかと言うと共産主義革命に近い。この革命に成功したところで、待っているのは別の権力者による恐怖政治と計画経済であろう。理想を追いかけるのは結構だが、世界はそれほど単純ではない。ところで、この間、肝心の魔王と勇者は何をやっているかと言うと、魔王の免許を更新するために魔界に帰還した魔王が、その更新中に歴代魔王に精神を乗っ取られたので、勇者が助けに行くということをしている。そう、メインストーリーとは全く関係ないのである。一体、何をやっているのか。本作は全てにおいてそうだ。やりたいことも分かる。やろうとしていることも悪くない。だが、それらは何一つ物語になっていないのである。主人公は勇者で、ヒロインは魔王だ。彼らが何かしらの行動をすることによって、少しずつ世界が動いて行くのが物語である。ただ、作者が自分のやりたいことを詰め込めるだけ詰め込んで、主人公は蚊帳の外、それでは中学生の黒歴史ノートである。子供じみた妄想である。元が匿名掲示板に掲載された即興小説と言われれば、なるほどと納得してしまう、そんな行き当たりばったり感の溢れる作品である。

・総論


 全てにおいて青臭いが、やりたいことは分かるし、その情熱も感じられる。だったら、最初からパロディーなどやらず、正統派ファンタジーにしておけば良かったのでは? パロディーにした時点で、他人の作った世界観に腰掛けているだけということに早く気付くべき。

星:★(-1個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 23:08 |   |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2