『かみちゅ!』

神アニメ。

公式サイト
かみちゅ! - Wikipedia
かみちゅ!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2005年。オリジナルテレビアニメ作品。全十六話(内、四話はDVDにのみ収録)。監督は舛成孝二。アニメーション制作はブレインズ・ベース。タイトルの「かみちゅ」とは「神様で中学生」の意味であり、その名が示す通り、ある日突然、神様になってしまった女子中学生の主人公を中心とした恋愛ファンタジーコメディー。なお、ここで言う神様とは、一神教における唯一神のことではなく、日本の神道における八百万の神(自然物や自然現象を神格化した物)のことなので誤解なきよう。

・設定


 ある日、突然、平凡な女子中学生が神様になる。最早、これ以上ないというぐらい荒唐無稽な設定である。天使が空から落ちて来るよりも、女子高生が戦車で部活動をするよりもあり得ない。しかも、本作のベースはファンタジーではなく、『中学生日記』のような雰囲気重視のリアル系学園青春ドラマである。何も考えず、そのまま両者を融合させよう物なら、間違いなく神様の部分だけが浮いて、目も当てられない状態になってしまうだろう。そのため、本作はこういった派手な設定が極力不自然に見えないよう、様々なトリックを駆使して上手く覆い隠している。
 その一つが舞台設定である。広島県尾道市という江戸情緒の残る瀬戸内の地方都市をモデルにし、背景や小物が醸し出す古き良き日本らしさを精密に描くことによって、神秘的な物と日常とが接近した感覚を巧みに演出している。この聖俗未分離な空気感は、東京のような大都市をモデルにしていてはなかなか味わえないだろう。また、舞台の狭小化は、神通力の及ぶ範囲を最小限に抑えて世界への影響を低減させるという効果も生んでいる。いわゆる「セカイ系」の逆のパターンである。その証拠に、国会議事堂を舞台にしたSF物である第四話は、完全にストーリーから浮いており、屈指の駄作回となっている。

・キャラクター


 さらに、主人公のキャラクター像も設定の説得力向上に一役買っている。彼女はドジで内気で引っ込み思案だが、何事に対しても真っ直ぐで、誰からも愛される優しい性格を持っているため、神様という異質な存在が自然と風景の中へ溶け込むことを可能にしている。もし、これが優秀で目立つタイプのキャラクターだったら、間違いなく神様というチート設定に対して反感を覚えてしまうだろう。しかし、主人公のような人畜無害で裏表がなく、常に一生懸命な人間を神様にすることで、視聴者を含む周囲の人々全員が彼女を素直に応援できるのである。少なくとも、神通力の悪用に関しては誰も心配しないだろう。つまり、日本人が八百万の神に対して抱いている「身近な敬愛」を主人公という存在が体現しているのである。
 このように、本作は全ての要素が絶妙なバランスで保たれている作品だ。逆に言うと、一つでも歯車が狂うと根底から崩壊してしまう危うさを秘めている。ありがたいことに、本作は先の第四話を除いて最初から最後まで基本設定がきちんと守られており、制作スタッフの努力の跡が忍ばれる。

・恋愛ドラマ


 本作は女子中学生を主人公にした「恋愛ドラマ」である。そして、本作における恋愛ドラマとは、主人公が同じクラスの男子生徒に片想いし、ラストで告白してハッピーエンドを迎えるという王道の物語である。なぜ、わざわざ、このような当たり前の注釈を入れなければならないかと言うと、昨今のアニメがこういった要素を殊更に嫌悪し、徹底的に排除しているからに他ならない。特に男性向け萌えアニメの場合、たとえ女性主人公であっても、ヒロインが他の男になびくなど言語道断、ヒロインの相手は常に視聴者(もしくは女友達)でなければならないのだ。
 そんな中、本作も一応は男性向けアニメではあるものの、ちゃんとした恋愛ドラマをメインに据えた珍しい作品である。ただし、視聴者に不快感を与えないよう様々な考慮がなされている。例えば、相手役の男子生徒は、アニメファンが共感し易いように他人の名前すら覚えない書道一筋の不思議ちゃんとして設定されている。親友曰く「どこがいいのか分からない」だ。また、恋愛における一切の性的な要素を省いているのも、あくまで中学生同士の爽やかな恋物語として、ヒロインの純潔を汚さぬようにするためだ。それゆえ、恋愛ドラマとしてのリアリティーはあまりなく、神様設定などより余程ファンタジーである。

・神アニメ


 上記のような恋愛ドラマをストーリーの軸に据えながら、本作の序盤は、神様となった主人公が神通力を駆使して困っている人を助けるという一話完結型の物語が展開される。と言っても、基本的に「神様であること」は舞台装置でしかなく、神通力が物語の本筋に影響を与えることは少ない。あくまで、ジャンルは学園青春ドラマであり、主人公の心の成長とヒロイン三人組の友情が物語の中心だからだ。
 ストーリー終盤の第十一話(テレビ放送版では第十回)以降は、その神通力ですら脇に追いやられ、舞台を彩る小道具でしかなくなってしまう。ほとんど「タイトル詐欺」とでも言えるような大胆なシフトチェンジだが、これこそが本作を本来の意味で言う「神アニメ」たらしめる最大の理由である。
 繰り返しになるが、本作は神様が主人公の恋愛ドラマである。となると、当然、「神通力を使えば、恋愛など簡単に成就できるのでは?」という単純な疑問を誰しもが抱くだろう。しかし、本作は劇中でそれを明確に否定している。「恋愛は自分の力で一生懸命努力しないと意味がない」と。そのための神通力の無力化である。つまり、主人公に万能な力を与えておいて、あえて、それを使わないことで「自分の力」を強調しているのである。それは一見、子供じみた綺麗事に見えるかもしれないが、同時に誰もが経験した中学時代の甘酸っぱい青春を思い起こさせるはずだ。だからこそ、視聴者は、中学生神様が皆の協力を仰ぎながら自分の力で告白するラストシーンに深い感動を覚えるのである。

・第十一話


 ここで余談になるが、第十一話『恋は行方不明』(DVD収録)について解説しておく。この回は本作の中でも図抜けた名作である。主人公の弟がメインの回なのだが、男子中学生のナイーブな感情や背伸びしたい気持ちが、声優の名演技込みで見事に表現され、青春ドラマとしても出色の出来である。神様の主人公は、神通力でほんの少し手助けをするだけという辺りが実に『かみちゅ!』らしい。オススメ。

・総論


 大掛かりな設定を用意しておきながら、あえて、それを脇に追いやることで青春の爽やかさを描くという文字通りの神アニメ。ぜひとも現役中学生に見てもらいたい作品である。また、日本人の心性を知るという意味で、外国の方に見てもらうのも良いかもしれない。ただ、返す返すも第四話だけが非常に残念だ。なぜ、こんな話を入れてしまったのだろうか。

星:☆☆☆☆☆☆☆(7個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:24 |  ☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2