『俺、ツインテールになります。』

女性化。

公式サイト
俺、ツインテールになります。 - Wikipedia
俺、ツインテールになります。とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2014年。水沢夢著のライトノベル『俺、ツインテールになります。』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は神戸洋行。アニメーション制作はプロダクションアイムズ。地球侵略を企む異形の敵と戦うため、ツインテールの美幼女戦士となって立ち向かう男子高校生の姿を描いた戦隊ヒーローアクション。自分で書いておいてアレだが、何だこの紹介文は。

・バカアニメ


 主人公は、女性の髪形の一つ「ツインテール」に異常なまでの愛情を示す男子高校生。彼のことを密かに慕い、髪をツインテールにする幼馴染みといつも一緒の時間を過ごしている。そんなある日、異世界より謎の侵略者が地球に攻め込んでくる。彼らの狙いは人間の持つ「属性力」。属性力とは何かを愛する力。中でもツインテールを愛する「ツインテール属性」は最強であり、それを奪うことが彼らの最大の目的であった。怒りに震える主人公。そこへ異世界より一人の女性が現れ、彼に力を託す。その力でツインテールの美幼女戦士「テイルレッド」に変身した彼は、地球を守るために戦うのであった。
 とまぁ、非常に分かり易い「バカアニメ」である。基本的には戦隊物のパロディだが、最初から話の整合性など二の次で、設定も穴だらけ。登場人物も変人ばかりで、行動原理もよく分からない。ただ、本作は最初からバカアニメとして作っているため、その辺りの事情を問題視しても意味がない。結局は話が面白いかどうかである。もちろん、いくらバカアニメでも基本的な設定は堅牢であるべきだし、ある程度のロジカルなベースがなければ笑いは生まれない物だが、それでもネタが面白ければ些末なミスなど全て吹き飛ぶのである。さて、本作はどうかと言うと……どうなのだろう。確かに、遠い異世界からやってきた異形のエイリアン達が、まるで秋葉原に生息するキモ系のオタク達と同じような趣向を持っていたら、面白いことは面白い。本来なら力だの支配だの恐怖だの語っているはずの敵が、やれツインテールは至高だの、やれ貧乳は正義だの言っているのだから、明らかに変である。もっとも、それはつまるところ同様の趣向を持った人だけが理解できる「あるあるネタ」でしかなく、ワンパターンな内輪ウケの域を出ない。そういったオタク知識を持たない人が本作を見たら、果てしなく寒々しい光景だろう。下手したら犯罪的な匂いを感じるかもしれない。
 だが、それらの欠点を覆い尽くすだけのパワーを確かに本作は有している。パワー、言い換えると勢いやノリといった物を生み出す要因は、唯一つ、主人公及び制作者がどれだけツインテールを愛しているかである。そこが足りないと空回りしただけのお寒いアニメになってしまう。本作の場合は、話の内容はともかく、ツインテールを愛する気持ちの強さだけはひしひしと感じられるため、その趣向を持っていない人でも何となく共感できるのである。そういった点において、本作はバカアニメとしての資質を十分兼ね備えていると言ってもいいだろう。

・属性


 本作は「属性」という概念が非常に重要なキーワードになっている。本作で言う属性とは、サブカル用語で「ある特定の物や身体の部位に対する強い愛情」のことを指す。フェティシズムとほぼ同意であるが、ややマイルドであり、あまり性的要素を含まない。例えば、主人公はツインテールの髪形が大好きな「ツインテール属性」である。ツインテールを愛するがあまり、ツインテールの髪形でさえあれば、その土台たる女性には何もこだわらない。いや、女性である必要性すらないという段階にまで至っている。まさに手段の目的化、本末転倒と呼ぶに相応しい状態だ。なぜ、彼がツインテールにそこまで執着するのかは物語上あまり重要ではない。山登りが好きな人に「なぜ山に登るのか?」と聞くような物だ。変に論理的な理由を述べられた方が、かえって話が嘘臭くなる。
 ここで留意しておかなければならない点が二つある。一つは、属性は複合化が可能という点である。つまり、ツインテール+眼鏡であるとか、ツインテール+制服であるとかだ。そのため、同じツインテール属性であっても、各個人によって意見が分かれ、同好の士でありながら激しい対立が生まれることもある。ただ、中には主人公のようにツインテールであれば何でもいいという全肯定派もいて、彼らは自然とトラブルの調停役となる。本作はそういう物語である。いや、本当に。すなわち、ツインテールに相応しい属性とは何かを他人に押し付けようとする敵に対して、ツインテール全肯定派の主人公がそれを阻止するというストーリーである。文字にすると馬鹿馬鹿しいが、意外と普遍的な問題を扱っているため、あなどれない。少なくとも、着眼点は素晴らしく良い。世の中における大半の揉め事は、そういった些細な対立が原因で発生するのだから。
 もう一つ、留意しなければならないのは、本作が「何かを愛する力=属性力」をかなり拡大解釈して使っている点である。単にツインテールが好きと言っても、「自分自身がその髪型にする」のと、「全く関係のない第三者がそれを好む」のとでは大きく実情が異なる。普通、前者を属性とは言わない。ただの好みである。ところが、本作では前者をも属性と称し、敵対勢力がその力を奪おうとしているのである。仮に属性力という物が本当にあるとするなら、後者よりも前者の方が圧倒的に弱いわけで、そんな物を幾ら奪っても仕方ない。さらに、前者の属性力を奪ってしまうと、大好きなツインテールがこの世からなくなってしまうという絶対的な欠点がある。この矛盾は劇中でも指摘されており、本作のテーマの一つになっている。

・女性化


 本作は戦隊ヒーロー物のパロディーである。主人公は悪しき侵略者から地球を守るため、変身して戦うスーパーヒーロー。ただ、本作が他の作品と異なるのは、変身するのが完全無欠のヒーローではなく、ツインテールの髪形をした小柄で可愛らしいヒロインであることだ。もちろん、主人公は普通の男子高校生である。つまり、変身と同時に「性転換」するわけである。ツインテールを愛するがあまり、自分自身がツインテールの似合う美少女になるという、まるで花を愛した少年が呪いで花になってしまうおとぎ話のような物語は、美しくもあり気持ち悪くもある。だが、その気持ちは分からなくもない。どんなに良いモデルを見つけたところで、他人は決して自分の思い通りにならず、内なる理想が形になることはない。それなら、自分自身をモデルにして好き放題デザインした方が何倍も効率的ということだ。ある意味、究極のナルシズムと言える。現実でも、美少女キャラクターのコスプレをするのが趣味な男性が何人かいらっしゃるが、それと似たような物と考えて差し支えない。
 よく言われていることだが、日常系アニメに男性主人公が出なくなった理由として、一つはただ単純に「男性が視界にいると目障りだから」だが、もう一つの理由は「視聴者自身が美少女になりたいから」という物がある。かつては、自らの性欲の対象としての美少女を欲していたのだが、昨今はそれすらも飛び越えて、自分自身が美少女ヒロインになりたいのである。なぜ、そうなるのかを解説するのかは非常に難しい。『ウィッチクラフトワークス』の項目で語った「オタクの幼児化」と一緒で、誰にも干渉されないパラダイスに閉じ籠るための手段としての性転換という面もあるだろう。また、現実の醜い自分から逃避して、周囲にちやほやされるためのアバターとしての美少女化という面もあるだろう。もっと簡単な話で、オタクのジェンダーが慢性的に女性化しているのかもしれない。どちらにしても、かつての古き良き「男らしさ」がアニメユーザーに倦厭され尽した結果が本作であるということは間違いなさそうだ。
 ただ、不思議なことが一点あって、本作は戦隊物パロディーであると同時にラブコメでもある。主人公のことを慕っている幼馴染みやヒーローに憧れる先輩なども登場して、一種の三角関係のような状態になる。なのに、その中心にいるはずの主人公が当たり前のように女性化を繰り返すのである。この歪んだ同性愛的な感覚が実に奇っ怪だ。主人公が水を被って女性になる漫画という先例があるとは言え、ヒロイン側の心理がほとんど描かれないため、あまりよく分からない。できれば、その辺りをもう少し突っ込んで欲しかったところだ。

・対象関係論


 戦いが激化する中、主人公が敵女幹部(人間)にキスされるというハプニングが発生する。それ以来、主人公の様子がおかしくなる。テイルレッドのパワーが下がり、戦闘力が低下し、最終的に主人公は完全に女性化してしまう。なぜか? それは、主人公が愛していたのはツインテールという「髪型」であって、その髪型をする「女性」ではなかったからだ。ところが、キスされたことで異性の存在を性的に意識してしまい、ツインテールに対する愛情が薄れた。それゆえ、属性力が低下してパワーダウンしてしまったという話である。なるほど、面白い。一言でいうと、主人公はお子様だったということだが、ここにはバカアニメとは思えないほど深いテーマが含まれている。
 主人公はツインテールを愛している。それは間違いない。だが、実際に女性になってみると、その結び方もそのケアが如何に大変かも知らなかった。彼にとってのツインテールとは、何一つ汚れのない「最初から完成された物」であって、作り上げる物でも壊れる物でもなかったのだ。ところが、実際はそうではなかった。自分のツインテールが他人にほどかれる体験をして「初めて分かった。ほどかれる気持ちが」と述懐した。ツインテールの女性にキスされたことで、女性の肉体を意識してしまった。そこで、彼の頭の中にある理想の「良いツインテール」とあまり綺麗ではない現実の「悪いツインテール」との矛盾が発生したわけである。普通の人はこの二つが同じ物であると認識しているが、精神面が未熟な主人公はツインテールを愛するがあまり、その汚れを許容できなかった。それゆえ、属性力が低下してしまったのである。劇中では、戦いの最中に自分のツインテールに諭される形で、両者の矛盾を解消する。そして、最強の属性力を取り戻して戦いに勝利する。それは同時に「ツインテールを愛することと人を愛することは別物であると知った」という意味である。ここに上記のテーマを当てはめると、その矛盾を解消できずに無意味な活動をしているのが敵であり、解消した主人公こそが本物のツインテール属性だと言うことができよう。
 このように、本作は他に類を見ない独特の着眼点を有した作品である。心の成長を描いた作品は多数あるが、もっと根本的な幼児期の発達心理を描いた作品はあまりない。本作は「属性」という概念を上手く活用することで、そこに鋭く切り込んでいる。この属性という概念は、スポーツや芸術などの趣味に置き換えることができるため、なかなか普遍的な内容を持った作品だと評価することができるだろう。

・総論


 まぁ、基本的に酷いアニメであるが、何かを愛するという強い意志だけはひしひしと感じられるので、少しおまけ。

星:☆☆☆(3個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 14:05 |  ☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2