『純潔のマリア』

反キリスト教会。

公式サイト
純潔のマリア - Wikipedia
純潔のマリアとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。石川雅之著の漫画『純潔のマリア』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は谷口悟朗。アニメーション制作はProduction I.G。中世ヨーロッパを舞台に、平和主義者の魔女が百年戦争をやめさせるためにキリスト教会と戦う歴史ファンタジー。この物語はフィクションであり、実在の団体・個人とは一切関係がございません。

・中世ヨーロッパ


 本作の舞台は、イングランドとの百年戦争真っ只中のフランス。いわゆる中世ヨーロッパ風ファンタジーではなく、現実の中世ヨーロッパをそのまま描いている珍しい作品である。アニメでは他に類を見ないし、映画でもあまりお目にかからない。例えば、百年戦争時のジャンヌ・ダルクを描いた映画は複数あるが、どうにも誇張されていると言うか、日本における時代劇のように娯楽性を重視して現実との解離を生んでいる物である。だが、本作は非ヨーロッパの人間が作っているが故に、無闇に過去を美化したりせず視線が地に足付いており、非常にリアリティの溢れる物になっている。ダラダラと繰り返される戦争。駆り出される民衆。金儲けしか興味のない傭兵。もちろん、厳密な歴史学的にはいろいろと間違っているのだろうが、この世界の空気感やそこで生活している人間の心理は実に生き生きと伝わってくる。深夜アニメという納期の限られた低予算メディアでここまで作り上げたのは、素直に称賛されるべきである。
 何より本作の秀でているのが、「宗教」を包み隠さず描いていることである。当然、中世のフランスなのだから、国教はキリスト教(ローマカトリック)である。当時のヨーロッパにおいてキリスト教は文字通り生活の一部であった。それは教会が町を支配しているという単純な話ではなく、倫理観や価値観までもが全てキリスト教のそれと同一ということである。すなわち、キリスト教の教えに準じている者が善になり、反している者が悪となる。それゆえ、悪を放逐するために暴力を行使することもまた善であった。教会は積極的に戦争に関与し、それを助長する。人々は神のために戦い、神のために死んでいく。また、支配者階級であるがゆえに教会内部は腐敗し、禁欲とは名ばかりの本能に忠実な爛れた日常を送っていた。本作はそういったあまり表に出したくない歴史の負の側面をも克明に描いている。これはキリスト教的倫理観がベースになった欧米のクリエイターにはなかなかできないことである。アニメとは言え、それを可能にしたのは独特の空気を持つ日本だからであり、偏狭な愛国者でなくとも誇って良い。
 ただし、メリットはそのままデメリットに取って代わる可能性を孕んでいる。フランスやイングランドといった地名、キリスト教といった団体名、大天使ミカエルといった個人名までも実名にするということはどういうことか。事は慎重に為される必要がある。

・魔女


 さて、そんな現実的な中世ヨーロッパ世界をベースにして、「村の外れに一人の魔女が住んでいました」というお伽噺要素をプラスしたのが本作の基本設定になる。ここで言う魔女とは、比喩や蔑称ではなく、超自然的な力を使うことのできる本物の魔法使いである。そのため、この時点でかなり設定に違和感がある。さらに、そのビジュアルは現代の萌えアニメ風の露出度の高い魔法少女コスチュームであり、完全に世界観から浮いている。ただし、詳しくは後述するが、中世の価値観から外れた存在として描くために、わざとこうしているとも取れる。そうでなければ、作者はただのアホである。
 話を元に戻して、キリスト教における魔女とは唯一神の教えに背く者、つまり、異端者のことを指す。魔術を使うとか悪魔と契約したとかは全て後付け設定であり、自分達の意に沿わぬ者を迫害するための理由付けに過ぎない。元来、魔女という単語に男女の区別はないが、かつて魔女狩りに遭った人のほとんどが女性であった。これは女性の方が神秘的な物に接近し易いという事情と、もう一つ、キリスト教自体が男性優位の宗教であるということも関係するのだろう。一方、本作における魔女とは、生まれながらに魔法を使える特別な人々のことを指す。全員女性で見た目は人間と一緒だが、どうやら基本的な種族自体が違うようだ。そのため、魔法を使うこと自体は異端視されておらず、あくまで教会に従うかどうかを重視している。後に主人公が異端審問を受けたのも、夢魔を使役したことが一番の理由だった。よって、キリスト教のおける魔女と本作における魔女は、名前こそ一緒だが全くの別物として考えないと後の話が理解できなくなる。
 主人公のマリアは、そんな本作における魔女の一人である。彼女と他の魔女との一番の違いは、彼女が根っからの平和主義者であり、魔法を用いて戦いに介入し強引に百年戦争を終わらせようとしている点だ。当然、それは戦争賛成派であるキリスト教会や、戦争で利益を得ようとする他の魔女の怒りを買うことになる。それだけならまだしも、天の唯一神の代弁者である大天使ミカエルまでもが、自ら地上に降臨して主人公を諌める。唯一神の考えは「あるがまま」、戦争も自然の成り行きの一つであって、超自然的な力を行使する主人公こそが悪であった。このように、本作はキリスト教思想を極端に先鋭化することで、思想その物を批判している。これこそ、まさに「異端」の成せる業である。中二病をこじらせていると言えばそれまでだが、とにかく本作は自ら魔女になることで、世界最大の宗教に一石を投じようとした意欲作である。

・純潔


 主人公のもう一つの特徴は、彼女が今まで男性との関係を一度も持ったことがない正真正銘の「処女」であることだ。キリスト教における魔女は淫欲で不貞であるとされているため、そのカウンターパートになっている。つまり、彼女は魔女であって魔女ではない。その後、戦争への介入を繰り返す主人公に対して、大天使ミカエルが罰として一つの契約を与える。それが「もし彼女が処女を失ったならば、魔法を奪ってただの人間にする」と。その約束を果たすため……ん? あれ? いや、ちょっと待て。おかしくないだろうか。この世界において処女を失うことは魔女になることであり、神が望まないことである。一方、魔法を失うことは魔女をやめることであり、神の望むことである。これらはお互いに相反することなのだから、天秤にかける物ではない。彼女は存在自体が矛盾しているのだから、その矛盾を解消する方向へ持って行くのが神の役割であろう。御託を並べていないで、さっさと魔法を奪ってしまえば良いのだ。はっきり言って、この契約はストーリー的に明らかに間違っている。実際、この設定は完全に宙に浮き、最後のシーンまでほとんど物語に絡まない。もっと単純に「処女を失ったら、本物の魔女になったと見なして処刑する」で良かったのではないだろうか。
 正直なところ、この設定自体が必要なのかどうかさえ甚だ疑問だ。と言うのも、この設定のせいで勢力が四つに拡大し、話が無駄にややこしくなっているだけに感じるからだ。すなわち、天界、キリスト教会、魔女組合、主人公の四つである。この内、主人公を除く三勢力がいずれも戦争賛成派である。キリスト教会は、禁欲を是としながら実情は怠惰であるという自己矛盾を抱えており、その矛盾に対抗するために主人公という矛盾の塊をぶつけているのは分かる。では、主人公という存在は何を代弁しているかと言うと、それが何もないのである。おそらく、作者は現代的な感覚を中世ヨーロッパに持ち込むことで中世思想を批判したいのだろうが、現代的な感覚とは「平和主義かつ自由恋愛主義」であって、主人公の思想とは微妙にずれている。「平和主義かつ禁欲」を体現している者は何か、それは要するに作者に代表される「現代のオタク」達だ。そもそも、女性を男性経験の有無で区別すること自体が、フェミニズム観点からして現代的ではない。つまり、この作品その物が中世的なのである。最早、何を書いているのか分からないほど複雑怪奇であり、それなら最初からこのような設定を盛り込む必要はなかっただろう。

・アンチキリスト


 そして、物語は中途半端な現代的感覚を持った主人公を中世のキリスト教会が迫害するという展開が延々と繰り返される。訴えたいのは、かつてのキリスト教思想が如何に間違っていたかということだ。ここで重要なのは、過去のキリスト教会と現在のキリスト教会は全くの別物であると示すことである。これができていないと、現実のキリスト教自体を批判することになってしまい、下手すると重大な国際問題を引き起こしかねない。かくして、本作はそれができているかと言うと……残念ながら、何一つできていないのが現状である。
 とにかく、主人公も大天使も出しゃばり過ぎだ。特に主人公は、いきなり戦場の真ん中に飛び出し、巨大モンスターを召喚して無理やり戦争をやめさせようとしているのだから、大天使ミカエルでなくても「ちょっとは控えてくれよ」と言いたくなる。これが「歴史の裏で天使や魔女が暗躍していた」なら話は分かる。だが、本作の主人公のように歴史の表舞台に堂々と顔を出したらどうなるか。それは現代的な魔女と歴史上の中世世界の境界が薄くなるということである。まさに「オーパーツ」だ。歴史は歴史、フィクションはフィクション、それらをくっきりと区分けすることで、両者は全くの別物であると示さなければならないのに、これでは自ら墓穴を掘っているような物である。
 では、どうすべきだったのか。一番簡単なのは比喩や象徴を用いることである。そう、こういったテーマの作品を描くために「異世界物」というジャンルが存在するのである。現代人の主人公が、タイムスリップなり異世界召喚なりで中世ヨーロッパ風の世界へ行き、そこでキリスト教風の宗教と戦えばいい。そうすれば、現実のキリスト教会を刺激することなく、キリスト教思想のみを批判することが可能だ。要は、少しは頭を使えということである。
 物語のラストでは、主人公はかねてより親交のあった男性と心を通じ合わせ、晴れて恋人同士になる。その後、二人は結婚、処女を失ったことで彼女は普通の人間になる。一方、百年戦争は彼女とは全く関係のないところで勝手に終結する。結局、この作品は何をやりたかったのか。魔女の働きによって唯一神が改心したとも取れなくもないが、それはキリスト教徒にとって最大の屈辱だろう。キリスト教にケンカを売るだけ売って、最後は有耶無耶。宗教に対して洒落が通じると思っている日本人の悪いところが全て出た作品である。

・総論


 明らかに、やり過ぎだ。歴史を批判するのではなく、現実の一宗教を批判する形になってしまっている。この制作者は、是非とも本作のイスラム教版を作って放送して欲しい。

星:★(-1個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:54 |   |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2