『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』

実は名作。

公式サイト
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 - Wikipedia
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2014年。松沢まり著の漫画『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は畑博之。アニメーション制作はproject No.9。幽霊に憑り付かれた義理の妹が巻き起こすエロチックな騒動を描いたファンタジーラブコメ。明らかにド深夜向けの内容なのに、テレビ局がよく中身を確認しないまま22時台に放送してしまい、BPOに怒られるという事件が発生した。

・ポルノ


 親同士の結婚によって義理の兄妹となった高校二年生の主人公と同一年生のヒロイン。そんな彼らが一つ屋根の下で暮らし始めたその翌日、突然、妹に異常事態が発生する。何と生前に主人公を慕っていた幽霊が妹に憑依し、TSTという名の貞操帯を無理やり装着させたのだった。幽霊曰く、彼女が成仏するためには、主人公と良い関係になってその貞操帯に付いている心の充足度を示すメーターを上限まで満たさなければならない、と。それまで決してTSTは外れず、もし成仏に失敗すると妹は死んでしまう。呆然とする妹を余所に、幽霊は彼女の身体を性的に刺激して気分を高め、無理やりゲージを溜めようとする。はたして、幽霊は無事に成仏できるのだろうか。
 とんでもない設定である。そして、とんでもない内容である。本作の目的は、妹を性的に興奮させて幽霊が成仏するためのパワーを溜めること、それだけだ。そのために性行為・自慰行為・脱衣・失禁・野外露出と高校一年生の真面目な少女に対してありとあらゆる恥ずかしめを与え、その様子を全国に放送している。本作のキーアイテムであるTSTも、貞操帯という名前とは裏腹に地上波ではモザイクをかけないと放送できないレベルのセクシーな下着であり、ビジュアル的にも大層お下品だ。深夜アニメにおいて、よく性行為を連想させる疑似ポルノ的な描写が問題になるが、本作の場合は何の捻りもないガチのポルノである。ただのエロアニメである。なぜ、一般向けアニメの批評ブログでこのような卑猥な単語を連呼しないといけないのか。そもそも、冷静に考えると、最終目標は幽霊が主人公と恋愛関係になることなのだから、女性同士でまぐわう必要性は何もないわけである。自慰行為で充足する恋愛など聞いたことがない。
 これらの何が悪いのか。萌えアニメの名を借りてポルノを放送するのが悪いのは当然だが、それよりもこれらの行為が笑いに直結していないことの方が何十倍も悪い。仮にもラブコメを名乗っている作品で、下ネタがギャグにすらなっていないのは致命的である。その一番の原因は、ストーリー序盤(第一話~第三話)のほとんどが妹側の視点で固定されているからだ。妹が幽霊に酷い目に遭わされる光景をただ垂れ流しているだけで、何のエンタメ性もない。タイトル通り、兄側の視点で「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが」と思わせないと妹の奇行が何の意味も持たないだろう。そういう物はクソアニメと誹られても文句を言えないだろうし、擁護する気もない。

・家族


 ところがっ! 路線変更があったのか、偉い人に怒られたのか、それとも、こちらが本来やりたいことだったのか、続く第四話を境にして本作は急激に雰囲気を切り替える。エロチックな描写自体は変わらないのだが、その頻度が格段に減り、替わって家族兄妹の物語へと移行する。まず、幽霊が「良い妹の手本を見せる」と言って妹の身体を乗っ取り、主人公と一緒の時間を過ごす。その時の幽霊は、家事もできて周囲にも気を遣え、無邪気に兄を慕うという理想的な妹を演じている。言ってみれば、アニメのヒロインらしいティピカルな妹像であり、アニメのヒロインらしからぬ性格の妹と対になっている。妹はそんな幽霊との時間を楽しそうに過ごす主人公を見て思い悩む。過去の事件の影響で家族という物に臆病になっている自分、せっかくできた家族に対しても冷たく当たってしまう可愛くない自分、本当に私はこのままでいいのだろうか、と。また、この回から今までほとんどなかった兄視点での描写も増える。性格がころころ変わる妹に対して「家族のいない寂しさが生んだ二重人格なのではないか」と心配する。そして、自分が妹にできることを模索する。
 このように本作の最大の特徴は、作品のジャンルや奇抜な内容からは想像もできないぐらい、主人公も妹も極めて「常識人」であることだ。妹は真面目を絵に描いたような人間で、萌えアニメのヒロインでありながら視聴者に媚を売るような言動を全くしない。自分の命が懸っていると理解していても、兄に積極的にアプローチすることもない。一方、兄は高校二年生とは思えないほど人間ができており、突然できた義理の妹のことをいつも気遣っている。ただし、お節介ではない。妹のプライベートには決して立ち入らず、「時間が解決してくれる」と少し離れたところから見守っている。ラブコメの登場人物として考えると、二人共、これでは失格なはずだ。もっと目の前の事態に慌てふためき、大袈裟なぐらいに動き回ってくれないとコメディーにならない。しかし、本作を家族の物語、赤の他人だった人々が義理の兄妹になるホームドラマとして見ると、彼らの感じ方は実にリアルである。お互いがどんな人間か分からずに腹の底を探り合い、少しずつ良い面と悪い面を見つけていく。特に、人間関係において相手の悪い面を知り、それを許容するのはとても大切なことだ。その過程を幽霊という明らかな異物を差し込むことで表現しているのは実に上手い。

・妹


 本作は非常に複雑なアニメである。キャラクターの行動自体は単純明快なのだが、その動機やら行動原理やらを深く考えると、なかなか一筋縄では行かずに混乱する。そうなっている最大の要因は、メインヒロインの肩書きが「義理妹」だからだろう。例えば、本作のタイトルの『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』を成立させようと思ったら、最近ではない妹の様子、つまり、今に至るまでの長い期間の妹の生活態度を主人公が十分に知っていなければ話にならない。そうなると、ヒロインの肩書きは「実妹」がベストである。だが、本作では兄と妹が一緒に暮らし始めた翌日に異変が発生するので、タイトル詐欺になってしまっている(※原作では同居と異変発生の間に多少のタイムラグがある)。一方、本作のストーリーは、幽霊が成仏できるようにヒロインが代理で主人公と恋仲になるという物である。ここに兄妹という要素を加えると、近親相姦的な感情がノイズになってしまい、純粋にストーリーを楽しめない。そうなると、肩書きは赤の他人、もしくは「幼馴染み」がベストである。また、上述のように家族の物語として構成するなら、当然「義理妹」が良い。といった感じで、欲張っていろいろな要素を取り込もうとして無駄に設定が複雑化し、話の中心軸が分かり難くなってしまっているのが、本作のもう一つの欠点である。
 この複雑な設定によって最も割を食っているのが、他でもない幽霊である。アニメ版では最後まで詳細が判明しないが、どうやら彼女は主人公を兄のように慕っていた近所の幼馴染みだったらしい。つまり、赤の他人である。そんな彼女が生前果たせなかった想いを叶えるために取った手段が、主人公の良き妹になることだった。意味が分からない。恋愛感情を高めて成仏するためのパワーを得たいなら、最初から真っ当な恋人関係を目指せばいいのだ。なぜ、わざわざ難易度の高い近親恋愛という手段を使って遠回りしようとするのか。それは兄妹で恋愛するのが当たり前というオタク業界の常識が存在するからだ。本作の設定は、その常識をベースにして初めて成立する物であり、もし、業界に馴染んでいない人が本作を見たら、幽霊の支離滅裂な行動を全く理解できないだろう。実際、常識人である主人公と妹は、最後の最後まで幽霊の行動に同調しようとしない。言い換えると、俗に言う「妹萌え」が如何に狭い世界の常識であるかを示している。妹物を標榜した作品でそれをやるのは、自らの存在を否定しているようで面白い。

・TST


 何度も繰り返して申し訳ないが、本作のヒロインである義理妹は、深夜アニメ界隈ではあまりお見かけしないほどの常識人である。アニメ版のストーリーでは、あれほど執拗に幽霊からのプレッシャーを受けながらも、最後まで兄と恋愛関係になることはない。その代わり、兄のことを気が置けない家族の一員として認識し、自分の感情を素直に表に出せるようになる。また、迷惑としか思っていなかった幽霊に対しても態度を軟化させ、かけがえのない友人として特別な感情を抱く。これは、家族の愛に飢えて自分の殻に閉じ籠もっていた彼女が、人として一つの成長を遂げたことを示している。幽霊もTSTもそのきっかけに過ぎない。人間が本来持っている幸せになりたいと願う心、それがあるべき場所に帰ってきただけなのだ。
 以上、本作は「実は名作」である。ラストのオチこそ微妙だが、そこに至るまでの過程はしっかりと作り込まれており、家族の物語として申し分のないほど完成されている。だからこそ、冒頭で書いた下品極まりない描写の数々が残念でならないのである。そういった要素を排除して、もしくは完全なるギャグとして描き、陽気なラブコメに徹する。加えて、幽霊を主人公が幼い頃に生き別れた実の妹にし、恋愛要素を薄めてファンタジックな人情喜劇にする。そうしておけば、本作はBPOに怒られた問題作としてではなく、誰もが認める名作として世間に評価されただろう。
 その証拠もある。それは幽霊が妹に装着したTSTが「貞操帯」であることだ。貞操帯とは読んで字の如く女性の貞操を守るための器具である。この貞操帯を付けてゲージを溜めると成仏という馬鹿なシステムを考案したのが神様か仏様かは知らないが、どちらにしろ幽霊の憑り付く相手が不適切な過ちを犯さないようにしたわけである。つまり、幽霊は勘違いからの勝手な思い込みで妹に性的な悪戯をしたわけで、その行為はシステム的に明確に「間違っている」のだ。この設定がどこまで意図的なのかは分からない。もしかしたら、家族の物語を強調させるためにわざと序盤をポルノ風にしたのかもしれない。ただ、その一件はアニメ化するに当たって幾らでも上手く編集できたはずだ。だが、実際は原作よりも一層ポルノ化したわけで、作り手が本作のテーマを全く理解していないということになる。そういう物はクソアニメと誹られても文句を言えないだろうし、擁護する気もない。

・総論


 もったいない。

星:★(-1個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:37 |   |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2