『境界の彼方』

主役の不在。

公式サイト
境界の彼方 - Wikipedia
境界の彼方とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。鳥居なごむ著のライトノベル『境界の彼方』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は石立太一。アニメーション制作は京都アニメーション。不死身の半妖である少年と妖夢狩りを生業とする少女が偶然出会ったことから始まる学園ファンタジー。『中二病でも恋がしたい!』『Free!』に続く京都アニメーション大賞アニメ化企画第三弾。

・主人公


 本作の主人公は男子高校生。彼には二つの大きな特徴がある。一つは、人間の心の闇が具現化した存在である「妖夢」とのハーフで、どんなに傷付けられても決して死ぬことのない不死身の能力を持っていること。もう一つは、無類の眼鏡フェチで自称「眼鏡美少女のためなら何でもできる変態」であること。ただ、こうやって文字で並べてみると確かに特徴だが、実際の映像を見てみると本当にこれを特徴と言ってしまっていいのかどうか疑問を覚える。
 まず、不死身の件だが、その能力が発揮されたのは物語冒頭だけである。その後は、不死身の肉体が活かされるようなエピソードもなければ、ギャグとして使われることもない。不死身であることが日常生活に支障を来たすこともなく、それについて悩んでいる描写もない。一応、子供の頃に半妖であることをいじめられたというほんの数秒間の回想シーンが挿入されたりするが、そのことが彼の人格形成に影響を与えたという様子は見えない。また、物語の終盤で不死身能力を失うのだが、その前後で彼の性格も行動原理も全く同じである。つまり、作り手も主人公自身もそれを人格的な特徴として認識していないということである。もう一つの眼鏡の件にしても、なぜ眼鏡好きになったのかという理由が描かれないのはまだしも、そのことを平然と公言する歪んだ性格になった理由が分からない。誰彼構わず性癖をオープンにするお調子者かと思えば、冒頭のモノローグでは他人と距離を置きたがる慎重な性格を思わせる。オープンな人間なら、もっとクラスの人気者になっているのではないだろうか。そもそも、彼は主人公とは思えないほど出番が少なく、日常的な光景は全く描かれないため、たまに登場しては眼鏡眼鏡と言っているだけの変な人になってしまっている。これでは、そこら辺にいるモブキャラと何ら変わりない。
 結局、これらは彼のパーソナリティを彩る特徴ではなく、ただの「設定」なのである。そのため、主人公でありながら何の人間的魅力もない空気のような存在になってしまっている。原作は一人称の小説で、物語を進行させるストーリーテラーとしての役割を与えられていたため、こんな彼でも主人公然としていられたが、アニメ化に当たってその役割を剥奪されると何もなくなってしまう。例えば、同制作会社の手がけた『涼宮ハルヒの憂鬱』では、巻き込まれ型主人公のキョンにうざいぐらいにナレーションさせて彼が主役であることを視聴者に認識させていたが、本作でもそういった工夫が必要だったのではないだろうか。

・ヒロイン


 そんな薄っぺらい主人公に対して、ヒロインの方はやたらと充実している。彼女は妖夢退治を生業とする「異界士」の生まれで、強い戦闘能力を持つが、生来の気弱な性格とドジっぷりが災いして、今まで一度も妖夢を退治したことがない。異界士は妖夢の亡骸を売って生計を立てているという設定なので、彼女は常に貧乏である。学食で一番安いかけうどんばかり食べている。性格は内気で引っ込み思案、転校したてという事情もあるが、友達の一人もいない孤独な少女で、趣味はそれを象徴するかのような盆栽。そんな彼女は非常に「可哀想」なので、視聴者の多くは彼女に同情するだろう。特に、孤独というキーワードはアニメファンの心に強く訴えかける物があるはずだ。つまり、彼女は主人公よりも何十倍も主人公的である。視聴者はひたむきに頑張る彼女の姿に自分自身を重ね合わせて、一緒に理不尽な社会を冒険する。彼女が成長すると自分も成長したような気分になれる。ただし、例の如く、彼女は物語の途中で男性主人公に惚れて恋に落ちる。つまり、男性視聴者が男性キャラクターに求愛する状態になるわけで、やはり、根本にあるのは潜在的なホモセクシャルなのであろう。そうでなければ、自分の分身が自分自身を愛でる強烈な自己愛ということになり、どちらにしても普通とは言い難い。
 さて、そんな主人公的ヒロインと比べて明らかに影の薄い本来の主人公だが、第三話や最終話などで自虐的になるヒロインに対して、いきなりキレて上から目線で熱い説教をする。ライトノベル原作アニメでは毎度お馴染みの光景だが、この不可思議な現象についてそろそろ真面目に定義付けした方がいいのではないだろうか。ティーン向け萌えアニメにおいて、影の薄い男性主人公が主人公的ヒロインを説教するという展開が必ず含まれるのは、いわゆるオタクは本質的にダメな自分を叱ってくれる人を欲しているということなのだろう。現実で頼りになる大人が周りにいないから、フィクションの世界にそれを求めるのだ。では、ここで説教している男性主人公は誰なのかという疑問が生じるが、これは当然、自分の中にある父性のイメージ、もっと分かり易く言うと「父親」だと思われる。不要な物を極端に排除する萌えアニメにおいて、自身の生存を脅かす敵の象徴である両親は長期出張などで不在なことが多いが、こういうところで思い出したように顔を出す。そう言えば、本作も母親は登場するが父親は影も形もない。それがこのように形を変えて表出したと考えれば興味深い。

・嘘


 閑話休題。いつも通り、本作のストーリーを簡単に紹介しよう。人間と妖夢のハーフの主人公と妖夢退治が仕事のヒロイン、本来なら敵同士の二人が学校の屋上で偶然に出会ったことから物語が始まる。ヒロインは異界士としての役割に従って主人公を抹殺しようとするが、彼が不死身であること、害のない半妖であることを知って剣を収める。ただ、その後も「妖夢退治の練習台」と称して何度も主人公の命を狙う。しかし、主人公の充実した日常に比べて自分の孤独さに劣等感を覚えたヒロインは、自ら主人公を拒絶するようになる。一方、そんな彼女に興味を持った主人公は積極的にアプローチし、ヒロインも徐々に心を開いて行く。といった感じのストーリーで、徹底的に可哀想なヒロインに同情させるような作りになっている。その「可哀想」が一瞬でも「可愛い」に変換されれば作り手の勝ちだ。正直、方法論としては支持し難いが、さりとて批判することでもない。
 ところが、第十話において全ての真実が解き明かされる。主人公が身に宿している妖夢こそが世界を滅ぼす力を持った最強の妖夢「境界の彼方」であり、ヒロインは最初からそれを退治するためにこの街にやってきたのだと。だから、初期の謎行動は、妖夢退治の練習台という天然ボケの行動ではなく、本気で彼を殺そうとしていた。退治を諦めたのは、自分の孤独さに耐えられなくなったからではなく、敵である主人公に惚れてしまったから……って、いやいやいやいやいやいや! 要するに、彼女は「嘘をついていた」ということである。ヒロインが主人公に対して嘘をつく作品はよくあるが、本作のそれは主役級の役割を持った主人公的ヒロインである。あれだけ孤独で不幸な境遇に同情させておいてこの裏切りはない。この先、彼女の言葉を信じることは不可能である。ただでさえ主人公不在の作品でヒロインまで嘘つき女だったら、視聴者は誰に自分を重ね合わせれば良いのか。
 では、どうすべきだったのか。「ヒロインの真の目的は主人公を殺すこと。しかし、個人的な感情により失敗する」というプロット自体は悪くない。時代劇などにはそういったキャラクターがよく出てくる。だが、それを隠す言い訳が妖夢退治の練習台では苦しいし、ヒロインがこの街に来た理由やそれまで何をしていたかが劇中で触れられない等、伏線の組み立て方にも問題がある。もし、このプロットにこだわるなら、ヒロインには絶対に暗殺を決行させてはならない。命の重みに苛まれて寸前で思い止まり、自分の不甲斐なさを嘆く。そうすることで彼女の不幸をより際立たせる。すなわち、本作に最も不要なのは、命の価値を著しく低下させる主人公の不死身設定である。

・精神世界


 そして、時は流れ、本作は境界の彼方に捕えられたヒロインを主人公が助けに行くという王道のヒロイックファンタジー展開に発展する。ただし、その内実は、何の思い入れのないモブ主人公が嘘つきヒロインを救出するという非常に残念なお話である。さらに残念なのは、そこが主人公の精神世界である点だ。精神世界は夢の空間である。誰にって、当然、作り手にとっての。なぜなら、作り手のやりたいことを全て思うがままに表現できる場所だからだ。実際、主人公は自らの心の弱さが具現化した何かに邪魔され、それを倒すことで心の成長を示すという極めて分かり易い話になる。もう、バナナの皮で転ぶレベルのベタなストーリーである。この主人公が精神世界で自分自身の影と戦い、コンプレックスを乗り越えるという展開は、同脚本家が手がけた『ローゼンメイデン』の最終回と全く同じなのだが、あちらは以前からずっと主人公の心の弱さや闇を描き続けているからこそ意味がある。一方、本作は短い回想シーン自体は存在するが、それ以外はずっと眼鏡眼鏡と言っているわけである。はっきり言って、比べ物にならない。それなら、最初から最後までヒロイン可哀想で貫き通した方が余程ましだ。
 結局、最初から懸念されていた「主役の不在」問題が最後まで足を引っ張るのである。本作は設定もストーリーもなかなかよくできている。途中のどんでん返しも悪くない。だが、それは主人公ではなくヒロインにスポットライトを当て続けるギャルゲー的なテンプレートと致命的に適合していない。ならば、アニメ化に際して、ストーリーかテンプレートのどちらかを変更するのが筋だと思うが、何の考えもなくそのまま制作し、結果的に非常に残念な出来に仕上がっている。なぜ変更できないのか、なぜこう作らざるを得ないのか、という点に深い業を覚える。
 ちなみに、主人公の命と引き換えに死んだはずのヒロインは、ラストシーンでなぜか蘇って主人公の前に現れる。もちろん、そこに論理的な理由など何もない。きっと、精霊会議に頼んで生き返らせてもらったのだろう。アニメ業界の闇は深い。

・総論


 もう、この手のお説教アニメはどうでもいいから、見ていてドキドキするような普通のボーイミーツガール物を視聴したいなぁ。

星:★★★(-3個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:46 |  ★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2