『狼と香辛料』

原作に忠実。

公式サイト
狼と香辛料 - Wikipedia
狼と香辛料とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2008年。支倉凍砂著のライトノベル『狼と香辛料』のテレビアニメ化作品。全十三話(テレビ未放送一話)。監督は高橋丈夫。アニメーション制作はIMAGIN。行商人の主人公と人狼のヒロインが旅をするファンタジーロードムービー。ファンタジーアニメにしては珍しく、市場経済と商取引をテーマにしている。幕間劇的な第七話は映像ソフトにのみ収録。

・脚本


 まず、先に純粋な脚本上の問題を処理しよう。本作は、原作小説の第一巻と第二巻を十二話分、約四時間かけてアニメ化している。小説の映像化の慣例から考えると、ややスローペースである。それだけ原作を忠実に再現しているということになるはずだが、実際に映像を目にすると非常にハイペースな印象を受ける。とにかく場面転換が早く、説明量も足りないため、視聴者の理解が追い付かない。特に目立つのが、とりあえず駆け足でストーリーを進めておいて、後から回想シーンで不足しているカットを補うという手法だ。ここぞという場面で使うならインパクトもあるだろうが、こうも多用されると時系列に混乱を来たして没入を阻害する。例えば、とある村で値段交渉人を営むクロエという女性(原作では男性)が、なぜ主人公の敵対勢力のリーダーになったのか、後から追記された短い回想シーンだけでは全く分からない。ちゃんと事前に彼女がヒロインの正体を疑う伏線を入れておかないと、それはサプライズでも何でもなく、ただ単に唐突なだけだ。奇をてらえばいいという物ではない。
 また、本作は市場経済をテーマに盛り込んだ異色の作品なのだが、肝心要の経済に関する専門的な解説を全く行わない。信用買いや債権譲渡といった専門用語を台詞だけで聞かされて、商取引に明るくない視聴者が十分に理解できるだろうか? 「主人公は取引先の商人からの依頼で、別の商人が持っている武具を信用買いの後払いという形で買い付けたが、武具の価格が暴落したことで商人は破産した。そのため、取引先の商人がその債権を買い取り、主人公に対して売掛金の全額返済を要求した」という一連の流れを初見で納得できた人はほとんどいないだろう。「つまり、どういうことになったのじゃ?」「つまり、後ろの荷物がゴミになったということだ」という簡素な会話で分かれと言う方が無茶だ。そもそも、この世界の法律や契約関係がどうなっているのかすら分からないため、どこまで現代的な感覚を持ち込んでいいのか判断できない。ならば、ある程度のリアリティを犠牲にしてでも、劇中で詳しく説明しなければならなかったはずだ。つまり、地の文でフォローできる小説と映像が全てのアニメとの表現方法の違いを考慮しなければならないということである。「原作に忠実」が決して最上の褒め言葉ではないことを改めて認識し直す必要があるだろう。

・ヒロイン


 遥か遠い昔、狼が麦の神様だった頃のお話。貨幣経済の発達により合理的な精神が浸透し始めた人々は、神秘なる物を世俗に引きずり降ろそうとしていた。ある日、辺境の村に訪れた行商人の主人公は一人の奇妙な女性と出会う。一見すると妙齢の女性だが、獣の耳と大きなしっぽを持っていた。彼女は何百年間も麦の神として村を守ってきた人狼だったが、人々の信仰心が衰えたことで力を失い、生まれ故郷の北の国へ帰ろうと麦の行商を営む主人公を頼ったのだ。思わぬ申し出に困惑する主人公だったが、彼女の純粋な気持ちに絆されて契約を結ぶ。こうして人間と人狼の不思議な旅が始まるのだった。
 と、大袈裟な紹介文を書いたが、要するに可愛らしいヒロインとのいちゃいちゃ二人旅を楽しむだけのアニメである。それ以上でもそれ以下でもない。冷静に考えると、なぜヒロインが主人公と旅をしているのかはさっぱり分からない。ヒロインにとって、主人公は何百年もの間に大勢出会った男性の一人に過ぎず、たまたま自分の目的と利害が一致しただけだったはずだ。年齢差を言うと、お婆ちゃんと孫というレベルではない。だが、旅を始めた時にはすでにお互いの好感度が高く、第三話ぐらいにはもう恋人同士のような関係になっている。齢数百の人狼にして「賢狼」とも称される百戦錬磨・頭脳明晰なヒロインが、大して商才もない平凡な行商人の主人公に惚れた理由は何か? 特にない。特にないが、ヒロインは自分の寂しさを埋めるために年甲斐もなく主人公に甘えまくる。すなわち、画面の向こうの視聴者に媚びまくる。要は、自分を構ってくれる男性なら誰でも良かったのだろう。いわゆる「構ってちゃん」という奴だ。
 それを抜きにしても、確かにヒロインは可愛い。設定の不備を忘れさせるほど可愛い。ただ、そのほとんどをCV担当の小清水亜美の演技力に負っている。あまり「最近の若者は~」とは言いたくないが、やはり昨今の若手声優とは演技の幅に格段の差がある。キュートなキャラとクールなキャラを演じ分けることぐらいはどの声優でもできるだろうが、大事なのはその中間をアナログ的に繋げられるか否かだ。それができないと、如何にも定型化した三流キャラクターになってしまうが、本作のヒロインは非常に幅広く奥深く、声優の演技力が作品にとってどれほど大切かを教えてくれる。

・主人公


 作画・シナリオ・演出、本作の欠点は多岐に渡るが、一番の欠点は何と言っても主人公その物だろう。これと言う特徴もなく、場面場面で思考がブレまくるので、最後の最後まで彼のキャラクターが掴めない。分かり易いのが第二話。ヒロインが「嘘を聞き分ける」という特殊能力の持ち主であることを知った主人公は、すぐにその能力を商売に生かそうと考えるのである。ドラマのセオリーに則ると、そんな非現実的な力に頼ろうと考える人間は、老獪な悪徳商人か右も左も分からない駆け出し商人のどちらかに相場は決まっている。前者はあり得ないから、当然、主人公は後者ということになるが、彼は決して駆け出しではなく、ある程度の経験を積んだ中堅行商人である。抜けている点はあるが、基本的に商談も巧みで、いざという場面ではやたらと饒舌になる。もっとも、他人の評価はまちまちで、「頭の回転は良いが経験が足りない」という意見もあれば「経験が過信を呼んだ」という全く正反対の意見もある。組合に信用されているような描写もあれば、最後の最後でようやく一人前だと認められたという描写もある。実際、劇中で何度も大きな失敗を犯しているし、女性に対する反応もあからさまに童貞臭い。と、このようにあらゆる面でバラバラなので、彼本来のキャラクターが全く分からないのである。
 これは単にシナリオの問題ではなく、作品テーマの問題である。つまり、本作のジャンルをヒーロー物として捉えるか、成長物語として捉えるかの問題だ。前者なら、もっと主人公は金儲けに対して貪欲でなければならないだろう。為替詐欺に出くわしたのであれば、それをただ通報して謝礼をもらうのではなく、その詐欺を逆に利用して自分だけが儲かるように誘導するぐらいのしたたかさがあっても良い。後者なら、もっと主人公を頼りない青年にして、幾つもの失敗を繰り返しながら成長していく様を描かないといけないだろう。だが、本作はどちらに対しても非常に中途半端だ。その結果、主人公は「ミスの多いベテラン」という最悪の位置に収まってしまっている。それでは、ますますヒロインの惚れる余地がない。
 なぜ、そんなことになっているのかには明確な理由がある。なぜなら、この作品は「ライトノベル原作」だからだ。ライトノベル原作アニメは、たとえ成長物語であっても主人公のかっこ悪さを描けないのである。何ともまぁ、つくづく自分で自分の首を絞めるのが好きな業界である。

・ストーリー


 本作は原作に忠実な二部構成である。第一話~第六話のストーリーは、銀貨の価値変動に乗じた詐欺事件を巡る争い……だったはずだが、いつの間にか人狼たるヒロインを巡る争いになって終了する。その際、狼神の気紛れに頼った従来の時代遅れの農業を近代化しないといけないという無駄にシリアスな社会問題が取り上げられる。全く関係ないわけではないが、繋がりは薄い。それなら、最初から旧来の風習を守る商業組合と急進的な考えを持つ行商人との争いにしておけば良かったのではないか。ちなみに、敵に捕らえられたヒロインを救出するために、なぜか行商人である主人公が単身敵陣に乗り込むが、実はすでに味方の私設軍隊が動いていたという訳の分からない展開になる。そして、最後は狼に変身したヒロインに助けられて一件落着……ヒロインを救出しに行く必要はあったのか? ストーリーにファンタジー要素を盛り込みたい気持ちはよく分かるが、もう少しプロットを整理しなければならなかったのではないだろうか。
 第八話~第十三話のストーリーは、冒頭で書いた通り、信用取引の事故によって膨大な借金を背負ってしまった主人公が、どのようにして借金を返済するかの物語である。期限はわずか二日。逃げれば、二度と行商人として活動することはできない。そこで、我らが主人公の取った起死回生の策は、何と「金の密輸」。前言撤回。こいつは悪徳商人だ。確かにその伏線は敷かれていたが、普通の主人公はそんなことをやらない。それはともかく、主人公は経営難の商人と手を組んで資金調達し、純真な羊飼いの少女を半ば騙す形で道案内に雇い入れて、金密輸を実行する。だが、他の街に行って金を買い付けるまでは良かったものの、案の定、帰り道で商人に裏切られて殺されそうになる。そして、最後は狼に変身したヒロインに助けられて一件落着……また同じパターンかよ。ストーリー的には何も問題はないし、ちゃんと起点と終点が繋がっているが、あまりにも安直過ぎないだろうか。物語の面白さの本質は、如何にして受け手の予想を裏切るかにあるはずだ。これでは何の驚きもない。仮にも経済ドラマを標榜するなら、武具の値段を吊り上げるために狼の大群を操って行商人を襲わせ、街の人々の危機感を煽り、武器商人同士を争わせて漁夫の利を得るぐらいのことはやってもいいのではないだろうか。正直、お世辞にもシナリオの質は高いとは言い難い。作画はご覧の通りだし、主人公のCVは合っていないし、結局は「ヒロインが可愛いだけのアニメ」である。

・総論


 全体的に満遍なくレベルが低い。深夜アニメなどこんな物と言われたら、それまでだが……。余程、ヒロインに思い入れがなければ、漫画『ナニワ金融道』を読んだ方が商取引の勉強になるだろう。

星:☆☆(2個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 08:43 |  ☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2