『少女たちは荒野を目指す』

商業主義批判。

公式サイト
少女たちは荒野を目指す - Wikipedia
少女たちは荒野を目指すとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2016年。みなとそふと制作の美少女ゲーム『少女たちは荒野を目指す』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は佐藤卓哉。アニメーション制作はproject No.9。高校生の男女六人が美少女ゲームを制作する学園青春ドラマ。経緯がややこしいので一から説明するが、人気シナリオライターのタカヒロが提唱した「タカヒロIVプロジェクト」において、『結城友奈は勇者である』等と共に企画された内の一作。ただし、メインシナリオはタカヒロではなく、『CROSS†CHANNEL』や『人類は衰退しました』でお馴染みの田中ロミオ。ゲームのテレビアニメ化という表記をしているが、体験版が事前に出ただけで、実際に先んじて発表されたのはアニメ版の方である。

・第一話


 主人公は高校二年生の男子生徒。両親は不在がちで都内のマンションに一人暮らしをしている。そのため、日々、ラーメン屋のバイトで汗を流している。彼は基本的にコミュニケーション能力が高く、誰に対しても優しくて面倒見が良いので、クラスでも町内でも人気者である。いつも二人の幼馴染みと一緒に楽しい時間を過ごしており、現状に対して特に不満がない代わりに、これと言ってやりたいこともなく、将来の進路に悩んでいる。そんなある日のこと、演劇部による舞台劇の脚本を手がけたことで、クラスメイトの女の子に興味を持たれ、デートに誘われる。心穏やかではない主人公だったが、そこで驚きの真実を知る。彼女は美少女ゲーム制作を目的として設立された「マーケティング研究会」唯一の部員であり、演劇の脚本に隠れた才能を発揮した主人公をシナリオライターとしてスカウトしようと思っていたのだ。彼女は言う。「この世界は荒野よ。純粋なだけでは食い物にされる。ただ好きなだけでやっても生き残れない。野望を胸に燃やす者のみが、この過酷な荒野で夢に挑むことができる」と。
 はぁ、そうですか……。劇中での美少女ゲーム作りは、2006年の『N・H・Kにようこそ!』がすでにやっているし、直近では2015年の『冴えない彼女の育てかた』が人気だ。広義のオタク文化で言うなら、2007年の『げんしけん2』では同人誌を作っているし、2009年の『涼宮ハルヒの憂鬱』では映画を作っている。いずれも物作りを通して、少年少女の友情と恋愛模様を描いている。それでは、後発である本作に先人と対抗できるだけの際立った特徴があるかと言うと、残念ながら何の新鮮味もない。しいて違いを挙げるなら、ハルヒを除く前三作品の主体が主人公側にあるのに対して、本作はヒロイン側に主体があって、主人公はただ巻き込まれただけである点だ。もちろん、そんな物は長所でも何でもないので、紛うことなき劣化コピーである。
 なお、彼らが作ろうとしているのは、明らかに十八禁美少女ゲーム(エロゲー)であるはずだが、劇中ではエロゲーのエの字も出てこない。もちろん、高校生が部活で商用エロゲーを制作したら大問題なので、そこは上手くぼかしていると好意的に解釈しよう。個人的には、初めての艶演技に恥ずかしがる幼馴染み(CV花澤香菜)のシーンがあるかと期待したので残念だ。

・第二話


 上記の通り、第一話はそこそこよくできた学園ドラマである。恋と友情に揺れる高校生の甘酸っぱい青春を、作画が悪いなりに丁寧に描いている。ところが第二話、本作は怒涛のように急降下して一気にクソアニメ化する。今まで深夜アニメと呼ばれる物を少なからず見てきたつもりだが、ここまでの激しいナイアガラを自分は経験したことがない。
 何がおかしいって、主人公のキャラクターが第一話とそれ以降で明らかに違うのである。いや、どう見ても別人だ。第一話では爽やかで頼りがいのある好青年だったのに、第二話では急に典型的なオタク主人公と化す。常時、妙なハイテンションで独り言をぶつぶつと呟き、一人でボケて一人でつっこむ。同人誌やメイドカフェなどのオタク文化に興味津々で、秋葉原に行くと萌えの洪水に狂喜乱舞する。この短時間で彼の身に一体何が起こったのか? さらにおかしなことに、主人公は美少女ゲーム制作の誘いに対して、何も悩むことなく、嫌な素振り一つ見せることなく易々と承諾するのである。今までオタク文化に全く触れて来なかった人間が、いきなりそんな怪しい話を持ち掛けられて、ほいほいと参加するはずがない。この手のストーリーは、美少女ゲームに興味のなかった人間が、ゲーム制作を通じて徐々にのめり込んでいくから面白いのではないのか。一応、終盤の回で、主人公は「ずっとやりたいことが見つからなかったけど、ゲーム制作に探している何かがあるかもしれないと思った」と誘いを受けた理由を説明するのだが、後から当時の感情を台詞で補足することに何の意味があるというのか。
 その後、なぜか主人公主導でメンバー探しを行うことになり、本作は巻き込まれ型主人公の枠を飛び越えて、「操り人形型主人公」という新ジャンルを打ち立てる。その結果、あっと言う間に計六人のメンバーがマーケティング研究会に集結する。もっとも、その内の半分は自分から参加を申し出るというお手軽ストーリーだ。最後の一人、原画家だけは主人公がネットなどを駆使して自力で探し当てたのだが、なぜか、その行程はばっさりと省略されて台詞だけで語られる。にも係わらず、ヒロインは「自分ではできなかったことを成し遂げた」と主人公の功績を褒め称える。何なんだ、この適当極まりない脚本は。とてもじゃないが、これから物作りをしようとする人間に贈るストーリーではない。それゆえ、この第二話を2016年のクソ脚本オブザイヤー候補に推薦したい。

・第三話~第九話


 第三話から美少女ゲーム制作が本格的にスタートするが、これがまぁ、温い。真夏のプールぐらい温い。たまたま集まったはずのメンバーがなぜか全員天才レベルで、まるでベテラン開発チームのようにトントン拍子に話が進む。たまにメンバー同士で衝突が発生したり、スランプから挫折を経験したりもするが、それも全て想像の範囲内であり、「荒野」と称されるほどのゲーム制作の大変さは何一つ伝わって来ない。なぜ、そう感じるかと言うと、彼らの作ろうとしているのが高校生でもできる「同人作品」ではなく、正真正銘の「商業作品」だからである。同人なら多少温くても構わないが、エロゲー黎明期でもないのに、正式な流通に乗せる商業作品がこんなに簡単に作れるわけがない。さらに、彼らは謎の資金力によって、背景や音楽や音響(声優・音響監督・スタジオ)に本職のプロを起用する。お金がないから高校生をタダ働きさせているのではなかったのか? 高校生だけで作るから価値があるのではないのか? これほど単純で、ここまで破綻した設定も珍しい。
 また、このパートの内容自体は、典型的なエロゲースキームを用いたハーレムアニメである。複数のヒロインがそれぞれ別個の困難にぶつかって悩み苦しみ、主人公が彼女達の傷を癒す。その結果、ヒロイン全員が主人公に恋をするが、なぜか本人はそれに気付かないといういつものアレだ。彼女達は困難から立ち直る際に感情を露わにするので、感動しないというと嘘になるが、あまりにもワンパターン過ぎてつまらない。ところが、第七話において、主人公が非常に気になることを口走る。美少女ゲーム制作に必要なのは己の願望を表現することだと言われた主人公は、じっくりと考えた結果、自分の願望は「自分を肯定して欲しい。好きになって欲しい」ことだと気付く。いや、それ、絶対に言っちゃダメな奴だから。確かに、「愛するよりも愛されたい」は美少女ゲームの根幹を成す思想である。何の取り柄もないはずの冴えない主人公が、なぜか周囲の女性にもてまくる。本作はそういった美少女ゲーム特有のお約束をアニメで再現した物である。が、仮にも男性視点の恋愛ドラマを描こうとしている以上、たとえ、それが建前であっても「愛されるよりも愛したい」を表明すべきではないか。何だか、知りたくもない手品の種明かしをされているようで、あまり気分が良い物ではない。

・第十話~第十二話


 第十話。同日に体験版をリリースしたライバル会社との間でトラブルが発生し、製品版の売り上げ本数で勝負をすることになる。え、売り上げ本数? マジかよ。アンケートや評判などの内容で勝負するのではなく、純然たる売り上げで争うということは、金こそが正義の商業主義を肯定するということである。しかも、この勝負、圧倒的に主人公側に分がある。なぜなら、彼らが作っているのは、ユーザーのニーズに直結したロープライスの恋愛ゲームであるのに対し、ライバル会社が作っているのは、作品としてのクオリティを重視したシリアスなノベルゲームだからだ。客に媚びた製品が売れるのは当たり前。そんな出来レースに勝ってどうしようというのか。
 数日後、ヒロインが美少女ゲーム制作に着手したのは、実は兄の借金を返済するためだったという衝撃的な事実も軽くスルーされ、ついに製品版が発売される。すると、一万本売れるとヒットとされる美少女ゲーム業界において、何と九千本も売り上げてセールスランキング2位に躍り出る。そして、無事に売り上げ勝負にも勝利し、これからもビジネスとしてゲームを作って行こうと誓い合って終幕する……何このクソアニメ。普通は勝負に負けて、「やはり売り上げ重視はダメだ。自分達が本当に作りたい物を作ろう」と考えを改める物だろう。それまで散々「金に汚いヒロイン」という伏線を張ってきたのは何だったのか。とまぁ、ここまで書けば誰でも気付くと思うが、おそらく、これらは全て意図的な物だ。美少女ゲーム業界に蔓延する商業主義を強調するために、わざとこういったある種の「バッドエンド」で締めくくったのだろう。そうでなければ、本作はクソアニメというレベルではない。ただのネガティブキャンペーンだ。
 結局のところ、本作はオタクビジネスを「荒野」と称することで、商業主義に毒された業界全体を皮肉った作品である。そのために、あえてゲーム制作を高校生でもできる温い遊びとして描き、売り上げ至上主義を小馬鹿にしている。それは分かる。だが、訴えたいことがあるなら、そんな回りくどい皮肉など使わず、正々堂々、真正面から問題点を批判すればいいのだ。意図的に作られたクソアニメはやはりクソアニメである。そんな物を世に出すのは、視聴者に対して非常に失礼な行為であり、自分で自分の首を絞めるだけである。

・総論


 果てしなく時間の無駄だった。

星:★★★★★★★(-7個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:43 |  ★★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2