『それが声優!』

成長のジレンマ。

公式サイト
それが声優! - Wikipedia
それが声優!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年。あさのますみ原作・畑健二郎作画の四コマ漫画『それが声優!』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は博史池畠。アニメーション制作はGONZO。人気声優になることを夢見て頑張る三人の女の子を描いた青春ドラマ。原作者のあさのますみは声優・浅野真澄の別名義であり、彼女の経験が本作のネタ元になっている。彼女を含め、実在の声優が本人役で多数登場する。

・成長


 「三人の新人女性声優達が、失敗を繰り返しながらも力を合わせて成長していく様を軽快なタッチで描いた青春コメディー」、本作の内容はこの短い一文で全て表現できてしまう。こういう書き方をするとまるで貶しているように感じると思うが、逆だ。一つの文章で表すことができるということは、シンプルで無駄がないということである。そして、それは作劇の基本に忠実だということでもある。先人が長い年月をかけて作り上げたセオリーに則って作ってさえいれば、必ず良い物ができる。中二病を引きずったアニメの制作者は、得てして独自の道を歩みたがるが、基本を蔑ろにしたアニメが最終的にどうなるかは、本ブログで取り上げているダメな作品一覧を見れば一目瞭然だ。
 本作の主人公は新人女性声優。先日、養成所を卒業し、今は業界最大手の青空プロダクション(モデルは青二プロダクション)に預かり声優として所属している。だが、声優としての稼ぎはほとんどないため、近所のコンビニでのアルバイトが主な収入源になっている。彼女が声優を志した理由は、就職難の折に「この際、自分の夢の中で一番難しいのにチャレンジしよう」と思ったから。この度、端役ながら初めてのレギュラー番組出演が決まり、その現場で二人の新人声優と出会って意気投合する。こうして、三人は輝かしい未来を夢見て一歩ずつ歩き出す。
 ドの付く新人である本作の主人公達は、とにかく気持ちいいぐらい失敗をしまくる。声優のお仕事を紹介する作品なのだから当たり前だが、新人声優が犯しがちなミスを見事に全て網羅している。そして、失敗することで大事なことを知り、人間的に大きく成長する。その繰り返しだ。失敗するから彼女達に親近感を覚え、自分達の近くに住む者としてシンパシーを覚える。だから、早く一人前になれるように応援する。その結果、成長した彼女達に対して深い感動を覚える。まさに、これぞ物語というべき黄金パターンである。ここで大事なのは、あくまで他者との関係性において己を知るということだ。下手な作品は勝手に自問自答して自己完結させてしまうが、それではわざわざ物語にする必要がまるでない。本作の他に類を見ない長所は、その主人公にアドバイスを与えて良き方向へと導く担い手として、実在の人気声優・大御所声優を本人役で登場させている点である。これは非常に効果的で、かつ絶大な説得力がある。もちろん、かなり卑怯な手法ではあるのだが。

・ジレンマ


 挫折を経験することで何らかの気付きを得て人として成長する、これが物語のセオリーである。だから、本作の主人公は何度も何度も失敗を積み重ねる。だが、現実問題、その流れが必ずしも上手く行くとは限らない。なぜなら、そんなに何度も失敗を重ねる人間に、普通は次のチャンスは回ってこないからだ。声優のような特殊な専門職なら尚更である。つまり、一言で成長と言っても、「二つの軸」があるということである。個々の事例に対応する能力を磨くソフトウェア的な成長、それらを総合してキャリアをステップアップさせるハードウェア的な成長。上記の通り、この両者は時には干渉し合うというジレンマを抱えている。そのバランスを如何に取りながら最終目標へと近付けるか、それが成長ドラマの作り手に課せられた一番の試練である。
 では、本作はどうだろう。残念ながら、本作はそういった問題に正面から立ち向かうことを極力避けている。主人公達の元には、これだけ失敗を繰り返しながらも、かなり順調に仕事が舞い込んでくる。仲良し三人組でウェブラジオのMCをやることになり、その三人でユニットを組んでCDデビューする。最後には、かなり大きめのステージで単独ライブを行う。その一方で、ゲームやナレーションや外画の吹き替えの仕事も経験する。主人公は業界最大手の事務所に所属しているのだから、当たり前と言えば当たり前なのだが、本人の努力とは全く関係のないところで向こうから次々と仕事がやってくる状況には、やはり違和感を覚えざるを得ない。なぜかと言うと、個々の仕事に関連性がほとんどないからだ。一つの仕事を成功させ、それが別の仕事を呼ぶという流れなら問題はないが、それぞれが完全に独立しており連続性がない。そのため、成長ドラマとしてはかなり不自然な仕上がりになってしまっている。
 ところが、最終回。事務所の人間に、この二年間で目立った実績はユニット活動しかないとダメ出しをされる。素人目には順調に見えたが、この程度では全然足りていないらしい。確かに、メインを張るような仕事は何もないが、デビュー直後の新人にそこまで求めるのか。要するに、声優業界は我々が考える以上にシビアということだ。この現実を知らない批評家を鼻で笑うような圧倒的なリアリズムこそが、本作の最大の特徴である。

・査定


 主人公の所属する青空プロダクションには鉄の掟があった。それは、事務所の預かり声優となってから二年後に行われる「査定」までに目立った成果を挙げておかないと、本人の意思に関係なく契約を解除されるという物だった。つまり、主人公の立場はまだ見習いに過ぎず、プロの声優としてのスタートラインにすら立っていないということである。だが、上述した通り、主人公の特筆すべき実績はユニット活動しかない。そこで、彼女は思い悩む。自分はどんな声優になりたいのか。何を目標に声優業を続けるのか。しかし、答えが出ないまま、最終回、運命の査定の日を迎えてしまう。
 会社のお偉いさんが並ぶ面接の席で、主人公は通りすがりの子供達が話していた「動かない、でかい物を目標にする」という言葉を思い出し、自分の目標は「息の長い声優になる」ことだと告げる。その目標に驚く役員達。なぜなら、それは言葉にすると簡単だが、実際は非常に奥深く、同時に非常に難しいことであるからだ。劇中で指摘されているように、若い頃から何度もメインヒロインを張っているような人気スター声優でも、三十歳を越えると急に仕事が減るのが、今の声優業界の厳しい現実だ。声優予備軍だけでも何万人といて、次から次へと新しい才能が現れる。ユーザーも若くてフレッシュな人材にどんどん目移りする。そんな中で「息の長い声優」、つまり、三十歳を越えても六十歳になっても第一線で活躍できる声優になろうと思うと、人並み外れた実力とどんな困難にも負けない精神力が必要になる。主役だけでなく脇役も均等にこなし、少年役から老人役まで演じ分ける。悪役も汚れ役も厭わない。たとえ、一言しか台詞のない端役でも一生懸命やる。そんな茨の道をあえて歩もうとする主人公の決意に心打たれた会社の役員は、彼女の研修期間を一年延長することを決断する。この一連のストーリーは、声優を使い捨てにする現在の声優業界に対する批判も含まれているのだろう。ただ単に声優を蝶よ花よと持ち上げるのではなく、ちゃんと闇の部分も描いた上で未来に希望を持たせる。なるほど、本作は良い作品である。
 なお、本作はアニメらしいデフォルメ演出を多用するのだが、最終回ではその演出を上手く使って主人公の揺れる心を描いており、非常に表現が豊かである。こういうアニメならではの良さを見れるのは嬉しい。やはり、脚本が良いと自然と演出も良くなるのだろう。

・演劇論


 さて、これまで本作の長所を見てきたが、一方の短所はどうだろう。実は、本作の特徴である声優の世界をリアルに描くこと、それ自体が一番の短所である。なぜなら、本作が取り上げているのは一般的に言う声優ではなく、その中でも極めて限定的な「アイドル声優」だからである。
 実際のところ、本作で紹介されている様々な声優のお仕事の内、本来の意味での「声優業」に該当する業務は半分もない。ラジオのMCはあくまで副業だし、ユニットを組んで歌って踊るのはアイドル活動だ。ストーリーの後半は、ライブを成功させるために皆で協力するという感動展開がメインになるのだが、本来の声優業とは程遠い位置にいる。すると、どうなるのか。それは、声優を題材にした作品で最も重点的に取り上げるべき「演劇論」が、二の次になってしまうということである。演劇論とは、すなわち、自分とは別人のキャラクターを演じることに対する哲学や心構え。例えば、主人公は少年役が得意という設定になっているが、少年の声を出すことと少年を演じることは全く違う。少年を演じるためには、その年代の男の子の思考や思想を十分に理解し、その人物に成り切らなければならない。もちろん、女性が少年の心を正確に把握することは不可能なので、そこは想像力で補う必要がある。では、主人公はそれほどまで少年の心理に通じているのか? 残念ながら、そのような描写は皆無である。本作にはそういった演劇に対する深い見識が抜け落ちているため、どうしても底の浅い記号的な物語になってしまっている。
 また、同ジャンルのアニメ『REC』の項目でも書いたが、声優にとって最も難しい役どころは、他でもない「新人声優役」であろう。なぜなら、地声と演技の声を巧みに演じ分けつつ、その演技の声が徐々に成長していく様を具体的に示さなければならないからだ。ベテラン声優でも完璧に演じられるとは思えないその無理難題に、本作の若手声優陣も果敢に挑戦しているのだが、やはり厳しい物がある。地声がそもそも演技なため、演技の声がわざとらしい。結局のところ、これも演劇論を軽視したことによる弊害だ。歌って踊ることも声優の大切な仕事だろうが、やはり「演技とは何か?」を自問する回が一話ぐらいあっても良かったのではないだろうか。

・総論


 声優アニメとして見ると問題は多いが、青春ドラマとしては非常に良くできている。GONZOがこんなにいいアニメ作るんだ。意外。

星:☆☆☆☆☆(5個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:19 |  ☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
掲示板2
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2