『武装神姫』

メルヘン。

公式サイト
武装神姫 - Wikipedia
武装神姫とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2012年秋。オリジナルテレビアニメ作品。全十二話+OVA。監督は菊地康仁。アニメーション制作はエイトビット。小型アンドロイドと人間が共存した世界を描いた近未来SF。元々は、コナミデジタルエンタテインメントが製作するアクションフィギュアシリーズの名称で、本作はそのメディアミックスの一つである。本作の前にOVA『武装神姫 MOON ANGEL』が発表されているが、世界観に直接の繋がりはない。

・童話


 「神姫」と呼ばれるフィギュアサイズの超小型女性アンドロイドが一般家庭に普及し、人間の暮らしを支えている世界を舞台にした物語。ジャンル的にはいわゆる「人造人間譚」に該当する。つまり、人工的に作られた人間そっくりのアンドロイドやサイボーグを通じて、「人間とは何か?」をもう一度問い直す作品だ。深夜アニメでは、『ローゼンメイデン』や『ファンタジスタドール』などが本作とコンセプトを共有している。基本的には、アニメーションと非常に相性の良いテーマの一つである。

 ただし、本作の全体的な印象は、人造人間というより童話や伝承における「小人さん」のイメージの方が強い。例えば、貧しい靴屋が夜眠っている間に小人達が靴を仕立ててくれるグリム童話の『小人の靴屋』、あのイメージである。神姫達は、自分達のオーナーである人間を「マスター」と呼んで従い、家事や雑用を代行する。だが、体が小さ過ぎるため、人間にとっては簡単な作業でも彼女達には重労働で、何度も失敗を繰り返す。それでも、愛するマスターを喜ばせるために、小さな体で一生懸命奉仕する。その様子は非常にコミカルであり、見ていて微笑ましい。こんな子達が家にいたらいいなと視聴者に思わせることができたら、その時点で本作は勝ちだ。なお、グリム童話における小人はかなり謎の存在で、なぜ靴屋を手伝ったのかも分からないし、続編では人間に直接的な危害を加えている。一方、本作の神姫は、最初からマスターに服従するようにプログラミングされているため安心だ。もっとも、AIが暴走しなければの話だが。

 ただ、その観点で言うと、やや不満が残るのは「作画」である。本作はバトルシーンの動画枚数を確保するため、かなり簡略化した作画を採用している。それはそれで構わないのだが、上記のような「小人さん」の画的な面白さを描こうとすると、やはりこの作画では厳しい。身長15センチほどの小人が人間の家で生活するという、ある種の巨人の国に迷い込んだかのような異世界感を表現するためには、コンテやレイアウトの段階で緻密に計算し尽くされなければならない。それこそ、ディズニーやらピクサーやらの名作映画を参考にして作っていれば、本作はもっと良いアニメになっていただろう。

・設定


 神姫自体が完全にオーバーテクノロジーなので、本作の設定にはかなり穴が多い。例えば、神姫を使った犯罪にはどう対処しているのかといった疑問は、劇中では全く触れられていない。しかも、本作のタイトルは、ただの神姫ではなく『武装神姫』である。何とも物騒な香りが漂っている。

 ここで改めて第一話冒頭のナレーションを引用しよう。「神姫とは、人間の補佐をするために作られた全高15センチのパートナー。知性と感情を備え、マスターである人間に尽くし、仕える。その神姫に人々は思い思いの武器・装甲を装備させ、戦わせた。名誉のために、強さの証明のために、あるいはただ勝利のために。マスターに従い、武装して戦いに赴く彼女らを人は武装神姫と呼ぶ」。この解説を読む限り、どうやら元々は純然たる家電製品だった物を、ユーザーが勝手に対戦競技に使い始め、それがスポーツに発展した。その結果、メーカー側もスポーツ用の神姫を発売するようになった、ということらしい。実際、劇中においてヒナという好戦的な神姫が「私達は戦うために作られた」と発言している。現実世界でも、単なる移動手段だった自動車や自転車がレースになり、それを受けてレース用の車が発売されたりしているが、現実と違うのは、あらゆる神姫が武装を携帯し、それを任意で使用している点である。何とも恐ろしい世界だ。このような無法状態で社会の秩序が正しく保たれているとは到底思えない。おそらく、明確に描かれていないだけで、何らかの法律でがんじがらめにされているのだろう。

 どちらにしろ、冷静に考えると、かなり酷い設定である。なぜなら、意志を持ったアンドロイドに戦いを強要しているのだから。この世界ではアンドロイドの人権がどうなっているかは分からないが、極めて非人道的である。ただし、このテレビアニメ版に限ると、その非人道さをほとんど感じない。理由は一つ。メインヒロイン達のマスターである主人公が、「バトルは危ないからね」と言って、ヒロイン達に戦うことを禁止しているからである。彼女達は自分の身を守るためやマスターの名誉を守るために戦うことはあっても、自ら積極的に他の神姫に戦いを挑むことはなく、年に一度の公式バトル大会にも出場しない。ある意味、『武装神姫』というタイトルに反しているが、これこそが本作を特徴付けている最大の要因になっている。

・神姫愛


 正直なところ、本作はかなり「下品」なアニメである。主人公は一人暮らしの男子高校生。本作のヒロインである四体の神姫(アン、ヒナ、アイネス、レーネ)を所有している。彼女達はマスターを敬愛するようにプログラミングされているため、主人公に対して恋愛にも似た感情を抱いており、まるで恋人のように甲斐甲斐しく身の回りの世話をする。それゆえ、完全に主人公を中心としたハーレムが形成されている。しかも、本作は序盤を中心にやたらと性的なシーンが多い。神姫達の服装は常に露出度が高く、体にオイルを塗ったり、筆で塗装したりと性行為を思わせるシーンが連続する。と、このように本作は男性視聴者の欲望を極めてストレートに映像化しており、そのため、他人にお勧めするには多少の勇気を必要とするアニメになっている。

 だが、実際の映像からは、あまりそのような印象は受けない。それはなぜかと考えると、やはり全体を包み込む雰囲気がとても柔らかく、神姫愛に満ちた作品になっているからであろう。主人公は、自分の世話をしてくれる神姫達に対して常に感謝の気持ちを忘れず、支配者として高圧的に振舞うこともない。神姫達は便利な道具ではなく、あくまで人間と共生するパートナーだからだ。一方の神姫達も、マスターへの奉仕以外は誰にも束縛されることなく、自由気ままに暮らしている。それはつまり、彼女達の人権が保障されているということである。ストーリーにしても、小さな体で沖縄までマスターに会いに行く第五話、幽霊となったマスターに仕える神姫を描いた第七話、一時的に人間になったヒロインの揺れる心を描いた第八話、サンタの代わりに子供達にプレゼントを届ける第十話と、非常にハートフルで心温まる話になっている。それゆえ、上記のような下品さも目立たなくなり、爽やかな視聴後感だけが心に残る。

 これは非常に大事なことを示唆している。極めて観念的で、一歩間違えると怪しい新興宗教か何かのようになってしまうが、結局のところ、作劇において最終的に一番上に現れるのが「愛・感謝・優しさ」ということである。どんなにユーザーのニーズに応え、練りに練ったシナリオを構築したところで、愛も感謝もない物語では人の心は動かない。登場人物が互いを一人の人間として尊重し合い、今の幸せは誰かのおかげで成り立っていると自覚する、それが大事なのだ。逆に言うと、駄作と言われるアニメは、そういった感情が抜け落ちていることが多い。幸い、その手のアニメのサンプルは幾つも用意してあるので、参照してみてはどうだろうか。

・最終回


 第十一話~第十二話のラストエピソードは、前述のヒナが、世界中の珍しい神姫を集めているコレクターに誘拐される話である。彼女はコレクターによって記憶を書き換えられ、今まで一緒に暮らしてきたヒロイン達のことも忘れてしまう。そこへ、ヒロイン達が助けに来る。コレクターが所有するヒナと同系統の武装神姫との激しい戦いの末、彼女は奇跡的に記憶を取り戻し、ヒロイン達と力を合わせて敵を倒す。こういったストーリーである。これだけ見ると何も問題はない。神姫愛に満ちたハッピーエンドだし、感動もする。だが、本作全体の作品テーマを総括する最終回として見ると弱い。残念ながら、この程度では世の名作群の中に名を連ねることは不可能だ。

 では、どうすべきなのか? 有難いことに、本作は序盤から様々なキーワードが提示されている。「神姫は戦うために作られた」「バトル嫌いな主人公が戦いを禁じている」「ヒナはそれに不満を抱いている」「一年に一度のバトル大会」「神姫は大量生産品で同タイプが多数存在する」「神姫は人間のパートナー」などだ。ならば、それらを十分に活用してラストエピソードを構築すべきではないか。例えば、ある日、ヒナそっくりの神姫が現れ、ヒナに戦いの意義を説く。ヒナは無断で大会への出場を決意する。だが、それは神姫コレクターの罠だった。洗脳され、ヒロイン達に牙を剥くヒナ。絶体絶命のピンチ。そこへ主人公がやってくる。主人公は同型機の中からヒナを見つけ出し、その絆の力により、記憶を取り戻したヒナは、ヒロイン達と共にコレクターの神姫を倒して平和な日常を取り戻す……というストーリーは『ローゼンメイデン』のパクリだが、どちらにしろ大事なのは、マスターである「人間との関係性」である。人間という存在を否定すれば、武装神姫は文字通りの兵器になる。ただの兵器に幸せは訪れない。では、神姫の幸せとは? その疑問はつまり、人造人間譚という最初のテーマに回帰するということである。

 よく、作劇のおける娯楽性とテーマ性のバランスが問題になるが、その議論自体がナンセンスである。ストーリーにちょっとした工夫を加えるだけで、高い娯楽性を保ったまま深いテーマ性を入れることは十分に可能だ。本作にはそれが足りない。どうしても娯楽一辺倒になっている。作り手にほんの少しでもその意識があれば、本作は歴史的な名作になっていただけにもったいない。

・総論


 萌えトイ・ストーリー。

星:☆☆☆☆☆☆☆(7個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:44 |  ☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2