『黄昏乙女×アムネジア』

ホラー×恋愛。

公式サイト(消滅)
黄昏乙女×アムネジア - Wikipedia
黄昏乙女×アムネジアとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2012年春めいびい著の漫画『黄昏乙女×アムネジア』のテレビアニメ化作品。全十二話+未放送一話。監督は大沼心。アニメーション制作はSILVER LINK.。過去の記憶をなくした学校の幽霊と彼女の魅力に取り憑かれた男子中学生の恋愛模様を描いたホラーコメディー。アムネジアとは記憶障害の意であり、本作全体の重要なキーワードになっている。

・演出


 本作の基本設定はかなり王道である。いや、むしろ平凡と言ってもいいだろう。主人公は内気な男子中学生。ある日、いわくつきの旧校舎を一人で探索していると、学校の怪談として数々の逸話を残している「夕子さん」と呼ばれる美しい女性幽霊と遭遇する。だが、主人公は恐怖よりもその美貌に目を奪われてしまう。一方、幽霊も主人公のことを気に入り、何かにおいてベタベタと付きまとう。まるで恋人同士のように楽しい日々を過ごす二人。周囲の人は心配する。もしかすると、彼は悪霊に取り憑かれているのではないか、と。このような感じで、怪談としては非常にスタンダードであり、学園アニメの夏休み回のサブシナリオなどでよく見られるパターンだ。本作は、そういった普通なら一・二話で終わるようなショートエピソードを、全十二話かけてじっくりと描いた作品である。

 さて、具体的なストーリーに入る前に、まずは演出について触れなければなるまい。本作はホラーがメインであるため、非常に奇抜な演出を用いることによって恐怖感を助勢している。光と闇のコントラストを強調し、赤やオレンジなどのビビットな色彩を大胆に配置し、歪んだレイアウトを多用し、タッチの異なるイラストを随時挿入し、シルエットやシャッター演出を効果的に使う。こうして、見ている者の不安感を掻き立てて、ホラーアニメとしてのクオリティを一段と高めている。特筆すべきは、こういった特殊な演出を用いると得てして紙芝居風になりがちだが、本作の場合はちゃんと映画の文法に基づいた映像作品になっている点だ。しっかりと映像の原則を守りつつ、アニメーションができるギリギリの表現を攻めている。この辺りのバランス感覚は実に見事である。

 もっとも、長所は同時に短所でもある。ホラーの部分や、ホラーを模倣したコメディーの部分は上記の演出が効果的なのだが、それ以外の日常描写や恋愛描写ではかえって足枷になってしまっている点が多々ある。正直なところ、本作の魅力の大半はメインヒロインである夕子さんの魅力に負っているわけで、どこまで作品をホラーに寄せるかは難しいポイントである。個人的な意見を書くと、ホラーに振り切ってしまった方が本作は何倍も高品質になったと思うが、そんな原作ではそもそもアニメ化されなかっただろう。そう考えると、何とも歯がゆい作品である。

・サブキャラクター


 本作の序盤は、学校の怪談にまつわる怪異現象を調査しつつ、ヒロインの夕子さんが主人公を誘惑してイチャイチャするシーンを延々と描くという如何にも萌えアニメらしい展開が繰り返される。こう書くと非常に軽薄なアニメに見えるが、本作は二人のサブキャラクターを上手く使うことで、そういった下品さを適度に緩和している。この辺りがストーリーを中心にして作られたアニメの良さであり、キャラクター先行のハーレムアニメとの違いである。

 一人は小此木ももえ。彼女は、ヒロインが自身の失われた記憶を探し出すために設立した「怪異調査部」の最初の新入部員である。根っからのオカルト好きで天真爛漫な性格の彼女は、主人公の霊媒師としての能力(小此木を騙して、ヒロインの存在を誤魔化すための嘘)に憧れを抱き、同時にほのかな恋心のような感情を持つようになる。つまり、主人公・ヒロイン・小此木の三角関係になっているということだが、一つだけ普通とは言い難い点があった。それは、何の霊感もない彼女は幽霊を見ることができないという点だ。すると、三角関係でありながら、恋敵の存在を認知できないという非常に面白い状態になり、恋愛ドラマとしてもコメディーとしても一風変わった楽しさを提供している。そして、その奇妙なシチュエーションが、結果的にヒロインの暴走を食い止める防波堤の役割を果たしている。とは言え、主人公はヒロインに完全に心を奪われており、小此木ももえのことは可愛い部活仲間程度にしか思っていない。そのため、彼女の存在は、目に見えない恋敵の当て馬的役割に過ぎず、非常に可哀想な立場になっている。彼女の眩しい笑顔に涙を禁じ得ない。

 もう一人は庚霧江。彼女はヒロインの妹(現在の学園理事長)の孫娘に当たる女子中学生。親族だからなのか、主人公を除いて唯一、ヒロインの姿を見ることができる人間である。彼女は幽霊に取り憑かれている主人公のことが心配で、怪異調査部に度々顔を出すようになる。非常に理知的な彼女は、主人公とヒロインの特異な関係に対して極めて冷静に対処し、科学や民俗学に基づいた様々なアドバイスを施す。その一方で、女子中学生らしく恋愛にも興味があり、二人の昵懇な間柄に嫉妬と羨望が入り混じった複雑な感情を抱く。親戚である彼女は、よく見るとヒロインと似ていた。しかし、彼女は幽霊であるヒロインに一人の女性として何一つ敵わない。そうやって思い苦しむ彼女は実に人間らしく、人ならぬヒロインとの対比になっている。

・ホラー×恋愛


 第七話。庚霧江がある事実に気付く。常に陽気なヒロインだが、それがあまりにも明る過ぎて不自然ではないかと。今まで彼女が誰かに怒ったり、恨んだり、妬んだりしたのを見たことがない。そこで、霧江は一つの仮説を立て、それを主人公に打ち明ける。ヒロインは過去の記憶を全て失っていると言う。だが、それは記憶を失っているのではなく、六十年前、誰かに殺された時に怒りや恨みといった負の感情を自ら切り離したのではないか。そして、その負の感情は実体化して学園を彷徨っており、それが学校の怪談にも登場し、かつて霧江が目撃した「悪霊」なのではないかと。こうして、本作は一気にサイコサスペンス的な様相を見せ始める。ヒロインは、主人公が小此木と仲良くしているのを見て嫉妬し、無意識の内に主人公を階段から突き落とす。自分の中に芽生えた負の感情を認められなかったヒロインは、次に会った時、主人公の記憶を全て失っていた。その状況に耐えられず、逃げ出す主人公。幽霊と人間が恋愛関係になる方がおかしく、今の状態が本来ではないかと諭す霧江。しかし、主人公のヒロインに対する想いは本物であり、葛藤の末、彼はヒロインに自分の気持ちを打ち明ける。すると、彼女の記憶が全て蘇り、その結果、ヒロインは光と闇、表と裏を併せ持つ普通の人間らしい性格になる。だが、霧江は腑に落ちない。ヒロインが主人公の記憶を失っていた時、その記憶はどこに行っていたのかと。その時、ついに悪霊が姿を現す……。

 このように、本作はホラーという縦軸に恋愛という横軸を上手く組み合わせることによって、高い完成度を誇る作品になっている。ヒロインが無邪気で暗い側面を持たないのは、萌えアニメのテンプレートに則っているからだが、本作はそのお約束を逆手に取り、つらい記憶を捨てたことでそのような性格になったと定義している。すると、主人公には大いなる選択肢が与えられることになる。すなわち、今のヒロインはあくまで仮の姿に過ぎず、本当の彼女は暗い部分も持っている。記憶が戻るとそういった性格まで戻ってしまうが、それでもなお、ヒロインの記憶を戻そうとするのか否か、だ。これはそう簡単に答えを出せる問題ではない。その時、本作は世に名立たる恋愛ドラマ群に肩を並べることになる。深夜アニメで、ここまで真剣に「愛」と向き合った作品はそうないのではないか。

 もっとも、長所は同時に短所でもある。本作が愛と真剣に向き合っているのは事実だが、その答えを真剣に捻り出したとは言い難い。と言うのも、主人公はかなりあっさりとヒロインに愛の告白をするからだ。男子中学生の性欲の前に、ちょっとした恋人の性格の違いなど無意味である。「恋は盲目」という意味ではリアリティがあるのだが、少し残念さが残る。

・エンディング


 第十話以降はアニメ版オリジナルストーリーだが、オリジナルとは思えないぐらいクオリティが高く、本作を全十二話で上手くまとめ上げている。はっきり言って、辞め時を見失って迷走した感のある原作よりも、奇麗に終わっているのではないだろうか。もちろん、尺の都合上、全体的な描写不足は否めない。

 ヒロインの負の感情が具現化した悪霊と接触した主人公は、ヒロインの記憶の中に連れ込まれ、過去の出来事を追体験する。六十年前、ヒロインの暮らす村は原因不明の疫病に襲われていた。村人に犠牲者が続出する中、ついに村の長老は疫病を鎮めるために人柱を立てることを決定する。そこで、ヒロインが世話していた病気の村娘を神様の使いである銅人(あかひと)に祭り上げ、彼女に人身御供の対象を選ばせた。その結果、ふとしたボタンの掛け違いにより、ヒロインが人柱に選ばれてしまう。現在は学園の地下にある祠に閉じ込められるヒロイン。命が消え行く中、彼女は自分を奈落に突き落とした村人や村娘に恨みを募らす。このように、伝記ホラーとしてはオーソドックスだが、非常に胸に突き刺さるエピソードを物語の背景にしている。村人を許したい善人の自分と、許せない悪人の自分、二つの相反する感情がヒロインの中でせめぎ合う。そんな彼女に心を寄せ、支える主人公。そこに新たなる真実が舞い込む。ヒロインが助けた村娘、彼女こそが主人公の祖母だったのだ。それを知ったヒロインは「無駄じゃなかったんだ。私が苦しんだの」と涙する。こうして、ヒロインは自らが作り出した悪霊を自分の中へ取り込むことに成功する。

 最終話。再び平和な日々が学園に舞い戻るが、それは二人の別れを意味していた。なぜなら、恨みが解消された今、幽霊のヒロインが現世に留まる理由が何もなくなってしまったからだ。徐々に消え行くヒロインと、彼女の側に最後まで寄り添う主人公。その後の展開は蛇足感が強く、視聴者によって賛否が分かれるだろうが、ともかく、この複雑な物語を上手く軟着陸させたアニメ版スタッフの頑張りは、素直に称賛されるべきであろう。無理やり1クールで終わらせようとして原作を改変し、結果的に無茶苦茶になる作品は決して少なくないのだから。

・総論


 とんでもなく粗削りであるが、とにかく良い作品を作り上げようというスタッフの気持ちがひしひしと伝わってくる意欲作。決して万人にはお勧めできないが、たまにはこういうのもいい。

星:☆☆☆☆☆☆☆☆(8個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:02 |  ☆☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
掲示板2
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2