『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件』

非常識。

公式サイト
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件 - Wikipedia
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2015年秋七月隆文著のライトノベル『俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は神保昌登。アニメーション制作はSILVER LINK.。お嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた主人公を描いた学園ラブコメ。ご覧の通り、タイトルの「拉致」という不快な言葉が削除されて、「ゲッツ」という当たり障りのない言葉に置き換えられている。これはアニメ業界が正常というより、ラノベ業界が異常なだけ。

・設定


 物語冒頭、何の変哲もない普通の男子高校生である主人公は、突然、学校内で四人組のマッチョな軍人に拉致される。今時、マッチョて……。昭和のセンスかよ。それはともかく、彼が無理やり連れてこられたのは、日本のどこかにあるお嬢様学校。彼は、そこにいた学園付きのメイド長に言われるがままに、お嬢様学校の中へと足を踏み入れる。だからさぁ……何度も言うが、この時点で本作は真面目に語る価値もないクソアニメなのである。主人公は見ず知らずの人間に無理やり連れ去られたわけだ。ならば、恐怖に怯え、まずは自分の身の安全を図ろうとするのが普通の反応だろう。意思のある人間が何の抵抗もせず、黙って謎のメイドに付いていくはずがない。死の恐怖がないということは、その人間はすでに死んでいるということだ。そんなゾンビ共が何をやろうと共感できないし、感動もしない。

 その後も、メイド長と学長が口頭でペラペラと世界観を説明するという『アウトブレイク・カンパニー』を彷彿とさせる幼稚な展開が続く。彼女達の言によると、ここは良家の令嬢が集まるお嬢様学校で、その存在は世間から隠匿されているという。だが、ここを卒業した生徒は、庶民に対する免疫がないため、実社会で様々な困難に直面する。そこで、主人公を「庶民サンプル」として起用し、生徒を庶民に慣れさせようとしたのだった。主人公が選ばれた理由は、彼が同性愛者だったから(誤解)。もし、拒絶すると機密保持のために社会的に抹殺されるらしい。もう何度目か分からないが、いつものアレを言おう。こういう設定は、荒唐無稽ではなく「支離滅裂」である。卒業生が実社会で苦労するなら、大本の教育方針の方が間違っているのだから、そちらを正すのが先だ。よしんば、それができない理由があるにしても、講師として招くなり、交換留学生として在学するなり、幾らでも真っ当な方法はある。庶民サンプルが男子高校生である必要もないし、そもそも、ここで働いている教師やメイド達は庶民ではないのか? そういった設定を精査する作業を放棄して、安易に法律と人権無視の方向に舵取りすると、そこはもうリアルの世界ではなくなってしまう。言わば「現実の異世界化」だ。そうなると、あらゆる物事から説得力が消え失せてしまう。そんな人間が愛情やら友情やら語っても空々しいだけだ。

 結局のところ、本作の作り手は「人間に興味がない」のである。キャラクターがただのストーリーを構築するデータでしかないから、こういうことを平気でやるのだ。映像作品として、良い悪い以前に論外である。

・ハーレムアニメ


 こうして、お嬢様学校に所属することになった主人公。ところが、クラスメイトとの初交流もそこそこに、突然、ヒロインからの襲撃を受ける。彼女は「庶民とキスをすると願いが叶う」という噂を真に受けて、主人公にキスをしようとしたのだった。その勘違いはすぐに解消されたが、それがきっかけで二人は仲良くなる。彼女の言葉によると、どうやら彼女の願い事は「クラスの人気者になりたい」らしい。実は、彼女はクラスメイトとなかなか打ち解けられず、昼食も一人で食べるといういわゆる「ぼっち」だったのだ。どうすれば人気者になれるか悩んだ結果、庶民がお嬢様に人気であることに気付いて、彼女は庶民の文化を研究する「庶民部」を立ち上げる。以上が第一話のストーリー後半である。

 アホが作っているのか、このアニメは? 一体全体、本作のテーマは何だ? それは考える間もなく、「上流階級と庶民の対立」だろう。その普遍的で根の深い一つのテーマだけで、1クールのアニメぐらい簡単に制作できる。それなのに、なぜ「ヒロインの自己実現」などという、メインとは何の関係もない目的をこんなにも早い段階で挿入する必要があるのか。まず、お嬢様学校の独特の風習をしっかりと描き、それに戸惑いながらも順応していく主人公を丹念に描く。その過程で学校に馴染めないヒロインを登場させればいい。それが作劇のセオリーだ。わざわざ非日常的な舞台を用意しておいて、部活動などという極めて日常的な物を出す理由が全く理解できない。それとも、作者にとって「ぼっち」というテーマは、他の何よりも優先されるべき最重要事項なのか? それ、ただの本人のコンプレックスだろう。だったら、普通の学校を舞台にして、思う存分、孤独なヒロインを描けばいいではないか。

 その後、本作は複数の美少女ヒロインが次から次へと登場し、皆が庶民部に入部する。そして、特に理由もなく全員が主人公に惚れるが、なぜか本人はそれに気付かない、というどこにでもある凡庸なエロティックハーレムアニメと化す。良識を疑われるほど特殊で不条理な初期設定を構築しておきながら、第一話の中盤という極めて早い段階で無理やり軌道修正して元に戻すという謎のパワープレー。意味が分からない。それほどまで従来のパターンに魅力があるのか、もしくは従来のパターンでしかストーリーを作れないほど無能なのか。どちらにしろ、類似品は世の中に大量に出回っているわけで、本作の存在価値は果てしなく0に近い。

・庶民


 再び時計の針を第一話の前半に戻すが、主人公がお嬢様学校の庶民サンプルになって最も驚いたこと、それは「庶民の人気」であった。深窓の令嬢達は、今まで触れ合ったことのない一般庶民に興味津々で、一種の憧れのような物を抱いていた。そのため、スマホやゲームや漫画、カップラーメン、お笑い芸人などの庶民文化を絶賛し、凄い凄いと褒め称える。そんな庶民文化に通じている主人公は、すぐに学校中の人気者になる。そっちか……。作劇のセオリーに従うなら、まずは主人公が上流階級の華やかな文化に圧倒され、強い劣等感を味わう。さらに、嫌味なお嬢様達に見下されて対立する。だが、お嬢様達の悩みを庶民の知恵と工夫で解決してあげたことで、立場を逆転させてカタルシスを得る。そして、お嬢様は主人公に惚れるが、身分の違いにより素直になれない、という流れにするだろう。そうしないと設定の意味がなくなってしまう。ヒロインの件もそうだが、本作は世の中の常識に悉く反逆している。それで話が面白くなるなら誰も文句は言わないが、面白さの欠片もないから困る。

 要するに、本作もまた形を変えた「異世界転生物」の一つなのである。いや、この場合は「白人酋長」と言うべきか。平凡な人間が未開の異文化集団の中に足を踏み入れ、その土地の人々に崇められて長になる。そうやって周りの人間を見下し、相対的に自分達の地位を高めることで自己顕示欲を充足させる。本作の場合は、庶民凄い=俺凄いだ。だが、さすがにそれは無理がある。上流階級の人間は、金も地位も人脈もあらゆる点で庶民より上だ。庶民文化を誉めているのも、彼女達にとってはただのお遊び、物珍しさを小馬鹿にしているだけ。手に入れようと思ったら、幾らでも手に入れられる。何より忘れてならないのは、主人公が見下している相手は現在進行形で自分を拉致監禁している連中だということだ。これでは、お釈迦様の掌の上で踊る孫悟空である。

 もっとも、それ以前に、はたして主人公を庶民の代表として扱っていいのかという疑問がある。主人公は典型的なオタクである。漫画やラノベを愛読し、メイド喫茶にも興味を持っている。それは視聴者の平均かもしれないが、日本人の平均ではないだろう。また、その一方で、コーヒーチェーン店の複雑な注文方法といったリア充の専売特許のような物にも通じている。女性の扱いも手慣れた物だ。要は、そもそもの「庶民」の定義が広過ぎて、本当に自分がその団体に所属しているのかどうかが曖昧なのである。例えば、現代人や日本人のように定義が単純な物でしか、このロジックは通用しない。そういう意味では、異世界転生物としても中途半端で役立たずなのが本作である。

・ストーリー


 こんな感じで、第二話以降は何の変哲もないハーレム描写が延々と続く。ヒロインのぼっち問題や主人公とヒロインが付き合っているという噂も、特にトラブルが発生することなく、いつの間にか自然消滅している。あまりにも何も起こらな過ぎて、自分が何のアニメを見ているのか分からなくなるぐらいだ。

 ようやく、まともなストーリーらしき物が登場するのは、エンディング直前の第十一話、ヒロインの一人であるクラス委員長に縁談の話が持ち上がってからだ。御家のため、学園を去ることを決意する委員長。だが、それは彼女の本心ではないと気付いた庶民部の面々は、お見合いを妨害するため、武装した私兵に警備された委員長の屋敷に押しかける、というベタ中のベタな展開である。脚本会議など一秒たりとしていないであろう正真正銘の手抜きシナリオだ。これだけ見ると、アニメ『極上生徒会』のラストに似ているが、そちらの場合は大人と子供の対立というテーマを最初から一貫して描いているので、ストーリーに説得力がある。一方、本作は上流階級と庶民の対立というテーマが二の次になっているのは、前述の通りだ。そのため、何の自由もない厳格なお嬢様学校を、まるで子供達の楽園かのように扱うという矛盾が発生している。こういったストーリーにするなら、お嬢様学校が子供の自主性を阻害する監獄のような場所であることを強調し、庶民部の活動によってそれが解放され、自由の素晴らしさを訴えるという流れが必要不可欠であろう。もちろん、そのためには先にラストシーンを作っておいて、そこから逆算してストーリーを構築するという作業を行わなければならないが、セオリーを無視して思い付いたエピソードをただ並べているだけの本作には無理な話である。(ちなみに、メイド長が実は上流階級出身で主人公を庶民サンプルに選んだ張本人だったという伏線は、最後まで回収されない。第二期? あればいいね)

 さて、ここまで本作の短所を書いてきたが、最後に長所も書いておこう。本作は、基本的には恋愛メインのハーレムアニメだが、比較的ギャグの色が濃い。面白いかどうかは別にして、視聴者を楽しませようという意思はあるし、ギャグを生み出す物語構造もしっかりしている。そのため、他のラノベアニメのような不快感は少ない。また、図らずもタイトルが変更されたことで、開き直って劇中でダンディ坂野のネタを多用するのも決して悪くない。庶民文化の象徴として、作品に一本の筋が通るからだ。ただ、問題は、はたして萌えアニメの中でダンディ坂野を見たい視聴者がどれだけいるかだが。

・総論


 異常な設定とは裏腹に、中身は平凡その物。平凡なクソアニメ。後、そろそろ同性愛者を変態扱いするのは、御時世的にやめておいた方が……。

星:★★★★★★★(-7個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:56 |  ★★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
掲示板2
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2