『ローゼンメイデン オーベルテューレ』

誰も得しない。

公式サイト
ローゼンメイデン - Wikipedia
ローゼンメイデンとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2006年。テレビアニメ『ローゼンメイデン』の外伝的な特別編。全二話。監督は松尾衡。アニメーション制作はノーマッド。時系列的には『ローゼンメイデン トロイメント』第六話途中のエピソードになる。つまり、水銀燈が復活し、それを知った真紅が謝罪する前の物語である。ちなみに、ドラマCD等も同時期の出来事であることが多い。

・メロドラマ


 オーベルテューレとは英語で言うところのオーバーチュア、つまり、序曲である。そのタイトルが示す通り、アニメ本編の過去を描いた物語である。主に全ての因縁の始まりである数百年前の真紅と水銀燈の馴れ初めが描かれる。そのストーリーを簡単に紹介すると、制作途中で放棄された「ジャンク」の人形が、お父様への強い愛で意志を持ち、一人で動いて真紅の下へと転がり込む。水銀燈と名乗る未完成の人形に対して、真紅は母親のように優しく接し、ローゼンメイデンとしての立ち振る舞いを教える。しかし、所詮はジャンク、彼女は消え去る運命にあった。ところが、そこへなぜかお父様が現われて彼女にローザミスティカを与え、水銀燈はローゼンメイデン第一ドールとなる。それを知った真紅は動揺する。今まで未完成の人形だと思って見下していた相手が、まさか自分と同等の立場になるとは。その時、彼女が取った行動は……。
 これだけを見ても分かるように、昼ドラを思わせるメロドラマ風愛憎劇であるが、それ自体は決して悪くない。何のコンプレックスも持たない恵まれた存在である真紅が、欠落した存在である水銀燈を嫌悪する感情もよく分かるし、お父様の愛情に恵まれなかった水銀燈が真紅を逆恨みして妬む理由もよく分かる。その歪んだ愛情を象徴するキーアイテムとして、お父様から贈られたブローチを使っているのも上手い。単純に善悪を区別するのではなく、ヒーローとアンチヒーロー、そのどちらも正しく、そのどちらも間違っていると訴えかける深いストーリーだ。それを演じる声優陣の演技力も卓越しているため、極めて質の高いドラマになっている。たった二話しかない外伝だが、かき回すだけかき回して中途半端に終わった『ローゼンメイデン トロイメント』などより遥かに語る価値のある作品であろう。しかし、アニメ版『ローゼンメイデン』シリーズは第一期で完結した作品である。その完成された物語に後付けで設定を加えたことにより様々な弊害が発生し、それが本編にも悪影響を与えている。それゆえ、本作はストーリー以外のところで多くの批判を受けている。

・設定的な問題点


 まず、誰しもが思う疑問は、なぜローザミスティカが一つ余っていたのかである。その頃には、すでにお父様=人形師ローゼンは現実世界からいなくなっているはずだから、活動中のローゼンメイデンが全部で六体だけになってしまい、アリスゲームが成立しなくなってしまう。ローゼンメイデンが七体揃わないままゲームを続けていた真紅達は、とんだピエロだったということか。もちろん、先代の第一ドールがアリスゲームに参加する前に何らかの原因で壊れてしまったということも考えられるが、それではずっと作業部屋に放棄されていたはずの水銀燈が第一ドールを自称したことと理屈に合わない。やはり、第一は最初から欠番だったと考えるのが自然だろう。では、なぜお父様は余った一つのローザミスティカで新たな第一ドール、もしくは第八ドールを作らなかったのか。途中で飽きたのか。夏休みの工作か。ローゼンメイデンを作った人物とアリスゲームを始めた人物が別だと解釈すれば筋は通るが、さすがにそれは苦しいだろう。
 もう一つは、なぜお父様は作りかけのジャンクである水銀燈にそれを与えたのかである。無償の愛を欲した水銀燈の境遇に同情したにしても、それでは究極の少女を作るために長年努力してきた自分自身を否定することになってしまう。例えば、nのフィールドで過ごす内にお父様の中でアリスの定義が変わり、欠落からの成長こそが美しいと考えるようになったとしても、それを示す明確なエピソードが劇中にないため、説明不足の感は否めない。だったら、ついでにお腹も直してやれよと思うのだが。どちらにしろ、ジャンクがいとも容易くローザミスティカを手に入れてしまうと、究極の少女を目指すローゼンメイデンの存在意義が根底から崩れてしまうため、真紅が驚くのも無理はない。立場上、そこは全力で否定しなければならないところだ。そもそも、アニメスタッフは根本的に勘違いしているが、お父様とは「概念」であり実在の人物ではない。基本的には意志という物を持たない存在だ。その辺りの位置付けが非常にあやふやなため、ひどく俗っぽい話になっていることは批判されるべき点だろう。

・ストーリー的な問題点


 思い出して頂きたいのは、気位が高く何の苦労も知らなかった真紅が、初めて自らの存在に疑問を抱いたのはいつかということである。それは第一期の最終回だ。主人公の精神世界における水銀燈との激しい戦いで片腕を失った時、初めて欠落することの苦しみとそこから這い上がることの喜びを知り、人間的に一つ成長したのである。そして、それが第二期第六話の謝罪へと繋がっていく。この一連の感情変化は、本シリーズのメインテーマと密接に係るため、絶対に崩してはならないことだ。だが、もしも本作で描かれた過去が真実であるなら、初めて水銀燈と出会ってからの数百年間、彼女は一度もそのことに気付かなかったということになる。なかなかに酷い女である。となると、第一期で水銀燈に投げかけていた辛辣な言葉は、ちょっとした冗談ではなくて本心だったということだろうか。また、それなら、第一期第二話で雛苺のローザミスティカを奪わなかったのはなぜかという矛盾が発生する。当時の彼女は、もっとドライにアリスゲームを見ていたような気がするが……。
 結局、1クール全十二話でちゃんとまとまっていた話に余計な過去を付け足したことで設定に狂いが生じるというありがちなミスを犯してしまっている。第一期の真紅は、あくまで水銀燈を「壊れた可哀想な子」として扱っており、そこにブローチを巡る恨みなど垣間見えない。しかし、本作のせいで、真紅の言動には裏があるという穿った見方が可能になってしまう。それは第一期の印象を変えてしまうことに繋がるため、外伝が最もやってはいけないことだ。
 以上、本作は真紅と水銀燈の因縁を描いた物語であるが、下手にどちらにも非があるというスタンスにしたため、結果的に優等生の真紅だけが割を食うという悲しい状態になってしまっている。もっと単純な水銀燈の逆恨みストーリーでも良かったように思えるが、キャラクター人気が絶頂期にあったためできなかったのだろうか。ただ、制作スタッフは水銀燈が好きだと公言しているため、確信的な偏見なのかもしれない。そうなると、真紅ファンにはご愁傷様と言うより他にない。

・総論


 ストーリー自体は人の情念がひしひしと感じられる良作なので、設定を深読みしなければ十分に楽しめる。ただ、それはさすがに無理という物。やはり、放送すること自体が間違いだった続編作品の典型例であろう。

星:☆☆☆☆☆(5個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:03 |  ☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2