『四畳半神話大系』

大人向けのエンターテインメント。

公式サイト
四畳半神話大系 - Wikipedia
四畳半神話大系とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2010年。森見登美彦著の小説『四畳半神話大系』のテレビアニメ化作品。全十一話。監督は湯浅政明。アニメーション制作はマッドハウス。冴えない大学生の主人公が、無駄に過ごしてしまった二年間の大学生活を取り戻すため、何度も一からサークル選びをやり直すループ系のSFファンタジー。原作・監督・脚本・キャラクター原案といずれも深夜アニメ初挑戦ながら、テレビアニメ初の文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞した。

・概略


 主人公の「私」は大学生。大学入学後、理想の「黒髪の乙女」と付き合うために軟派なテニスサークルに所属するが、生来の人付き合いの悪さにより孤立し、その反動から悪友の「小津」と共に他人の恋路を潰す黒い活動に精を出していた。だが、そのせいもあって、密かに恋い慕う「明石さん」にも告白できず、不毛で無意義な学生生活を過ごしたことを後悔するはめに。そこで主人公は思う。「別のサークルに入っていれば、違う人生を歩んでいたはずだ」と。すると、なぜか大学一回生の四月まで時間が巻き戻り、主人公は新しい学生生活を何度も繰り返すことになる。はたして、主人公は黒髪の乙女と付き合えるのだろうか。
 この概略を読めば分かる通り、最近流行の「ループ物」である(ただし、本作はループではなく、あくまで同時に存在する平行世界の横断という設定)。最良の結果が出るまで、何度も大学生活をやり直すといういわゆる「モラトリアム」を描いた作品だ。ある意味、人類全員に共通する最大の願望である。それを含め、「何でもあり」な世界観や常に誰かの手のひらの上で踊っているような感覚を味わう点など、作風はライトノベルの『涼宮ハルヒの憂鬱』とよく似ている。もちろん、低質な『エンドレスエイト』などとは違い、サークルごとにガラリと人生も変わるため、作品としても十分に楽しめる物になっている。

・大学


 それ以上に本作とハルヒの最大の相違点は、舞台が大学だということだ。大学は、何をやってもいい「自由」があると同時に、自分から動かなければ何も起こらないまま、あっと言う間に四年間が過ぎ去ってしまう「自己責任」の場所でもある。本作のテーマになっているように、どのサークルに入るかで全く違う人生になってしまう。実際、期待外れのキャンパスライフを過ごして後悔しているOB・OGは星の数ほどいるだろう。そのため、中学・高校を舞台にした他のモラトリアム系アニメ作品よりも、何百倍も話にリアリティーがある。
 また、学生の街、京都を舞台にしたことも良い効果を生んでいる。バンカラと言うかアナクロと言うか、雑多な下町に多数の変人が生息し、学生達が自主的に行動し、学内で秘密組織が暗躍するなどといった何かが起こりそうな予感のする伏魔殿的な雰囲気が、如何にも「京都の大学の学生」という感じなのだ。偏見かもしれないが、これはオシャレな関東の大学を舞台にしていてはなかなか出せない味であろう。
 このように大学を舞台にすることは、設定的にも物語的にも多くのメリットがあるのだが、残念ながらアニメではあまり見られない。萌えアニメに限ると、パッと思い浮かぶのは『ああっ女神さまっ』ぐらいだろうか。主な視聴者層が中高生で、ヒロインを女子高生にしなければならない大人の事情があるとは言え、もう少し増えてもいいはずだ。

・キャラクター


 主人公の「私」は、人一倍プライドが高くて理屈っぽいわりに要領が悪く、そのせいで目の前の好機を逃し続ける冴えない男。理想の女性は古風で清楚な「黒髪の乙女」という典型的な草食系男子だ。基本的に面倒臭い人間である彼が、常に言い訳を周囲に振り撒きながら悪い方へ悪い方へと突き進んでいく様に対して、視聴者はイライラを覚えると同時に自分自身の弱さを投影して共感し、最後には自然と彼を応援していることに気付くだろう。
 そんな主人公とどの平行世界でも友人となるのが、本作において狂言回し的役割を担う小津である。彼は他人の不幸をおかずに飯が食えるという根っからの捻くれ者だが、主人公とは違い、無意義なキャンパスライフを全力で楽しんでいる。一見するとどうしようもない悪党だが、自分の欲望に素直な彼は非常に人間らしく、その反面、意外と友達想いで好きな女性に一途な顔を持つ憎めないキャラクターである。結局、気難しい主人公にとって本当に親友と呼べる存在は彼だけだった。
 そして、ヒロインの明石さんは実に可愛らしい。一年後輩の生真面目でクールな才女で、主人公に輪をかけた変わり者なのだが、彼とだけはなぜか波長が合うようだ。理想の黒髪の乙女よりも自分を理解してくれる女性である。それゆえ、主人公とくっ付くのは彼女しかいないだろうなと思わせる演出は見事だ。何より、それこそがループする動機なので、第一話でそこをしっかりと強調するという構成の抜け目のなさが心憎い。

・脱出


 その後、何度もループを繰り返し、最終的に主人公は「どのサークルにも入らない」という結論を下す。そして、半引き籠もり生活を二年間続けた結果、彼はなぜか自宅の四畳半の部屋だけがどこまでも続く世界に閉じ込められてしまう。そこは平行世界が隣り合わせになった異空間だった。やがて、他の世界の自分を見て周る中、主人公は彼らがそれなりに充実した時間を過ごしていたことを知る。小津が自分の親友であること、不毛と思われた日常が豊穣な世界だったこと、自分がヒロインを愛していたこと、それらを理解した主人公は、ようやく四畳半世界とループを脱出し、ヒロインに告白して感動的なハッピーエンドを迎える。正確に言うと、全ての平行世界が統合されたような状態らしい。そこで、ヒロインもループを経験していたかのような演出を入れるのが素晴らしい。
 ただ、問題点がある。それは本作の設定がループ物ではなく平行世界物だという点だ。平行世界の住民は、視聴者が移動している間もそれぞれの人生を歩み続けるのである。それゆえ、他の世界の主人公は皆、薔薇色のキャンパスライフに失敗し、最後の主人公だけが成功したということになってしまう。つまり、「サークルに入らないこと」が正解ルートであり、「好機を逃さずに一歩踏み出すべきだ」という結論と矛盾する。これがゲームなら完全にクソゲーだ。やはり、ここは単純にループとしておくか、もう一度、一回生の四月まで時間を巻き戻すべきだっただろう。

・欠点


 このように非常に優れた作品なのだが、アニメーション的に見ると一つだけどうしても見過ごせない大きな欠点が存在する。それがナレーションである。
 元が一人称の小説ということで、原作の雰囲気を再現するために主人公がモノローグで語りまくるという形式を取っている。そんなところまでハルヒに似なくていいのだが、彼が話しているのは要するに小説で言うところの「地の文」である。場面説明と状況説明、そして、心理説明だ。だが、映像作品とはそういった説明を「画」で行うから映像作品なのである。言葉で全て説明してしまうなら、それこそ小説を読んでいればいいのだ。しかも、本作の演出はあまり捻らない直接的な物が多い。部長が部を支配している状況を表現するために、ナチスドイツ風の画を入れたりする。小津の見た目は爬虫類のようだとナレーションを入れながら、実際の画も爬虫類化した小津を描くなどといった幼稚な演出もある。自らアニメーションの映像作品としてのプライドを捨て去るような行為には、評価を下げざるを得ない。

・総論


 作品としてはほぼ完璧である。だが、明らかにおかしな点が二箇所あるため、その分を減点した。そして、もう一つの減点対象は万人向けではないということだ。実際にこれまでの人生を無駄にしたという経験がないと、なかなか主人公には共感しづらいだろう。そういう意味でも、本作は純粋に大人向けのエンターテインメントである。

星:☆☆☆☆☆☆☆☆(8個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:39 |  ☆☆☆☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2