『生徒会の一存』

論外。

公式サイト
生徒会の一存 - Wikipedia
生徒会の一存(アニメ)とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2009年。葵せきな著のライトノベル『生徒会の一存』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は佐藤卓哉。アニメーション制作はスタジオディーン。碧陽学園生徒会が自分達の優秀さを世に知らしめるために作ったメタフィクション的構造のハーレムアニメ。名前は似ているが、アニメ『極上生徒会』『生徒会役員共』等とは一切関係ないので注意。なぜか(略)シリーズ第三弾。

・概要


 まず、本作は「作品」ではない。そのため、そもそも本項で取り上げるべき物ではない。例えば、小林よしのり著の『ゴーマニズム宣言』は、漫画を用いて自説を主張する思想書であるが、それに対して「漫画的におかしい」と批判する人はいないだろう。漫画はあくまでツールでしかなく、一般的に言う「漫画作品」ではないからだ。本作も同じである。アニメーションという技法を使ってキャラクターが動くというだけで、一般的に言う「アニメ作品」ではない。もし、これを真面目に批判しようものなら、「ネタにマジレスwwwww」ということになるだろう。よって、触らぬが仏である。
 一応、簡単に説明しておくと、完全なる楽屋オチである。メタフィクションなどと洒落た横文字を使うまでもなく、ただの内輪の悪ふざけ、もしくはお祭り騒ぎだ。物語の演出としてのパロディーではなく、テンプレキャラを使ってパロディーをすること自体が目的である。主人公を筆頭に自分達がハーレム美少女アニメの登場人物であることを自覚し、延々と自画自賛のオタクトークを展開する。言ってみれば、テレビドラマ等の1シーンでステレオタイプなオタク(肥満・眼鏡・アニメTシャツ)がする気持ち悪い内輪話を美少女に置き換えているだけだ。ぶっちゃけ「死ぬほど寒い」のだが、それは主観の問題か。どちらにしろ、作り手が作り手のお友達に向けて自主制作した「結婚式お祝いビデオ」レベルのアニメであり、そんな物を商業ベースに乗せるべきではない。それこそ、「チラシの裏に書け」だ。以上。

・総論


 批評する価値なし。

星:未分類
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 21:44 |  未分類 |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2