『WORKING'!!』

惜しい'!!

公式サイト
WORKING!! - Wikipedia
WORKING!!とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2011年。テレビアニメ『WORKING!!』の続編作品。全十三話。監督は大槻敦史。アニメーション制作はA-1 Pictures。第二期は、タイトルにダッシュが入っていることに注目。ただし、読み方は第一期と同じく「ワーキング」らしい。でも、製作者名は「WORKING!!2」製作委員会。分かり難い続編タイトルナンバー1。

・第二期


 前作からそのまま継続である。変わったのは、監督が交代したことによる演出の違いと背景美術の質ぐらい。ストーリーに限れば、むしろリセットされている。「伊波まひるの成長物語を中心にしたラブコメ」というメインストーリーは一旦保留され、第一話から第一期序盤を髣髴させるようなドタバタ喜劇が続く。当然、その恩恵を一番受けているのは元メインヒロインの種島ぽぷらだ。第一期では、伊波まひるの台頭に弾き出される形で脇役の地位に甘んじていたが、第二期では再びメインに返り咲いている。もっとも、主人公達に子供っぽさをいじられて、喜んだり怒ったりするというだけのマスコットキャラ的な扱いだが。まぁ、本人が楽しそうだからいいか。
 その後、第六話のBパートという非常に中途半端な位置から再びストーリーが再開される。店長の舎弟を巡る騒動が一段落した後、山田葵の兄が妹を探すためにファミリーレストランに現われる。その際、伊波まひるに一目惚れしたことで、主人公を含めた三角関係が発生する。ただし、主人公はあくまで凶暴な飼い犬をしつける心持ちで伊波まひるに接しているため、彼女の気持ちにも自分の気持ちにも全く気付けない。それゆえ、無意識下での葛藤が発生し、彼はひどく情緒不安定になる。
 もっとも、そんな大変な状況もたったの一・二話で解消され、すぐに元の雰囲気に戻る。全般的に第二期は、第一期以上に四コマ漫画を順番に並べただけのまとまりのないストーリーが多い。しかも、そのほとんどがファミレス店内で完結するため、各回の固有差が極端に少ない。サブタイトルを聞かされて、内容を正確に思い出せる人がどれぐらいいるだろうか。続編作品を見るのはシリーズファンだけだと思うが、それでもマンネリ感を覚えるぐらいだから、新規視聴者にはあまりオススメできない作品である。

・コンプレックス


 男性恐怖症にばかり目を奪われがちだが、考えてみると本作の女性陣は全員、何らかの大きなコンプレックスを抱えている。種島ぽぷらは低身長。伊波まひるは男性恐怖症。轟八千代は社会不安。山田葵は家庭問題。白藤杏子(店長)は……何だ、過食症か? 事情をよく知らない人からは「変わり者の集まり」などと称されているが、事態はもっと深刻である。もし、ファミリーレストラン「ワグナリア」でなければ、「バイトにすら雇ってもらえないレベル」だ。これは興味深い設定ではないだろうか。ヒロインに重荷を背負わせて、それを主人公が解消するというギャルゲーにありがちな上から目線の物語構造を、心無い人は「レイプファンタジー」と呼称したが、本作はそういった単純な分類パターンでは止まらない作品になっている。
 例えば、フロアチーフの轟八千代を見てみよう。彼女は幼い頃から気が弱く、いじめられっ子だったため、常に日本刀を携帯して登校していた(設定的には「帯刀していたため、いじめられていた」となっているが)。ある日、スケバンだった白藤京子と知り合ったことで、人生が一変する。その後、白藤杏子がファミレスの雇われ店長になったことで、彼女を敬愛する轟八千代もそこでアルバイトを始める。劇中の台詞によると高校も満足に通えていなかったらしく、普通に考えて接客業ができるような性格ではない。日本刀に関することは、もちろんギャグアニメ的な誇張だが、彼女のネガティブな性格の象徴にもなっている。そんな彼女が社会生活に復帰できたのは、ワグナリアだからである。もっと言うと、この店が抱える「優しさ」のおかげである。外敵のいない居心地の良い場所という構造は世の○○部と同じだが、ここは社会と密接に係わり合う職場。そのため、厳しい現実の中の「あったらいいな」的なアジール(聖域)を本作は描いている。

・山田


 もう一人、例を出そう。第一期の後半から登場したキャラクターの山田葵だ。彼女は家出娘である。名字は偽名。年齢は自称十六歳だが、おそらく中学生。家出して行き場のなかった彼女は、店長の好意によりワグナリアの天井裏に居候し、住み込みアルバイトをすることになる。性格は自己中心的で空気が読めず、後先考えなく行動するトラブルメイカー。基本的に感情と行動が一致しないタイプなので、仕事は全くできない。にも係わらず、甘やかされること、褒められることを周囲に要求する。また、家出した原因は(アニメでは)不明だが、どうやら家庭の問題らしい。そういった背景があるせいか、彼女は家族という物に対する人並み外れた執着心があり、スタッフを捕まえて無理やり自分の家族にしようとする。
 さて、ここまで書いてきた設定に何か不自然な部分があるだろうか。いや、何もない。確かに変わり者だし、少々発達障害的な部分も目立つが、実に普通の中学生らしい複雑そうに見えて単純極まりない心理である。世の中に強い不満を抱きつつも、それが具体的に何を差すのかは分からず、自分は万能だと過信しているが、実際の能力は人並み以下。そんな本来の意味で言う「中二病」だ。かつて誰もが通ってきた道であり、できることなら二度と直面したくない物だが、それをワグナリアは真正面から受け入れるのである。それもただ慰めるのではなく、仕事を与えて一人の人間として扱う。こんなファミレスは世界広しと言えど、ここだけであろう。
 このように、いろいろと問題の多いオタク文化において、ほぼ唯一にして最大の長所が「弱者に対する優しさ」である。それも、世に跋扈する自称ヒューマンドラマのように上から目線で説教するのではなく、弱者の側に寄り添い、共に歩くという姿勢。それは、作り手も受け手も自分達が弱い者だと十分に自覚しているからこそできることである。オタクがメジャー化したことで最近は少なくなってきたが、本作にはそういった古き良き部分が色濃く残っている。なるほど、それこそが『WORKING!!』というタイトルに込められた意味なのであろう。

・最終回


 第二期の最終話のサブタイトルは『さよならぽぷら』である。そのタイトル通り、種島ぽぷらが受験のためにバイトをやめるかやめないか(結局は山田の早とちり)という話である。え、マジで? 本作のメインストーリーは「伊波まひるの成長物語を中心にしたラブコメ」だったはずだが、ここに来ての急な路線変更には度肝を抜かされる。元々、小さくて可愛い種島ぽぷら目当てでバイトを始めた主人公が、彼女がいなくなってもバイトはやめないと宣言することで、伊波まひるとの仲が少し接近するというラブコメ展開がないわけでもないのだが、全体的なストーリーの統括という意味では全く無価値である。もちろん、種島ぽぷらファンには最高の展開なのだろうが……。
 『WORKING!!』という作品には三つのストーリーがある。それは主人公と伊波まひるの恋物語、佐藤潤と轟八千代の恋物語、そして、山田葵の家出にまつわる物語だ。いずれも第二期では全くと言っていいほど進展しない。続編があること前提の構成だが、なかったら悲惨である。もっとも、仮に第三期や完結編が作られたとしても、その頃には「第二期はただの繋ぎ」と呼ばれることになるだろう。そう考えると、種島ぽぷらの屈託のない笑顔がすでに哀しい。

・総論


 面白いことは面白いのだが、ストーリー的には長編物語の途中経過でしかないため、評価のしようがない。もう少し、より良い構成方法があったと思うのだが。

星:☆☆☆☆☆(5個)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 21:59 |  ☆☆☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2