『天体のメソッド』

感動の押し売り。

公式サイト
天体のメソッド - Wikipedia
天体のメソッドとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2014年。オリジナルテレビアニメ作品。全十三話。監督は迫井政行。アニメーション制作はStudio 3Hz。男女五人の中学生が七年前に途切れた絆を取り戻す青春ファンタジー。タイトルの読み方は「そらのめそっど」である。

・第一話


 本作の原案・脚本を務めた久弥直樹は、十八禁美少女ゲーム『ONE ~輝く季節へ~』『Kanon』で一時代を築いたシナリオライターである。それらはいわゆる「泣きゲー」のパイオニアであり、エロゲーでありながらプレイヤーを感動させ、泣かせることを主目的としている。そんな彼が、初めてアニメ全編の脚本を手がけたのが本作になる(原案・脚本としての初参加は『sola』)。つまり、アニメ作家としてはほぼデビュー作ということであり、如何に優秀なシナリオライターと言えど実績はないに等しい。その結果、如何にも経験不足な点が多々見られ、特に本編への道標となる第一話にそれらが集約されている。
 主人公は母親を病気で亡くして以来、父親と二人暮らししている女子中学生。中三の夏休み、父親の仕事の都合で七年前まで住んでいた街へ引っ越すことになる。その街は七年前から謎の「円盤」が空に浮いており、当時は大問題になったが今では名物の一つになっていた。そこで主人公はノエルと名乗る一人の少女と出会う。直後、ある勘違いがきっかけで仲違いするが、主人公が七年前に彼女と会っていた過去を思い出したことで仲直りする。これが第一話のストーリーである。文字にしてみると何もおかしな点はない。だが、実際の映像はアニメの第一話として見ると少々厳しい物になっている。まず、何より主人公のリアクションが薄過ぎる。空に浮かんでいる円盤を見ても、明らかに怪しげな少女に遭遇しても、突然出会った女性に罵倒されても、中学生とは思えないほど冷静沈着で感情変化に乏しいのである。何度も何度も書いているが、主人公の存在意義は視聴者とのリンク役だ。視聴者はその世界のことを何も知らないのだから、見る物全てが初見で驚きの連続である。主人公はその感情を代弁し、作品世界の中へとスムーズに誘導しなければならないのに、本作の主人公はふらふらしてるだけで、ろくに道案内もしてくれない。特に謎の少女に関しては、二人が知り合いだったことを知っている視聴者に対し、当の主人公がなかなかそれを思い出してくれないので両者の間に溝が生まれる。しかも、それが記憶喪失なのか、ただ単なる物忘れなのかが現時点では判断できないため、さらにイライラが溜まる。かと思えば、くだらないことで一気に感情を爆発させて暴走するので、視聴者の方が慌てて彼女を追いかけるという本末転倒な事態になっている。
 また、感情の変化が乏しいということは、その人物のキャラクター像がよく分からないということである。真面目で努力家だということは分かるが、あまり迷うことなく何でもかんでも自分で勝手に結論を出してしまうため、人間的な深みが感じられない。まるで、エロゲーの主人公のようだ……と書きかけて、このアニメはエロゲーのシナリオライターが作っていることを思い出す。

・構成


 本作の構成上の特徴の一つは、その属しているジャンルからは想像できないほど、シリアスで重苦しいシーンの割合が多いことである。概算でも全体の半分以上はそういったシーンだろうか。先程まで穏やかな日常話を行っていたはずなのに、気を抜くとすぐに真面目な話へとシフトし、どこからともなく哀しいBGMが流れ始める。本作の登場人物は皆、過去の事件絡みで主人公と因縁があり、寄ってたかって彼女を叱責する。深みのあるストーリーを行う上で、シリアスなシーンは必要不可欠だが、さすがにそんな場面ばかりだと見ている方も気が滅入ってくる。しかも、その過剰なシリアス展開は第一話の中盤から早くも発生するのである。そのため、本作の第一印象を一言で述べると間違いなく「暗い」になる。少なくとも、田舎町・中学生・夏休み・円盤・謎の少女といったキーワードから連想されるようなのんびり・ほのぼのとした雰囲気はこの作品にはない。
 もう一つの特徴は、とにかく回想シーンが多いことである。本作のキャラクターは物語の途中で事あるごとに七年前のことを回想し、過去と現在の自分達を照らし合わせる。多い時は一話の中で十回近くもそんなことを繰り返す。確かに、過去の断絶と絆の再形成が本作の中心軸になっているため、回想シーンの重要性は他の作品よりも高いのだが、それにしても数が多過ぎる。一回で描けることを何回にも小分けしたり、ちょっとした会話や独り言で済むような細かい記憶までわざわざ映像化したりしており、こう何度も繰り返されるとさすがにうんざりしてくる。そもそも、回想シーンは作者にとって非常に都合の良い便利なテクニックである。「実は過去にこんなことがありました」と後から提示することで、伏線の後付けが幾らでも可能になるからだ。だが、多用すると本作のようにテンポが悪くなるばかりか、登場人物が過去にしか目が向いていない鬱屈した人間になってしまい、作品自体が小さくまとまってしまう。すると、益々内向的な「暗い」アニメになってしまう。
 さらに言うと、シリアスシーンと回想シーンに削られて相対的に少なくなったコミカルなシーンも、どこか「暗い」。その根本的な原因は何かと考えると、どうやら主人公のCVにありそうだ。新人声優にありがちな全く中学生に聞こえない一本調子の拙い演技が、コメディーの質を明らかに下げている。すると、そのシーンで描かれるべき楽しい日常や友情の大切さが伝わって来なくなり、結果、後述の諸問題が浮かび上がってくる。

・ストーリー


 本題に入る前にストーリーを紹介しておこう。七年前、主人公を含めた女四人男一人のグループは、自分達の願いを叶えるために主人公の提案で円盤を呼び出した。だが、その直後、母親の治療目的で主人公は引っ越ししてしまう。七年後、街に戻ってきた主人公だったが、母親の死の影響で昔のことを綺麗さっぱり忘れていた。一方、円盤によって不利益を受けていた友人達は、昔のことを思い出せないまま帰ってきた主人公を自分達に対する裏切りと認識する。この設定をベースにして、過去に捕らわれて前に進めない友人達を主人公が救済するのが本作の骨子である。何のことはない、ありがちなエロゲーストーリーである。その救済方法にしても、円盤の出現によって花火大会が見られなくなったことを恨む友人のために自分達を打ち上げ花火を上げようとする、流星群を見る約束をすっぽかしたことを恨む友人のために学園祭でプラネタリウムを上映しようとするなど、実に直接的だ。しかも、それらは基本的に失敗するのだが、頑張ったからOKという流れになり、最後は奇跡的なことが起こって大団円という基本に忠実な作りになっている。
 第十話辺りからノエルを中心に話が進み出す。視聴者は全員分かっていたと思うが、ノエル=円盤である。彼女は主人公達の「ずっとみんなでニッコリしていたい」という願いを叶えるためにやってきた。その望みが叶った時、彼女は自分の世界に帰ってしまう。それを嫌がる友人達は、わざと仲の悪いふりをするというストーリーなのだが、どうにもしっくりこない。その理由を推測すると、要は主人公達にとってのノエルの存在価値がよく分からないからということになる。よくよく考えてみると、感情変化に乏しい主人公のノエルに対する態度は最初から素っ気なかった。あからさまに怪しい少女の素性を確認することもなく、基本は放置。時折、主人公達の遊びに参加するが、彼女が中心になるようなエピソードはないため、仲間意識が希薄。そもそも、本作には明るくて楽しい日常パート自体が少ない。そんな状況下では、ノエルがいなくなることに対する重大さがいまいち伝わって来ないのである。こういったストーリーにするなら、第一話からノエルを中心に話を進めて、彼女の働きによって何らかの変化が起きたとしなければならないだろう。
 第十二話と第十三話は、突然、円盤が存在しなかった世界に主人公がタイムスリップするというファンタジックな話に移行するが、明らかに蛇足である。元々、自分達の利己的な願望を叶えるために彼女を呼び出したのだから、それを別れたくないからと言って、もう一度呼び出すというのでは筋が通らない。設定的にもストーリー的にも、まだまだ練り込みが足りなかったのではないかという印象を受ける。

・感動


 さて、本題に入ろう。本作は「一大感動巨編」である。感動、感動、また感動。どこを切り取っても感動の嵐。最初から最後まで感動が詰まっていて感動。これは皮肉でも何でもなく、本作は第一話から第十三話まで全て感動話なのである。下手したら一話の中で二本立てなんてこともある。内容は上記の通り、ほんの少しの心のすれ違いから誰かが困難に陥り、それを主人公達が奮闘して癒すという流れ。それ自体に何ら落ち度はないのだが、さすがに最初から最後まで同じだと飽きる。長過ぎる休みは仕事への渇望を生むように、何事も陰と陽のメリハリが大切だ。コミカルとシリアスの程良いバランスを積み重ねて最後の最後に大きな感動を生む。それが物語という物だろう。
 一体全体、なぜこのような状況になっているのだろうか。その理由は明白だ。なぜなら、感動的な話を作るのは極めて容易だからである。ある一定の「メソッド」に沿ってさえいれば、誰でも簡単に作れてしまう。その一番分かり易い例がノエルだ。純真無垢で幼気な女の子を出し、その子をつらい目に遭わせる。すると、視聴者は勝手に可哀想という感情を募らせて涙を流してくれるのである。これはかつての泣きゲーで散々使われていた創作テクニックである。それに慣れている人が見れば、ノエルが画面に登場した瞬間、「この子が途中でいなくなって最後に帰ってくる」というストーリーが頭に浮かぶだろう。彼女はそのための道具に過ぎない。その証拠に、彼女の素性は最後の最後まで分からない。円盤とは何なのか、何のために願いを叶えるのか、なぜ願いを叶えるといなくなるのか、どういったメカニズムで歴史を操るのか、全てが謎のままである。説明できないことはないが、彼らは絶対に説明しないだろう。なぜなら、そこにロジックを導入してしまうと彼女が奇跡を生み出せなくなり、本作のストーリーが成立しなくなってしまうからだ。つまり、彼女は制作者にとって極めて都合の良い「奇跡発生装置」なのである。
 結局、本作に何が足りないかと言うと、「制作者の訴えたい物が何もない」ことだ。おそらく友情がメインテーマだと思うが、本作を見て「身近な友人を大切にしよう」と決意した人が一人でもいるだろうか? 確かに感動する。人によっては涙を流すだろう。だが、それは小手先のテクニックを駆使し、視聴者の涙腺を刺激する必勝マニュアル通りに作っただけであって、全く心に響かない。人の心を動かせるのは人の心だけ。制作者が本当に心の底から「友情は大事」だと思っていて、その想いを余すところなく映像に詰め込めば、テクニックなど使わなくとも本当の意味で感動できるはずだ。

・総論


 とにかく「くどい」。ラーメンの中にカレーライスとハンバーグと寿司を混ぜ込んだような濃密さでありながら、味が薄くて何も残らない。古の泣きゲーの亡霊が現代に甦ったようで、どこか懐かしさを覚えると共に、そのメソッドの限界も感じられて哀しい。

星:☆☆☆(3個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 11:41 |  ☆☆☆ |   |   |  page top ↑

『そらのおとしもの』

落ち物。

公式サイト
そらのおとしもの - Wikipedia
そらのおとしものとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2009年。水無月すう著の漫画『そらのおとしもの』のテレビアニメ化作品。全十三話。監督は斎藤久。アニメーション制作はAIC ASTA。平和を愛する少年がある日突然、空から落ちてきた少女と出会ったことから始まる学園ファンタジーラブコメ。EDムービーはかつての歌謡曲をカバーした歌と共に毎回変わるという凝った作りになっている。

・落ち物


 主人公は毎日をつつがなく平和に暮らすことをモットーにしている性欲旺盛な一人暮らしの男子中学生。毎朝、隣に住むツンデレな幼馴染みの女の子にやや暴力的に起こされている。学校では「新大陸発見部」なる謎の部活に関与し、変態な先輩男子やミステリアスな女子生徒会長と仲が良い。そんなある日、主人公は空から落ちてきた一人の女の子と出会う。自分自身を「愛玩用エンジェロイド」だと称する彼女の背中には羽が生えており、魔法のような不思議な力を使うことができた。また、彼女はなぜか主人公のことをマスターと呼び、彼の側から離れようとしないので、仕方なく二人は主人公の家で同棲することになる。
 「何だ、このベタなストーリーは」と思うかもしれないが、本作の原作漫画が発表されたのは2007年。もしかすると、その人が考えているベタな展開のオリジナルがこの作品だったかもしれない。ただし、本作以前にも似たような作品は幾らでもあったわけで、本作はそれらを一つにまとめて再構成し、標準化しようとした最大公約数的な作品と定義付けることもできるだろう。もちろん、それは「良く言えば」の話であって、悪く言えば非常に発想が貧困で何の捻りもないステレオタイプな作品である。
 これらは一般的に「落ち物」と呼ばれるジャンルに該当する。ある日突然、冴えない主人公の元へ不思議な少女が現れ、彼女の持つ特異な力で平凡な日常に大きな変化が起きる。このジャンルの始祖は漫画『うる星やつら』だと言われているが、異世界の少女とのボーイミーツガールなど探せば古今東西に溢れており、言ってみれば『竹取物語』などもそれに該当するだろう。そんな落ち物のメリットは一つ。平凡な日常の中に突如として異物が入り込むことで、特別な設定的根拠を必要とせずに非日常的なシチュエーションを形成することが可能な点だ。具体的に言うと、美少女との同棲生活やファンタジックな冒険、ハーレム展開といった辺りになる。いずれも男性の都合の良い夢を具現化した物であり、落ち物以外でそれをやろうと思ったら、主人公側に何らかの特殊設定を盛り込まなければならず、それだと「何の取り柄もない主人公」という視聴者との数少ない接点が失われてしまうため、物語作りに自信のない作家が不利になる。そういった点が落ち物が世に蔓延する一番の理由だろう。無論、『天空の城ラピュタ』のような落ち物の傑作も存在するため、実力のある作家が扱えば名作が生まれるのは言うまでもない。そこがベタのベタである所以だ。

・ラブコメ


 上記の流れを辿って、男子中学生と愛玩用エンジェロイドの奇妙な同棲生活が始まる。彼女は願いを何でも叶える不思議な力を有しており、主人公はその力に溺れて夢のような時間を過ごすが、調子に乗り過ぎて結果的に大きな失敗を犯す。それに懲りた主人公は「危ないから」という理由で彼女の力を使わなくなる。と、この第一話の展開はなかなか秀逸である。物語の冒頭で少女の特殊性をこれでもかと見せ付け、日常の中に非日常が割って入る感覚を描写する。その上で少女の力が強過ぎて危険な存在であることも認識させ、そして、主人公が自ら力を律することで、彼はただのオチャラケた馬鹿学生ではなく、状況判断がしっかりできる誠実な人間だと視聴者に分からせる。落ち物の第一話としてはこれ以上ない導入部であり、今後の展開に期待を抱かせる。
 その後、ヒロインを中心にしたドタバタ学園ラブコメが最後の最後まで続く。この手の落ち物のお約束として、女性の胸だの下着だのを強調した「ちょっぴりエッチ」な作風になる。ここで性描写に関するさじ加減を少しでも間違えるとただの「下品」な作品になり、特定の人間以外は不快感を覚える作りになってしまう。それを回避するにはどうするか。何のことはない、エロスがギャグに直結していること、要は「笑えればいい」のだ。つまり、目的がギャグになるかエロスになるかで視聴者の心構えや気持ちの許容量といった物も変わってくる。とは言え、これが一番難しい。偏見かもしれないが、今時ベタな落ち物を作ろうとする人間が世の中の喜劇や演芸に幅広く通じているとは考え難く、実際、昨今の自称ギャグアニメは同じ畑のサブカル文化をパロディーにした内輪ネタばかりが目に付く。だが、本作はなかなか面白い。誇張やデフォルメがちゃんとなされており、ネタの勢いもある。何より話のベースが誰かを助けたいと願う人情喜劇なので、登場人物に感情移入できて後味も良い。また、人物配置に関しても、主人公のエロ行動を否定する者(幼馴染み)、エロ行動を焚き付ける者(女子生徒会長)、エロ行動を冷静に分析する者(先輩男子)と揃っており、ただ単なる本能の暴走で終わらないようにしているのは良い。
 ただ、今時、紙媒体のエロ本が登場したり中学生が下着に大興奮したりと、どうにもセンスが古めかしく感じるのは否めない。また、幼馴染に対して性的に欲情するのに恋愛感情はないというお約束も現実味に乏しい。これはこれで構わないが、本作を参考に新しい落ち物を作ろうと考える人がいたら控えて頂きたい物だ。

・人造人間


 ヒロインは自称「愛玩用エンジェロイド」。エンジェロイドとは天使とアンドロイドを合体させた造語。愛玩用とは読んで字の如くであり、中学生ぐらいには難しいかもしれないが、高校生にもなれば何となく察しが付くだろう。その名が示す通り、彼女の首には鎖が付けられ、雇用主である「マスター」に絶対服従を強いられている。ヒロイン自身も記憶と感情が乏しく、人間社会で生きるために必要な一般常識すら持ち合わせない。そんな彼女だったが、主人公達と一緒に楽しい時間を過ごしている内に段々と人間らしい心を獲得し、幸せに生きることとは何かを学習していく。このように「人造人間の幸せ」が本作のテーマである。これまた非常にベタな内容だ。そもそも、アニメや漫画に出てくる「萌えキャラ」自体が、視聴者を楽しませるためだけに作られた愛玩用ロボットのような物なので、テーマとの親和性は高い。「萌えキャラの幸せとは何か」と変換すれば本作の内容も頭に入って来易いだろうし、萌えアニメという物を見直す良いきっかけになるだろう。
 本作の特徴にして最大の長所は、最初から最後まで一貫して主人公達がヒロインのことを「人に作られた可哀想な存在」であると認識し、その境遇に同情していることである。彼女を家に招き入れたのも「放っておけなかったから」だし、主人公をマスターと仰いで理由もなく服従する彼女に対して、主人公は欲情を抱くことを自制し続ける。主人公の友人達もヒロインを特別扱いすることなく、人間社会に馴染めるように様々な面からサポートをする。それは彼女を一人の人間として認め、その人権を尊重しているからである。一見、人として当たり前のことのように感じるが、そこらの三流萌えアニメではこれが全くできていないのが実情だ。人間社会の勝手が分からず戸惑うヒロインをまるで奴隷のように扱ったあげく、性欲のはけ口にする。愛玩用という言葉が分からない中学生ならまだしも、大の大人のすることではない。第十一話では、エンジェロイドを作り出した人々に対して主人公が「ぶん殴ってやりてぇ」と呟くが、今までずっとヒロインを手厚く保護してきた人間だからこそ、言葉に重みがある。これが、ずっとヒロインを性奴隷扱いしてきた人間の台詞だと「お前が言うな」になるだろう。本作は万人にオススメできないエロ重視の低俗なドタバタラブコメであるが、この終始一貫した姿勢だけは誇ってもいい。
 もっとも、そんな本作のキャラクターも二次創作の場では当たり前のように淫らに凌辱されているわけで、改めて人権意識とは何かを真面目に考えたくなる。人間とは善と悪を兼ね備えた生き物であり、綺麗な花ほど汚したくなるという気持ちは分かるが、やはり物悲しいことだ。そういった人間がオタクの地位向上を訴えても空々しいだけである。

・愛


 話を元に戻すが、第六話、もう一人のエンジェロイドである「ニンフ」が突然、劇中に現れる。この「突然」という言葉は演出的にも物語的にもそうであって、あまりにも唐突過ぎて違和感を禁じ得ない。何のエピソードもなしに主人公の家に住み付き、記号的なツンデレ言動を繰り返す。当初予定されていたストーリーが何らかの事情で急遽カットされたのでなければ、完全なる手抜き工事である。落ち物に対するセルフパロディーとも取れなくはないが、もう少し上手くできなかったのだろうか。
 それはともかく、彼女の働きによってヒロインの素性が明らかになる。本当のヒロインは愛玩用エンジェロイドなどではなく、かつて地上を滅ぼしたこともある最強の兵器を身に宿した戦闘用エンジェロイドだったのだ。それが何者かによって記憶を封じられた上で地上に落とされ、ニンフの役目はそんな彼女を回収することだった。ここで多くの人が本作の抱える決定的な設定の矛盾に気付くであろう。つまり、第一話で見せていた何でも叶える圧倒的な力は何だったのだと。あの魔法のような力を自由に使えるなら、戦闘用も何もない。原作漫画の読者なら途中で路線変更したと分かるだろうが、アニメ版が初見の視聴者は同じ物語の中で急に設定が変わったようにしか受け取れないわけで、アニメ化するに当たってその辺りをもっと調整すべきだっただろう。
 それもともかく、彼女の働きによってヒロインは記憶と感情を取り戻す。だが、作られた人造人間であるがゆえに、たとえ感情が戻っても人を愛するという気持ちだけは理解できない。そのため、主人公に対して芽生えていた胸を熱くするざわざわとした感情が何なのか分からない。だが、彼女は自分が殺人兵器であることを主人公に打ち明けられず、主人に絶対服従のエンジェロイドのはずなのに嘘を付いてしまう。そう、それこそが愛の形なのだ。ラスト、ヒロインを連れ戻すために戦闘用のエンジェロイドが送り込まれる。自分が兵器であることを打ち明けられず、戦いを拒むヒロインに対して、主人公は最初から分かっていたと言い、彼女を受け入れる。そして、協力して敵を撃退する……と良い話ではあるのだが、冷静に考えると本作は世界をも滅ぼす力を持った兵器が「自立」した話でもある。それは非常に恐ろしいことだ。愛ゆえに暴走して地球滅亡なんて結末もあるかもしれない。その辺りの詳細は続編で語られるのだろう。

・総論


 決して万人にオススメできる作品ではないが、劣化コピー品を見るぐらいならオリジナルを見るべきだ。つまり、本作を……ではなく、『うる星やつら』を見よう。

星:☆☆☆(3個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:43 |  ☆☆☆ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2