『魔法戦争』

町内運動会。

公式サイト
魔法戦争 - Wikipedia
魔法戦争とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2014年。スズキヒサシ著のライトノベル『魔法戦争』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は佐藤雄三。アニメーション制作はマッドハウス。魔法使い同士の戦争に巻き込まれてしまった主人公の数奇な運命を描いたファンタジー学園ドラマ。最終回のシナリオを書いた脚本家が、その実際の放送を見て驚きのツイートをするという事件が起こった。つまり……どういうことだ?

・幼稚


 ある日、高校生の主人公は放課後の学校で気絶したヒロインと出会う。やがて、彼女が目覚めた時、ひょんなことから二人はキスしてしまう。思わぬハプニングに慌てふためく主人公。こう書くとありがちなラブコメのオープニングのように思えるが、ここに一つの大きな問題がある。なぜなら、普通の人間はキスしたことではなく、彼女が手にしている物騒な拳銃の方に慌てふためくはずだからだ。
 いや、もしかしたら多感な男子高校生にとっては、目の前で硝煙を上げる銃口よりもファーストキスの方が重要なのかもしれない。だが、その直後、物騒な大剣を持って襲いかかってきた敵に対して、主人公が竹刀一本で勇猛果敢に立ち向かったことにより、彼は純情な少年なのではなく、ただ単に危機管理能力が著しく欠落した馬鹿な子供なのだということが分かる。普通の人間なら竹刀では真剣に勝てないことぐらい分かる。剣道の心得があるなら尚更だ。だから、身の危険を覚えて動揺し、何とかその場から逃げ出そうとする。確かに、それはヒーローらしくないカッコ悪さだが、勇敢であることと無謀であることは違う。例えば、五歳ぐらいの子供は平気で道路に飛び出したりするが、彼は精神年齢がその程度で止まっているのだ。そういった主人公が当たり前のように存在できる作品は非常に「幼稚」であり、大人の鑑賞に耐えられる物ではない。
 何度も書いていることだが、「子供向け」と「幼稚」は全く違う概念である。ジブリ映画は子供向けだが、幼稚とは誰も言わない(『ゲド戦記』は除く)。なぜなら、設定も脚本も十分に練り込まれ、キャラクターの行動に論理性と一貫性があるからだ。一方、本作の場合は、全体の整合性やバランスを深く考えず、作者の思うカッコ良さをとりあえず詰め込んでいる。すると、主人公の性格が場面場面によって変化するという異常性を引き起こす。また、平凡な主人公が特に理由もなく重要人物扱いになったりもする。創作の本質はキャラクターだ。親しみのある魅力的なキャラクターがどう行動するか、それが全てである。申し訳ないが、本作の主人公に自分の分身としての役割を与えることは難しい、第一話冒頭のほんの短い時間でそれが判断できてしまう。

・設定


 本作は稀代のクソアニメである。ただ、中心のストーリー自体はそれほど酷くない。酷いのは作品全体に細かく散らばっている設定や脚本のミスである。そのため、作品に対する評論が非常に書き辛い物になっている。なぜなら、悪い点を全て書き出すと、それだけで膨大な量になってしまうからだ。そこで、本項では三つの大きなポイントに絞って見て行きたいと思う。
 まずは設定である。本作は、魔法使いの一族が人間社会に隠れて暮らしており、地位向上を掲げた急進派と現状維持の穏健派が激しくいがみ合っているという『ハリー・ポッター』シリーズとよく似た世界観を採用している。十六年前、そんな両者の間で魔法大戦が勃発し、世界は物理的に二つに分断された。主人公達の住む現存世界には魔法で戦いができぬように「ギフト」という名の結界が張られ、もう一つの崩壊世界で戦争が継続された。そんなある日、ヒロインの不注意で魔法使いになってしまった主人公達は、崩壊世界にある魔法学院への入学を薦められる。魔法学院は双方にとって利用価値があるため、戦時下でも安全なのだ。兄を助けるために一人で戦い続けるヒロインの境遇に同情した主人公は、魔法学院への転校を決意する。そこで一人前の魔法使いになるための厳しい教育を受けるのだった。
 十六年間も戦い続けられるほどの戦力は両者にないだろう。戦闘行為を禁止するという(作者にとって)都合良過ぎる結界が張れるぐらい強大な魔法力があるなら、戦争自体を止められるだろう。何で世界規模の話なのに全てが東京都内で完結するんだよ。何で最前線の魔法学院に日本人しかいないんだよ。魔法学院が安全だって主張はただの主観だろう。そもそも、崩壊世界にないじゃねーかよ。主人公が転校を決めた理由は、殺伐とした家を出たかったからじゃないのかよ……等々、ツッコミどころは幾らでもあるのだが、それらは所詮、些細なミスに過ぎない。一番の問題は「戦争」についての考え方である。大規模な衝突がないとは言え、今は間違いなく「戦時中」であり、仲間が次々と命を落としているはずなのに、画面にまるで緊張感がない。かつての日本を見れば分かる通り、いくらそこが安全地帯であっても、すぐ隣で戦争が行われているなら日常生活に何らかの大きな影響が出るはずだ。それがないということは、戦争とは名ばかりの「戦争ごっこ」を延々と続けているということである。その証拠に、後日、ギフトが破られて現存世界でも戦争が可能になるのだが、ほんの数秒間の戦闘シーンが描かれただけで後は綺麗さっぱり忘れ去られる。まるで暴力団の抗争レベルの話である。魔法戦争が聞いて呆れる。結局、制作者が戦時中という状況を具体的に上手くイメージできないため、描きたくても描けないのだろう。それは非常に情けないことである。

・時間


 ダメな映像作品の特徴の一つに、シーンごとに時間と場所がワープするという物がある。前後のカットが上手く繋がらないせいで状況判断に支障を来たし、最悪の場合、ストーリーが理解できなくなるという残念な状況を生み出す。ただ、それは言っても一分・一時間単位である。一方、本作の場合は一日単位、下手すると一ヶ月単位で時間が飛びまくる。そのため、つい先程描いたことが、次のシーンではもう完全に過去のことになっているという事態が頻発する。
 また、時間が飛ぶということは、その間に描くべきことが何も起こらなかったということである。それは「平和」であることを意味し、戦時中という現状と矛盾する。結果、作品の雰囲気を意図しない物に作り変えてしまう。そもそも、そこまでして時間を飛ばさなければならない理由がよく分からない。例えば、劇中でボスが封印から目覚めるのは六月十五日だと敵の占い師が予言する。すると、回を跨いだ次のシーンではもう六月十五日になっているのである。だったら、最初から予言したその日に目覚めてもいいのではないだろうか? 普通はその間に何らかの事件が起きる物ではないのか? 本作のストーリーは一年にも渡る長い物語だが、こうやって不要な空白時間を削除していけば、一ヶ月程度に短縮できるはずだ。そうすれば、もっと濃密で緊迫した物語になっていただろう。
 なぜ、このようなことになっているか。その理由は至極簡単で、敵味方、双方の陣営に「戦略」がないのである。大規模な戦争において、どのような行程で軍を進め、どのようなスケジュールで兵を展開するか、司令部が事前に協議してアウトラインを定めるのは当然のことだが、本作にはそういった物がどこにも感じられない。現場の兵士が勝手に作戦を決め、勝手に行動に移している。だから、各種のイベントの発生時期が何の規則性もなく飛び飛びになる。そこに組織という物は存在しない。まさに幼稚な戦争ごっこである。上記のギフト破壊にしても、ボスの復活を喜んだ敵の指揮官が復帰祝い代わりに独断で行っている。そんなに簡単に破壊できるなら、十六年前にやれという話である。
 ちなみに、戦略がないなら、当然「戦術」もない。謎の人質交換作戦とか謎の主人公推し作戦とか。捕まえた捕虜を洗脳して人格改造した上で解放するという、どう考えても人道的にアウトなことさえ行っている。指揮官は子供なのか、と思ったら本当に子供だった。そういうところにリアリティを求めていない。

・恋愛


 本作はメインストーリーと並行して男女四人の四角関係が描かれる。キャストは主人公・ヒロイン・主人公の彼女・主人公の弟の四人。その愛憎が複雑に絡み合った人間関係が新たなる悲劇を生む……ということらしいが、まぁ、御多分に漏れず出来が悪い。「なぜ、好きになったのか」や「将来的にどうなりたいのか」が具体的に描かれていないせいで、彼らの考えがいまいち理解し難く、視聴者の感情移入を妨げる。特に酷いのが主人公である。美少女二人に言い寄られているのに、彼は何の感情も示さない。他のギャルゲー主人公のように優柔不断というわけでもなく、『School Days』の伊藤誠のように保身に走っているわけでもない。ひたすら、その場その場で思ったことをそのまま口に出している。結果的に二股のような形になっているが、それが二股であることすら気付いていないようだ。二重人格だと言われたら納得するし、感情のないロボットだと言われても納得する。それぐらい彼の行動には一貫性がなく、人として支持し難い。
 設定自体は深い。主人公の彼女は、かつて暴行を受けたことから男性恐怖症になり、そのトラウマを克服するために幼馴染みの主人公と偽りの恋人関係になった。それを主人公が弄んでいると勘違いした弟が横恋慕し、一方的に恨みを抱く。その結果、兄弟の関係に亀裂が生じ、弟は心を狂わせる。だが、恋愛ドラマで大事なのは設定ではなく、そこから派生する人間の感情の「変化」である。一方、本作のキャラクターの感情は初登場時からずっと変わらない。ヒロインはいつ主人公を好きになったのかさえ分からず、主人公の彼女も当たり前のように主人公を慕っている。主人公の弟に至っては、過去のいざこざの時からすでにサイコパスな性格である。もっと言うと、敵の幹部は全員、弟と同じ性格である。どれだけ引き出しが少ないのか、この作者は。こんなどこかから拾ってきたようなステレオタイプのキャラクターを並べて、複雑な恋愛ドラマをやろうと言うのだから、視聴者も舐められた物である。いや、本当にアニメを愛しているなら、ここは真面目に批判しなければならない場面だろう。恋愛ドラマを何だと思っているのだ。クソアニメうんぬんで看過できるような問題ではない。

・最終回


 以上、誰がどう見てもダメなアニメであり、特に語る価値もない作品である。だが、話はまだ終わらない。なぜなら、そこに最終回が控えているからだ。この回を持って、本作は「作品としてダメ」から「商品としてダメ」に降格する。つまり、金を取ってはいけないレベルということである。
 詳しく書こうとも思わないが、本作は最終回に入るといきなり話が飛ぶ。前回、敵の城に乗り込んだところで終わったはずのに、それらは全てなかったことにされ、突然の新展開へと移行する。そして、いろいろあって主人公が過去に飛ばされたところでいきなり物語が終了する。意味が分からない。さらに、その内容も酷く、自宅玄関前で弟と戦ったかと思うと、何の脈絡もなく空を飛び、なぜか皆が集まって迫力の欠片もない魔法バトルを行い、何だか分からない内に大爆発して終了する。まるで町内運動会である。今までは曲がりなりにも正統派ファンタジーをやろうと試みていたが、最終回はその意志すら見えない。視聴者を馬鹿にするにも程がある。
 一体全体、現場では何が起こっていたのだろうか。その事情を部外者は知りようもないが、どうやら土壇場でストーリー構成に重大な変更があったようだ。きっと無理やりにでも続編に繋げなければならない何らかの大きな力が働いたのだろう。ただ、それにしても、だ。上手く脚本を編集して余計なシーンをカットすれば、ちゃんとストーリーも繋がっていたはずである。なぜ、そんな簡単なことを怠るのか。誰か指摘する人はいなかったのか。結局、2016年9月現在、第二期についての情報は何もない。

・総論


 中学生の黒歴史ノートをそのまま形にしたような物。そういうのは押入れの奥にしまっておこう。

星:★★★★★★★★★★(-10個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 09:30 |  ★★★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑

『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』

無茶苦茶。

公式サイト
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ - Wikipedia
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2012年。鈴木大輔著のライトノベル『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は川口敬一郎。アニメーション制作はSILVER LINK.。超ブラコンな妹が出演する日常系ハーレムアニメ……としか紹介のしようがないんだよなぁ。ちなみに、ヒロイン役の木戸衣吹は当時中学生。だからと言って、それが何の言い訳にもならないぐらい演技が下手。

・第一話


 何だこれ。さっぱり分からん。
 とりあえず設定を整理すると、主人公は高校二年生の女の子。この春より、長年離れて暮らしていた双子の兄と同じ高校で寮生活をすることになる。彼女は兄のことが大好きで、何とか既成事実を作ろうと積極的にアプローチする。だが、その寮には他にも三人の女子生徒が住んでおり、皆が兄のことを好きというハーレム状態になっていた。ちなみに、彼らは兄妹を含め全員が生徒会の役員で、兄は寮の管理人でもある。はたして、妹はライバルを押し退けて兄をゲットすることができるのだろうか、というのが基本設定らしい。これだけ見たら、まぁ、人は選ぶが面白くなりそうな内容である。ただ、肝心の第一話がこの設定を全く解説できていない。それどころか、このまとめた設定が合っているのかどうかすら分からない。この言い知れぬ不安感、そこら辺のホラー映画よりよっぽど怖い。
 まず、兄は「転校生」である。この話を聞いた時、大半の人が「え?」と思ったのではなかろうか。上記の基本設定に従うと、どう考えても妹が転校生である。実際、このアニメは妹が荷物を抱えて学生寮に辿り着き、それを兄が出迎えるところから始まる。何かの間違いだろうと何度も第一話を確かめてみたが、やっぱり兄が転校生のようだ。要するに、これは「今まで別々に育てられた兄妹が一緒に暮らすことになった。そこで、妹の通う学校に兄が転校することになり、それを機に二人は同時に学生寮に入寮した。兄はたまたま先に到着しただけ」ということらしい。分かるか! じゃあ、寮に住み付いている兄の情婦共は何なんだよ、と思ったら、どうやら兄妹の入寮後に遅れて寮に加わり、見事に兄の魅力の虜になったということらしい。その時間経過は桜の木の変化を見れば分かる……って、分かるか、ボケ! 何なんだ、このお粗末な脚本は。不親切というレベルを遥かに超えて、完全にミステリーのトリックである。途中で誰か死ぬのか、このアニメは。
 あまりにも理解不能なので調べてみると、どうもアニメ化するに当たって、原作にあった兄と妹が二人だけで暮らすシーンを全面カットし、いきなり男女五人の共同生活から始まるように改変したらしい。何だそりゃ! 頭おかしいのか!? それならそれで、ちゃんと整合性が取れるようにシナリオを修正すべきだろう。ナレーションを入れるとか回想シーンを入れるとか。ここまで無茶苦茶な脚本は前代未聞である。本作の第一話にはクソ脚本オブザイヤ―の称号を与えたい。

・主人公


 改めて、これらの構成変更に伴う最大の弊害は「主人公の不在」である。先述の通り、この物語は妹の視点から始まる。映像作品において誰の視点から始まるかは重要で、動物の刷り込みと同様に、視聴者は最初に登場した人物を主人公と感じる物だ。だが、妹は主人公ではない。構成変更により、彼女は第二話の時点で早くも出番が減少し、その他大勢のポジションに送られる。その間、本作は他の寮生と兄の個人的な関係を描くことに終始する。だからと言って、兄の視点になることはない。ハーレムアニメにおける男性など、本来この世に存在するはずのない唯一神のような物なので、彼の心理描写は行わないし、行う必要もない。描くのはあくまでヒロイン側の視点。彼女達が主人公に恋愛感情を抱いて恥ずかしがっている姿を視聴者が可愛いと感じる。結果、視点があちこちに散乱し、主人公不在の不安定な状態が最後までダラダラと続く。
 そもそも、本作の面白さは、超ブラコンな妹の己の欲望に正直過ぎる奇行の数々にあるはずだ。ハーレム展開は妹の嫉妬心を呼び起こすための舞台装置に過ぎない。だが、本作のアニメ版では、なぜか手段であるはずのハーレムが目的化し、咬ませ犬に過ぎないはずの女子生徒が妹と同格以上のヒロインに昇格している。例えば、第九話・第十話は、風邪を引いた兄の看病権を皆で取り合うというアホみたいな話だが、大方の予想に反し、最後に彼を看病して優勝を勝ち取ったのは妹ではなく生徒会長だった。つまり、ヒロイン達の立場は完全にイーブンである。そんなハーレムアニメは世の中に幾らでもある。妖艶な先輩キャラもクールなお嬢様キャラも男の娘風の幼馴染みキャラもおませなロリキャラも行き遅れのOLキャラも、他のアニメで腐るほど見ることができる。わざわざ妹物を謳っている「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」というタイトルの作品でやる必要はない。
 なぜ、本作は原作を改変してまで病的にハーレムであることに拘るのか、あくまで私見だが、おそらくは商売的な理由だろう。放送終了後のグッズ販売や声優イベントなどを考えると、ヒロインの数は多ければ多い方がいい。その方が多種多様な客を取り込める。要は、動物園や風俗店と同じ考えだ。言い換えると「妹一人では金儲けにならない」のである。世の中、銭だ。愛さえあればどうにかなるわけではない。

・脚本


 本作にはストーリーなどという高尚な物は存在しない。六人の女性が一人の男性を取り合うハーレム描写を最初から最後まで延々と繰り返すだけの作品である。たまに、兄は近親恋愛専門の小説家であるとか、兄妹が別々の部屋に隔離されるとかいった物語っぽい何かが挿入されるが、本編に全く影響を与えることなく静かにフェードアウトする。第六話では「ヒロイン達がこの寮に移り住んだのは、兄妹が一線を越えないようにするため」という他のアニメなら一発で炎上するような衝撃のネタばらしが行われるが、それすらも綺麗さっぱり忘れ去られる。よって、物語に関して語ることなど何もない。
 ただ、脚本的に気になる点は幾つかある。一つは、各々のエピソードが異様に長いことだ。例えば、ヒロインの一人が兄と自室で世間話をするというシーンがよく出てくる。普通のアニメだと、二・三分で終わるようなショートエピソードである。だが、本作はそれが誇張抜きで十分近く続くのである。当然、場面転換や第三者の乱入など何もなく、ただ部屋の中で穏やかに語り合うだけ。そういった物が連続するため、一話三十分のフルアニメなのに三エピソードぐらいしかないという危機的状況が頻発する。要するに、これはただでさえ少ない中身をさらに薄めて伸ばし、かさを水増ししているわけである。適切な時間でカットして編集すれば、本作は半分ぐらいの尺で済むだろう。確かに、日常系アニメは女の子の普段着の暮らしを観察するのが唯一の目的とは言え、これはちょっと手抜きと言われても仕方ない。
 もう一つは、回想シーンの扱い方だ。本作はハーレムを強調するために原作を改変し、なぜヒロイン達が寮にやってきたかの件を後回しにしている。それらはシリアスな回想シーンとして後の回に挿入されるのだが、それが文字通りの「挿入」であって、前後の脈絡や話の繋がりなどが一切考慮されていない。しかも、そのシーンがまた長く、誇張抜きで三十分近く続く。するとどうなるか? 驚くべきことに、本作は文脈に関係なく挿入された回想シーンで「回を跨ぐ」のである。こんなアニメを他に見たことがあるだろうか? 正気の沙汰ではない。とてもプロの仕事とは思えないのだが、現場では何が起こっていたのだろうか。時間がないので中学生の息子に構成を切らせたと言われても、自分は驚かない。それぐらい酷い。

・結局、どうしたいんだ?


 これは、兄が突飛な行動を繰り返す妹達に対して度々口にする台詞である。口癖のような物なのだろう。だが、我々こそがこの台詞を制作者に対して言いたい。結局、どうしたいんだ? 本作はタイトルこそ妹物だが、中身はただのハーレムアニメ。男女七人のくだらない四方山話が最終話のラストのラストまで続く。では、この作品はどうやって締めるのだと思っていると、突然、主人公でも何でもない兄がモノローグで語り始める。もちろん、彼が自分の心境を言葉にするのはこれが初めてだし、そもそもその資格がない。さて、そんな彼の衝撃のモノローグの全文がこれだ。
「妹と二人、平凡に慎ましく暮らしていく、そんな僕の願いは今となってはもうとても叶いそうにない。見た目も成績も極普通、心臓には毛の一本も生えておらず、秘めたる才能があるわけでもないこの僕にとっては由々しき事態だ。男女問わず食い散らかす肉食系の生徒会長、自他共に認める絡み難い副会長、友情の厚さでは他に類を見ない会計、年齢以外はパーフェクトな管理人、そして、書記である我が不肖の妹、こんな豪華絢爛な連中に囲まれてしまっては普通の人生なんて送れるはずもなく、だけど、これからも秋子を守り続けていくという僕の方針に変わりはない。そのためには、秋子にとって危険となり得る要素は一つ残らず取り除いていく必要がある。それがたとえこの僕、姫小路秋人自身であってもだ。どうして僕が危険な要素の内に含まれるのか、簡単な話だ。なぜなら、僕と秋子の間には本当は血の繋がりなんてないんだから。姫小路家のややこしい事情については、いつかまた別の機会に語るとして、僕はこのことを秋子に話すつもりはない。僕らが実の兄妹であるという認識は一応、秋子にとってもブレーキになっているはずで、その障害が取り除かれたら、どういうことになるかは火を見るよりも明らかだし、それにこれ以上派手に迫られると、僕の方のブレーキが怪しくなると言うか……」
 ど、どこからツッコめばいいんだ。まず、主人公は平凡な人間ではない。小説家という職業、美少女に囲まれる環境、他人の恋愛感情に気付かない鈍感力、どこを取ってもスペシャルな人間だ。そんな彼が「周りが悪い」と責任転換をして、当たり前のようにハーレムを受け入れ、その上で妹を守ると宣う厚顔無恥な態度、完全に人間のクズである。そして、いきなり出てきた義妹設定には開いた口が塞がらない。つまり、何だ? 二人きりだと理性がもたないから、ハーレムにしようってことか? 今までの硬派な態度は全て演技だったってことか? いい加減にしろ、クソ脚本! こんな無茶苦茶な話が通るか!

・総論


 本ブログは脚本重視なので、ここまで酷い脚本だと最低得点を付けざるを得ない。つか、全く商業レベルに達していないんだけど、これ、本当に地上波で放送されたの? ドッキリじゃないよね? 私、騙されてる?

星:★★★★★★★★★★(-10個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 11:11 |  ★★★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2