『ビビッドレッド・オペレーション』

適当。

公式サイト
ビビッドレッド・オペレーション - Wikipedia
ビビッドレッド・オペレーションとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。オリジナルテレビアニメ作品。全十二話。監督は高村和宏。アニメーション制作はA-1 Pictures。謎の敵から地球を守るために女子中学生が変身して戦うSFアクション。監督を筆頭にテレビアニメ『ストライクウィッチーズ』と共通する要素が多く、ある種の姉妹作のような関係である。なお、放送終了後に発売されたPS3ゲーム『ビビッドレッド・オペレーション -Hyper Intimate Power-』は、本作に輪をかけて出来が悪く、2013年クソゲーオブザイヤーの最有力候補である。

・概要


 本作を一言で説明するなら、『ストライクウィッチーズ』に魔法少女物と戦隊物のエッセンスを加えた物である。異世界から現われた謎の巨大な敵に対して、肌も露わな少女達が生身で空を飛び、激しい空中戦を繰り広げる、それが『ストライクウィッチーズ』の特徴だが、本作はそこに魔法少女物的な変身・合体要素と戦隊物的なチーム戦要素を加えている。主人公達はオシャレな決め台詞と共にそれぞれ赤・青・緑・黄の色鮮やかなコスチュームに着替え、各キャラ固有の必殺技で対抗する。一度倒した敵が敵組織の力によりパワーアップして第二戦を行う点などは、戦隊物の黄金パターンを踏襲している。ピンチになれば友情パワーで合体だ。ただし、本作には魔法という要素はなく、あくまで科学の力というSF設定になっているため、衣装や武器はかなりメカニカルである。
 本作のもう一つの大きな特徴は「尻」である。本作はローアングルで主人公達の臀部をアップにする画がやたらと多い。主人公達が普段から履いているホットパンツも、シワの一つ一つまで異常なほど丁寧に書き込まれている。それもそのはず、本作は企画の時点で「おしりアニメ」と位置付けられており、魔法少女的な設定は完全に後付けのおまけである。『ストライクウィッチーズ』でもパンツを日常服にするという暴挙に出ていたことから分かるように、もう完全に監督の個人的な趣味だ。そんなおっさんの小汚い性癖を多大な製作費と人員をかけて映像化し、堂々と地上波に垂れ流すというアニメ業界の懐の広さには恐れ入る。みっともない。そもそも、そういった内なるリビドーを作品に昇華して初めて芸術たり得ると思うのだが、どうなのだろうか。
 他の特徴を挙げておくと、音楽と作画は非常に高レベルである。ただ、音楽は使いどころにやや難があり、作画も戦闘シーン以外はかなり手を抜いている。もちろん、キャラクターデザインは可愛いので、そちらを求める人には満足の出来である。

・脚本ミス


 一般的に駄作と呼ばれる作品に必ず付いて回るのが「脚本ミス」である。原因があるのに結果がなかったり、結果があるのに原因がなかったり、はたまた原因と結果が矛盾していたりと、そんな極めて初歩的かつ低次元な物語上の欠陥である。分かり易い例を出そう。主人公の祖父は、今や世界の95%のエネルギーを賄う「示現エンジン」の開発者であり、また、本作における敵「アローン」に唯一対抗できる力を持つ「ビビッドシステム」の開発者でもある。そして、そのシステムによって変身した主人公に彼はこう言う。「示現エンジンすら、ある意味、これを生み出すための副産物に過ぎん」と。だが、アローンは示現エンジンを破壊するために襲ってくるのである。じゃあ、何のためにビビッドシステムを開発したんだと。もちろん、アローンを倒して示現エンジンを守るために開発したのだが、それが分かるのはかなり後半になってからである。つまり、これは「絶対に言ってはいけない系の発言」であり、設定を知らない視聴者に対するミスリードになってしまっているのだ。
 本作にはこの手の脚本ミスが大量に存在する。特に、第二話と第四話はストーリー自体が作劇のセオリーから完全に外れてしまっている(敵がパワーアップする前にドッキングを勧める、教室にハッキングの痕跡が残っている等)。ただし、脚本ミスは気にする人と気にしない人で重要性が大きく分かれる要素である。特に、女の子の可愛さ目当てで見ている人は、その手の細かい脚本の矛盾などはどうでもいいことであろう。例えば、「先程、仲間になったばかりの子がなぜかドッキング方法を知っている」などといったミスは、普通はあまり気にならない。画面に映らないところでこっそりと教えていたのだろうと強引に解釈もできる。ただ、それにも限度がある。一度や二度ならまだしも、こうも連続で繰り返されると、制作者の資質の問題に目を向けざるを得なくなるのだ。つまり、そもそも最初から整合性を取るつもりがないのではないかという疑念である。その疑念が芽生えた瞬間、サイエンス・フィクションとしての賞味期限が終了することは言うまでもない。

・リアリズム


 普通、魔法少女物や戦隊物に「軍隊」は出てこない。出てきても、「科学特別捜査隊」のような架空の独立特殊部隊である。なぜか? それは軍隊がリアリズムの極地であり、個人の勝手な空想を挟む余地を持たないからだ。それゆえ、まともなSFファンタジーでは劇中に軍隊を登場させない。だが、本作は止せばいいのにリアリティを出すために軍隊を登場させて、かえってリアリティを削ぐという本末転倒っぷりを露呈している。
 その最たる例が示現エンジンだ。世界の95%のエネルギー供給を一手に担う機関など、この世に存在し得るわけがない。それならそれで、詳細をぼかした空想科学にしておけばいいのだが、本作は連合防衛軍という政府直轄の軍隊を出したせいで、「守るべき対象」になってしまうのである。当然、示現エンジンが破壊された時点で世界終了なのだから、それを守る側にとんでもない重圧が科せられる。防衛は全世界の軍事力の粋を集めるべきで、エンジンの管理局長が防衛の全権指揮を執ったり、簡単に不審者の侵入を許したりするなど常識的に考えてあり得ない。また、その圧力は主人公達にも及ぶ。例の如く、脚本家が「主人公達に世界の命運がかかっている」という馬鹿な台詞を書いたせいで、主人公達の立場がとんでもないVIPになる。ビビッドシステムは軍の厳重な管理下に置かれるはずで、普段から自由に持ち歩いたり、勝手に友人に渡して仲間を増やしたりできるわけがない。もう、あまりにも世界観が幼稚過ぎて、本当にプロの仕事かと疑うレベルである。
 リアリズムという観点で言うと、謎の敵の侵略という「戦時下」の描写が杜撰過ぎるのも問題だ。これは『新世紀エヴァンゲリオン』でも見られる欠点だが、このような状況でまともに学校が機能しているはずがない。少なくとも、伊豆大島の民間人は全員島外へ避難しているはずだ。また、アローンの攻撃により住んでいる島が破壊され、学校が壊れて何人も死者が出ているはずなのに、その深刻さや悲壮感が全く伝わってこない。主人公も島の住人より自分の学力テストの結果を心配しているほどで、愛郷心などこれっぽっちも感じられない。そんな無慈悲な人間がどんなに熱く平和や友情を語っても、低俗な萌えアニメにしかならないのである。

・適当


 はっきり言うと、本作は『新世紀エヴァンゲリオン』のオマージュである。人類を審判するために異空間から現れる巨大な異形の敵という『DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION』の項目で書いた「黙示録系」のパターンを踏襲している。使徒そのままの攻撃をしてくる敵がいるかと思えば、ラスボスが八枚の羽根を持っていたりする(※見た目や言動はアトラスゲームっぽい。なお、一部にはモスラのオマージュも見られる)。それはそれで良い。ただ、問題なのは、同監督が手がけた『ストライクウィッチーズ』もまたエヴァのオマージュなのである。そうすると、「この監督はこれしかできないのか」という疑惑を生むことになる。もっと言うと、自分がやりたいことさえできたら、後は適当に過去作の流用で済ませればいいと軽く考えているのではないかという疑惑である。(ちなみに、高村和宏はガイナックス出身)
 その適当さが爆発しているのが最終回である。勢い任せと言うより他にないレベルの適当さが怒涛のように視聴者に押し寄せる。真の敵の詳細が明らかになる前に、自称「代弁者」が勝手にラスボスに名乗り出る。そして、ラスボスは示現エンジンのエネルギーを吸収して地球を破壊しようとする。それを黙って見ているだけの防衛軍。示現エンジンを止めろよ! だが、そうこうしている内にエネルギー吸収が終わり、宇宙を破壊できる力を身に付ける(脚本ミス)。誰もが絶望しかけたその時、主人公達が立ち上がる。「みんなとだったら世界だって救えるよ」と友情パワーに自信を見せる。もちろん、何の根拠もない。そして、何が何やら分からない内に「宇宙創成の光」が画面を覆い、最後の仲間と合体して敵を倒す。
 エピローグでは、その仲間が住んでいた世界が修復されたり、ぬいぐるみになっていた博士が元に戻ったり、とりあえず平和な日常が戻ったりとご都合主義全開の展開が待っている。「なぜ、ビビッドシステムは主人公達しか使えないのか?」「アローンをパワーアップさせる矢とは何なのか?」「なぜ、アローンは示現エンジンの力で動くのか?」「なぜ、七年前ではなく今のこの時期なのか?」といった疑問には一切答えない。それより、テーマ的に最も大事なのは「世界の95%のエネルギー供給を担う示現エンジンの存在は是か非か」ということなのに、哀しいぐらい完全スルーである。ここまで適当に作られるともう笑うしかない。え、第二期? あるに越したことはないが、『ストライクウィッチーズ2』の手抜き具合を見る限り、期待しろと言う方が無茶である。

・総論


 見ていてイラッとするタイプのクソアニメである。あらゆる点が適当で、尻さえ映せればいいという安易な考えで作っているのがバレバレ。正直、こういう監督にアニメーションを語って欲しくないのだが、尻好きが彼に出資している間は無理なのであろう。

星:★★★★★★(-6個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:16 |  ★★★★★★ |   |   |  page top ↑

『たまこまーけっと』

実力不足。

公式サイト
たまこまーけっと - Wikipedia
たまこまーけっととは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2013年。オリジナルテレビアニメ作品。全十二話。監督は山田尚子。アニメーション制作は京都アニメーション。下町の商店街を舞台にした人情コメディー。主要制作スタッフのほとんどが女性という昨今のアニメ業界を象徴する状況が話題になった。監督と主人公は同じ位置にほくろがあるらしい。また、EDムービーの質が異様に高いことでも知られている。

・商店街


 まず、目に付くのが見た目のつまらなさである。特に、商店街の各店舗を正面から捉えた画をバックにして、人物が平行に並んで会話している構図が非常に目立つ。つまり、書割背景を用いた舞台演劇風ということであり、画に奥行きがないため極めて平面的だ。ドリフのコントならそれでいいかもしれないが、ここで演出しなければならないのは、人々がごちゃごちゃと入り混じる雑多な下町っぽさであるため、この画的なつまらなさはちょっと頂けない。具体的に言うと、商店街の構造、どの店がどこに位置するかが劇中の描写だけではさっぱり分からないのである。もっと引き画やパンを活用して、商店街その物を描写しなければ、視聴者が街の中に入り込むことはできないだろう。これらの構図の平凡さは、同監督の『けいおん!』の頃から目立っていたのだが、あまりそれを指摘する人がいないのは残念だ。
 加えて、キャラクターデザインも問題に挙げられる。と言うのも、あまりにも「可愛過ぎる」のだ。主人公達はそれでいいのだが、商店街の人々まで可愛らしいので、リアリティも何もない。群集は様々な個性が集合して初めて群集になるのである。ガサツな人はガサツな見た目、神経質な人は神経質な見た目でないといけないのに、萌えアニメのフォーマットに拘るあまり、デザインを崩し切れていない。雑然とした人々の中に一人だけ可愛い子がいるからこそ「下町の太陽」が成立するのだと理解しなければならない。
 これらに共通する問題点は、「下町の商店街を描く」ということを事前に煮詰め切れていないということである。もっと言うと「なめている」ということだ。日本人の下町人情喜劇好きは異常なので、自然と評価は厳しくなる。まさか、知らないとは言わせない。

・鳥


 一応、本作のマスコットキャラクターのしゃべる鳥である。南の国の王宮で占いに使われていたそうだが、なぜ日本語をしゃべれるのか、なぜ通信機能を持っているのかなどの詳細は一切不明(そもそも、生き物なのか?)。と言うのも、主人公達がそれを全く疑問に思わないので、誰も本人に正体を問い詰めないからである。これは著しく不気味な状況だ。例えるなら、「22世紀から歴史を変えるためにやってきたネコ型ロボット」であると主人公達が知らない『ドラえもん』のような物。あの青いタヌキみたいな生物は何だと視聴者はみんな疑問に思っているのに、登場人物は誰も疑問に思わず、当然のように受け入れている。この瞬間、両者の間に深い溝が生まれて物語への感情移入ができなくなり、商店街が異界と化す。これは人情喜劇というジャンルを考えると、致命的という言葉では済まされない危険な状況だ。
 そんな意味不明な物体なのに、恐ろしいことに「物語に全く絡まない」というふざけた特徴があるので、完全に存在意義が不明である。鳥は商店街のコミュニティに属さないイレギュラーな存在だ。だからこそ、普通は「部外者の視点で商店街を見つめ直す」か「部外者が間に入ることで物語が動く」とする物である。だが、本作の鳥はそのどちらでもない。ふらふらと主人公の周りを飛び回って、つまらないギャグを連発するだけで、明らかに蚊帳の外である。唯一、第五話で恋のキューピット役をするぐらいな物だ。はっきり言って、邪魔、目障りだ。視聴者にここまで言われるマスコットキャラというのも前代未聞であろう。

・物語


 主人公は餅屋の娘。女子高生。家族に商店街の人々に学校の友達に真向かいの幼馴染みに、みんなに愛されている。ある日、そこへ言葉を話す謎の鳥がやってくる。それがきっかけで奇妙な日常が……起こることもなく、四コマ漫画原作アニメのようなゆるい日常が延々と繰り広げられる。上記の通り、明らかに超自然的な鳥がメンバーに加わっているにも係わらず、そいつが物語に絡まないせいで全く日常が変化しない。それはそれでいいのだが、肝心の話がつまらないので全体を通して寒々しい。二兎追う者は一兎をも得ずと言う通り、コメディーと日常系、そのどちらから見てもひどく不細工な脚本だ。ただし、幼馴染みの視点で主人公を描いたシーンだけは、普通のラブコメなので面白い。そりゃそうだ。
 このまま、グデグデと終わるのかと思われた第十話のラストで突然話が動く。首にほくろがあるという理由で、主人公が南の国のお后候補に選ばれる。盛り上がる周囲の人々。だが、主人公は申し出を断る。以上……いや、むしろ、こちらが聞きたい。これのどこに物語があるのだ? 何万人もいる視聴者の中に、一人でも主人公がお后になることを選ぶと思った人がいるのか? 最初から主人公の心は1ミリたりとも動いていない。つまり、一切の葛藤がない。普通は、王宮の贅沢な暮らしに心惹かれるが、商店街のことを思って取りやめるとするだろう。そうすることで、最終回の商店街の良さを賛美するモノローグが効いてくるのである。しかし、過程がないのに結果だけを求めるから、モノローグが浮いて病人のうわ言のようになってしまっている。まさに『けいおん!』最終回と全く同じ失敗をしていることに、このダメ監督は気付かないのだろうか。
 なお、最後のオチは口にもしたくないレベルである。アホか。

・問題点


 一言で言うと「ギャグがつまらないから」なのだが、それを言ってしまうと元も子もないので、もう少し大局的に見て行こう。本作でやりたかったことは、要するに「下町の商店街を舞台にした人情コメディー」である。古くはドラマ『時間ですよ』や映画『男はつらいよ』、最近では漫画『それでも町は廻っている』等々。NHKの朝ドラでは二回に一回はテーマに取り上げられるほど、とにかく日本人が大好きなジャンルである。だが、制作の京都アニメーション及び監督の山田尚子にそのノウハウがなかった。そこで彼らがベースにしたのは、自社作品の『らき☆すた』『けいおん!』などで御馴染みのゆるい日常系アニメである。ところが、これが全ての歪みの始まりだった。
 日常系アニメの最大の特徴は「敵がいない」ことである。外敵のいない安全な場所に閉じ籠もって、勝手気ままにやりたいことをやる。主人公はみんなに愛され、誰も彼女を傷付けない。ゆるい日常系なら、それで何の問題もない。しかし、まともな喜劇でそれをやろうとすると、大変困った状況が起きる。なぜなら、対立構造が存在しないと「物語が発生しない」からである。第六話などがその典型だ。商店街の客が減っていることに気付いた主人公が、お化け屋敷をやろうと商店街会議で提案し、その案が通って準備が始まるまでの時間、約五分。その間、反対する者もいなければ、他のアイデアを出す者もいない。何もないならカットしてくれ。だが、その後も「流れ作業」のように滞りなく時間が流れ、何も事件が起こらないまま、最後は自称「大成功」で終わる。起承転結以前に話の谷も山もない。これのどこが下町人情喜劇なんだ?
 基本的に、この制作スタッフは「人情」という物を根底から勘違いしている。例えば、『男はつらいよ』の寅さんにつらく当たる柴又の人々は人情が欠けているのか? 違う。寅さんのことを思っているからこそ口汚くなるのである。下町とはそういう物だ。人々は包み隠さず本音をぶつけ合う。だから、物語やギャグに面白みが出る。感情のないイエスマンが耳障りのいい言葉を並べても、それは「優しさ」ではない。そんなに争いごとが嫌なら、どこかの高級住宅地を舞台にしていればいい話だ。後、どうでもいいが、商店街の内部の人間がポイントカードを使うのはやめてくれ。

・総論


 やろうとしたことは悪くないのだが、それを実現するスキルがなかった。ただ、ひたすら制作スタッフの実力不足だけが目立つ低品質アニメである。「キャラクターが可愛いから」「京アニ制作だから」などと無駄な擁護はせず、「ダメな物はダメ」とちゃんと批判することが、アニメ業界のためになるということに早く気付いて欲しい。

星:★★★★★★(-6個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 19:17 |  ★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2