『オオカミさんと七人の仲間たち』

女性蔑視。

公式サイト
オオカミさんシリーズ - Wikipedia
オオカミさんシリーズとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2010年。沖田雅著のライトノベル『オオカミさん』シリーズのテレビアニメ化作品。全十二話。監督は岩崎良明。アニメーション制作はJ.C.STAFF。学園の平和を守るために暗躍する秘密組織とその組織に属する一組の男女の恋愛模様を描いた学園バトルラブコメ。世界各国のおとぎ話をモチーフにしているという触れ込みだが、実際は……。なお、本作がシリーズ構成デビューとなる脚本家は、後にとある問題を起こすことになる。

・ナレーション


 本作の最大の特徴、それはナレーションである。本作は謎の女性(CV:新井里美)による天の声が、タイムラインを埋め尽くさんばかりに随時挿入される。元々がおとぎ話のパロディーであり、また、原作が地の文がキャラクターの言動に干渉し、それに対してキャラクターが反応するという良く言えばメタフィクション、悪く言えば楽屋オチ的な独特の文章構造を有していたため、それを再現するためにナレーションという手法を用いているのだが、残念ながらそこに二つの大きな問題を抱えてしまっている。
 一つ目の問題は、ナレーションがひたすら単純に「つまらない」ことだ。キャラクターのズレた言動にツッコんだり、茶化したりといろいろと面白いことを言おうと頑張っているのだが、その全てがことごとく滑っている。そのため、かえって場の空気を汚し、面白くなるはずの物をつまらなくしてしまっている。もっとも、いつものことながら、なぜ、つまらないかを文章で説明するのは非常に難しい。面白いかどうかは完全に主観の問題であり、これが良いと感じる人も少なからずいるはずだからだ。ただ、一つだけ間違いなく言えるのは、そのナレーションが存在することによるメリットよりもデメリットの方が遥かに大きいということである。例えば、台詞に声を被せて聞き取り難くなっている場面が頻発するのは何をやっているのかと言わざるを得ない。
 二つ目の問題は、ナレーションが状況を説明し過ぎることだ。本作のナレーションは、例えは悪いがテレビの視覚障害者向け副音声と酷似しており、見たら分かるという程度の物まで全て言葉で説明してしまう。しかも、当時のキャラクターの心理までも全部解説するため、ナレーションだけ聞いていれば大体理解できてしまうという親切設計だ。それでは映像作品である必要性が何もない。かと思えば、シリアスシーンになると途端に黙り込み、キャラクターがモノローグで過去を語るというお粗末仕様。良かれと思い、とりあえず実装してみたはいいが、回を追うごとに使いづらくなって困り果てているスタッフの顔がありありと想像できて哀しい。まさに絵に描いたような企画倒れである。

・設定


 日本のどこかにあるという御伽花市。一見、のどかな田舎町に見えるそこは、とある権力者が自らの理想を実現するために開発した劇場型学園都市だった。その街には御伽学園という名の一貫校があり、日本の未来を担うエリートを育成していた。そして、より優秀な人材を輩出するために、あえて不良ばかりを集めた高校を近隣に設立し、敵役として競わせていたのだった……という、これでもかと言わんばかりに分かり易い中二病設定が本作の舞台である。ただし、いつものようにこの設定はストーリーには大して絡まない。権力者が主人公達を意のままに操る展開もなければ、彼らが権力者に反逆するような展開もない。そもそも、不良高校が学園に襲い掛かってくる動機も単なる個人的な趣味に過ぎない。要は、作者が自分のやりたいことをよりやり易くするためだけに持ち出した理想空間に過ぎないということである。
 御伽学園学生相互扶助協会、通称「御伽銀行」。主人公達が所属する学内秘密組織である。生徒の悩みを手助けすることで貸しを作り、後に相応の借りを強制徴収するという相互貸し借りシステムで成り立っている。こう書くと分かり難いが、実際はただの学内何でも屋である。だが、これも中二病が絡むと、本部の場所を生徒が誰も知らず、様々な特殊能力者が集まり、ハイテク機材が完備され、学園を裏で牛耳っているという話になる。同監督が手がけた『極上生徒会』の極上生徒会と似ているが、組織力と存在目的に雲泥の差がある。そして、やはり、この設定もストーリーには大して影響を与えない。システムの矛盾にメンバーが葛藤する展開もなければ、今までの借りを返すために生徒達が立ち上がるという展開もない。結局は、他の日常系アニメにおける○○部の亜流でしかない。
 本作の主人公は視線恐怖症の男子生徒である。内気でヘタレな性格であり、他人の視線を浴びるとしどろもどろになり何もできなくなる。だが、無駄に行動力だけはあり、いきなり片思いのクラスメイトのヒロイン(武道の達人)に道端で告白し、それが縁で御伽銀行の正式メンバーになる。また、なぜか、スリングショットの名手という危険な一面を持つ。そんな彼は、ヒロインのピンチなどに遭遇すると突然男らしくなり、言動も大仰になるという特異な人格を有している。物語の後半では、好きな女性を守るためにちょっとした特訓を行い、格闘技を身に付ける。ほんの数時間の特訓で肉弾戦に勝てるようになるなら、空手道場もボクシング教室もいらないのだが。以上、何ともライトノベル原作らしい薄っぺらな主人公である。作者のコンプレックスがそのまま理想空間に投影されているようで痛々しい。ちなみに、この手の「いざという時に本気を出す」系キャラクターが醸し出す不快感の正体は、要するに一時的な「覚醒」を心の「成長」に都合良く置き換えているからである。積み上げてきた土壌がないのに急に人格が変化したところで、それは顔に新たな仮面を被っただけであって、人としてはむしろ悪化しているのだと気付かなければならない。

・人格否定


 第二話で、早くも主人公がヒロインに惚れた理由を「彼女の友人」に対して告白する。それは「見た目は強そうだけど、本当は心が弱い」から。……アニメを見ていて、呆れて言葉を失うのはこれで何度目だろうか。酷い。とにかく酷い。こんな物がなぜ地上波で放送されるのか。上記の通り、主人公は内気な性格である。同じクラスの一員でありながら、ヒロインとは言葉を交わしたことすらない。なのに、外から見ているだけで勝手に他人の心が弱いと断じているのである。お前、何様だよ!? これが「見た目と違って優しい」なら分かる。それは行動となって現れるからだ。だが、心の弱さなど見た目からは分からない。そういった物はお互いにじっくりと交流を続けて、アニメ的に言うなら1クールぐらい経過して初めて知る物である。これではまさに老害評論家が好んで用いる、現実感に欠け、他人との接触を忌憚するバーチャル世代・デジタル世代のテンプレートではないか。
 ところが、そんなツッコミもむなしく、第二話以降もヒロインの「本当は弱い」描写が延々と描かれる。強敵の前で自信を喪失したり、古い知り合いに過去を詮索されたり。また、主人公だけでなく、周りの人間も寄ってたかって彼女のことを弱い弱いと貶し続ける。これはイジメだろうか。萌えキャラに人権はないのか。もちろん、女性の強気な態度が実は心の弱さの裏返しだったという展開は、物語上のよくあるパターンの一つである。そのギャップが可愛らしさを生むというのも理解できる。ただ、本作が問題なのは「本当は弱い」描写に比べて、肝心の「強がっている」描写が明らかに少ないことである。大まかに言って、7:3ぐらいの割合で前者の方が多い。そのため、ヒロインは事あるごとに弱音を吐くだけのメンタルの弱い女になってしまっているのである。本末転倒、ここに極まれりである。
 そんなヒロインを弱いと断言する主人公は、当然のように想い人を悪の魔の手から守ろうとする。たまに彼女が強い側面を見せても、「引っ込み思案な彼女がそんなことができるわけがない」「頼れるのは俺しかしない」「それは全部嘘で強がらないと自分を守れないほど弱い」などと頭ごなしに否定して、あくまで自分の支配下に置こうとする。自分のことを棚に上げて、よくもまぁ、ここまで上から目線で語れる物だ。もちろん、二人は恋人ではないし、家族でもない。これでは完全にストーカーである。ある意味、コミュニケーション能力に難のある人間が陥り易い罠を忠実に再現したと言えなくもないのだが、本作のテーマはそんな物ではないはずだ。
 ちなみに、辛辣な言葉でプライドを徹底的に否定して人格を破壊した後、優しい言葉をかけて救済し、信用させて意のままに従わせるのは典型的なマインドコントロールの手法である。本作が行っているのは、まさしくその過程のシミュレーションである。これも「萌え」の一端なのだろうか。自分にはただの「洗脳」にしか見えないのだが。

・男尊女卑


 本作には萌えアニメらしく数多くの魅力的な女性が登場する。だが、その大半が過去のトラウマや重大な悩みを抱えている。そして、それらは全て劇中で男性陣の働きによって救われる。その逆はない。苦しむのは常に女性側であり、男性側はそのトラブルに巻き込まれるだけだ。萌えアニメでよく見られるこの手の一方的なヒロイン救済物語は、元々は十八禁美少女ゲーム(エロゲー)で長年培われてきた物である。ヒロインが身体的な障害を含めた様々なコンプレックスを抱えており、それを主人公が手助けすることで苦しみから解放して、ラストに深い感動を呼ぶというのが一種の黄金パターンとして確立されていた。ただし、エロゲーはその性質上、主人公はプレイヤーの完全なる分身でなければならず、また、ヒロインごとに攻略ルート=ストーリーが分かれるため、主人公に対して深い設定を盛り込むことができない。それゆえ、ヒロイン側に重石を押し付けざるを得ないという大人の事情があったのだが、萌えアニメ、特にライトノベル原作アニメはそういった足かせがないにも係らず、何の考えもなしにそのパターンを直輸入してしまっている。すると、本作のようにただ男性優位の鼻持ちならない救済物語になってしまうのである。これが俗に言う「○○だけを見て育った人が○○を作る」という状態の弊害であり、昨今のアニメ業界の最大の問題点である。
 本作は、それらの屈折した作品群の中でも飛び抜けた作品である。この際、はっきり言わせてもらうが、本作の根底に流れるのは強烈なまでに歪み切った幼稚な男尊女卑思想である。男は女を守る物、女は男に守られる物、そういった前時代的な男性優位論が作品の節々に見て取れ、極めて不快感をもたらす作りになっている。もちろん、女性を守りたいという願望は男性全てに共通する物だろうし、守られたいという願望を持つ女性もいるだろう。ただし、それは両者の意志が一致して初めて意味を成す。本作のように主人公側の一方的な決め付けと庇護の押し売りでは、女性を下に見ているだけと言われても反論できまい。また、ヒロインに対する扱い以外にも、例えば、ミスコンの投票権が男性にしかなかったり、敵にさらわれるのが皆女性であったり、「ヒロインの武器には電流が流れているから女の子でも戦える」と解説が入ったりと、一々、余計なディスリスペクトが挿入される。極め付けは、主人公が覚醒して「男らしく」なった時、ヒロインの名前を呼び捨てにすることだ。この作者にとって、どうやら女性を高圧的に呼び捨てにすることが「男らしさ」らしい。普段、どれだけ女性に対してコンプレックスを抱えているのかと呆れるより逆に心配になってしまう。確かに、「萌え」は女性を人形化し、男性にとって都合の良い長所だけを抽出するというあまり褒められた物ではない行為であるが、その根底には異性に対する深いリスペクトがあるはずだ。そういったリスペクトを忘れて、ただ異性を物扱いすると本作のような駄作が出来上がるという良い見本である。

・総論


 何かいろいろ書きましたが、ダメな理由の九割はナレーションです。

星:★★★★★★★★★(-9個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 23:02 |  ★★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑

『ロケットガール』

人命軽視。

公式サイト
ロケットガール - Wikipedia
ロケットガールとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2007年。野尻抱介著のライトノベル『ロケットガール』のテレビアニメ化作品。全十二話。監督は青山弘。アニメーション制作はムークDLE。女子高生の主人公が、宇宙飛行士となって日本初の有人ロケットに挑戦するハードSF。科学的に正確な数字や専門用語を駆使し、徹底してリアルにこだわった作品になっているらしい。JAXA(宇宙航空研究開発機構)が協賛している。

・設定


 本作の舞台は、ソロモン諸島に設営された日本の民間宇宙ロケット研究施設、通称SSA(ソロモン宇宙協会)。目標は国産ロケット初の有人飛行。だが、今のロケットでは推力が足りず、成人男性の宇宙飛行士では重量オーバーになってしまうため、計画が頓挫してしまう。残された時間は半年。そこで、たまたま父親を探すためにソロモン諸島へ来ていた女子高生の主人公を騙して、無理やり宇宙飛行士の訓練を受けさせることにした。父を連れ戻すという目的のため、嫌々ながら訓練を受ける主人公。はたして、日本初の有人ロケットは無事に成功できるだろうか。
 「女子高生宇宙飛行士」、本作が多大な予算と全十二話もの長い期間をかけてやりたかったテーマはこの一点に尽きる。可愛らしい女子高生が一風変わった職業に挑戦する萌えアニメは数あれど、その中でもトップクラスの荒唐無稽さである。そんな無茶苦茶な設定を成立させるため、何とか話にリアリティを持たせようとした努力の跡は見られるが、やはり、根本的な部分に無理がある。まず、宇宙飛行士になるために必要不可欠なスキルは、「身体能力」と「科学知識」と「語学力」の三つだ。他の技術は詰め込み教育で何とかなるかもしれないが、この三項目だけは一朝一夕でどうにかなる物ではない。どうにもならない以上、設定段階で人並み外れた天賦の才能を彼女に与えなければならないのだが、当然、そんな気の利いたことができる脚本ではない。すると、その先に待っているのは、クソアニメのお約束である「過程がないのに結果だけは完璧」だ。ろくな訓練描写などないのに、半年後には三つのスキルを完璧にマスターしている。これがSFファンタジーなら問題はないのだが、本作は自称「ハードSF」であり、実際、ロケット発射に関しては徹底的にリアリズムにこだわっている。それゆえ、かえって設定の稚拙さが目立つ結果になっている。
 ちなみに、第四話で固形燃料の技術革新が起こり、推力の問題は完全にクリアされている。つまり、女子高生宇宙飛行士である必要すらない。自分達で自分達のドラマのアイデンティティーをぶち壊す馬鹿脚本はどうにかならないのか?

・児童虐待


 もっとも、上記のような問題は本作ではほんの些細なことだ。主菜の前の前菜に過ぎない。本作にはもっと大きな問題が待ち構えている。
 何としてもロケットを成功させたいSSAの所長は「猿でもできる簡単なバイト」と称して、主人公に無理やり厳しい宇宙飛行士訓練を受けさせる。その暴挙に対して、他の所員は一応の難色を示したものの、それはロケットに対する心配であって、誰も主人公のことを心配する者はいない。むしろ、彼女にパイロット適正があると分かると、嬉々として訓練に送り出す。主人公の両親や周辺に住む人々=社会が止めることもない。はっきり言って、これは「虐待」である。下手すると、「人身売買」である。宇宙飛行士という職業は命懸けだ。しかも、今回の計画は前人未到であり、失敗する確率の方が高いのである。それほどまで危険な計画に無知な子供を投入するなど、人命軽視というレベルではない。歴史に名を残すような非人道的犯罪行為であろう。さらに言うと、候補生の中には現地の少女も含まれているため、重大な「国際問題」である。
 ドラマには、先人が何百年もかけて培ってきた「型」という物が存在する。いわゆる王道的な展開という奴だが、王道には人を惹き付ける力があるだけでなく、物語に「整合性」をも与えてくれる。本作で言うところの王道展開とは、所長はマッドな科学者で目的のためなら手段を選ばない変わり者。一方、所内には人道主義者のはみ出し者がいて、所長の行動に異を唱える。結果、所内で衝突が発生し、同時に外部からの圧力で計画が中止になる。だが、所員の宇宙開発に懸ける夢に共感した主人公が、自ら「私がやります」と申し出る、だ。本作のような非人道的な物語を成立させるためには、これがベスト、いや、これしかないのである。この流れを取らないとただのクライムムービーになってしまうことは、先人が証明してくれている。また、グループ内での意見の衝突がないということは、登場人物の人間性が薄いということだ。そんなゾンビみたいな連中が何人集まったところで良いドラマなど生まれるはずがない。ただのカルトムービーである。

・第一部


 第五話で早くもロケット打ち上げが開始される。その際、原因不明の異常が見られたが、構わず強行(おいおい)。すると、打ち上げ自体は成功したものの、案の定、軌道が狂った上に機体が損傷して地球に帰れなくなる。慌てて、ロシアに救援を頼むが当然のように却下。この時点で新たな国際問題発生。仕方ないので、もう一機のロケットで救援に向かう。一度、失敗したロケットで簡単にランデヴーができるわけがないのだが、その辺りの詳細は全編カット。未成年の女の子二人にぶっつけ本番で宇宙遊泳をやらせて機体を修復しようとするが、損傷が激しく大気圏突入は不可能。仕方ないので、一つの船に二人が乗り込んで帰ることに。結局、宇宙にデブリをばら撒きに来ただけ。
 最後は、主人公の通っていた学園に不時着するというアニメらしいオチが付くが、そんなことが可愛く見えるぐらい全体的に酷い。全てが行き当たりばったりで、宇宙飛行士の命を粗末にし過ぎている。こんな連中に国の代表面をされたら、国家的な恥である。そもそも、日本初の有人ロケットの物語ではなかったのか? ならば、1クールかけてじっくりと過程を描き、映画『王立宇宙軍 オネアミスの翼』のようにロケット打ち上げシーンをクライマックスにするべきではないか。こんな宇宙ドタバタ話を描くためにJAXAは協力したのだろうか。本作から見て取れるのは、日本の科学技術力の低さだけなのだが。

・第二部


 第七話からは第二部になる。しかし、日本初という大義名分がないので、かなりどうでもいい物語になる。宇宙飛行士に憧れる主人公の後輩の女子高生が、SSAに志願入隊する。4Gにすら耐えられないひ弱な彼女が、厳しい宇宙飛行士の訓練を受ける物語はかなり痛々しいが、相変わらずそれに苦言を呈する所員は一人もいない。数ヶ月後、彼女は晴れてミッションスペシャリストになる。理由は「体が小さいから」であって、当然、「手先が器用」などの伏線はない。
 彼女と主人公はNASAのスペースシャトルの救援のために宇宙へ旅立つ。勇気と無謀を履き違えた彼女達の活躍により、ミッションは無事達成される。しかし、またもやSSA所員の計算ミス(おいおい)により、彼女達は地球に帰還できなくなる。現地のNASA宇宙飛行士の機転により、大気圏上でスキップして減速することにしたが、そのプランの要となる後輩が突入時のGで気絶してしまう。今までGに耐えられなかった彼女が、最後の最後に気合で耐え抜く成長物語ではないのか? 唯一の伏線を使い捨てにする制作スタッフの頭の悪さ。結局、最後は主人公の「ヤマ勘」により帰還に成功する。そして、ラストのスタッフロールは、まさかの所員達の「事故釈明インタビュー」。もう、全員を刑務所に叩き込めよ。

・総論


 数字と専門用語を並べたらリアルになると思ったら大間違いである。最も重要な「人間の感情」を蔑ろにしてリアルを語ろうなど片腹痛い。結局、本作が視聴者に伝えたかったことは、JAXAもNASAも宇宙飛行士の命を捨て駒としか思っていない極悪犯罪者集団だということだ。税金の無駄。ただ、スキンタイト宇宙服はエロくて良い。

星:★★★★★★★★★(-9個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 22:08 |  ★★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2