『世界征服~謀略のズヴィズダー~』

悪ふざけ。

公式サイト
世界征服〜謀略のズヴィズダー〜 - Wikipedia
世界征服~謀略のズヴィズダー~とは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2014年。オリジナルテレビアニメ作品。全十二話。監督は岡村天斎。アニメーション制作はA-1 Pictures。世界征服を企む悪の秘密結社「ズヴィズダー」に参加することになってしまった男子中学生の活躍を描いた冒険アクション。本作のシリーズ構成・脚本を手掛けた星空めておは、『Fate』シリーズでお馴染みの美少女ゲーム制作会社「TYPE-MOON」所属のシナリオライター。本作がアニメ初挑戦になる。何このどこかで聞いたような展開。

・第一話


 本作の第一話のプロットは、「家出中の男子中学生が、行き倒れの少女を助けたことで、世界征服を企む悪の秘密結社を巡る戦いに巻き込まれる」である。非常に単純明快で何の捻りもなく、どうやっても失敗のしようがないという基本に忠実なストーリーである。これができないようでは、プロのクリエイターを名乗る資格はない。ところが、本作はそんな簡単なことすらできていない。それは「主人公が本来あるべき行動を取らない」という一点においてだ。
 冒頭、物語の舞台である東京都西ウド川市に第二種戒厳令が発令されて、街から人がいなくなり、装甲車が道路を行き交う。それに対して、家出中の中学生である主人公は何の感情も示さず、なぜか食べ物の心配をしている。この時点で本作は駄作確定である。第二種戒厳令とは何なのか? 危険な状態ではないのか? この世界は一体どうなっているのか? 視聴者の興味はそこに集中しているのに、肝心の主人公が無反応ではどうしようもない。たとえ、お腹がすいていようと、不測の事態に直面したらまず自分の身を守ろうとするのが普通の人間だ。主人公がスルーするということは、取り立てて大騒ぎするような問題ではないということであり、当然、視聴者の記憶からも消え失せる。実を言うと、これは後の展開の重大な伏線なのだが、こういった粗雑な扱いでは本当の意味での伏線になり得ない。
 その後、主人公はお腹を空かして行き倒れになっていた少女と出会い、手持ちの食料を分け与えたことで、彼女がリーダーを務める悪の秘密結社にスカウトされる。冷静に考えると不自然極まりない流れだが、本作は恐ろしいほどトントン拍子に会話が進む。普通の人間なら疑問に思うようなことも、この無関心・無感動な主人公の前では路傍の石、ただただ自己主張もないまま事件に巻き込まれていく。ところが、少女が世界征服実現に対する弱音を吐いた途端、いきなり主人公がキレる。「やりもしないで先の心配をするな!」と。えっ、キレるポイント、そこ? 普通は「そんな馬鹿なことを考えるな!」ではないのか? 百歩譲って、子供の無邪気な夢に自分の不自由な境遇を重ね合わせて応援しようという気持ちになったとしても、そこに至るまでの思想の共鳴が描かれていないので唐突な印象しか受けない。彼は本当にこの作品の主人公なのだろうか。彼に自分達の代弁者たる役割を託していいのだろうか。そんな不安を抱えたまま、本作は物語の幕を上げる。

・善と悪


 こうして、悪の秘密結社の一員となった主人公。だが、なぜ彼がその不幸な処遇を受け入れたかの理由がいまいちよく分からない。身柄を拘束されているわけでもなく、弱みを握られているわけでもなく、思想に共感したわけでもない。そもそも、なぜ家出したのかが詳細に描かれないので、彼が何に対して不満を抱いているのかも分かり難い。ただ、何となく漠然と悪の秘密結社のアジトに住み付いている。その状況は極めて異常だ。このまま物語を続けて行くつもりなら、早急にその不自然な状態を解消しないと確実に破綻する。では、具体的に何を持って解消するかというと、劇中における善と悪の価値観を定義することである。この世界では何が善で何が悪なのかをあらかじめ決めておく。そうすることで、正義の味方の主人公が悪の組織の中にいるという矛盾が解消されて正しい位置に収まる。
 本作は第三話でその定義付けの作業を行っている。その際のキーアイテムとなるのが「煙草」だ。秘密結社のリーダーである少女は大の煙草嫌い。そのため、自ら街に繰り出して煙草廃絶キャンペーンを行う。武力を行使して公共の場でタバコを吸う迷惑な喫煙者を成敗し、街の人々から称賛を浴びる。最終的には全ての喫煙者を街から追い出して、無事に煙草を「征服」する。このように、悪の秘密結社がより低位の社会悪を攻撃することによって、相対的に彼らの地位を持ち上げ、我々の分身である主人公が参加しても違和感がないようにしている。つまり、善と悪の価値観は相対的な物に過ぎず、人間は一過性の倫理観に流されるだけの愚かな生き物だというのが本作の考え方である。
 だが、ちょっと待って欲しい。確かに、公共に迷惑をかける非常識な喫煙者は存在する。でも、日本では煙草を吸うこと自体は違法ではないし、ちゃんとルールを守って楽しんでいる喫煙者も大勢いる。それらを一まとめにして悪と断じ、秘密結社の当て馬に使うのはとんでもない暴論である。さらに、喫煙者のしぶとさはゴキブリ並みと貶し、喫煙者の一人は自分の不良時代を回想して「煙草は悪の象徴だった」と呟き、最終的には「喫煙者は人間ではない」とまで論じている。これは「偏見」である。一個人が何の根拠もなく独自に判断した思想に過ぎず、それを他人に押し付けるのは到底許されざることだ。煙草をアニメに置き換えると、自分達がどんなに恐ろしいことを言っているか理解できるだろう。それゆえ、本作の論理展開は非常に幼稚で不快だと言わざるを得ない。

・世界征服


 改めて、本作のコンセプトを簡単に説明すると、「幼児向け勧善懲悪ヒーロー物をパロディー化し、そこに大人の論理を組み込んだ物」である。すなわち、世界征服を企む秘密結社が悪いのではなく、彼らを生み出した社会こそが悪いのではないかという疑問を形にした物である。それ自体は別におかしくない。上記の通り、善悪の価値観などTPOに応じて幾らでも変化する物だ。ただ、フィクションに大人の論理を持ち込むのであれば、全ての要素に対してもそうでなければ辻褄が合わなくなる。その中でも、特に本作のタイトルにもなっている「世界征服」の定義をしなければ話にならない。
 では、征服とは何か? それは武力で他民族・他国家を支配することである。その活動を世界規模で行うと世界征服になる。もちろん、征服される側の人間からすると、何の関係もない個人に基本的人権を否定されて自由を制限されるわけで、これは誰がどう見ても明らかな「悪」である。ところが、本作はその点に関して完全に思考を放棄している。それどころか、世界征服は子供の純粋な夢であると定義し、極めて肯定的に捉えている。社会秩序を守ろうとする正義の軍隊は、子供の純粋な夢を壊す悪い大人達。そんな悪い大人達と戦う秘密結社は正義の味方。だから、世界は秘密結社に征服されなければならないのだと。
 はっきり言って、異常である。完全にサイコパスの心理である。彼らが何をやりたいのか全く理解できない。こういったストーリーを成立させたければ、まずは如何に現代社会のシステムが間違っているかを描かなければならないだろう。その上で秘密結社の世界征服が世の中のためになると示さねばならない。ただし、それ自体は悪いことなので、視聴者の分身である中立の立場の主人公は、心の中で彼らを応援しつつも全面的に否定する。大人と子供の対立を持ち出すのはその後だ。つまり、本作は作品テーマを論じる前にやるべきこと、やらなければならないことがごっそりと抜け落ちているのである。今のままでは秘密結社側に何の大義もなく、それなのになぜか周囲から褒め称えられるという極めて異様な光景になってしまう。それではカルト宗教である。

・設定の後出し


 そして、物語の終わりが見えた第十一話後半において、ようやく本作の基本的な設定が明かされる。この世界の日本は、ほぼ全域が東京都によって支配されており、そのトップに都知事が君臨していた。そして、その都知事こそが主人公の父親であり、彼が家出したのは冷たい家庭に耐えられなくなったからだ……って、はぁあああ!? 本作における最も根本的で最も重要な情報をなぜこの段階で出す? ちゃんと事前に出さないから、世界征服を企む悪の秘密結社が正義の味方扱いされるという意味不明な状況になっているのだ。本来なら第一話でしっかりと描くべきことだし、主人公が家出した理由ももっと早い時期に明示しなければならない。そう、主人公が第二種戒厳令をスルーしたツケ、それがここまで回ってくるのである。
 なぜ、このような致命的なことになっているのかを考えてみると、要するに先に明確なディストピア像を描いてしまうと、悪の秘密結社と反政府テロリストの描き分けができなくなるからだ。彼らがやりたいのはあくまで幼児向けヒーロー物のパロディーであって、社会派ドラマではない。ただ、そんな物は情報を小出しにして、上手く伏線を調整すれば済む話だ。結局は単純な「技量不足」である。事実、設定の後出しはこれだけに留まらず、秘密結社構成員の眼帯の秘密や煙草の特殊能力など他に幾らでもある。とてもプロの仕事とは思えない。
 最終的に都知事は秘密結社に倒され、日本に平和が訪れる。その後の展開は、まとめ方が雑過ぎていまいちよく分からないのだが、どうやら日本のほぼ全域を秘密結社が征服したらしい。本作の気持ち悪いところは、それをギャグとしてでも社会風刺としてでもなく、完全にハッピーエンドとして描いていることだ。一般庶民にとっては、支配者の首が挿げ替わっただけなのでハッピーでも何でもない。どうやら、ここの制作者は「愚かな人類は優秀な指導者に支配されるべきである」というロボットアニメのラスボスのような選民思想を本気で信じているらしい。別に何を考えようと個人の自由だが、それを物語に落とし込もうと思えば、秘密結社に訴求力のある具体的な政治理念を持たせなければならないし、その思想に扇動される馬鹿な民衆も描かなければならない。そういった物がない以上、本作のやっていることは、ただの子供の悪ふざけである。言い換えると、いつまで立っても大人になれない、なろうともしない愚かな人間が自己肯定しているだけのくだらないアニメである。

・総論


 作劇能力が低過ぎるせいで、明らかに人として間違ったことを訴えかけているという深夜アニメにありがちないつものアレ。この手の駄作を適切に排除して行かないと、いつまで立ってもアニメ文化は日陰者ですよと愚かな民衆を代表して一言。

星:★★★★★★★★★(ー9個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 10:43 |  ★★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑

『オオカミさんと七人の仲間たち』

女性蔑視。

公式サイト
オオカミさんシリーズ - Wikipedia
オオカミさんシリーズとは - ニコニコ大百科

・はじめに


 2010年。沖田雅著のライトノベル『オオカミさん』シリーズのテレビアニメ化作品。全十二話。監督は岩崎良明。アニメーション制作はJ.C.STAFF。学園の平和を守るために暗躍する秘密組織とその組織に属する一組の男女の恋愛模様を描いた学園バトルラブコメ。世界各国のおとぎ話をモチーフにしているという触れ込みだが、実際は……。なお、本作がシリーズ構成デビューとなる脚本家は、後にとある問題を起こすことになる。

・ナレーション


 本作の最大の特徴、それはナレーションである。本作は謎の女性(CV:新井里美)による天の声が、タイムラインを埋め尽くさんばかりに随時挿入される。元々がおとぎ話のパロディーであり、また、原作が地の文がキャラクターの言動に干渉し、それに対してキャラクターが反応するという良く言えばメタフィクション、悪く言えば楽屋オチ的な独特の文章構造を有していたため、それを再現するためにナレーションという手法を用いているのだが、残念ながらそこに二つの大きな問題を抱えてしまっている。
 一つ目の問題は、ナレーションがひたすら単純に「つまらない」ことだ。キャラクターのズレた言動にツッコんだり、茶化したりといろいろと面白いことを言おうと頑張っているのだが、その全てがことごとく滑っている。そのため、かえって場の空気を汚し、面白くなるはずの物をつまらなくしてしまっている。もっとも、いつものことながら、なぜ、つまらないかを文章で説明するのは非常に難しい。面白いかどうかは完全に主観の問題であり、これが良いと感じる人も少なからずいるはずだからだ。ただ、一つだけ間違いなく言えるのは、そのナレーションが存在することによるメリットよりもデメリットの方が遥かに大きいということである。例えば、台詞に声を被せて聞き取り難くなっている場面が頻発するのは何をやっているのかと言わざるを得ない。
 二つ目の問題は、ナレーションが状況を説明し過ぎることだ。本作のナレーションは、例えは悪いがテレビの視覚障害者向け副音声と酷似しており、見たら分かるという程度の物まで全て言葉で説明してしまう。しかも、当時のキャラクターの心理までも全部解説するため、ナレーションだけ聞いていれば大体理解できてしまうという親切設計だ。それでは映像作品である必要性が何もない。かと思えば、シリアスシーンになると途端に黙り込み、キャラクターがモノローグで過去を語るというお粗末仕様。良かれと思い、とりあえず実装してみたはいいが、回を追うごとに使いづらくなって困り果てているスタッフの顔がありありと想像できて哀しい。まさに絵に描いたような企画倒れである。

・設定


 日本のどこかにあるという御伽花市。一見、のどかな田舎町に見えるそこは、とある権力者が自らの理想を実現するために開発した劇場型学園都市だった。その街には御伽学園という名の一貫校があり、日本の未来を担うエリートを育成していた。そして、より優秀な人材を輩出するために、あえて不良ばかりを集めた高校を近隣に設立し、敵役として競わせていたのだった……という、これでもかと言わんばかりに分かり易い中二病設定が本作の舞台である。ただし、いつものようにこの設定はストーリーには大して絡まない。権力者が主人公達を意のままに操る展開もなければ、彼らが権力者に反逆するような展開もない。そもそも、不良高校が学園に襲い掛かってくる動機も単なる個人的な趣味に過ぎない。要は、作者が自分のやりたいことをよりやり易くするためだけに持ち出した理想空間に過ぎないということである。
 御伽学園学生相互扶助協会、通称「御伽銀行」。主人公達が所属する学内秘密組織である。生徒の悩みを手助けすることで貸しを作り、後に相応の借りを強制徴収するという相互貸し借りシステムで成り立っている。こう書くと分かり難いが、実際はただの学内何でも屋である。だが、これも中二病が絡むと、本部の場所を生徒が誰も知らず、様々な特殊能力者が集まり、ハイテク機材が完備され、学園を裏で牛耳っているという話になる。同監督が手がけた『極上生徒会』の極上生徒会と似ているが、組織力と存在目的に雲泥の差がある。そして、やはり、この設定もストーリーには大して影響を与えない。システムの矛盾にメンバーが葛藤する展開もなければ、今までの借りを返すために生徒達が立ち上がるという展開もない。結局は、他の日常系アニメにおける○○部の亜流でしかない。
 本作の主人公は視線恐怖症の男子生徒である。内気でヘタレな性格であり、他人の視線を浴びるとしどろもどろになり何もできなくなる。だが、無駄に行動力だけはあり、いきなり片思いのクラスメイトのヒロイン(武道の達人)に道端で告白し、それが縁で御伽銀行の正式メンバーになる。また、なぜか、スリングショットの名手という危険な一面を持つ。そんな彼は、ヒロインのピンチなどに遭遇すると突然男らしくなり、言動も大仰になるという特異な人格を有している。物語の後半では、好きな女性を守るためにちょっとした特訓を行い、格闘技を身に付ける。ほんの数時間の特訓で肉弾戦に勝てるようになるなら、空手道場もボクシング教室もいらないのだが。以上、何ともライトノベル原作らしい薄っぺらな主人公である。作者のコンプレックスがそのまま理想空間に投影されているようで痛々しい。ちなみに、この手の「いざという時に本気を出す」系キャラクターが醸し出す不快感の正体は、要するに一時的な「覚醒」を心の「成長」に都合良く置き換えているからである。積み上げてきた土壌がないのに急に人格が変化したところで、それは顔に新たな仮面を被っただけであって、人としてはむしろ悪化しているのだと気付かなければならない。

・人格否定


 第二話で、早くも主人公がヒロインに惚れた理由を「彼女の友人」に対して告白する。それは「見た目は強そうだけど、本当は心が弱い」から。……アニメを見ていて、呆れて言葉を失うのはこれで何度目だろうか。酷い。とにかく酷い。こんな物がなぜ地上波で放送されるのか。上記の通り、主人公は内気な性格である。同じクラスの一員でありながら、ヒロインとは言葉を交わしたことすらない。なのに、外から見ているだけで勝手に他人の心が弱いと断じているのである。お前、何様だよ!? これが「見た目と違って優しい」なら分かる。それは行動となって現れるからだ。だが、心の弱さなど見た目からは分からない。そういった物はお互いにじっくりと交流を続けて、アニメ的に言うなら1クールぐらい経過して初めて知る物である。これではまさに老害評論家が好んで用いる、現実感に欠け、他人との接触を忌憚するバーチャル世代・デジタル世代のテンプレートではないか。
 ところが、そんなツッコミもむなしく、第二話以降もヒロインの「本当は弱い」描写が延々と描かれる。強敵の前で自信を喪失したり、古い知り合いに過去を詮索されたり。また、主人公だけでなく、周りの人間も寄ってたかって彼女のことを弱い弱いと貶し続ける。これはイジメだろうか。萌えキャラに人権はないのか。もちろん、女性の強気な態度が実は心の弱さの裏返しだったという展開は、物語上のよくあるパターンの一つである。そのギャップが可愛らしさを生むというのも理解できる。ただ、本作が問題なのは「本当は弱い」描写に比べて、肝心の「強がっている」描写が明らかに少ないことである。大まかに言って、7:3ぐらいの割合で前者の方が多い。そのため、ヒロインは事あるごとに弱音を吐くだけのメンタルの弱い女になってしまっているのである。本末転倒、ここに極まれりである。
 そんなヒロインを弱いと断言する主人公は、当然のように想い人を悪の魔の手から守ろうとする。たまに彼女が強い側面を見せても、「引っ込み思案な彼女がそんなことができるわけがない」「頼れるのは俺しかしない」「それは全部嘘で強がらないと自分を守れないほど弱い」などと頭ごなしに否定して、あくまで自分の支配下に置こうとする。自分のことを棚に上げて、よくもまぁ、ここまで上から目線で語れる物だ。もちろん、二人は恋人ではないし、家族でもない。これでは完全にストーカーである。ある意味、コミュニケーション能力に難のある人間が陥り易い罠を忠実に再現したと言えなくもないのだが、本作のテーマはそんな物ではないはずだ。
 ちなみに、辛辣な言葉でプライドを徹底的に否定して人格を破壊した後、優しい言葉をかけて救済し、信用させて意のままに従わせるのは典型的なマインドコントロールの手法である。本作が行っているのは、まさしくその過程のシミュレーションである。これも「萌え」の一端なのだろうか。自分にはただの「洗脳」にしか見えないのだが。

・男尊女卑


 本作には萌えアニメらしく数多くの魅力的な女性が登場する。だが、その大半が過去のトラウマや重大な悩みを抱えている。そして、それらは全て劇中で男性陣の働きによって救われる。その逆はない。苦しむのは常に女性側であり、男性側はそのトラブルに巻き込まれるだけだ。萌えアニメでよく見られるこの手の一方的なヒロイン救済物語は、元々は十八禁美少女ゲーム(エロゲー)で長年培われてきた物である。ヒロインが身体的な障害を含めた様々なコンプレックスを抱えており、それを主人公が手助けすることで苦しみから解放して、ラストに深い感動を呼ぶというのが一種の黄金パターンとして確立されていた。ただし、エロゲーはその性質上、主人公はプレイヤーの完全なる分身でなければならず、また、ヒロインごとに攻略ルート=ストーリーが分かれるため、主人公に対して深い設定を盛り込むことができない。それゆえ、ヒロイン側に重石を押し付けざるを得ないという大人の事情があったのだが、萌えアニメ、特にライトノベル原作アニメはそういった足かせがないにも係らず、何の考えもなしにそのパターンを直輸入してしまっている。すると、本作のようにただ男性優位の鼻持ちならない救済物語になってしまうのである。これが俗に言う「○○だけを見て育った人が○○を作る」という状態の弊害であり、昨今のアニメ業界の最大の問題点である。
 本作は、それらの屈折した作品群の中でも飛び抜けた作品である。この際、はっきり言わせてもらうが、本作の根底に流れるのは強烈なまでに歪み切った幼稚な男尊女卑思想である。男は女を守る物、女は男に守られる物、そういった前時代的な男性優位論が作品の節々に見て取れ、極めて不快感をもたらす作りになっている。もちろん、女性を守りたいという願望は男性全てに共通する物だろうし、守られたいという願望を持つ女性もいるだろう。ただし、それは両者の意志が一致して初めて意味を成す。本作のように主人公側の一方的な決め付けと庇護の押し売りでは、女性を下に見ているだけと言われても反論できまい。また、ヒロインに対する扱い以外にも、例えば、ミスコンの投票権が男性にしかなかったり、敵にさらわれるのが皆女性であったり、「ヒロインの武器には電流が流れているから女の子でも戦える」と解説が入ったりと、一々、余計なディスリスペクトが挿入される。極め付けは、主人公が覚醒して「男らしく」なった時、ヒロインの名前を呼び捨てにすることだ。この作者にとって、どうやら女性を高圧的に呼び捨てにすることが「男らしさ」らしい。普段、どれだけ女性に対してコンプレックスを抱えているのかと呆れるより逆に心配になってしまう。確かに、「萌え」は女性を人形化し、男性にとって都合の良い長所だけを抽出するというあまり褒められた物ではない行為であるが、その根底には異性に対する深いリスペクトがあるはずだ。そういったリスペクトを忘れて、ただ異性を物扱いすると本作のような駄作が出来上がるという良い見本である。

・総論


 何かいろいろ書きましたが、ダメな理由の九割はナレーションです。

星:★★★★★★★★★(-9個)
テーマ: アニメレビュー -  ジャンル: アニメ・コミック
by animentary  at 23:02 |  ★★★★★★★★★ |   |   |  page top ↑
twitter
検索フォーム
最新記事

全記事一覧
評価別一覧
年代別一覧
掲示板
カテゴリ
リンク
カウンター
RSSリンクの表示



にほんブログ村
PR1
PR2